Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
子育てしながら仕事が続けられる会社とは!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 私達家族は子育てをしながら出来る仕事という事で始めた会社があります。

ここでは幼稚園児や小学低学年のお子さんを育てている奥さんを中心に、輸出専門の会社を立ち上げたのですが、「フレックスタイム制」で朝9時から夜10時までの間に2時間から6時間を効率よく働いて、子育ても十分にして貰おうという事が最大の目標なのです。

もちろん輸出専門ですから貿易事務の経験と英語力が必要ですが、始めると結構色々な問題が起こってきました。

 

社会保険の問題等もあっていろいろな条件をクリアしないといけないのですが、例えば欧州の時間より日本の時間が進んでいるので、朝9時からですと欧州は真夜中です。

したがって、幼稚園に行く時間や小学校へ行く時間などに送り迎えができる仕事時間がベターなので、タイミングを取って貰うように10時前後から15時まで、1時から6時まで、15時から20時等いろいろな時間帯で仕事を家で出来るようにしたのです。

 

まだまだ完璧ではないのですが、メールとコミュニケーションアプリで連絡を取りながら仕事をしますので、働く側の時間帯もまちまちで十分な管理ができない事もあります。

ただ、営業拠点は海外に置いてありますし、本社のある日本サイドは見積もり業務と配送の手配だけとシンプルなものですが、慣れてしまえば一日4時間でも3件〜4件はこなせますし、振り込みはすべて経理部スタッフがやればいいのですから、子育てしているお母さんは子供の面倒を見る時間に仕事時間が重ならなようにすれば良いのです。

 

日本サイドは相手の企業が日本の就業時間内ですし、海外と違って大抵は5時には終われますので大きな問題が生じることがない訳です。

非常に合理的に出来る仕事ではあるのですが、営業拠点が彼方此方と別れる必要もないので、ネット環境さえ整っていれば自宅でも出来る仕事なのですから理想的だと思うのです。

 

業績は営業にかかっていますので、こんな輸出だけではなく「ホームページ制作会社」、「アプリやソフト開発」等も自宅で仕事が出来るようになる筈で、フレックスタイム制だけでなくフリーランサー的な契約もできる訳で、今後はいろいろとチャレンジしてみたいと思っています。

管理業務が一番難しい事になりますが、ストレスフリーで短時間で効率的に仕事出来る環境は可能だと思っています。

日大フットボール事件で感じた違和感とビジネスモラルの崩壊!(シゲ)

JUGEMテーマ:お仕事

 日大フットボール事件の大学側のお粗末な対応と、宝物である筈の学生を犠牲にしてもいいような記者会見、まったく横柄な態度の進行役の対応とトリプルバットになってしまったお粗末な結末に、私もこの大学は企業と同じで会社を守るために偽装を平気でする様な会社と同じだなと思いました。

 

最近ではレオパレスのお客様をないがしろにした偽装事件や、食品の産地偽装など切りがない嘘が蔓延していて何が本物か分からない状況が続いています。

ビジネスモラルの欠如があまりにも表面化して、その状況が当たり前になっている様に感じていますし、本当に悲しい出来事だとおもいます。

 

こんなに子供たちを守れない社会を構築した政治家たちにも大きな責任があると思いますし、そんな政治家たちを選んだ私達にも大きな過失があるという事です。

韓国製品なのに「メイドインジャパン」として製品を輸出する会社もあって、私の周りにも沢山の偽装がある事に気付きました。

 

 きっとこうして低下したモラルのまま崩壊へ向かおうとしているかのようですが、もっと子供たちが守られる環境づくりをしていかないと、近い将来日本の企業も学校も半分ぐらいは無くなってしまうと思っています。

こんな時代ですから、私達がチャレンジしている子育てをしながら出来る仕事というのは、非常に重要な事だと考えています。

 

もちろん絶対的ではないのですが、もう少し重要な時間を親と子供が十分に、接することのできる仕事環境の整備がまだまだ必要だと考えています。

私達は自分たちの好きな事をやりながら生きてきましたので、家族との時間を大切にしてきましたし、子供に対してもできるだけ満足できる環境を与えるようにしています。

 

