パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「テレワーク」に必要な機材いろいろ!「マイクUSB」(Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 「テレワーク・リモートワーク」で必要な機材は結構いろいろとあるのですが、ノートPCとスマホがあれば十分なのですと考えると完璧ではありません。

ノートPCもスマホもマイクはありますが、通信中のノイズや映像の乱れ等は気になるところですし、みんなが仕事で使うならやはり指向性のコンデンサーマイクを使えば、音も綺麗になりますしノイズも少なくなりますからストレスにならないでとても助かります。

 

やはりノイズがない環境で簡単に使えるUSBタイプや、本格的にオーディオインターフェースを用意して使う方もいると思うので選んでいくつか紹介してみます。

これまではPCで使うタイプやスマホで使えるタイプも含め、遅延が起こりにくいマイクは次々発売されていますいくつか紹介しておきます。

 

◎USBタイプ

☆AKG/LYRA USB(税込み16,280円)⇒192kHz/24bit対応でサウンドはクリーンで綺麗、指向性も4種類選べる様になっていて使い易く、DTMやDAWでも大活躍間違いナシですし、カラオケやレコーディングにも使えます。(会社で使ってます)

 

☆Audio technica/AT2020USB+(税込み16,280円)⇒こちらは単一指向性で48kHz/16bit対応ですが、流石オーディオテクニカの製品、とても使い易くカラオケもレコーディングにもピッタリです。

 

☆BLUE/Yeti Pro Studio(税込み31,680円)⇒192kHz/24bit対応でサウンドも価格もワンランク上、ゲーミングの中継などでも人気があります。

 

◎USB+オーディオインターフェースのミックスタイプ

☆SAMSON/G track Pro USB(16,280円)⇒96kHz/24bit対応でこちらはオーディオインターフェース機能も持っているので、現在大変な人気で在庫が無く直ぐに入手できないですが、とても使い易い製品です。(個人的に使ってます)

 

☆Line 6/Sonic Port VX(15,950円)⇒48kHz/24bit対応ですが、こちらはiPad/iPhoneアプリMobile POD対応で10,000以上ものプリセットや、32種のアンプ、16種のエフェクト、16種のスピーカー・キャビネットを自在に組み合わせて独自のサウンドもデザインできます。

 

今回はUSBに接続するタイプを紹介しましたが、コンデンサーマイクもピンキリですので、ご自分でショップなどでテストしてみて下さい。

「Skype」等で普通の電話や携帯に電話する場合も使えるのが便利で、音声も殆ど問題が無く通話ができますし、コスト的にも国際通話よりはとても安いのでクライアントとの連絡には便利です。

 

最近は「テレワーク」でもアプリや通話の棲み分けがハッキリしてきていますので、環境にあったサービスやアプリを選んで使うのが良いです。

次回はオーディオインターフェースに接続するタイプを取り上げます。

コロナで大きく変わった生活パターン!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 自分の好きな事といえば写真・音楽・映画・ゲーム・時々競馬ですが、コロナ渦ですっかり生活パターンが変わってしまったようで、マスクや手洗いもうがいも面倒でもしなければ安心できないし、人との繋がりも随分と変わってきたと思います。

自粛規制は解除されてもコロナが終息した訳ではないので、イベントの開催も十分に注意が必要ですから、様子を見ながら参加したり、企画をしたいと思っています。

 

仕事面でも大きなギャップが生まれているように、「テレワーク」だから仕事が楽と思う場合もあれば、逆に大変になってしまうケースもあります。

僕の会社ではまだ創業3年ですから、最初から「テレワーク」で仕事を始めましたので、コロナになってから変化したのは殆どないのですが、売り上げが4月から下降線を辿っています。

 

売り上げの下降は輸送システムの崩壊で、コロナ感染拡大による航空機の飛行制限が原因ですから、以前の様に回復すれば売り上げも回復するものと思っていますが、会社がそこまで耐えられるかがポイントです。

主力メンバーは3名だけ、フリーランス5名以内ですから、仕事が少なければフリーランスの給料が自動的に減りますし、主力メンバーの給料を抑えれば何とか持ち応えてくれそうです。

 

