パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
四面楚歌の状態でどう生き残るか?(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 株価が全世界で急激な上下をしていますが、日本もその影響は大きくいろんな意味で生き残りを賭けた戦いを必要といています。

貿易摩擦がこれ程崩れた状態になったのは久々ですから、これまでの1973年と1979年のオイルショック時、1997年のインドネシア・韓国・マレーシア・フィリピン・タイのアジア金融危機、2008年から2009年はリーマンショック等の大きな金融危機がありましたが、今回はEUからの英国離脱、米中の貿易摩擦、そしてお隣の韓国との貿易摩擦と、そして円高株安となればもう四面楚歌状態です。

 

日本の企業は別の意味でもう一度スタートに戻って、内需の拡大と現在の経済機能に合った政策を取らないと生き残る事が難しくなってると思っています。

私達の本当の気持ちはどこからどうしてどのような方法で、海外の企業と手を結んで仕事をしていったら良いか、これからの大きな課題となりそうです。

 

それに人の大切さも含めてビジネスを考えていかなくてはならないのですから、今後への課題は沢山の問題を抱えている訳ですが、株価の大暴落もあり得るますので、十分な対策が必要になります。

一段と厳しくなる環境でビジネスを行っていくのですから、油断すると会社はすぐに倒産危機に追い込まれてしまうので、今後は注意が必要です。

日本企業は韓国からの撤退と、米中貿易戦争の長期化が大きく影響して中国からの撤退も続々と進んでおります。

日本に工場や営業拠点を移した企業、ベトナムやインドネシアに拠点を移した企業が多く、これからも中韓からの工場撤退は増えていき最終的には100%の企業がそうしなければならないと思っています。

 

もちろん工場を誘致したの中国や韓国ですからこんな形で出ることになって、再投資しなければならないという悪循環は避けなければならないのですし、今後の企業は価格競争の激しい製品を生産するのではなく、本来の安心して使える製品づくりをしていかなければ環境の汚染も大きな社会問題になってしまいます。

 

本当に環境にやさしくて人々の健康を守っていける製品を世に出して欲しいものですし、産地偽装等は止めて欲しいですし国の管理がずさんになってることもあって、安心して住めない国が多くなっているようです。

日本はこんなにも美しい島国ですが、環境等の問題や住まいの問題は解決されないでいる部分がとても多いです。

子供たちが安心して生活ができる社会のシステムが一番必要なのではと思っています。

米中・日韓貿易摩擦は他にも!(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 いよいよ米中貿易戦争はお互い全輸入品に関税をかけることになりもう持久戦に突入ですし、日韓の貿易摩擦ではとうとう防衛のかなめであったGSOMIAの延長を破棄してしまい、完全に一線を越えてしまいました。

どちらもビジネスから遠退いた政策をとって国内への影響を顧みない、意地の張り合いになってしまいましたし、中国は台湾への旅行を禁止してしまいましたし、大変な状況が起こっていることに早く気付いてほしいものです。

 

今後の選挙はどの国も現政権が議席を失いかねない状況に追い込まれることになりそうですですが、旅行会社の方も大変な影響で韓国の航空会社も大変な事になっていますし、日本のホテルや観光地でも影響が大きくなっているようです。

私達も関税にさらされたら日々の生活が急激に悪化してしまうことぐらい分かっているのですが、食料とかは自給率が悪い国が多くなっていますから、それこそ本当に大変な事になってしまいます。

 

そのうち食料の確保が困難になったり、紙が無くなったり、お米が無くなったり、灯油が大きく値上がりしたりで生活用品の確保ができなくなったりするかもしれないです。

大切な事を忘れずに先に進んでいく事が大切なのですが、対話や協議をしてみんなが困らない様に考えて欲しいものです。

 