決して甘やかすという事ではなく、よく話し合ってお互いの考えをきちんと聞いてあげることから始めています。

PC工房「Room365」はこんなことから、就業時間はフレックスタイムになっていて、朝9時から夜10時までの間の好きな時間に働いて、たまには他の人の仕事を手伝う事があっても大半は自分で取った仕事をこなすだけなのです。

会社に搾取されるお金は一切ないですから、やった仕事の売り上げはすべて自分のものになるのですから、面倒なのは確定申告ぐらいです。

 

すべての業種で同じようなシステムを取れるとは限らないのですが、これからの日本ではこんな営業形態もあってもいいのではないかと思います。

家族との時間を大切にできる勤務形態と、上下関係のないシステムを作り上げることが出来ればと思っています。

ワークライフバランスからワークライフインテグレーション!(翼)

JUGEMテーマ:お仕事

 「Room365」での仕事は「残業ほぼナシ」と「勤務時間自由」は最初から実施していますが、「有給無制限」は個人事業主なのでちょっと無理、「リモートワーク」も殆ど出来ていない状態です。

でもこんな「ワークライフバランス型」の仕事形態は、アメリカのシリコンバレーなどでは「ワークライフインテグレーション型」に変化しつつあるのです。

 

いわゆる「仕事とプライベートも人生の一部である」と言う考え方に基づいたもので、本当に自由に仕事をしてプライベートも楽しく過ごすという事ですが、理想的である人生を過ごすという考え方が素晴らしいです。

ストレスない仕事に子育ても夫婦でのんびりと取り組めれば、もっと楽しい人生が遅れると思うし、難しいけれど挑戦してみる価値はありそうです。

 

家でも会社でも仕事は何処でも出来るという環境づくりは、私達のこれからの問題なのですが、「ぺーパーレス」や「自由な勤務時間」等はこれまで実施してきていますので、楽しみはこれからです。

一つ一つを自分たちで作り上げていく必要があるようです。

 

私はまだ独身ですから子育てはまだ先の話ですが、今後についてはいろいろな事が起こると思うし、学校やアルバイト先でもいじめにあったり、プレッシャーを掛けられたりでストレスになって大変な時期もありました。

結局はアルバイトも部活も辞めて学業に専念して、土日のアルバイトを研究室でスタートさせてやっと人間関係を取り戻せたのです。

 

今回、日大のアメフト部の件でも分かりますように、監督やコーチの一言が人の人生を大きく左右することが分かっていれば、決してあのような結果にはならない筈で、最後はあんなに見苦しい弁明になってしまいました。

やった本人が自分を明らかにして謝罪をしたのに、アメフトを止めなければいけない状態に追い込んだ事、ケガをした相手の選手のこれからの人生にも大きな影響を与えてしまった事など、きちんと反省して欲しいと思うのです。

 

監督やコーチにも家族が居ると思いますが、今回の件は自分たちの家族にも大きな影響を与えてしまう訳で、自分たちの立場も悪くなるような事をしてしまった事をきちんと反省して欲しいものです。

対応の仕方が後手後手に回った事で、謝罪のチャンスを逃してしまったようです。

 

私も学生時代にクラブ活動での出来事が原因でストレスが積み重なって、一時的に不登校になった時期がありましたが、研究室のアルバイトを紹介されて人生が大きく変わりました。

自分を必要としてくれる人たちと、自由な考え方に基づいて好きな事をとことん研究するその姿勢が、私のストレスを解消してくれたのです。

 

チョットサボりたい時はしっかりサボって、懸命に研究したい時は没頭してと極端ですが、やらない事の選択もあるというのがとても幸せなのだと思えるようになりました。

東南アジアからの外国人労働者達の苦労は何処まで続くのか!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 これまで私の所に持ち込まれる相談案件は、あくまでも入国管理局へ提出する書類の翻訳や必要書類の確認でしたが、時々は戸建ての購入手続きや住宅ローンの借り入れ申請の相談に来られる方が、2年ぐらい前からぽつぽつと増えてきました。

ところが最近は社会保険料のことや税金の相談に来られる方も多く、更には「パワハラ」や「サービス残業」等の相談に来られる方も多いです。

 

カミさんがフィリピン人なので相談に来られる方は、圧倒的にフィリピンの方が多いのですが、みなさん教会でお会いしてというのが多いみたいです。

私が懸念しているのは「社会保険の加入」がないケースや、休日出勤や残業をしてもその手当てが支給されていないケースも多く、パワハラもとても多いという事が分かりました。