仕事は他にもありますので、長期的な対応を考えながら改革をしていければと思っていますが、決して楽観してはいけないと感じてます。

フリーランスの方は殆どが外国に住んでいる方が多いのですが、人材は非常に多種多様化されておりマーケティングからスタートできるので、準備は簡単にできるようになってます。

 

商品だけでなく人材もグローバル化が進んでいる事が良く分かりますが、悪用される事もありますので色々と苦労もあります。

日本では「サテライトオフィース」や「レンタルオフィース」の存在も大切で、家で仕事ができない人のための準備も必要ですが、狭い日本家屋で「テレワーク」のスペースを取れない場合もありますので、徐々に対応しています。

 

普通のアパートで十分だと思うので、ネット環境が付属のワンルームを「サテライトオフィース」に使っていますし、仮眠ができる設備を置いておけば徹夜もできます。

プライバシーの問題もありますのでテレビ会議アプリは避けていましたが、最近は背景が変えられる様になったので導入しました。

それまでは音声だけの会議でした。

 

印刷物やFAXはすべてPCで管理して、印刷機の使用は社長宅で一括管理としていますので、とてもコストが安いです。

父の「競馬研究会」は総勢40名いますが、全員が「テレワーク」のシステムを利用していますので、在籍7年以下の研究員は完全に競馬も仕事も「テレワーク」を利用した生活をしていて、1000万円以内で購入できる千葉・埼玉・神奈川のマンションや平屋の一戸建てで生活してる方が多いです。

 

収入は少なくても物価が安いところでの「テレワーク」なら利点が大きく、空気の美味しい自然の中で自分の趣味を楽しみながら、ゆっくりと焦ることなく生活ができるからではないでしょうか?

写真を撮るのも大好きですので、キャンピングカーも「テレワーク」に向いていると思いますから、コロナが消息して安心して生活できる最高の季節になりますように祈っております。

「テレワーク」の効率化と経費としての部分について!(Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 今日は「テレワーク」について考えてみたいと思いますが、みなさんの中にも沢山の方が「テレワーカー」として、自宅又はサテライトオフィスで勤務中だと思います。

 

最初に設備はもちろん会社からノートPCかデスクトップPCを支給されるのが理想ですが、交通費の支給率が少なくなる分色々な部分で生活補助をするのが当たり前です。

僕らの場合は日本でも海外でもスタッフとして働く場合は同じ条件にしていますが、最近はフリーランスの方が増えたこともあって海外ではサテライトオフィスの利用が多くなっています。

 

サテライトオフィスに出向いたスタッフが、フリーランサーからの書類を集め日本に一括して送るシステムが効率が良いのです。

バラバラに送られるよりもきちんと整理された状態ですので、効率がアップしますので現地のレギュラースタッフは一人で済みますし、午前中2時間と午後の2時間の間に営業する時間とミーティングタイムが取れますので、とても良い状況です。

 

国内も同じようにしたいのですが、まだスタートして間もないのとみんなが慣れていない事もあって効率的ではありません。

それでも徐々にシステムの構築が進んでいますので、徐々に解消されると思っています。

 

 さてここで問題になるのは会社で仕事する時も、ノートPCやデスクトップPCは一人一人支給していましたので、新しく購入する必要はないのですが、自宅で仕事する訳ですから税法上の経費はどのように処理するのかはこれからの問題です。

これまでは3人だけの会社でしたし、海外も1人のスタッフと数名のフリーランサーがいるだけでしたので、3DK程のアパートで十分でした。

 

サテライトオフィースを設けて、残りは「テレワーク」にして5名の会社に生まれ変わる訳ですが、ネット料金と月2回程度出社する時の交通費は全額会社負担、家賃補助20%と水道光熱費補助30%でと考えています。

問題がないように税理士と相談して決める必要があります。

こんな事もできる「テレワーク」の上手な使いかた?(Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 コロナウイルス拡大で随分と格差が広がってしまった仕事のあり方なのですが、製造業などは工場がストップしてしまうと生活必需人や加工食品が不足してしまいますし、すべてを「テレワーク」という訳にはいきません。

