Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今年19回目の3,012,220円的中は偶然か?「Win5で勝負」(楓真)

JUGEMテーマ:競馬

 10月21日は今年19回目の「Win5」的中にビックリですが、決して偶然ではなく「Pランク」の精度が徐々に上がっているからです。

今年後半戦の的中を見てみますと下記の様になります。

 

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円

9月23日8-8-4-3-7    56,590円

10月08日8-4-10-2-7          6,050円

10月21日7-8-12-10-12 3,012,220円 (45回)

 

今年の合計 36,522,630円(34,992,000円)

 

「Pランク」の6頭を全部組み合わせて購入している研究員が一人だけいますが、これまで45回で34,999,200円となって1,530,630円のプラスなのです。

しかし、実際には除外や出走取消で返還になったのが4回程有ったので、210万のプラスはあるそうです。

殆どの研究員は絞って購入していますので、的中できた人もできなかった人もいますが今回も数人が的中しています

 

私はどう絞ったか書き出してみますが、すべて準オープン以上のレースでしたので楽でした。

☆東京10R07・02・04・05・01・03A勝馬7「甲斐路S」(芝・定量)

ここは7番と2番だけにしました。

 

☆京都10R01・13・08・03・07・02C勝馬8「桂川S」(芝・定量)

ここも定量戦なので上位3頭を残しました。

 

☆新潟11R10・05・04・12・07・06C勝馬12「北陸S」(D・定量)

ここはダート戦10番と5番は実績で、12番と7番は休み明け2戦目に期待して残しました。

 

☆東京11R01・03・10・08・14・07D勝馬10「ブラジルC」(D・ハンデ)

ここもダート戦オープンで勝っている3番・10番・14番・7番の4頭を残しました。

 

☆京都11R03・09・05・04・14・12C勝馬12「菊花賞」(芝・馬齢)

4番と5番は距離が持たないと思って消し、14番はモレイラ騎手なので残し、有力3番・9番・12番の4頭に絞りました。

したがって2×3×4×4×4=384点での的中です。

 

遊んだのは「菊花賞」の14番だけで、後は前日から考えて考えて決めたので馬体重は全く気にしていないですし、自分なりに決め手がしっかりとあってメモを取って勉強していますので、偶然的中したのでは有りませんし、今回の最大のラッキーは新潟のメインでの的中でしたので「藤田菜七子騎手」に感謝です。

 

私達は予想会社ではありませんので、自分たちがプラスできればみなさんもプラスできるものと考えております。

「Pランク」を競馬情報の一つとして考えていただければ、私達も最高に幸せです。

通常買いでハンデ戦はどう扱うか!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 10月20日と21日のレースを検証してみましょう。

通常買いで一番大切なのは「レースを選ぶ事」なのですが、その順位について取り上げます。

 

重要度1位⇒情報が多いので特別又はメインレースを選ぶ。

重要度2位⇒ハンデ戦より定量戦や馬齢戦・別定戦を選ぶ。

重要度3位⇒準オープンクラス以上のメインレースに限る。

 

◎10月20日の対象レ―ス(6戦4勝)

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

東京09R09・01・03・08・06・05A2-0-3「アイビーS」(芝・別定)

京都10R06・07・09・03・01・05B1-6-4/6-5-3/710/1,000/1.040/2,800「トルマリンS」(芝・定量)

東京10R15・10・12・16・14・09A4-0-3「秋嶺S」(D・ハンデ)

京都11R05・13・16・07・12・10G6-2-5/10-13-12/2,530/5,300/7,120/38,050「室町S」(D・ハンデ)

東京11R08・06・13・18・14・11D1-6-5/8-11-14/1,110/1,880/2,620/9,650「富士S」G3(芝・別定)

豪州08R14・18・02・13・06・01D6-4-3/1-13-2/6,750/11,800/13,190/80,160「コーフィールドC」G1(芝)

 

◎10月21日の対象レース(5戦3勝)

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

東京10R07・02・04・05・01・03A1-2-6/7-2-3/240/370/580/1,320「甲斐路S」(芝・定量)

京都10R01・13・08・03・07・02C3-4-0/8-3-0/1,430/2,820/-------/-------「桂川S」(芝・定量)

新潟11R10・05・04・12・07・06C4-0-5「北陸S」(D・定量)

東京11R01・03・10・08・14・07D3-0-0「ブラジルC」(D・ハンデ)

京都11R03・09・05・04・14・12C6-2-0/12-9-7/2,380/6,010/-------/-------「菊花賞」(芝・馬齢)

