Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今年の2歳馬を時計から分析!「Web競馬塾3」(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の2歳馬を対象に時計から能力分析してみようという事で、2歳馬がこれまで叩きだしたレコードタイムをピックアップしてみました。

 

◎札幌競馬場(稍)ダート1,700m「サージュミノル」(エンパイアメーカー)1:44.9

◎函館競馬場(良)芝1,800m「クリノクリーニング」(オルフェーヴル)1:49.7

◎福島競馬場 なし

◎新潟競馬場(良)芝2,000m「オウケンムーン」(オウケンブルースリ)2:01.8

◎東京競馬場(稍)芝1,600m「ダノンプレミアム」(ディープインパクト)1:33.0

◎東京競馬場(良)ダート1,300m「ミスターメロディ」(Scat Gaddy)1:17.4

◎東京競馬場(不)ダート1,600m「ルヴァンスレーブ」(シンボリクリスエス)1:36.2

◎中山競馬場 なし

◎中京競馬場(良)芝1,600m「シュヴァルツボンバー」(ディープブリランテ)1:34.2

◎中京競馬場(良)ダート1,400m「メイショウオーパス」(メイショウボーラー)1:24.3

◎京都競馬場(不)ダート1,400m「ハヤブサマカオ―」(シニスターミニスター)1:23.4

◎京都競馬場(重)ダート1,800m「ビッグスモーキー」(キングカメハメハ)1:51.0

◎阪神競馬場(良)芝1,800m「オブセッション」(ディープインパクト)1:45.6

◎小倉競馬場 なし

 

今年はとても数多くのレコードタイムが塗り替えられている様に、OB会でも良く話題に上りますが実際にチェックしてみると本当に多いのに気が付きます。

まだ、3週間程残っていますが芝5鞍、ダート6鞍と本当に多いのですが、今年の3歳が秋のG1戦線で大活躍したこともあって、我が国の競馬はさらに一つ上に上がっているような感覚を私達は感じ取っています。

 

もちろん時計だけが勝てるファクターではないのですが、時計によってその年のレベルが少しづつ変化して参りますし、その年の2歳馬のレベルが次の年に反映されハイレベルでクラシックが行われれば、大きな流れがやってきます。

もう少し違った流れが必要な時期でもありますので、丁度ころあいかなといった感じなのです。

冷静な判断で競馬は勝てる!「Web競馬塾2」(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 「ジャパンC」は1着「シュヴァルグラン」(ハーツクライ)、2着「レイデオロ」(キングカメハメハ)、3着「キタサンブラック」(ブラックタイド)、4着「マカヒキ」(ディープインパクト)、5着「アイダホ」(Galileo)、6着「ソウルスターリング」(Frakel)、10着「サトノクラウン」(Marju)という結果でした。

 

残念ながら「キタサンブラック」のG1で7勝が「有馬記念」に持ち越しとなりましたが、落鉄があったという事で本当に残念です。また、不利がありながら最後まで追って2着に入った「レイデオロ」は今年の3歳馬のレベルを証明しましたし、上位3頭が4着以下につけた着差はとても大きな差に感じました。

上位3頭か4頭と考えた人は「キタサンブラック」と「レイデオロ」の他は「シュヴァルグラン」・「ソウルスターリング」・「マカヒキ」・「サトノクラウン」の中から選んだ方が多いと思います。

この場合は「レイデオロ」を軸にした人だけ馬連と馬単は的中ですが、「キタサンブラック」を軸にした人は3連複と3連単は的中できます。

 

この軸の選択が迷った時の私は、それまでの秋競馬の傾向にも注目して軸を決定しますので、このレースでは「レイデオロ」を軸にしたわけですが、それでも迷った時はこのレースの馬券は購入しません。

それができるようになるまで30年間も失敗を繰り返しましたので、みなさんも注意しましょう。

 

どうしても自分の好きな馬を買ってしまうのですが、それではどんなギャンブルでも勝てなくなってしまいます。

何処までも追いかける人もいて遊びならそれでもいいのですが、決して儲けられる競馬ではなく楽しみになってしまいますので、固定観念を捨てて勝つことを最大の目標にしなければなりません。