しかし無観客開催されている「競馬」は売り上げの下降は多少はあるものの、非常に優秀な売り上げでコロナウイルス拡大でも頑張っていると感じていますし、中止や延期で少ない娯楽の中では特出した存在だと思っています。

 

バーチャルな世界と勘違いしてしまう事もあると思うのですが、あくまでもライブ観戦と変わらない状況であることには違いないのですから、歓声があるかないかの違いで徐々に違和感が無くなりました。

「テレワーク」で仕事を探すことだって可能なのですが、「Zoom」で繋がったメンバーとお酒を飲みながら色々と話をしたり、仲間を作ることも可能ですし、自宅でネット環境を利用して授業を受けることもできます。

 

僕は高校を特殊な実験校で卒業しましたので、ネット環境での授業を受けて卒業しています。

高校では普通高校と同じように毎日通学する方法と、ネット授業を利用した通信教育、平日はネット授業土日は通学するという実験校を卒業しています。

もう12年以上も前の事で、僕が第一期生でしたので手探り状態でしたが、なんと自由な高校たど思ったものです。

 

今なら完璧なネット授業ができるのですが、今度はパソコンが自宅に無い環境が拡がって、タブレットやノートPCの他にインタネットの環境が必要になる家庭が増えていますし、スマホで授業ではちょっと厳しいかもしれないです。

それでも何とか学校の在り方を根底から考え直す時期が、このようなパンデミック状況が今後も起こると想定した取り組みが必要だと思います。

密にならない環境で勉強ができる方法を考え、そして学校へ行かなくても、しっかりと勉強ができるシステムを構築する必要がありますので、みんなで力を合わせてアイデアを出し合うようにしたいものです。

 

ネット環境で授業が受けられれば数多くの授業を繰り返し使えますので、レベルの向上にも繋がりますし飛び級のなどのレベルチェックも可能になりますし利点も多くあります。

しかし、体力向上や規則正しい生活をさせたりといった部分は、ちょっと厳しいかもしれませんが、学校に行く時間を作る事で解決はできそうですし、新しい友達のあり方も生まれると思っています。

 

やはり「テレワーク」は向いてる人もいれば、向いてない人もいると思いますので、すべての人に通用する方法ではないという事も大切です。

それぞれの仕事の中で組み入れ可能かどうかのチェックも必要ですから、これからみんなでベストな環境はどんなものかと、考えたいものです。

四面楚歌の状態でどう生き残るか?(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 株価が全世界で急激な上下をしていますが、日本もその影響は大きくいろんな意味で生き残りを賭けた戦いを必要といています。

貿易摩擦がこれ程崩れた状態になったのは久々ですから、これまでの1973年と1979年のオイルショック時、1997年のインドネシア・韓国・マレーシア・フィリピン・タイのアジア金融危機、2008年から2009年はリーマンショック等の大きな金融危機がありましたが、今回はEUからの英国離脱、米中の貿易摩擦、そしてお隣の韓国との貿易摩擦と、そして円高株安となればもう四面楚歌状態です。

 

日本の企業は別の意味でもう一度スタートに戻って、内需の拡大と現在の経済機能に合った政策を取らないと生き残る事が難しくなってると思っています。

私達の本当の気持ちはどこからどうしてどのような方法で、海外の企業と手を結んで仕事をしていったら良いか、これからの大きな課題となりそうです。

 

それに人の大切さも含めてビジネスを考えていかなくてはならないのですから、今後への課題は沢山の問題を抱えている訳ですが、株価の大暴落もあり得るますので、十分な対策が必要になります。

一段と厳しくなる環境でビジネスを行っていくのですから、油断すると会社はすぐに倒産危機に追い込まれてしまうので、今後は注意が必要です。

日本企業は韓国からの撤退と、米中貿易戦争の長期化が大きく影響して中国からの撤退も続々と進んでおります。

日本に工場や営業拠点を移した企業、ベトナムやインドネシアに拠点を移した企業が多く、これからも中韓からの工場撤退は増えていき最終的には100%の企業がそうしなければならないと思っています。

 

もちろん工場を誘致したの中国や韓国ですからこんな形で出ることになって、再投資しなければならないという悪循環は避けなければならないのですし、今後の企業は価格競争の激しい製品を生産するのではなく、本来の安心して使える製品づくりをしていかなければ環境の汚染も大きな社会問題になってしまいます。

