パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
63年ぶりの無敗牝馬二冠馬は本当に強かった!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 63年ぶりの無敗での牝馬二冠達成は競馬史上2頭目、しかも勝ち方が素晴らしいものでビックリです。

直線前が塞がる不利がありながら、外から内に切り替えてそこから突き抜けた時は、本当に鳥肌が立ちました。

とにかく動画を見て下さい、直線に入って首が外へ向いたまま100mは走ったと思いますが、残り400mで内に空いたところを真直ぐに伸びてきましたので、上り3ハロンだけでも1秒のロスがあったと思います。

 

残念ながら2着までの的中でしたが、それでも少しはプラスになりましたし、何よりも勝つことへの執念がある馬でとても満足しました。

「デアリングダクト」は父「エピファネイア」の初年度産駒ですから、父の産駒にはこれからも注目です。

 

さて、今週末はいよいよ「日本ダービー」、「コントレイル」の二冠なのか「サリオス」の巻き返しなのか、見どころ満載でとても楽しみです。

 

 

前走から考えるとこの2頭の他には勝つ馬が考えられないくらいの差を感じましたが、別路線からでは力差があり考えられないです。

経済活動が徐々に回復中ですので感染者の増加に注意です!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の夢は「ヴィクトリアマイル」で「アーモンドアイ」が楽勝してくれ未来に繋がりましたが、もう一つの夢「コロナからの脱出」は経済活動の再開で、最も注意が必要な日々を迎えています。

最初に「アーモンドアイ」のG1での7勝目「ヴィクトリアマイル」の映像からです。

 

 

同馬は19年の「ノームコア」の作ったレースレコード1.30.5に0秒1だけ足りませんでしたが、びっしりと追っての物ではなく楽勝でしたし、ルメール騎手もゴール手前で振り返る余裕がありました。

やはりこの馬の適距離は1800mで、1600m〜2000mが守備範囲のようです。

G1勝利1鞍プラスで新記録となる訳ですから、これからは「宝塚記念」から「天皇賞・秋」がベストかなと思っていますが、秋の「凱旋門賞」は厳しい状況に置かれそうです。

 

「コロナ渦」は経済活動だけでなく、スポーツの世界や動物たちの生活にも大きな影響を与えてしまい、この年になって初めて生活する事の厳しさを痛感しています。

色々な部分で物流の影響も出て、4月の中旬から完全に停止してしまった物流も5月中旬に少しは回復しつつありますが、毎日外国の方の給付金の手続きや、帰れなくなった人達のビザの申請に追われて忙しくボランティア活動をしています。

 

毎日「Netflix」や「Amazon Prime Video」で映画を観たり、音楽を聴いたりしていますが、どうしても時間が余ってしまい上手に時間を使えないのにちょっとイラッとしてます。

もちろんまだまだ「コロナ感染」は油断はできないのですが、しっかりとした予防だけはして感染しないように注意してください。

 

来年の受験は厳しくなりそうですし、学生さん達も生活を立て直す必要がありますのでこれからが正念場、国の政策が大きく若者たちの生活を保護してくれることを祈るばかりです。

平和な事がどんなに大切なのか良く分かった!(Kei)

JUGEMテーマ:ニュース

 コロナの猛威で世界中が大きな打撃を受け、経済活動が停止して沢山の人々が職を失ったり亡くなったりと、大混乱の3か月間でしたし、これからも当分の間はこの恐怖からは抜け出すことは無いと思っています。

これまでも私は十勝沖地震、東北大震災などを経験しましたが、平和という事がどんなに大切かという事を痛感しています。

こうしてウイルスだけでも大混乱になるとかも、歴史を調べると結構あるもので「スペイン風邪」や「コレラ」や「ペスト」等も沢山の死亡者を出しています。

 

コロナウイルスは21世紀に入ってすぐに「SARSコロナウイルス」が2002年から2004年にかけて、「MERSコロナウイルス」(2012年〜)、そして今回の「新型コロナウイルス」(2019年〜)と短い期間にすでに3度も変異したように、非常に厄介な感染症なのです。

早く治療薬やワクチンができることを祈るばかりですが、経済活動が停止したことによって空気が綺麗になったり、河川の水質が改善したり、オゾンホールが改善されたりと考えられない事も起こっています。

 

さらにこれまであまり注目されなかった「テレワーク」が普及し、家族のいる自宅で仕事ができるようになった事は、別の意味で新しい仕事のあり方や生活方法が確立される良いチャンスかもしれません。

これまでは企業も消極的だった「テレワーク」は色々な分野で力を発揮しそうです。

 