 

一番多いのが給料は25万円くらい出すといわれたのに、実際は15万から18万しか貰っていな事への不満、休日出勤も残業も手当てが支払われていないこと等、不満が充満している事なのです。

社会保険・厚生年金・雇用保険・所得税・住民税等は支払い義務があるのに、払わない方向で説明をしている伏もあるので、先日「労働センター」や「労基」にも相談してみたのですが、どこかで見直しが必要だと思っています。

 

最終的には雇用保険の加入が無い場合は失業した時にも失業手当が貰えなかったり、社会保険が無いために病気になっても病院に行けないなど色々な問題を抱えてしまう場合もあるのです。

 

 特に現実的な問題は切実なもので、日本へ来る時に約束した仕事ではない仕事につかされたり、ビザを申請した会社じゃない場所で働くことになったり目に見えない違反行為があるようです。

前述の社会保険については給料前に「貴方は社会保険に入るとぜんぶで3万円近く差し引かれますがどうしますか」と言うような会話で始まり、結局は社会保険にも厚生年金にも入らないように仕向けている様でさえあるのです。

 

私達の「Room365」では外国人のスタッフはおりませんが、みなさんは個人事業主として仕事していますので全員、国民年金と国民健康保険に加入して頑張っています。

最初は普通の会社組織にと思っていたのですが、上下関係が非常に難しいので自然と現在の形に落ち着いたのです。

最終的には忙しい人が暇な人の手を借りて仕事を完了させるという、最もシンプルな協力体制が出来上がったので、何事もスムースに動くようになったのです。

 

全員が同じ立場なのでお互いが話し合ったり協力したりで頑張っていますし、仕事量も均等にみんなで出来るだけこなせる分だけ取ってくるようにしているようです。

パワハラもなく和気藹々と楽しみながら仕事をしています。

会社を大きくするよりも自分の納得できる仕事が出来ればと集まったエンジニア達ですから、とても良い環境で働いています。

 

そんな枠の取り払われた状況においても色々な問題が山のようにありますし、私達にとってもこれからの課題なのですが、会社という組織が今のままでいいとは絶対に思っていないのと、今後は海外からの労働者の受け入れも頭に入れて組織づくりをしていかなければと思っています。

新しい仕事でちょっとトラブルで知ったいろいろな事!(kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 息子と娘が始めた仕事で早くもトラブルです。

これまで上手く流れていた仕事が上手くいっていたのが、私の不手際で妻の友人にもご迷惑をかけることになってしまいました。

娘も4月から新しい仲間が増えて仕事も船舶関係、航空関係、車関係と順調だったのですが、たまたま妻の友人が船舶関係の会社にお勤めだったので、仕入れ先を聞いてしまったのです。

 

うっかりでしたが、それをちょっとだけ教えてくれた妻の友人はどうやら私達を擁護してくれたようです。

聞いたのはこちらですから、こちらが悪いのですが「自分が教えた」と擁護してくれ、さらに退職予定だったこともあって、問い詰められたようで会社の機密情報を外部に流したと取られたみたいです。

 

迷惑をかけたのはこちらなのですが、大分責められたようですっかり憔悴しきっている妻の友人には、謝る事しかできませんでした。

きっと、いろいろな事が重なってストレスがたまったものだと思うのですが、可愛そうなことをしてしまいました。

部分的には同業者という事になりますので大失態です。

 

 仕事は3部門に別れて模索をしていますので、貿易部門・ネットビジネス関係・システム開発と準備しており、やっと貿易部門が昨年9月からスタート、娘の大学の卒業生や仕事時代の仲間が少しづつ連絡を取り合って協力体制網が出来上がっていますし、息子たちの協力でネットからの情報も集まっており二人が目指している「新しい仕事」は徐々に形を整えてきました。

 

「子育てをしながら」空いてる時間を自宅で仕事をして、普通の給料が出るようにしたいと頑張っています。

協力していただいている皆さんは現在140名程いて、ボランティア活動の中でも協力者が増えてきていますし、国外にも賛同者が増えてきています。

「子育てビジネスのネットワーク構築」、「ストレスフリー環境構築」、「作業の自動化」などとても沢山の方の協力を得ていますので、これから頑張らなくてはと思っています。

 