 

ハンデ戦は3戦1勝となっていますが、やはり難しさはレースによるものですので、対象レースにするかどうかはみなさんで考えてみて下さい。

私はハンデ戦は出来るだけ購入しない様にしていますが、グレードレースのハンデ戦は購入しています。

10月21日は「Win5」が的中している様に、ハンデ戦の克服は必要なので常にデータ分析の対象としては大切なレースであると思っています。

 

さてみなさんも気付かれたと思いますが、「コーフィールドC」を的中することで、その他のレースが全部外れても大きなプラスが出る様に、国際レースの醍醐味は配当の良さにあります。

此処では私は絞ることが難しいので、18番「ヤングスター」を距離が長いと判断してこの1頭の牝馬を消し馬にして、残り5頭でBOX買いにしました。

同じ理由で「菊花賞」の5番も距離の対応が厳しいと思って消し馬にして購入しましたが、組み合わせで少しでも配当が良い馬連6:3連複4の比率で購入しました。

 

このように冷静に計算をして購入出来れば最高です!

今回は「コーフィールドC」のお陰で何とかプラスにできました。

1,747,840円はどうして的中できたのか?「Win5で勝負」◆米斬隋

JUGEMテーマ:競馬

 今年最初の100万超えの的中は1月28日の7-9-11-1-14で、単勝の人気順は1番人気・3番人気・2番人気・4番人気・6番人気でしたので、その1回東京2日目・2回京都2日目・1回中京6日目を分析してみましょう。

 

☆対象レースのPランク☆(赤字が勝馬です。)

●1鞍目京都10R03・07・09・11・01・04C「飛鳥S」(芝1800m・定量戦)

ここは定量戦だけに上位人気3頭で大丈夫と考えた。

 

●2鞍目東京10R11・02・09・01・03・05B「早春S」(芝2400m・ハンデ)

ここはハンデ戦だが重量差が4キロと少ないし、上位4頭で決まると考えた。

 

●3鞍目中京11R11・04・07・02・06・03C「長篠S」(芝1200m・定量戦)

ここも定量戦のだけに上位3頭で決まると考えた。

 

●4鞍目京都11R02・08・01・13・15・07C「G3シルクロードS」(芝1200m・ハンデ)

ここはハンデ戦2番は重賞レース実績が足りない事で消し、8番も同型多く消しで残り4頭を実績で購入。

 

●5鞍目東京11R08・06・07・02・14・12C「G3根岸S」(D1400m・別定)

ここはダート戦だけに重賞実績重視で8番・6番・14番の3頭で購入です。

 

したがって3頭×4×3×4×3=432点での購入でしたが、22人いて的中は数人だったようです。

意外とグレードレースは実績重視で絞る人が多いみたいですが、なるほどと思いますね!

 

沢山の方が楽しみにしている「Win5」、本来なら土曜日も発売して貰いたいのですが、売り上げが思った程多くないのでやっぱり難しいからなのかなと思ってしまいます。

的中した研究員もそれぞれ消し方も含めて絞る方法が違いますので難しいものですが、チャレンジして見るととても面白いものです。

年間プラスが決まって購入を止めてしまう人もいて、手堅くプラスを残す堅実派もいる様ですが、勝負勝負といってイケイケ派もいて10人十色です。

通常買いで陥りやすいギャンブルの罠!(龍)

JUGEMテーマ:競馬

 今日はどうにもできない自分自身の心についてですが、これほどコントロールが難しいものはありません。

競馬の魅力とは何かと聞かれると「推理する事の面白さ」と答える人が多いものですが、私達も最初はそう思ってきました。

しかし実際にこの世界に飛び込むと、ファクターと不確定要素の狭間にある矛盾に的確に推理することを見失ってしまうので、勉強すれば勉強するほど迷路に嵌ってしまうのが普通なのです。

 

1番人気の馬が負けるケースでもその要因を的確に把握することは難しいし、人気のない馬が急に好走する理由も同じです。

理由を探すと見つからないのが普通で、順調にレースが流れれば人気馬の組み合わせになる筈ですが、それを邪魔するのが不確定要素なのです。

そしたらその不確定要素の代表的なものと言えば数々ある中でも、走行妨害が一番なのですが前をカットされたり、外へ弾かれたり、馬同士に挟まれたり、前の馬に乗り上げたりと被害馬と加害馬が逆転するケースあって、その事象だけで1秒もロスすることになれば6馬身もの差がついてしまいます。

 

