Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Ryzen対応マザーベストチョイスPart1「MSI」(SJ)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 Ryzenプロセッサの良さは徐々に伝わっていると思いますが、Intelの第8世代CPU「Core i7 8700K」(41,500円前後)と同じくらいのCPU性能を持っている「Ryzen7 1700」(33,000円前後)は価格的にも8,500円お得です。

ゲーマー向けなら6コア/12スレッドの「Ryzen5 1600」(23,000円前後)や「Ryzen5 1600X」(25,800円前後)からが、狙い目といったところですしTDP65Wの方が使い易いかもしれません。

この3種類が実際に売れ筋で毎日のように出荷が行われています。

 

マザーの選び方としてはできれば「USB Type-C」・「M.2ソケット」・「USB3.1」・「SPDIF」など対応している製品を選んでいただければいいのですが、みなさんはどちらかというと高額商品を選んでしまう傾向が強いので、できるだけグラボや音響設備にもお金をかけられるようにコストを考えて欲しいものです。

 

特にグラボのシングル構成ならMicro-ATXサイズで十分ですし、ケースもmicroタワーで十分、結局は2年毎には交換するマザーは、2年持てばいい訳でその後はサブPCとして活躍して貰えばいいのです。

ただやはり遅延対策や電源の安定性などには拘った製品がベストです。

 

そんな訳で「B350M MORTAR」(11,500円前後)と「B350M MORTAR ARCTIC」(14,500円前後)はお勧めのMicro-ATXサイズのマザーです。

 

  

どうしてもグラボのSLI構成なら「B350 GAMING PRO CARBON」(19,800円前後)や「X370 GAMING PRO CARBON」(21,000円前後)がお勧めです。

 

  

 

安くて良い製品が多い「MSI」は今年数多くの組み立てをして出荷しましたし、我が家でも「MSI」のマザーを使った2台のゲーミングPCが大活躍中です。