オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「アーモンドアイ」は凱旋門賞挑戦白紙!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 「アーモンドアイ」は、この秋の「凱旋門賞」への登録を見合わせたとのニュースが飛び込んできました。

私も残念に思った一人なのですが、国内や近場の香港のレースを目標にするという事も大事な事かもと思っています。

牝馬だけに長距離輸送によるリスクや欧州の重い馬場を考えると、慎重にならざる得ないというのも一つの選択技だと納得できるからです。

 

やはりこれまでの「凱旋門賞」へ挑戦した馬で、帰国後活躍した馬もいますが、結果を残せないで低迷した馬もいますし、体調を崩したり故障したりの馬もおりましたので、無理をさせらないという事も含め国内に専念という選択をしたという事です。

特に「アーモンドアイ」の場合は共同馬主制度のクラブ馬なので、国内でという声も多いのではないでしょうか?

それに無理な使い方を避けているようなので、やはり体調面での不安材料も考えられますし、大事を取ったという事だと理解できます。

 

 アメリカで繁殖生活をしていた「ヒシアマゾン」が28歳で老衰のために亡くなりましたが、G1レース2勝(阪神3歳牝馬S・エリザベス女王杯)2着2回(有馬記念・ジャパンC)と牝馬ながらとても印象に残っている馬です。

特にナリタブライアンの2着に入った「有馬記念」とランドの2着に入った「ジャパンC」は思い出として、強烈に残っています。

色々な競馬シーンの中でもこの馬は牝馬でも、追い込み馬という脚質でしたので印象が強かったです。

 

この「エリザベス女王杯」も素晴らしく、レコードタイム決着となったゴール前のたたき合いは素晴らしいものでした。

 

素晴らしかった「ドバイ」と酷かった「大阪杯」!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 気持ちを抑えてTV観戦となった「ドバイワールドカップデー」と「大阪杯」、「ドバイ」のレースは日本馬の大活躍で大満足の結果でしたし、「ドバイターフ」の「アーモンドアイ」の強さは休み明けでも素晴らしいパフォーマンスでした。

しかし、日本で行われた「大阪杯」は思いもよらない展開に残念でならないです。

 

タイムも平凡ですしレース内容も良くなかったですが、春先の競馬は4歳馬たちの調整が難しかったのか「有馬記念」以来のレースで「ブラストワンピース」はマイナス体重、「ステルヴィオ」休み明け2戦目でマイナス12キロと大幅減、万全ではない状態ではやはり切れが悪く残念な結果になりましたし、スタートからインに詰まってしまいレースの流れも悪かったです。

対照的だったのは「ドバイ」の「アーモンドアイ」、余裕の仕上げで素晴らしいレースをしてくれ大満足、秋に期待しロンシャンで応援したいです。

 

さて、いよいよ4月1日で年号の発表がされて「令和」になる事が判明しましたが、5月から新しい年号になる訳ですから、楽しみも一段と増えることになります。

私達の大きな夢はいつも「凱旋門賞」優勝なのですが、それ以外にもイギリスやアメリカのG1でも優勝して欲しいレースが沢山あります。

 

ダート競馬でも有力な馬が日本でも育って「マテラスカイ」の様な馬や、「ハーツクライ」産駒の「ヨシダ」みたいにアメリカのダートG1で優勝するような馬も出てきており、これからも期待できそうで楽しみが満載です。

日本の競馬も新しい年号と共に大きく発展して欲しいと願っていますし、これが研究室全員の想いなのです。

 

今年も秋にはパリに出張を計画していますし、ロンシャンで日本馬の応援に駆けつける予定ですので、沢山の日本馬が参戦してくれることを祈っています。

 

ドバイワールドカップデーの日本発売レースの馬番が決定!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 ドバイワールドカップデーの日本発売レースの馬番が決定されましたので、掲載いたします。

 

