Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自作でもっとも大切なPCケースについて!
JUGEMテーマ:コンピュータ
 パソコンの自作をしていて疎かになりやすいのがケースなのですが、意外なことにパソコンケースは非常に大切なパーツなのです。「ルーム365」でもゲーム が出来ればというお客様に対しては、「クーラーマスター」や「アンテック」等のケースを使用していますが、ゲームだけでなく音に拘るお客様には「Abee」「WiNDy」等の総アルミのケースをおススメしています。ちょっと価格は高めですが、5年も10年も使えますのでトータル的には安いのです。利点は良く冷えることと、スティール製に比べてノイズの反射が少ないので少しでも良い音を求めるなら、アルミケースが一番なのです。
  私もホームシアターPC(HTPC)にはアルミケースを使っていますが、ノイズの軽減が出来て良好な状態で使えています。横型のHTPC用ケースも 「3R」や「シルバーストーン」から出ていますが、縦型の方が置き場所に困らないので最近は縦型が便利です。AVアンプと組み合わせて本格的な5.1ch や7.1chを組んでみますと部屋が1つ潰れてしまいますので、小型のデジタルアンプを利用して2.1chの「ヴァーチャルサウンド」で映画を観たり、音 楽を聞いたりするのが流行りです。また、最近はノートPC(光デジタル)+サウンドユニット+デジタルアンプという組み合わせも人気です。ノートPCから はUSB又はデジタルOUTを利用して、ノイズを軽減できるよう工夫しています。今回、下記のケースを購入したこともあり昨日から組み込みを始めました。 家内が使うミュージックPCです。


  黒っぽく見えるのですがデープパープルです。サウンドカードもいろいろテストしてみようと思っているのですが、アンプとスピーカーはケンウッドの「K- 521」を用意してみました。小さくても十分な低音が得られますし、ポップスでもジャズヴォーカルでも綺麗に再生してくれます。流石Kシリーズ、iPod の音楽信号をデジタルのままデジタルアンプ部に伝送可能なデジタルコネクション・ドックを搭載して使いやすいのです。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pcdoc.megajp.com/trackback/105