仕事に理想的な環境づくりは本当に難しいと思ったのは、言葉の違いだけで意思の疎通が出来ていないという事が昨日分かりましたので、簡単で分かり易い「従業規則」の準備をしなくてはと思いました。

それに会社の機密情報などの管理は「個人情報」と「顧客名簿」などプライバシーに関するものは、ネット回線上から切り離して管理はするようにする事など随分と面倒な部分の解決が必要になります。

 

最近ブラック企業といわれる会社は沢山はないだろうと思っていたのですが、とても信じられない所にいろいろな形で存在することが分かりました。

これまでいろいろと協力頂いて本当助かっていますし、これからもよろしくお願い致します。

子育てしながら仕事をするには何が必要か?◆Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 今回は就業時間の問題ですが、1日のメールのやり取りは最大で10箇所程度ですので、往復5回程度に及んだとしても最大50通前後ですし、見積もり依頼や注文があったとしても2日〜5日前後は回答に時間が必要です。

ただ、日本から最大でも21時間も時差のある国もあるので、貿易の仕事は時差との戦いになるのです。

 

例えば、日本の17時がスペイン・マドリッドでは10時(サマータイム時)なので、9時からは17時が就業時間だとすると、重なるのは1時間(日本時間16時からの1時間)だけになってしいます。

こんな感じなので、お互いの連絡が一日遅れになる事が多いのですが、双方が分かっている事なので結構余裕をもって対処して貰えます。

 

もちろんみんなで注意しなければいけませんし、仕事のやり取りがメールなので仕事の状況はメールがすべてサーバーを経由するので、みんなで助け合う事は簡単なのです。

実際にはもう少し研究やアプリの開発で対応できる部分があるかもしれないのですが、アナログ部分が多い仕事なので経費を掛けない方法で対応していくのがベターなのかもしれません。

 

残りは子育てと仕事の時間を上手に振り分けることが課題となりますので、これから模索をしてみたいと思います。

現在は私の家族と友人だけでスタートしましたので、これから新しい人達が入社してどのように変化していくのか、見極めたいと思います。

 

 パソコン修理工房「Room365」は現在14人のエンジニアが所属して、みなさん一人づつ個人事業主として活躍していますが、こちらもみんなで助け合って仕事を振り分けていますし、派遣で働いていて時に比べるとストレスフリーで天国だそうです。

彼らの仕事時間は平均すると6時間前後ですが、土日と祭日はみなさん交代で休んでいるようですし、みんなでルールを作って和気藹々と仕事を楽しみながらやっているようです。

 

ソーラーシステムで電気料金も抑えられていますし、エコライフを取り入れた工房になっています。

収入的にもサラリーマンの平均給与くらいはありますし、節税対策もバッチリなのです。

こんな「Room365」のようなスペースで子供さんと一緒に出勤して、仕事が終わったら一緒に帰る事が出来たらと模索中です。

上手くいくかは分からないですが、機械的ではなくアナログ面から修正していく必要があると思っていますので、今後に期待です。

子育てしながら仕事をするには何が必要か? Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 娘が結婚して子供が生まれて子育てをするようになって、これまでキャリアを積んできた仕事を辞めることになったのですが、最初の子供の心臓に問題が見つかり仕事を続けられなくなったのです。

それでも、合間を見つけてはアルバイトしたり仕事に復帰したりしたのですが、二人目の子供が生まれた頃から上の子の心臓が悪化して手術することになったのです。

 

幸いにも手術は成功して元気になったのですが、今度は夜間の事務仕事をスタートさせて子育ては最も大変な事となってしまい、寝不足と疲れでストレスが溜まってしまったのです。

その頃丁度、息子の勤める会社でもいろいろとストレスが溜まる環境になって、親としていろいろな意味で心配をするようになったのです。

 

娘も息子も英語は得意なので、最初は翻訳の仕事などのアルバイトならと思って仕事をしてみたのですが、上手くいかないですぐに諦めてしまったのです。

ところが妻の友人からある貿易代行の仕事が舞い込んだのです。

 

私も色々と考えたのですが、娘はすぐに賛同してくれスタートすることになり、合同会社を設立することになりました。

これなら専門書類が作れる娘には手慣れた仕事なので、色々とテストをして自宅で子育てしながら仕事をこなせるか実際にやってみたら、十分に仕事が出来ることが分かったのです。