 

本当に環境にやさしくて人々の健康を守っていける製品を世に出して欲しいものですし、産地偽装等は止めて欲しいですし国の管理がずさんになってることもあって、安心して住めない国が多くなっているようです。

日本はこんなにも美しい島国ですが、環境等の問題や住まいの問題は解決されないでいる部分がとても多いです。

子供たちが安心して生活ができる社会のシステムが一番必要なのではと思っています。

米中・日韓貿易摩擦は他にも!(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 いよいよ米中貿易戦争はお互い全輸入品に関税をかけることになりもう持久戦に突入ですし、日韓の貿易摩擦ではとうとう防衛のかなめであったGSOMIAの延長を破棄してしまい、完全に一線を越えてしまいました。

どちらもビジネスから遠退いた政策をとって国内への影響を顧みない、意地の張り合いになってしまいましたし、中国は台湾への旅行を禁止してしまいましたし、大変な状況が起こっていることに早く気付いてほしいものです。

 

今後の選挙はどの国も現政権が議席を失いかねない状況に追い込まれることになりそうですですが、旅行会社の方も大変な影響で韓国の航空会社も大変な事になっていますし、日本のホテルや観光地でも影響が大きくなっているようです。

私達も関税にさらされたら日々の生活が急激に悪化してしまうことぐらい分かっているのですが、食料とかは自給率が悪い国が多くなっていますから、それこそ本当に大変な事になってしまいます。

 

そのうち食料の確保が困難になったり、紙が無くなったり、お米が無くなったり、灯油が大きく値上がりしたりで生活用品の確保ができなくなったりするかもしれないです。

大切な事を忘れずに先に進んでいく事が大切なのですが、対話や協議をしてみんなが困らない様に考えて欲しいものです。

 

 しかしここまでどちらも頑なになってしまうと、これからは元に戻すことなど厳しい状況になる訳で、どちらも歴史的背景を考え直すことが必要なのではないでしょうか。

実際に歴史的問題を武器に問題を提起したのは韓国であり、日本はその問題は解決していると回答しているのだから平行線を辿る原因となっている訳です。

 

ただこのままでは国自体が孤立しかねない動きがあって今後は別の問題が起こりそうですが、韓国の大統領はアメリカにまで牙を向けてしまいました。

きっと国民の大半は「えっ」と思っている人も半数はいると思うのですが、経済大国になるための準備をこれからするといっても、中国と手を組んでは欧米の国々に輸出をするのは困難になることぐらい分かっている筈なのに、どうしてなのだろうと考えてしまいます。

 

確かに新しい歴史の捉え方でもあるとは考えられるのですが、法律的に国を守ろうとしているのか、政治的に国を守ろうとしているのか言っている事とやっている事のギャップがありすぎると思っていますし、政治家だけでなく国民を危険にさらす行為だけは避けるべきだと考えてしまいます。

 

私達は不買運動なんかしてられないくらい韓国製品を購入してますし、日本製品も同じくらい購入しています。

韓国の製品も日本の製品も良い物が沢山ありますから、政治的に関係なく良い物をどんどん使うべきだと思っています。

貿易戦争の真只中で何を買うのか売るのか!(Sho-R)

 米中の貿易摩擦が泥沼化して「貿易戦争」にまでなってきていますが、我が国にも飛び火して今度は日韓の貿易摩擦が起こっています。

これまでも色々とあってもどうにか均衡を保っていたのに、お互いが言いたいことを一度に吐き出したという感じで、急激に関係が悪化してしまいました。

 

これまでの経緯を見ているとなんとなく意地の張り合いで、物事が悪い方に進んでしまったような事態であると思っていますが、これまでは問題はあるものの何とか仲良く、ビジネスライクにお付き合いしていたと思うのですが、とても残念な事です。

私達は韓国の製品を不買にしたりなどしたりはしないのですが、そんな運動や行為は止めてもう少し自国のためにどうしたら良いのか、どうすれば自国が良い方向に向くのかと考えるべきではないでしょうか。

 

