Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「競馬」での失敗と「仮想通貨」での失敗!(龍)

JUGEMテーマ:仮想通貨

 「競馬」での失敗は何度となく罪を犯していますので、おそらくは書き切れない程、いやもしかしたら1冊の本になるくらいの失敗ストーリーがあるのです。

最近で一番面白いのは昨年の12月28日のG1に昇格した記念すべき「ホープフルS」、購入して的中したと思っていたのですが29日になっても入金がないのです。

 

調べてみると中山の11Rなのに阪神の11RのPランクをベースに購入してしまったのです。(笑)

「有馬記念」が終わっていたので、年末年始の準備で忙しく確認もしないで購入して30万円強の大損です。

こんなのは序の口で、以前は「勝ち逃げ」での購入ミスで310万もの損をした事があって、その時はショックで田舎に帰った事がありました。

 

そんな失敗に比べると「仮想通貨」での失敗は可愛いもんで、最初は勝手に投資したら家内に叱られると思ったので、マイニングから始めようと思って、パソコンを2台も3台も組み立てて24時間回し続けましたら、パソコンの支払いと電気料金が高くなって元を取り戻すまでに10カ月ほど経過、他に電気代の回収に4カ月ほどでこれはダメだとマイニングを諦めました。

12年5月からは少しづつビットコインを購入したましたが、この時は400円台でしたのでお小遣いで少しづつ買い足していきました。

この方がずっと良かったと思うのですが遠回りしてしまったのです。

 

でも、その年の11月には1,000円を超えて13年11月には12万円を超えたのですが、馬鹿なのでここで売却してしまったのです。

確かに大儲けになったのですが、それから5万円を切った14年3月くらいからまた買い始めたのですが、少しづつ買い足し16年4月まで買い続けました。

17年の2月にまた12万円を超えたのでそこでまた売却してしまいます。

 

ビットコインのまま持っていれば良かったのですが、途中でマンション住まいが嫌になって一戸建てを購入して、みんなの近くに引っ越ししたのです。

この無茶な買い物がなければ、今は5億円にはなっていたのですが本当に大失敗です。

しかも「創」さんも巻き込んでしまい家内に叱られてしまいましたが、その後17年3月からまた少しづつ買い始めたのです。

ところが11月に入ってどんどん下がり始めたので70万円で全て手放しましたたら、その後上昇し続けて220万まで上がり続けたために購入するチャンスを逃してしまったのです。

 

「創」さんとは相談しながらやっていますので、今はビットコインから離れ他の仮想通貨(アルトコイン)を5種類くらいづつ資金を振り分けて購入して利ザヤを取っています。

でも売り買いのタイミングが非常に難しのですが、レバリッジ取引をしていない分ノンビリと楽しみながらやっています。

まあ、大きな失敗はなかったのですが、あの時家を購入していなければ一戸建てが10軒は建てられたと思いますので、本当に勿体ない事をしてしまったのです。

 

研究室でもレバリッジ取引をして2,000万も赤字になった人もいるみたいですが、無いお金で購入するのでFXや株と同じで非常にギャンブル性が強くてお勧めできません。

手元にあるお金でやるのが一番ですし、程々が良いのです。

仮想通貨と競馬どちらが儲かる!(龍)

JUGEMテーマ:仮想通貨

 皆さんお久しぶりです!

メインの仕事が忙しくて研究室にも顔を出してないのですが、たまたま会社のPCをすべて新しいOSに変更することになって「ボス」の自宅に伺いましたところ、仮想通貨の記事を書いてくれないかと言われ再登場となったのです。

私がビットコインを購入したのは6年くらい前からで、競馬で勝ったお金で少しづつ購入していったものです。

私も家内も子供の教育費を貯めるのに銀行だと利息が安すぎるので、ビットコインなら利息が付かなくても価格が上昇するんじゃないかと思った事と、その後少しづつ実際に少しづつ上昇した事でOB会や研究室の皆も購入しておこうという事になったのです。

 