◎ドバイゴールデンシャヒーン(G1)ダート1200m

1 120 ロイエイチ ROY H (USA) せん 7 57kg P.ミラー(米) P.ロペス 1
2 120 インペリアルヒント IMPERIAL HINT (USA) 6 57kg L.カルバハルJr.(米) J.オルティス 2
3 115 エックスワイジェット X Y JET (USA) せん 7 57kg J.ナヴァロ(米) E.ハラミーヨ 3
4 117 プロミシズフルフィルド PROMISES FULFILLED (USA) 4 57kg D.ローマンズ(米) R.アルバラード 4
5 111 ドラフテッド DRAFTED (USA) せん 5 57kg D.ワトソン(首) P.ドッブス 5
6 106 スイッツァランド SWITZERLAND (USA) 5 57kg S.アスムッセン(米) M.バルザローナ 6
7 110 ナインビローゼロ NINE BELOW ZERO (GB) せん 4 57kg F.ナス(巴林) A.デフリース 7
8 109 テイトーキー TATO KEY (ARG) 4 57kg D.マーネーン(愛) S.フォーリー 8
9 111 マテラスカイ MATERA SKY (USA) 5 57kg 森 秀行(日) 武 豊 9
10 104 ファイトヒーロー FIGHT HERO (GB) せん 8 57kg Y.ツィ(香) J.モレイラ 10

 

◎ドバイターフ(G1)芝1800m

1 116 サザンレジェンド SOUTHERN LEGEND (AUS) せん 6 57kg C.ファウンズ(香) Z.パートン 1
2 117 ドリームキャッスル DREAM CASTLE (GB) せん 5 57kg S.ビン・スルール(首) C.スミヨン 2
3 113 ディアドラ DEIRDRE (JPN) 5 55kg 橋田 満(日) J.モレイラ 3
4 113 ヴィブロス VIVLOS (JPN) 6 55kg 友道 康夫(日) M.バルザローナ 4
5 113 マジェスティックマンボ MAJESTIC MAMBO (SAF) せん 4 57kg M.デコック(南ア) A.マーカス 5
6 115 ロードグリッターズ LORD GLITTERS (FR) せん 6 57kg D.オメーラ(英) D.タドホープ 6
7 124 アーモンドアイ ALMOND EYE (JPN) 4 55kg 国枝 栄(日) C.ルメール 7
8 116 アイキャンフライ I CAN FLY (GB) 4 55kg A.オブライエン(愛) R.ムーア 8
9 110 マウンテンハンター MOUNTAIN HUNTER (USA) せん 5 57kg S.ビン・スルール(首) P.コスグレイヴ 9
10 115 ユーロンプリンス YULONG PRINCE (SAF) 4 57kg M.デコック(南ア) B.フェイデルベ 10
11 114 センチュリードリーム CENTURY DREAM (IRE) 5 57kg S.クリスフォード(英) O.マーフィー 11
12 116 ウィズアウトパロール WITHOUT PAROLE (GB) 4 57kg J.ゴスデン(英) L.デットーリ 12
13 114 ウートン WOOTTON (FR) 4 57kg C.アップルビー(首) W.ビュイック 13

 

◎ドバイシーマクラシック(G1)芝2410m

1 119 シュヴァルグラン CHEVAL GRAND (JPN) 7 57kg 友道 康夫(日) H.ボウマン 1
2 117 オールドペルシアン OLD PERSIAN (GB) 4 56.5kg C.アップルビー(首) W.ビュイック 2
3 114 マジックワンド MAGIC WAND (IRE) 4 54.5kg A.オブライエン(愛) R.ムーア 3
4 113 レーシングヒストリー RACING HISTORY (IRE) 7 57kg S.ビン・スルール(首) C.スミヨン 4
5 113 ハンティングホーン HUNTING HORN (IRE) 4 56.5kg A.オブライエン(愛) W.ローダン 5
6 123 レイデオロ REY DE ORO (JPN) 5 57kg 藤沢 和雄(日) C.ルメール 6
7 121 スワーヴリチャード SUAVE RICHARD (JPN) 5 57kg 庄野 靖志(日) J.モレイラ 7
8 117 デザートエンカウンター DESERT ENCOUNTER (IRE) せん 7 57kg D.シムコック(英) J.クローリー 8

