パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
一杯のコーヒーに夢を託して「強かった皐月賞組」Part19(Kei)
JUGEMテーマ:Coffee
 昨年は確か「ドゥラメンテ」のためエスプレッソを用意して応援したのですが、今年は「マカヒキ」(ハワイの収穫祭の名前)の応援に回りましたので用意したのは「ハワイコナ」です。
ハワイ島の南西部のコナ地区でのみ栽培されている珈琲で、ほどよい苦味とコクがあって柔らかな酸味と花のような香りが特徴の、とても美味しい珈琲です。

バランスも良い珈琲なのでストレートで飲んでも美味しいし、「ブルーマウンテン」が珈琲のキングなら「ハワイコナ」はクイーンです。
また、先進国アメリカで栽培されている珈琲なので価格も高いのですが、日本企業も進出しており非常にクオリティーの高い美味しい珈琲なのです。

日曜日は久しぶりに「勝ち逃げ研究室」に顔を出して1時間ほど話をして、昼食後に「メイン研究室」にお邪魔しました。
最近はみんなと顔を合わせることが少なくなってしまいましたが、「ダービー」と同距離の「青嵐賞」だけは観ておきたいと思って1時40分ぐらいには到着したと思います。
「吾郎」さんの見解は「Pランク」の上位4頭が力量的には抜けており、軸は「マカヒキ」に決めていたようで私と同じでしたので、「青嵐賞」を観てからすぐに「ダービー」の馬券を購入、京都のメイン「安土城S」は購入しないで「ダービー」にまとめました。

1着から5着まで「皐月賞」の上位馬が着順は少しだけ変化しましたが、狙い通り「皐月賞組」で掲示板独占となって見事な的中となりました。
お陰で珈琲は特別な1杯になって、本当に美味しかったです。
「ダービー」この特別なレースは近年数々の名馬を出しておりますが、昨年と今年はどうやら特別な年になりそうです。
昨年の「ダービー馬」の「ドゥラメンテ」はドバイシーマクラシックで2着、4着の「リアルスティール」は「ドバイターフ」優勝、14着の「キタサンブラック」は「菊花賞」と「天皇賞春」を優勝で、非常にレベルの高い世代なのですが、今年はそれにもまして「ダービー」5着までの馬たちは優秀だと思っています。

この馬たちの中からも「凱旋門賞」を目指す馬が何頭かいるのでしょうが、「イスパーン賞」を10馬身差で楽勝した「エイシンヒカリ」も、次走「プリンスオブウェールズS」の結果次第ではとのニュースもあり、今後が本当に楽しみです。