前に進むことが出来ないでいる事で国の経済に影響がでてしまう事のない様に、色々と考えてみんなで足りない部分を補っていくべきであって、決して制限してはいけないと思いますし、不買運動で世界にそんな国柄だという事を知らしめることも恥ずかしいと思わなければいけないのではないでしょうか!本当に残念な事です。

 

私達は貿易の仕事がメインなので、韓国だから日本だからとは言ってられないですし、中国も台湾も大きな仕入れ元になっています。

こうして少しづつデジタル化が進んできても、まだまだアナログに頼らないといけない部分もあって、すべてがデジタル化ができる訳ではないのです。

AIに頼りすぎるといけない部分もあって、繊細な部分はまだ人間の力が不可欠でまだまだデータ不足が否めない状態なのです。

 

IoTやAIや自動運転やカーシェアリング等で社会の構造そのものが大きく変わってきていますし、エコな就業環境やリモートワークやバーチャルオフィースやコワーキングスペース等でグローバルな生活環境になってきて、コミュニケーションも英語で行われたりで環境がどんどん変化しています。

 

私達の環境も同じように変化が必要になってきていますので、勉強不足もあって対応に追われていますが、明らかに環境が少しづつ変化してみんなが徐々にそれに慣れてきています。

与えられた環境から徐々に改善していく事、そして理想に近づける様に努力することが大切だと思っています。

 

 少しづつ改善されている事で私達の生活は良い方向に向いてくれることを祈っています。

なお「Room365」はお盆休みに突入中で18日までお休みをいただきますので、お問い合わせ等については19日からお願いいたします。

昨日は伊東の「按針祭」に行って暑さですっかりバテてしまいましたが、素晴らしい花火を楽しんできました。

今年は暑くてもできるだけ体を動かすようにしています。

在宅勤務で良くなった事と悪くなった事!◆Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 私達は随分と不合理な事も受けてきましたが、ビジネスの上でどんな事があっても驚かない様にはしているのです。

でもやってはいけない事がいくつかあるもので、サービス残業・人種差別・社会保険料等への不加入・産地偽装など限りなく悪い連鎖を起こしている会社がある事には本当に驚かされます。

 

自分たちの場合はフィリピンの人達も、ベトナムの人も、日本人も同じだと考えていますので、給料の計算から社会保険や失業保険などについてもみんな同じにしています。

在宅勤務といっても今日のグローバルな環境では、勤務時間中に電話での連絡やコミュニケーションは時差の関係で非常に難しい国々もあって、企業間で協力し合って対応ができるように努力をしなければなりません。

 

ちょっと難しい問題なのですが、在宅勤務でこそフレキシブルな対応ができる様に夜の時間を上手に使う事、アジアの国々は時間的に問題はないのですがヨーロッパは午後4時からが勝負になります。

そのため19時〜22時くらいにも電話連絡が必要になりますので、実際にはその時間に活動してくれる社員が必要になります。

 

大きな問題もあって、私達が寝ている時間帯が南北アメリカの終業時間なのですが、こちらの問題は次回取り上げたいと思っていますので、みんなの意見を聞いてから書きます。

フリーランサーと取引もありますので、その辺の調整は大きく影響がでることが多いと思います。

 

 さて在宅勤務(リモートワーク&テレワーク)良い事は沢山あるのですが、非常に時間の使い方が難しく8時間労働の場合も3時間〜5時間労働の場合も同じように、効率が上がらないケースがあります。

進捗状況が分かっている場合は対応策が取れるようにシステムを変更し、効率が上がる方向へ意見を出し合って決めていかないといけないし、それぞれもプライベートも関わって難しい事も山積みなのです。

 

子育て世代の人達も子育てが終わると、半分以上は通常勤務の条件の良い会社に転職をしてしまう事も多く、新しい人材の養成も必要になってしまいますので、国内では難しい事も多いのです。

しかし、グローバルな環境が100%でないと、海外拠点は無理ですし管理をすることが難しくなってしまいます。

 

現在の良い環境を続けるためにはもっと研究が必要で、持続性のある環境作りが必要だと考えていますのでもう少しこのまま続けていきたいです。

在宅勤務で良くなった事と悪くなった事! Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 在宅勤務になって1年が経過しましたが、良い事と悪い事が徐々に分かってきました。