 

私の場合はその部分は「勝ち逃げ」になっているのですが、少なくとも1年間を家族で暮らせるだけ勝てればいいと思っています。

しかし、その他にも個人的に勝負したい時もありますので、その時は少額の購入で我慢できるようになり、自分を何とかコントロールしています。

そこには何よりも冷静に対応する能力が必要で、決して簡単な事ではないのですがそれを乗り越えられれば、どんなギャンブルでも勝てるようになるものです。

 

現在、2歳馬の成績を半年間メモっているのが「信」さん、3年から5年続けると随分と勉強になるのですが、続けられる人が少ないのです。

しかし、私達はそれを乗り越えてきたからこそと思っています。

それをきちんとやっておけば今回の「ジャパンC」は「レイデオロ」を軸にできた筈ですので、諦めないでメモ取りを続けてみて下さい。

強い世代と弱い世代の違いについて!「Web競馬塾1」(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 寒くなったので山から下りてきましたなんて、自分としてはそんなに大変ではないのですが、子供達が風邪を引いたり熱を出した時に近くに子供の病院がない事もあり神奈川に帰ってきました。

5月下旬からちょくちょく出掛けていたのですが、8月くらいから子供達も外で遊ぶことが大好きなので、3カ月ほどアウトドアな生活をして帰ってきました。

 

帰ってきたら少しづつ勉強をしてきた事を「Web競馬塾」のコーナーで書いてみようと思っていましたので、今日から始めてまいりますが今日のテーマは「強い世代と弱い世代」にしました。

6歳馬・5歳馬・4歳馬と古馬になってから、どれだけG1を取れたかによってそれを判断するのが一番だと思うのですが、まさに結果を見てみると歴然としているものです。

 

今年6歳の馬達は2011年生まれの世代で「イスラボニータ」・「ワンアンドオンリー」・「トーホウジャッカル」・「ハープスター」・「ヌーヴォレコルト」・「ショウナンパンドラ」がクラシック優勝馬です。

「サトノアラジン」(安田記念)・「レッドファルクス」(スプリンターズS2回)・「マリアライト」(エリザベス女王杯・宝塚記念)・「モーリス」(安田記念・マイルCS・香港マイル・チャンピオンズマイル・天皇賞秋・香港C)・「エイシンヒカリ」(香港C・イスパーン賞)・「ゴールドアクター」(有馬記念)・「ネオリアリズム」(QE2世C)・「ミッキーアイル」(マイルCS)・「ショウナンパンドラ」(ジャパンC)とこの世代の古馬G1優勝はここまで17鞍と素晴らしいものです。

存在感が薄いのはクラシック優勝馬以外の馬が活躍し、短距離から中距離まで多彩だったことが特徴です。

 

今年5歳馬は2012年生まれの世代で「レッツゴードンキ」・「ドゥラメンテ」・「ミッキークイーン」・「キタサンブラック」がクラシック優勝馬です。

「キタサンブラック」(天皇賞春2回・ジャパンC・大阪杯・天皇賞秋)・「リアルスティール」(ドバイターフ)・「サトノクラウン」(香港ヴァーズ・宝塚記念)・「クイーンズリング」(エリザベス女王杯)・「モーニン」(フェブラリーS)とこの世代は古馬G1は9鞍とちょっと少ないです。

 

今年4歳馬は2013年生まれで「ジュエラー」・「ディーマジェスティ」・「シンハライト」・「マカヒキ」・「ヴィブロス」・「サトノダイヤモンド」がクラシック優勝馬です。

「アドマイヤリード」(ヴィクトリアマイル)・「ヴィブロス」(ドバイターフ)・「ゴールドドリーム」(フェブラリーS)・「サトノダイヤモンド」(有馬記念)・「セイウンコウセイ」(高松宮記念)と古馬G1は5鞍とさらに少ないです。

 

さらに今年の3歳馬は「エリザベス女王杯」と「マイルCS」で勝っており、これまでの3年間とは随分と雰囲気が違っており、この世代が4歳になったらはもう少し棚上げができるようになっているかもしれないです。