 

パソコンと英語力さえあれば誰でも自宅で仕事が出来ますし、人と人の関係で悩むことがありませんし自分である程度は決めた時間で仕事が出来ますので、会社の方から与えられた海外の会社と連絡を取って注文を取るだけですから、そんなに難しい事はないのです。

本社には見積もりをする専門家がおりますので、すべての仕事はメールで済むのです。

 

これなら保育所に入れなくても幼稚園だけでも仕事が出来ますし、しっかりと子育てができる訳ですが、問題はお給料という事になります。

自宅勤務というのはケジメがつけ辛いので、きちんと働くことが出来なくなってしまう事も多く、だらだらにならないような覚悟をもって仕事をすることが大切になります。

 

仕事は世界中が商圏になりますので時間のコントロールが難しくなります。⇔次回はこの事についてお話したいと思います。

便利になった不動産賃貸サイトの陰であり得ない事が!(翔)

JUGEMテーマ:お仕事

 私達は新しい仕事のコンセプトとして「住まいで出来るいろいろな仕事」という事で、メインの事務所を小さなものにして一番面倒な人間関係を最小限にしてストレスのない仕事環境を構築することを目標にしてきました。

そうすればお子さんが居ても面倒を見ることができるし、家事も子育ても出来て仕事もできるという事で、いい事ばかりあるように思えるのですが、給料面でどのように満足できるかがキーポイントになります。

 

一日4時間から6時間の仕事ベースで、1カ月手取り15万だとちょっと厳しいかなと思うのですが、仕事は限りなくある訳ではないので今後の取り組み方が難しいところです。

そんな会社の夢を見て起業したのが2017年の4月です。

 

半年間必死に勉強して営業を開始したのが9月、なけなしの900万を元手に仕事を開始して今年の3月31日まで、役員報酬無しで一人で頑張って売り上げは2400万以上、仕入れ1500万以上と満足いく成果を上げられたと思っています。

1カ月平均400万円の売り上げ目標はクリアしましたが、これからがちょっと大変です。

 

仕事はきっと無限にあるのかもしれないのですが、私達の仕事はちょっと特殊ですので英語力と貿易の知識が必要です。

もちろん勝手にされても困るので、それぞれが時間を決めて対応してくれれば、それなりの成果が上げられるようにはなると思っていますが、この4月からスタッフが増えることになりました。

 

英語力と貿易経験豊かなご夫婦がお手伝いしてくれることになったのですが、アパートを借りようと思っても国籍が日本でないので会社契約で借りることにして一件落着となったのです。

ところがいろいろと物件を探しているとこの物件の扱いはA社〜J社まで、最低でも5件以上の不動産屋が取り扱っていて、家賃は同じなのですがその他の料金がまちまちで、敷金や礼金の割合が大きく違っていることに気が付きました。

 

審査の必要なのは分かるのですが、外人さんはお断り等いろいろ制約があるのには驚きましたし、もっと驚いたことは「H.C」さんで決まった物件にインターネットがフリーで付いているのに説明なし、挙句の果てに「インターネットはどうしますか、申し込みはこちらで出来ます」とあり得ない勧誘にビックリしたのです。

 

本人たちにそれを聴いた私は直ちにNTTに電話をして確認、やはりインターネットは全部屋にひかれた状態である事が分かりましたし、物件の持ち主にもそれとなく確認するとやはり間違いなく、「H.C」さんに電話をするとまるで知らなかったという答えなのです。

このようにいろいろな部分であり得ない事が起こって、こんなに便利な時代にとても難しくなってしまった賃貸契約、中には審査が通らなかったのに連絡が来なかった「T.H」さんの様に、まったく信じられない事が続きました。

 

最近は若い人達が中心に働いて活気ある事務所が多いのに、これではと思ってしまいました。

こんなところで顧客側にもストレスを与え、仕事場でもストレスがあってでは長く仕事を続けられなくなってしまいます。

本当に残念だと思うのですが、怒りたい気持ちを抑えて物件を内覧した人達のストレスも感じてしまうのです。

 

最近はいろんな会社とのタイアップで入居後の「サポートサービス料」や「保険料」や「鍵交換料」等の名目で加算される料金が多く、必要のない物まで請求されて入居する時の料金が高くなりすぎているようです。注意が必要です。