仕事は仲間とやる方が効率が上がるのですが、最近は社員の自宅と私の自宅を交互に使って仕事をしています。

というのも父が競馬やPC工房の仕事をするのに、研究員も含めて近所に引っ越しして行ったり来たりを繰り返して、とても良い環境を作ってきたからです。

 

工房が中心ですが仕事がない時は書類関係の整理で、連絡はメールと「メッセンジャー」で済ませてましたが、最近は「Slack」を使っていてメールが届かない等の問題も無くなりました。

競馬は土日だけですので、研究室は何人かはいますが連絡はやはり「Slack」です。

 

ファックスも「ネットファックス」を利用してますので、「Googleドライブ」と連結して使い易くなりました。

時間に追われることが少なく自由に時間を使えますので、与えられた仕事は次々にこなしていけるようになりましたし、通勤時間などで疲れることもなく、食事の時間もしっかりと決めて取れるようになりました。

良い事ばかりでと思っていたのですが、のんびりとストレスフリーなので運動不足で太り始めて、お腹がポッコリとなり困ってしまいます。

 

みんなと連絡は取るようにしているのですが、うっかりすると忘れてしまいますので毎日チェックが必要です。

すべての作業を終えるのが午後6時、朝9時から仕事をスタートで昨日からの書類の整理と発注作業が午前中、お昼休みは2時間取って2時から銀行関係や経理関係の仕事をして、その後は営業活動ですが、少しは代理店巡りもしないといけませんので少しづつ曜日を決めて動くようにしています。

 

勉強しても勉強しても追いつかないのが最近のシステム、便利にはなっていくのですが私達の仕事でどのように使いこなしていくのかは、これからの問題もあります。

事務所もバーチャルオフィースやコワーキングスペースの利用で、コストを削減したもっともグローバルな環境が作れるようになっていますので、もう少し研究をしてみたいと思っております。

在宅勤務(テレワーク&リモートワーク)の難しさを解決!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 仕事というのは決して自分で多い少ないを調整できる訳ではないので、常に残業をしたくなくても残業をしなければいけなくなる事もあるのですが、そうすると子供や家族の生活パターンは大きくズレてしまいます。

これでは在宅勤務の意味がなくなりますし、ストレスの原因にもなってしまいますので、その残業分を補ってくれる仲間が必要になります。

 

仕事量が多い時や少ない時のために、書類作成の営業もできるマルチな仲間が3人に1人の割合で用意されておれば、仕事の効率はとても良くなるのです。

勤務時間も2部制にすると子育て世代にはとても便利です。

仝畫9時から午後1時までの4時間

午後2時から午後6時までの4時間

8畍2時から午後4時まで2時間と午後8時から午後10時までの2時間の4時間

じ畫10時から正午まで2時間と午後4時から2時間の4時間

ジ畫9時から午後10時までの好きな時間で4時間

 

書類作成だけですのでそんなに大変ではないし、時間は書類の作成時間を見て割り振りしてくれる社員が1人で管理できますので、連絡がきちんと取れていれば問題は起こらないものです。

営業も店舗を回ったり、会社を回ったりするのでなければ在宅勤務で十分です。

 

挨拶回りは会社の顔である代表者や役員がやればいいのですから、面倒なことは代表者や役員が率先してやる事で、社員のストレスは軽減され正常な精神状態で仕事できるのです。

それでも多くの課題が残されているもので、これでいいという事がないくらいの問題が山積みされています。

 

やはり管理されてるというより自由に仕事ができることが大切なのですが、仕事の量が適切であることと給料分の仕事がされているかなどの問題、仕事量に見合った給料が支払われているか、福利厚生や有休休暇はキチンと取られているかなどの問題もありますので、経営する側からのアプローチと社員側からのアプローチは大きく食い違ってしまう事もあります。

 

意見の交換をみんなでしてこそだと思うのですが、そこがとても難しく少しでも差があると批判が出るものですし、その辺の環境作りがこれからの課題です。

エコも大切ですがやり過ぎはいけないですから、十分に考えながら仕事をしていく事が要求されます。