このように不確定要素は予測が不可能なので、ないのが普通なのですが実際には多数起こっているものなのです。

それが「Pランク」4頭から5頭になり6頭になった要因なのですが、その順位の差は1位から6位までで0秒8差となっているのです。

 

 もう一つ通常買いではもっと難しい問題があります。

競馬をやっていると「好きな馬」が出来てしまう事で、これはもう永遠と解決できない問題となってしまいます。

私達の「ボス」は「キングカメハメハ」・「ディープインパクト」・「ウオッカ」・「ジェンテルドンナ」等の単勝馬券を100円だけ頼んだものですが、みなさんもお分かりの通り単勝は馬の名前が馬券に記載されています。

例え100円で購入しても1,000円で購入しても同じなので、とてもいい記念になりますし好きな馬はこうして思い出に残すのがボス流なのですが、面白いですよね。

したがって私達も通常買いでは「Pランク」を重視して購入してます。

 

どんなに競馬が好きでも負けっぱなしでは続けられなくなってしまうという現実と、自分の好きな馬から買わないと面白くないという狭間で悩んでしまうのも事実なのですから、厄介な問題である事は確かなのです。

どちらを選んでも個人の自由な訳ですからみなさんも悩んでみて下さい。

私達の生活は「勝ち逃げ」によって守られていますので、だからといって好きな馬がいない訳ではなく、研究室のメンバーも全員好きな馬がいますので殆どが少額購入(1鞍1,000円程度)で楽しんでいます。

 

 私達の競馬は年間450万円のプラスが必要でそれ以上欲しがらなければ、残りは仕事で頑張れば良いのですからという考えが徐々に生まれ、純粋に好きな馬を買う競馬を楽しめるのですが、実際にそれを実行できるには時間が必要だと思います。

これがキャンブルの罠に陥らない最良の方法だと思っています。

「勝ち逃げの歴史」「Pランク」の利用方法 塀戞

JUGEMテーマ:競馬

 今日は「Pランク」の読み方について説明して参ります。

参考にするのは9月29日の4回阪神競馬場8日目です。

 

4回阪神8日(9月29日)

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

01R02・09・07・01・13・08A1-6-4/2-8-1/1,010/1,400/3,260/12,700

02R14・11・05・09・07・04B1-4-0/14-9-0/1,380/2,220/-------/-------

03R07・05・09・06・13・04D1-4-3/7-6-9/1,880/2,870/1,780/12,460

04R09・05・15・02・10・16C1-4-2/9-2-5/1,460/2,140/1,240/6,730

05R07・03・11・02・13・08B5-1-6/13-7-8/920/2,500/6,310/33,840

06R11・01・07・10・06・04B5-0-0

07R13・01・03・04・16・10A2-3-4/1-3-4/1,710/3,780/3,410/18,960

08R16・05・03・06・13・10D4-2-1/6-5-16/2,340/4,340/2,230/17,010

09R11・06・01・09・07・08E2-0-0

10R01・05・04・16・13・03E4-1-0/16-1-0/4,830/7,100/-------/-------

11R08・03・14・01・15・16C2-6-3/3-16-14/3,490/5,040/7,200/40,080

12R06・14・08・03・18・04D5-2-1/18-14-6/2,570/5,380/2,920/19,760

 

4回阪神競馬場8日目は全部で12レースですので順に説明していきますが、メモを取って残しておいてください。

●「Pランク」は能力数値の高い順から1位〜6位まで6頭並んでいますが、軸候補は1位と2位です。

●「Pランク」あとのABCは、軸馬候補2頭のレース支配率をアルファベットで表現したもので、Aに近いほどランク1位や2位の馬が上位に入る事が多く、EとかFだとランク外の馬が絡むことが多くなります。

●次の数字は1着から3着までのランク順を表していますので、ランク外の馬が絡んだ場合は0で表示しております。

●次の数字は1着から3着までの馬番順です。

●次からは馬連・馬単・3連複・3連単と配当が並べてあります。

 

通常買いで全レースを的中させることは不可能ですので、私達は通常買いで購入する場合は準オープン・オープン・グレードレースといった上位クラスのレースのみを購入しています。

したがって対象レースは特別レース又はメインレースとなるのですが、レース支配率のデータをしっかりとって工夫して購入してくだされば、しっかりとプラスが出来るようになります。

 