 

◎ドバイワールドカップ(G1)ダート2000m

1 119 ガンナヴェラ GUNNEVERA (USA) 5 57kg A.サノ(米) E.ハラミーヨ 1
2 118 キャッペッザーノ CAPEZZANO (USA) せん 5 57kg S.ビン・ガデイヤー(首) M.バルザローナ 2
3 118 ノースアメリカ NORTH AMERICA (GB) せん 7 57kg S.シーマー(首) R.マレン 3
4 120 オーディブル AUDIBLE (USA) 4 57kg T.プレッチャー(米) F.プラ 4
5 115 シーキングザソウル SEEKING THE SOUL (USA) 6 57kg D.スチュアート(米) M.スミス 5
6 115 パヴェル PAVEL (USA) 5 57kg D.オニール(米) J.ロザリオ 6
7 111 グロンコウスキー GRONKOWSKI (USA) 4 57kg S.ビン・ガデイヤー(首) O.マーフィー 7
8 110 アクセルロッド AXELROD (USA) 4 57kg S.ビン・ガデイヤー(首) R.フレンチ 8
9 111 ニュートレイルズ NEW TRAILS (USA) せん 5 57kg A.ビン・ハルマシュ(首) C.ビーズリー 9
10 120 ヨシダ YOSHIDA (JPN) 5 57kg W.モット(米) J.オルティス 10
11 116 ケイティブレイブ K T BRAVE (JPN) 6 57kg 杉山 晴紀(日) J.モレイラ 11
12 122 サンダースノー THUNDER SNOW (IRE) 5 57kg S.ビン・スルール(首) C.スミヨン 12
13 110 ドルコン DOLKONG (USA) 5 57kg S.フォスター(韓) O.ドゥルーズ 13

 

どのレースも楽しみですが、ターフの「アーモンドアイ」には特に注目していますし、今週末は日本のG1「大阪杯」もあってG1レース5鞍です。

ゆっくり、のんびりとはいかないようですが、じっくり勝負したいものです。

「エネイブル」や「ウィンクス」目立つ牝馬の活躍!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 30連勝達成の「ウィンクス」や「凱旋門賞」連覇の「エネイブル」や、3歳牝馬で「ジャパンC」を勝った「アーモンドアイ」等、世界中で牝馬の活躍が目立っています。

それも勝ち方が素晴らしいので驚いてしまうのですが、「ジャパンC」と「東京コース」のレコードは2005年の「アルカセット」が記録したもので、長い間破られなかったとんでもないレコードを1.5秒も更新してしまうのですから凄いです。

 

なぜこんなに牝馬が強いのかこの「ジャパンC」の10年間の勝ち馬のうち6頭が牝馬、本当にビックリの数字なのですが、21世紀になってからもG1で7勝の「ウィジャボード」、日本の「エリザベス女王杯」を連破しG1で6勝した「スノーフェアリー」、「BCマイル」を3連覇した「ゴルディコヴァ」、25戦無敗の「ブラックキャビア」も名牝と言われる驚きの牝馬達なのです。

 

昔なら考えられなかった日本の競馬でも、21世紀になってから牝馬の活躍が目立つようになりましたし、長年持っていた牝馬に対するイメージは大きく変わりました。

日本酒を飲みながら味わうおつまみの様な存在から、今では完全に主役になりましたしレースでも注目するようになりました。

面白いことに「アルカセット」も「アーモンドアイ」も「キングマンボ」の血が入っているように、日本向きの血統なのかもしれませんが、「ドバイターフ」でも注目です。

 

 

 