でも家内と相談して1コインが100万になったら止めようと、冗談を言っていたことが本当になって140万円前後で全て売却し、その後は5種類の仮想通貨に振り分けて残してありますが、それからは各々20%以上昇したら売却しています。

私の場合はレバリッジ取引はしていませんので、現物のみですし多少の勉強はしましたが、毎日チャートをチェックして売買を繰り返しているだけで十分な利益が出ています。

 

例えばLTC(ライトコイン)を2月5日に14,715.2円で購入したとして、2月14日に24,050円まで上がったところで22,077.9円で売れば1コインにつき7,362.7円の利益が出ることになります。

現在は利幅を取るつもりなので、少額で購入できる仮想通貨を7種類くらいを選んで、常に4種類前後は購入しておいて購入した時よりも20%上がったらタイミングを見て売却するのです。

最近では451円で購入したMona(モナコイン)が658.8円で売却でき、2週間ほどで46%も資金が増えたのですが、こんなことを繰り返していればいつか大きく損をするかもしれないので、リスクを背負うレバリッジ取引はやらないのです。

 

さてテーマであります競馬との比較となるとちょっと難しく、同じ購入資金なら競馬も決して見劣りしないくらい儲けられるのですが、仮想通貨は昨年暮れから乱高下を繰り返していますので、ちょっとその差は大きいのです。

5種類くらいの仮想通貨に資金を分散していると、それこそチャートのチェックは常に行う必要があるので、時間的にも厳しいものですが、私は家内と違って家にいる時間が多いし、結構チャットを見ることが可能なので売り買いも自分でしています。

この時期は換算すると仮想通貨の方が儲かっていますが、長い低迷期もありましたのでいつかまたどん底まで落ちるか分からないです。

 

競馬は「勝ち逃げ」なので同じ額の資金を投入すればもっと儲かるのですが、現金を何千万も持ち運ぶことができないので現実的ではないのです。

でも同じ購入資金なら確実に競馬の方が儲けは多くなりますし、取られる時間が少なくて済みます。

ただし、仮想通貨は余程の事がない限りゼロになる事はないのですが、競馬の場合はゼロになる事が時々あるので怖さは競馬の方がずっと上です。

 

これから少しづつ書いていきますが、仮想通貨の面白さと危険な部分を競馬と比較しながら頑張って書いてみようと思っています。

今年で6年になるのですが、ここ3年間ビットコインと向き合ってきてその面白さを体感しています。

24時間365日いつでも取引できるのでとても面白いです。

次回は「私の大きな失敗」です。

仮想通貨のトラブルで「Room365」も「研究室」もパニック状態!(圭祐)

JUGEMテーマ:仮想通貨

 1月の16日〜17日にかけて大暴落した仮想通貨ですが、今度は国内2位の取引を誇る「コインチェック」で26日に580億円にも上る不正送金があってまたまた暴落した仮想通貨、もう金曜日のパソコン工房「Room365」でも、今朝の研究室でも大騒ぎとなりました。

前回の教訓からすべての仮想通貨を自己管理していたので実際の被害はなかったのですが、おかげで前回の値下がり分は当分取り戻せそうにないのですが、ビットコインは一時200万を超えて本当に大変でした。

 

残念ながらマイニングに参加している人はいないのですが、PCエンジニアだけに将来のために仮想通貨はみんなで話し合って投資と思ってやり始めただけに、こんなにも値上がりして本当に楽しませてもらいました。

でも持っていれば値下がりしたらそれなりにショックは受けるものですし、中には最近買い足した人もいます前回の暴落で2000万円も損をした仲間もいますので本当に残念です。

 

何事も程々にとはよく言ったもので、ギャンブルはこの程々にがピッタリで、仮想通貨も競馬も本当にのめり込んでしまう事のないように遊びの範囲でと思います。

僕らの捉え方は両替の必要のない国際通貨になるであろうと思って、購入した仮想通貨はこんな状態では安心して使えなくなってしまうでしょうし、信用性がすっかり落ちてしまったようです。

 

それぞれの考え方も違いますのでもう少し静観しようと思っていますが、投資として割り切るなら今がチャンスかもしれません。