Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Coffee Lake-S対応Z370チップセットマザーASRock(SJ)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今回は日本での販売量第2位の「ASRock」の番ですが、2002年にASUSからスピンオフされ設立された会社でしたが、日本だけでなく欧米でも人気のある会社に成長してます。

 

今回、早々に第8世代Coffee Lake-Sシリーズのプロセッサを取り上げたのには、もう一つの大きな理由があって事です。

それはインテル系とAMD系が入り混じって多種多数のマルチコアのプロセッサが揃って、マザー等にも大きな混乱が見られますし「Room365」のお客様にも、同じように混乱状態が続いています。

簡単にまとめるとゲーミングPCにおいては、10コアや12コアなどのプロセッサは必要がなく4コアでも十分なのです。

それよりも各コアのパワーが問題なのですが、ここ数年この駆動系パワーが余り伸びてないこともあって、マルチコア化が図られて処理能力を分担する方向へ転換が図られたのです。

 

ただ第8世代は微細化が進んで14+nmから14++nmになって、最大コア数も6コアとなりましたのでゲーミングPCでも多少の恩恵が受けられる部分があるので、製品がでそろう前にZ270チップセットマザーや第7世代プロセッサを購入しないように、早目に取り上げることになったのです。

とにかくZ170やZ270チップセットマザーにはCoffee Lake-Sは搭載できないので注意が必要なのです。

 

 さて本題に戻りましょう。

ASRockのマザーは4シリーズが発売されていますが、ゲーミングでよく使われるのは「FATAL1TYシリーズ」ですが、最近は「TAICHIシリーズ」や「EXTREMEシリーズ」も人気です。

 

1:Z370 Killer SLI/ac

2:Z370 Extreme4

3:Z370 Taichi

4:Fatal1ty Z370 Professional Gaming i7

 

 

5:Fatal1ty Z370 Gaming K6

 

 

6:Fatal1ty Z370 Gaming-ITX/ac

 

 

今回はFATAL1TYシリーズを中心に取り上げましたが、他にも発売が予定されており最終的な種類は把握できていない状態です。

10月以降は人気ゲームの新タイトルの発売もあって賑やかですが、もう少し待って新システムでの組み込みを楽しんで欲しいものです。