 さて、やっとお酒を少しは飲んでもいいくらいになって一安心なのですが、糖尿病も食生活の改善と子供たちと各地に旅行へ行って体を動かすことによって良くなりました。

今年は「ボス」とも少しは日本酒を愉しめるので、ちょくちょくお邪魔しているのですが、珈琲がおいしいので日本酒を飲まないうちにお腹一杯になってしまいます。(笑)

 

3月になると世界中でG1レースが開催されますので、今年は彼方此方と海外の競馬観戦に行きたいと思っています。

ドバイなら4泊5日でも20万以内に収まりますので、計画してみてください。

競馬ファンの夢を追いかけて!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 随分と長い間「凱旋門賞」に出走する日本馬を応援してきたのですが、僕の夢は実現されずにここまで15年が経過し16年目に突入しました。

でもこの「凱旋門賞」の応援に行った時に道に迷ってしまい、途方に暮れていた時に声をかけてくれた日本人が今の奥さんです。

今でも毎年のように応援に行くのですが、奥さんの実家はなんとパリにあるのです。

パリ生まれで日本の学校を卒業してから、またパリに戻り美術関係の会社で働いている時に、会社の帰りに困っている私を助けてくれたのです。

 

その時はそのままで住所も名前も知らなかったのですが、次の年の「凱旋門賞」の応援に行った時にレストランでバッタリ会ったのです。

全く偶然なのですがそれがキッカケで結婚することになったのですが、どうやらその時は家族で競馬を楽しみにロンシャン競馬場に来たという事で、一緒に「凱旋門賞」を楽しませていただきました。

今でも彼女の家族の皆さんにはいつも良くしていただいて、仕事でパリに行った時はいつもお世話になっています。

 

 今年はどんな日本馬が出走する事になるのかは分からないですが、こんな出会いがあって私の夢は「凱旋門賞」なのです。

もう自分があのロンシャン競馬場を走ってみたいと思うくらいですが、もうあのクラシックな建物はモダンな建物に変化して当時の面影は無くなりました。

先頃「ワールドベストレースホースランキング」が発表されたのですが、30連勝を達成した「ウインクス」(オーストラリア牝馬)と「クラックスマン」(イギリス牡馬)がレーティング130で1位になっています。

 

 

 

「凱旋門賞」を連覇した「エネイブル」(イギリス牝馬)でも125で8位、日本馬では「アーモンドアイ」124で11位、「レイデオロ」が123で14位、「ブラスとワンピース」と「キセキ」が122で20位と4頭が上位に入りましたが、「凱旋門賞」を狙えるのは厳しい状況であることには変わりないです。

 

色々な困難があっても今年も「凱旋門賞」へだけは行きたいと考えていますが、何とか日本馬もチャレンジして欲しいものですし、「エネイブル」の3連覇も見たい気もして複雑です。

ペガサスワールドカップターフに出走の日本馬(裕)

JUGEMテーマ:競馬

 「ペガサスワールドカップターフ」G1(芝1900m)は今年から芝のレースとして新設され、3年目となる「ペガサスワールドカップ」G1(ダート1800m)と共に1月26日(日本時間27日朝6時57分)に行われます。

どうやら土曜日も日曜日もお天気は崩れそうですが、ハーツクライ産駒の2番「ヨシダ」とクロフネ産駒の4番「アエロリット」には頑張ってほしいと思っています。

 

 

 

前売りで「ペガサスワールドカップ」G1は5番「アクセラレイト」と3番「シティオブライト」の一騎打ちの様相ですが、「ペガサスワールドカップターフ」G1は「ヨシダ」が1番人気、「アエロリット」が5番人気になっています。

両レースが行われる「ガルフストリームパーク競馬場」は、マイアミから北に30キロ程離れたところにあって、競馬場には年中無休のカジノもあって、隣接されたショッピングセンターもあって大変賑わっております。

ハリウッド国際航空・マイアミ国際空港・オパ・ロッカ空港やマイアミ市内から、車で20分から30分で行けますので大変便利です。

 

レストランも沢山ありますし、ホテルも空港が近いだけに選り取り見取り状態でビーチも近いし、ドライブしても最高です。

競馬も1月から3月までで67日も開催されるので、月曜日と火曜日以外はほとんどギャンブル漬けの状態になりますので、注意が必要です。

気候も安定しているのですが、近年は毎年のように台風に襲われ多大なる被害が出たり天候には注意が必要です。

 

それでもマイアミは素晴らしいところですから一度は行ってみてください。

競馬もカジノもビーチもドライブも最高です! 