 しかしここまでどちらも頑なになってしまうと、これからは元に戻すことなど厳しい状況になる訳で、どちらも歴史的背景を考え直すことが必要なのではないでしょうか。

実際に歴史的問題を武器に問題を提起したのは韓国であり、日本はその問題は解決していると回答しているのだから平行線を辿る原因となっている訳です。

 

ただこのままでは国自体が孤立しかねない動きがあって今後は別の問題が起こりそうですが、韓国の大統領はアメリカにまで牙を向けてしまいました。

きっと国民の大半は「えっ」と思っている人も半数はいると思うのですが、経済大国になるための準備をこれからするといっても、中国と手を組んでは欧米の国々に輸出をするのは困難になることぐらい分かっている筈なのに、どうしてなのだろうと考えてしまいます。

 

確かに新しい歴史の捉え方でもあるとは考えられるのですが、法律的に国を守ろうとしているのか、政治的に国を守ろうとしているのか言っている事とやっている事のギャップがありすぎると思っていますし、政治家だけでなく国民を危険にさらす行為だけは避けるべきだと考えてしまいます。

 

私達は不買運動なんかしてられないくらい韓国製品を購入してますし、日本製品も同じくらい購入しています。

韓国の製品も日本の製品も良い物が沢山ありますから、政治的に関係なく良い物をどんどん使うべきだと思っています。

貿易戦争の真只中で何を買うのか売るのか!(Sho-R)

 米中の貿易摩擦が泥沼化して「貿易戦争」にまでなってきていますが、我が国にも飛び火して今度は日韓の貿易摩擦が起こっています。

これまでも色々とあってもどうにか均衡を保っていたのに、お互いが言いたいことを一度に吐き出したという感じで、急激に関係が悪化してしまいました。

 

これまでの経緯を見ているとなんとなく意地の張り合いで、物事が悪い方に進んでしまったような事態であると思っていますが、これまでは問題はあるものの何とか仲良く、ビジネスライクにお付き合いしていたと思うのですが、とても残念な事です。

私達は韓国の製品を不買にしたりなどしたりはしないのですが、そんな運動や行為は止めてもう少し自国のためにどうしたら良いのか、どうすれば自国が良い方向に向くのかと考えるべきではないでしょうか。

 

前に進むことが出来ないでいる事で国の経済に影響がでてしまう事のない様に、色々と考えてみんなで足りない部分を補っていくべきであって、決して制限してはいけないと思いますし、不買運動で世界にそんな国柄だという事を知らしめることも恥ずかしいと思わなければいけないのではないでしょうか!本当に残念な事です。

 

私達は貿易の仕事がメインなので、韓国だから日本だからとは言ってられないですし、中国も台湾も大きな仕入れ元になっています。

こうして少しづつデジタル化が進んできても、まだまだアナログに頼らないといけない部分もあって、すべてがデジタル化ができる訳ではないのです。

AIに頼りすぎるといけない部分もあって、繊細な部分はまだ人間の力が不可欠でまだまだデータ不足が否めない状態なのです。

 

IoTやAIや自動運転やカーシェアリング等で社会の構造そのものが大きく変わってきていますし、エコな就業環境やリモートワークやバーチャルオフィースやコワーキングスペース等でグローバルな生活環境になってきて、コミュニケーションも英語で行われたりで環境がどんどん変化しています。

 

私達の環境も同じように変化が必要になってきていますので、勉強不足もあって対応に追われていますが、明らかに環境が少しづつ変化してみんなが徐々にそれに慣れてきています。

与えられた環境から徐々に改善していく事、そして理想に近づける様に努力することが大切だと思っています。

 

 少しづつ改善されている事で私達の生活は良い方向に向いてくれることを祈っています。

なお「Room365」はお盆休みに突入中で18日までお休みをいただきますので、お問い合わせ等については19日からお願いいたします。

昨日は伊東の「按針祭」に行って暑さですっかりバテてしまいましたが、素晴らしい花火を楽しんできました。

今年は暑くてもできるだけ体を動かすようにしています。