通常買いでは安定した収入を得られないので、私達は1日1レース的中すればプラスになる「勝ち逃げ法」で勝負しています。

研究室のみんなも最初は信じてなかったのですが、「競馬塾」でも無理やりという事が無かっただけに私も理解できるまで3年も費やしました。

通常買いだけに拘った仲間は一人も残れなくなって脱落して辞めていきましたし、戻って来た研究員もこの30年間で2人(1.6%)だけです。

 

「ギャンブル」とは言えない買い方で面白くもない方法が「勝ち逃げ」なのですが、競馬を純粋に楽しむという事からすると一番合っている方法なのかもしれません。

でも「吾郎」さんの様に「通常買い」でもプラスを残せる人も実際にいますので、チャンスが全くない訳ではないのです。

「Pランク」を上手に使って工夫してみて下さい、きっと得られるものがあると思います。

通常買いでの大切なポイント!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 「メインレースの通常買い」は前回「特別レースの通常買い」だと「吾郎」さん自身が書いてしまいましたので、補足をしておきますと私の場合も同じように考えているのですが、決して研究員全員が同じに考えている訳ではありません。

したがって研究員の中には「ハンデ戦」でもグレードレースなら購入する人もいるのです。

 

今日はそこにスポットを当ててみたいと思いますので、選んだのは9月の「重賞ハンデ戦」での検証です。

レース日/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

●9/02新潟11R01・10・13・08・05・11B1-5-0/1-5-0/1,250/1,590/-------/--------「新潟記念G3」

●9/09中山11R04・05・06・01・09・02B3-4-2/6-1-5/3,010/4,680/3,420/20,860「京王杯AH G3」

●9/29阪神11R08・03・14・01・15・16C2-6-3/3-16-14/3,490/5,040/7,200/40,080「シリウスS G3」

 

2着までなら3戦3勝、3着までなら2勝と決して悪い成績ではないのですが、それぞれの考えがありますので良し悪しはみなさんの判断にお任せします。

続いて9月15日・16日・17日の3日間の準オープン以上の特別レースを取り上げます。

 

●9/15阪神09R03・02・01・06・05・04A2-1-3/2-3-1/170/560/130/840「野路菊S」

●9/15阪神11R10・06・01・07・05・09B1-0-0「オークランドRCT」

●9/15中山11R09・04・01・06・12・02B0-2-6「レインボーS」

●9/16阪神11R08・05・07・06・13・11C5-2-0/13-5-0/2,530/5,630/------/-------「ローズS」

●9/16中山11R04・05・06・01・09・02B3-4-2/6-1-5/3,010/4,680/3,420/20,860「ラジオ日本賞」

●9/17中山11R15・07・04・01・05・09A3-1-0/4-15-0/900/2,300/-------/-------「セントライト記念」

 

この3日間開催は非常に悪いながらも6戦4勝で、3着までが1勝含まれていますので買い方次第ではプラスになるのですが、難しいものです。

しかし、自分の成績が良い悪いは自己責任なのですがレースの選択は非常に難しいものなのです。

したがって、ハンデ戦を購入する購入しないはみなさんの考え方なので、強制的するものではなく好みの問題だと思っています。

 

こうして私達は馬の状態を見ることが不可能でも、的中させやすいレースを選ぶことで、少しでもプラスをするチャンスを得られる訳です。

「Pランク」は無限の可能性を含んでいますので、これからも上手に使って欲しいと思っています。

キャンブルとしての面白さは満点!「Win5で勝負」 米斬隋

JUGEMテーマ:競馬

 ギャンブルという観点からみるとこんなに面白い「馬券」は他にありませんし、満点の興奮を与えてくれます。

今年の的中を見てみますと下記の様になります。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円

9月23日8-8-4-3-7    56,590円

10月08日8-4-10-2-7          6,050円 

合計 33,510,410円

 

研究員の中では「Pランク」6頭をすべて組み合わせて購入する人は1人だけ、下記の様に絞って組み合わせるケースが多くそれぞれ自分なりの考えで購入しています。

 

2×3×3×3×4=216点

2×3×3×4×4=288点

3×3×3×4×4=432点

3×3×4×4×4=576点

 

これ平均では378点となるので多少のずれはありますが、ほぼ300点〜450点の間には収まっていますので250万円以上の配当を一度的中させれば、年間でのプラスが確定するものです。

これも「Pランク」があって各レース6頭に絞られているからこそ的中者が多く出るのですが、年間でプラスも容易に出来ると思っていますし、絞りやすいので的中出来るチャンスが多くなるのです。

 

ただ面白さは満点でも購入資金はお小遣いの範囲という訳には行かないのが現実です。

私達には「勝ち逃げ」でのプラスがありますから、どうにか購入が続けられるのですが、研究員全体では「通常買いメインレース派」と「Win5派」の比率は5:5といった感じです。