 

今年は欧州主要競馬完全制覇をしたいで〜す!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 久々にお正月を海外で迎えた私達は、めでたく22日に帰ってまいりました。

海外といってもカミさんの実家が海外にあるからなので里帰りなのですが、これがフランスですから帰ってから時差ボケで大変ですし、子供達も昼寝ていて夜起きている状態です。

 

今年は欧州の主要競馬を巡ってみようと思っていますし、仕事も増えそうですのでちょっと難しさはあるのですが、頑張ってみようかなと思っています。

やっと日本サイドの会社もスタッフが3人になって、徐々に私の時間は欧州の市場開拓に向いていますのでチャンス増大だと考えています。

この3年間しっかりと勉強してやってきましたが、言葉の壁もあって本当に大変でした。

 

もちろん日本の競馬はリアルタイムで見れるようにしていますので、時差の問題はありますがそちらは何とかなります。

「勝ち逃げ」は「シゲ」さん達にお願いして、おんぶに抱っこ状態でやって貰っていますので助かっていますし、年間6本の「カルヴァドス」が料金です。

 

 私の競馬はもう「勝ち逃げ一筋」で、今年は日本での生活より海外が長くなりそうなので「Win5」も「通常買い」もやらない事にしています。

2年もあれば海外拠点も軌道に乗ると思いますので、それまでは我慢です。

 

欧州の主要競馬場もすべて回ってみたいと思っているのですが、なかなか実現できてなくてもう5年も経ってしまったのです。

それでも何とかフランスはドーヴィル・シャンティイ・ロンシャン・サンクルーの4か所、イギリスはアスコット・エプソム・ニューマーケット・ヨークの4か所は行けました。

競馬ももう年間プラスは確保できるようになって仕事も順調で生活も楽になってきましたので、ゆっくりと競馬も楽しめています。

 

いろいろな競馬の方法があっても上手にできなければ、いつも同じ問題から抜け出せないのも事実ですので、違った意味で自分で嫌いな方法にもチャレンジする勇気が必要だと思っています。

間違った方向を向いたままなのはストレスになりますし、結構大変なものですのでもう少し冷静に自分に合った方法を見つけ出すことから始めてみてください。

「競馬は勝ち逃げ」・「仕事は貿易」という割り切った環境!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 もう競馬をやるようになって16年、研究室に来て10年以上になりますがいつの間にか家族も増えて、何とか楽しく生活がで来ています。

凄く貧乏で大変な時期もありましたが、学校だって殆ど奨学金とアルバイトで卒業したようなものですから、勉強する時間も少なく成績も精々中の下か中の中でしたし、就職も面接で全部落とされて本当に焦りました。

競馬は研究室でのアルバイト前に何度か競馬場に遊びに行った事がありますので、知ってはいましたがのめり込むような魅力があったとは思えませんでした。

 

最初は何をしている研究室なのか不振に思う程でしたので、その後私の人生にこんなにも大きく関わるなんて考えもしませんでした。

私の場合はPCも大好きですが、やはりオーディオやカメラに興味がありましたし、日本のカメラは海外でも大変な人気なのでいつかそんな仕事をしてみたいと考えていました。

でも「ボス」は無理に嫌な仕事をしなくても、貧乏でも自分の好きな事が出来れば一番幸せな事だと教えてくれました。

 