弱いと思っていた2011年世代は、決して弱い世代ではないことが分かったと思いますが、クラシック馬のG1勝ちが少なかっただけで、G1での2着と3着を加えるとそのレベルの高さが分かります。

 

私はこういう事の勉強が足りずにいろいろと思い込みで競馬をやっていた時期があって、数多くの失敗もありましたし「ボス」や「中本」さんにもよく注意されたものですが、聴く耳を持たなかった時期がとても長かったのです。

50代に入るまで本当に苦労しましたが、「ボス」をはじめ周りの人達はもっと大変だったと思うこの頃、どうしてもG1レースだとお金をつぎ込んでしまうので、世代によっては大赤字になってしまう訳です。

 

冷静な判断はデータに顕著に出てくるものですが、それを無視して馬券を購入していたツケは25年間も私を苦しめました。

50代になってやっと人並みに生活できるようになった時に、初めてこの研究会に参加して良かったと思ったのですが、病気をした時もみんな親身になって世話をしてくれましたし、母を亡くした時も色々と返し切れない優しさをいただきました。

細かい事が嫌いだった私にはギャンブルは向いていなかったのですが、今は一生懸命勉強して間違いを少なくして頑張っています。

 

みなさんもデータを自分なりに整理して頑張って下さい。

きっとどこかに道があるものです。

競馬のための正しい勉強の仕方!「Web競馬塾」スタート!(Nobu)

JUGEMテーマ:競馬

 これまで競馬では随分と苦労させられましたが、競馬において正しい勉強方法があるのかと、みんなで話し合ってみました。

競馬塾で勉強を始めた頃は、みんなそれぞれに考え方は様々だったようなのですが、今はみんな同じなのでビックリしています。

僕の場合はもう5年目に入ってますが、昨年から力関係が良く分かるようになりました。

 

1:馬を診る勉強をしても的中率が上がるとは限らない。

2:競馬にはいらないファクターが多すぎる。

3:強い馬が故障することが多々ある。

4:データと分析だけではプラスにならない。

5:好きな馬を強いと信じてしまう。

 

実際には主なものですが、取り上げると数多くあるので上位の5つだけにしておきます。

こうして考えると全部経験しているようで、自分でも「な〜る程」と思ってしまうのですが、デビュー戦・未勝利戦・オープン戦とノートにデータを書き込んでため込んでおく方が役に立ってるのですから不思議です。

 

ちょっとだけ2012年デビューの牡馬達にスポットを当ててみましょう。

連勝したり時計が良かったりの馬を注目馬にして順位をつけるのです。

 

◎エピファネイア(12年10月21日デビュー3連勝)⇒皐月賞&ダービー2着・菊花賞・ジャパンC・大阪杯3着

◎キズナ(同10月7日デビュー2連勝、ラジオNIKKEI杯3着)⇒ダービー・大阪杯2着・凱旋門賞4着

◎コディーノ(同8月12日デビュー3連勝・時計優秀)⇒皐月賞3着・朝日杯2着

◎ラブリーデイ(同8月19日デビュー2連勝・3戦目2着・2戦目の時計優秀)⇒宝塚記念・天皇賞秋・ジャパンC3着

◎エイシントップ(同6月17日デビュー3連勝・時計優勝)⇒高松宮記念4着

◎コパノリチャード(同11月4日デビュー4戦3勝2着1回)⇒高松宮記念

◎ロゴタイプ(同6月24日デビューから5戦2勝G1優勝)⇒朝日杯・皐月賞・安田記念・安田記念2着

 

これらの上位馬で9個のG1を勝っている様に、ノートを取っていくとこの事が簡単に判断できるようになりますし、世代毎の比較も容易になります。

 

こうして僕達は競馬塾で勉強をコツコツと続けて3年から4年を過ごしてきましたので、ブログ上でも競馬塾の勉強をしてもらおうと「Web競馬塾」をスタートさせました。

みなさんの意見も取り入れて今後に繋げていきたいと考えていますので、これからもよろしくお願い致します。