私の場合、根底には「勝ち逃げ」のプラスがあるからという安心感があるので、年間の半分くらいの「Win5」は購入をしていますが、「メインレースの通常買い」は必ず購入するようにしています。

 

先日ポロッと「吾郎」さんが準オープン以上の特別レースは購入するという事を書いてしまいましたが、実際には「Win5」にもこれは大きく関係していますので、次回はその辺を探ってみたいです。

通常買いで注意すべき点に気をつけろ!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 今日から「吾郎」ちゃんの「通常買いするなら」のスタートです。みなさ〜ん読んで頂戴で〜す。

 

 私は最初から「勝ち逃げ」は本当に嫌いだったので、拘りぬいて「通常買い」に徹したのですが、敢え無く撃沈となってしまい再起不能になり故郷へ帰ることになったのは30年も前の事です。

それでも諦めきれず勉強をしながら「いつかきっと、また関東に戻る」と思い頑張りましたが、実現するまで25年もかかってしまったのです。

 

「ボス」と連絡を取りながら「通常買いするレース」を準オープンクラス以上にすることで、プラスが出来る日が多くなりラッキーなら年間でプラスすることが判明したのが10年前ですから、自分の馬鹿さ加減に呆れるくらいです。

それでも諦めなければ競馬は上手になるもので、「Pランク」を絞って購入できるようにはなりました。

今は教えを守って「勝ち逃げ」が生活の重要なベースとなっており、「メインレースの通常買い」は趣味だと思えるようになりました。

 

そんな訳で通常買いで一番大切なのは「レースを選ぶ事」なのですが、その順位について取り上げます。

 

重要度1位⇒情報が多いので特別又はメインレースを選ぶ。

重要度2位⇒ハンデ戦より定量戦や馬齢戦・別定戦を選ぶ。

重要度3位⇒準オープンクラス以上のメインレースに限る。

 

私が注意しているのはこの3点だけなのですが、13日と14日のレースを振り返ってみましょう。

●東京の対象レース

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

13日10R14・06・01・11・02・03D3-5-2/1-2-6/4,250/8,090/4,720/42,710「白秋S」準オープン(定量)

13日11R04・10・03・11・06・02B1-2-6/4-10-2/380/720/1,310/4,290「府中牝馬」G2(別定)

14日11R06・03・08・04・07・05B3-5-4/8-7-4/4,080/6,620/8,540/47,720「オクトーバーS」オープン(別定)

 

●京都の対象レース

13日09R04・02・03・06・01・05B2-1-5/2-4-1/300/670/850/2,840「もみじS」オープン(別定)

14日11R11・07・02・13・05・18A1-4-3/11-13-2/880/1,000/2,360/5,600「秋華賞」G1(馬齢)

14日12R12・14・13・15・04・07B1-2-6/12-14-7/850/1,150/4,430/12,000「藤森S」準オープン(定量)

 

裏開催の特別又はメインレースは対象外ですので、裏開催時ではグレードレースのみが対象となります。

私はこのように3つの重要度を守ってレースを選んでいますので、「Pランク」上では全対象レースが的中となりますが、外したレースが1鞍「オクトーバーS」です。

なんとまあ6戦5勝ですが「オクトーバーS」をBOX買いにしたなら全勝、しかもとんでもないプラスになります。

 

これは自分の考えでなくて「Pランク」を利用しているからなのですが、自分の暴走を防ぐためにも「Pランク」は必要不可欠なものとなるのです。

また、書きます。お楽しみに!

 

全「Pランク」が欲しい方はinfo@megajp.comまで件名に「Pランク希望」と記入してメールを下さい。

無料にて全「Pランク」を提供します。

(予想会社ではありませんので一切の勧誘活動はしていません、安心してメールを送って下さい)

「勝ち逃げの歴史」研究室を作った理由!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げの歴史」の最後は私が書くことになりました。

私が研究室を作ったのは「シゲ」さん達の借金が原因で、それまでは「勝ち逃げ」を人に教えようとは思いませんでしたし、信じてもらえるとは思っていなかったのです。

創設時の研究員達の「達ての願い」に負けて教えることにしたのですが、直ぐに間違いであると気付かされてショックを受けてしまったのです。

 

何と20年分の研究資料が紛失してしまい3ケ月も「勝ち逃げ」が出来ない状態に追い込まれ、たまたま半分をコピーして保管してあった「シゲ」さんお陰で足りなくなった分を補って再スタートを切りました。