もちろん挫折も何度となく味わったのですから、それはもう本当に厳しいもので仕事でも競馬でも失敗は大きなマイナスとなって、自分に降りかかってきますので、精神的な部分を学ぶことから始めました。

土日は競馬、平日は仕事と割り切って生活の時間をキッチリと区別することが大切でした。

したがって、仕事の給料で生活し競馬の勝ち分はしっかりとため込んで、自分のビジネスに繋げることにしたのですが独立する時は本当に大変でした。

 

今では仕事も順調ですし、これからの事もあって仕事先をヨーロッパに求めましたが、何とか人並みに暮らせるようになりましたし、借金をしないで仕事は何とか回っています。

「勝ち逃げ」のお陰で全てが順調に動くようになったのには驚いてしまいましたが、これが最良の方法なのかもと思うようになったのはつい最近です。

必死にやってきたことはそれに気付くための勉強だったと、今は納得しています。

12月9日はG1レースが5鞍もあります。(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 12月で世界の競馬ももう香港G1レースを残すのみです。

9日には阪神競馬場で2歳牝馬のG1「阪神ジュベナイルフィリーズ」芝1600mが行われますが、香港シャティン競馬場では「香港ヴァーズ」芝2400m、「香港スプリント」芝1200m、「香港マイル」芝1600m、「香港カップ」芝2000mと4鞍のG1レースが組まれていて、9頭の日本馬が出走予定ですので、こちらも馬券発売がされます。

 

出走予定の日本馬は下記の通りです。

 

◎「香港ヴァーズ」⇒「リスグラシュー」・「クロコスミア」

 

 

◎「香港スプリント」⇒「ファインニードル」

 

 

◎「香港マイル」⇒「ペルシアンナイト」・「モズアスコット」・「ヴィブロス」

 

 

◎「香港カップ」⇒「サングレーザー」・「ディアドラ」・「ステファノス」

 

 

動画は昨年の各レースのもので参考になると思いますが、今年も各国の素晴らしいメンバーが揃いましたし、日本馬も沢山出走して活躍してくれそうで本当に12月の大イベントになりました。

馬券購入もできますし楽しみですが、出来れば香港まで行きたいですね。

競馬社会もグローバル化が進んできている!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 今年はビジネス改革として研究室もPC工房「Room365」もクラウドシステムを導入して、仕事もデータ処理も自宅で出来るようにして、研究室にいる時間と工房にいる時間は昨年度の半分になりました。

工房ではペーパレスを徹底してすべてメールでやり取りをするようになりましたし、仕事が入った時だけ工房に行けば良い訳ですから経費はあっという間に半分まで減りましたので凄い事です。

 

研究室は土日は完全に無人化は出来ませんので、研究員が交代で4人づつ交代でローテーションを組んでいますし、その方が効率が良くクラウド利用でさらに経費が削減されています。

勉強会も「リモートワーク/テレワーク」を利用して行うようにしていますので、これまでよりは要点を素早く伝えられるし、意見の交換も資料として残しやすい環境になりました。

 

その他にも沢山の部分でグローバル化が進んでおり、フランス・イギリス・アイルランド・アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・香港・南アフリカと競馬資料の収集と分析が行われるようになりました。

まだ、小さな輪ですが徐々に研究室の若い人達中心に、更に研究が進んできています。

 

更に世界最高賞金のダートレース「ペガサスワールドC」(米1月)や、世界最高賞金の芝レース「ジ・エベレスト」(豪10月)など特別なレースが行われるようになって、それぞれ「ガンランナー」(牡5歳父Candy Ride)、「レッドゼル」(セ6歳父Snitzel)が勝ちました。

 

 

 

こんな感じでダート戦も短距離戦もとても面白くなって、競馬はさらに別の楽しさを加えたと思っています。

きっといつかは世界中のすべての主要レースで、馬券が日本で買えるようになったら本当に楽しいだろうと願っています。

私達はこのようにOB会の協力でいろいろな事に挑戦するのが、今年と来年だと考えています。