しかしまだまだ熟成していない資料ですから、徐々にマイナスに落ち込んで辞めて行く研究員が増えて、最後は「ナカ」さんと3人だけになりました。

それで「シゲ」さんと「ナカ」さんの二人で「競馬塾」を開いて後継者を育てようと思ったそうで、私を激励する意味もあったのでしょう。

 

ところが最初に暴走したのが「シゲ」さん、ミイラ取りがミイラになったのです。

考えもしなかった方法で「勝ち逃げ」を始めたのです、最初は調子が良かったのですが徐々に成績が悪くなって、借金作って行方不明になりました。

この時は「ナカ」さんが大ショックでずっと探し続けたのですが、本人は自宅にいたようで借金取りから逃れるため常に居留守を使っていたそうで、色々と大変でしたが1年半かけて借金を返させました。

 

この時代の日本の競馬はまだ熟成しておりませんしパソコンがない時代なので、データ分析にもファクター分析にもとても時間が必要でした。

丁度「キングカメハメハ」や「ハーツクライ」の世代から、本格的に熟成期に入った様で、PCの導入もされ成績がグーンとアップしました。

彼らの次の年が「ディープインパクト」の世代で日本の競馬が大きく進歩したのです。

 

熟成期を迎えた日本の競馬は私達にも大きなプレゼントをしてくれたのですが、「3連複」と「3連単」によって「勝ち逃げ」の利益は大きく向上しました。

今年は「ナカ」さんが亡くなったりでいろいろと問題もありましたが、「ココモ式勝ち逃げ」ですでに目標額を超えたコースもあって、土曜日は「3連複」だけ、日曜日は「3連単」だけとなっています。

 

会員の募集等は行っていませんので、「Pランク」を好きなようにアレンジしてみなさんなりにチャレンジして欲しいと思っています。

分からない事があればどうぞメールでお問い合わせください。よろしくお願いします。

「勝ち逃げの歴史」背負ってきたものを下ろす勇気は必要!(道大)

JUGEMテーマ:競馬

 私もそうでしたがあまりクヨクヨすることのない性格でしたし、競馬で借金作って結果的には家業を継ぐ事にはなったものの、最初は競馬場が目の前にあるのですから普通に負けていました。

競馬の重いデータを背負っていたのですから無理もない話なのですが、勝つ日よりも負ける日が多くなるのはごく自然な事で、借金は増えなくても自分のお小遣いはいつもゼロの状態でした。

 

ある日突然、もう駄目だと思って背負ってきたものを下すことにして、「勝ち逃げ」をコツコツとやり始めたのです。

徐々に借金地獄から解放されてプラスが出るようになったのですが、ギャンブルの面白さからはかけ離れていましたが嬉しかったですね!

何で重い荷物を背負っていたのか分からなくなってしまうのですが、これまで色々と勉強してきたことは、何だったのか分からなくなるのですから理解に苦しむ訳です。

 

でも背負ってきたものを下すことで「Pランク」は合理的に出来ていることが判明するのですから、やはり不思議に思ったものです。

でも徐々にその原理が正しいという事は「ボス」が言った通りで、競馬で背負ってきたものを下ろす時になって初めて理解が出来ました。

ただただ自分の考えをすべて捨ててしまう事だったのです、簡単な事なのですがそれが出来ないのが普通だそうです。

本当に厳しい世界がそこにはありましたが、10年も苦労したのにと悲しかったですし悔しかったです。

 

それからはコツコツと「馬連」での「勝ち逃げ」で資金を貯めて、息子の卒業に合わせて関東に戻る計画を立てたのです。

その後はカミさんも賛成してくれてとんとん拍子に計画は進んで行き、今は幸せな日々を送っています。

自分が苦労して積み上げたものを捨てなければいけないのですから、本当に時間が必要なのと勇気が必要だったのですが、その後は急激に生活が変化していったのです。

しかも緩やかにユックリと静かに進んで、とても心配のない安心感が得られたような不思議な安ど感に包まれたものです。

 

亡くなった「中本」さんからも最後に手紙をいただきましたが、同じような事が書いてありましたので、彼も同じ道を歩いてきたのでしょうか、ギャンブル道から外れた購入法を受け入れるまで相当な時間が必要だったそうです。

そんなみんながここに残っているのですから、きっと本来は誰でも出来る事だし選択できるのだと理解しています。

みなさんも背負ってきたものを下す時が来るかもしれません、その時は声かけて下さい。