例えばハンコなども電子証明や指紋認証等に切り替わったり、いろいろな分野でペーパーレスが進んでくれば自然保護にも繋がりますし、環境保護というこれからの人類にとって一番大切な部分も考え直すべき時期だと思います。

人類が経験したこれまでの災害や感染症流行は環境汚染によるものが多いと思います。

地球が守られないと最後には人間が住めなくなってしまうのですから、環境破壊をすぐにでも止めるべきなのです。

 

国も同じように国民があっての国ですから、国民を大切にできない国は存続が難しいものですし、平和な生活ができるようにして欲しいものです。

このコロナウイルス感染の恐怖から抜け出しても、その後の経済活動は大きく変化するものと思っていますが、仕事を失った人たちが直ぐに仕事が見つかるような環境を、国が提供しなければならないし、せっかく入った大学をやめなきゃいけないような社会であってはいけないと思います。

 

 最後は何時もの今日の富士山ですが、今朝7時19分の「逆さ富士」です。

 

 

コロナウイルスの終息願っています!

面白くない競馬と面白い競馬の話!(Sho-R)

JUGEMテーマ:競馬

 カメラもパソコンもオーディオも競馬も同じなのですが、仕事で使っているパソコンは楽しくないけど、ゲームをしている時のパソコンは楽しいように、カメラやオーディオもやはり楽しい時と楽しくないときがあるものです。

実は競馬も長年興味はあるのですが、父の競馬はちょっと違うのでちっとも楽しくないのです。

それというのもすべてデータ化されたシステムで合理的に競馬をやるので、好きな馬の馬券を買うとかレースを推理してとかがなく、全く面白くないのです。

 

でも終わってみると僕はマイナスで父はプラスになっています。

それも、普通にレースを購入するのですがたったひとレースが的中すると、その後にG1レースがあろうが無かろうがそこで購入は終わり、後はノンビリとレースを観戦するのみです。

僕はやはりどうしても好きな馬ができてしまうのですが、カメラのシャッターを切りたくなる「尾花栗毛」のような馬が大好きです。

 

 

何とも言えない美しさがあって、競馬場に行ったらつい「尾花栗毛」の馬や「白毛馬」を探してしまいます。

写真は撮るのが好きなので被写体はなんでもいいので、動きのある馬もとても難しいですが大好きですし、競馬も迫力があって楽しいものです。

 

競馬は父と違ってマイナスが多いのですが、負けると悔しいですが推理する事がとても面白いです。

父は買い方が特殊なので勝つのがあたり前、何時もクールなのでちっとも楽しくなさそうですし、競馬の話もあまりしてくれませんし、勝ち方も教えてくれないのです。

勝っているのに面白くないというのはとても贅沢な事なのに、こと「凱旋門賞」だけは違って日本馬を夢中で応援しています。

どうやら過去3回の2着が余程悔しかったのか、その時は別人のように楽しそうなのは普通にギャンブルとしての競馬なのでしょう。

毎日回復者が増加してコロナ拡大が鈍化?(Kei)

JUGEMテーマ:ニュース

 競馬場で競馬観戦ができなくなって2か月以上になりますが、5月に入ってからコロナ感染者の回復者が沢山でて、感染者より回復者の数が多くなって良好な状況に変わってきています。

10日朝の時点で入院患者数は7,620名、回復者は8,127名となりましたし、感染者数が減っておりますので、このまま終息に向かってくれたらと願っています。

 

地域によっては病床数が足りなくなっているところもあって、まだまだ予断を許すことができない状況ではありますし、経済活動や学校の再開で爆発的に感染者が増える事もあるかもしれません。

一気に壊滅状態にすることはインフルエンザと同じでできません、長期的に戦うしか方法がないのですから、これからの医療現場も社会の対応も大きく変化する筈です。

 

その他にも仕事などでも大きな変化がもたらされる事になりそうですが、人類は今後このコロナウイルスと戦い続けなければならなくなって、色々な変化を私達の生活に及ぼすものと思っています。

スポーツにしても音楽にしても映画にしても、更にレストランやデパートにしても、今後の影響は少しでは済まない筈で、新しいシステムを構築する必要があると思います。

 

これで私達の環境も大きく変化して、旅行や出張もできなくなる可能性もありますし、難しい問題が山積みされたままになりそうですし、すべての企業や人々がアイデアを出して国を守る事からやり直す必要があります。

こうして殆ど95%は家の中で過ごしていて、外へでるのは買い物ぐらいで銀行もネットで済ませていますが、これもまだまだ続きそうですが、毎朝夕は珈琲を飲みながら音楽を聴いて富士山を眺めるのが最高の楽しみになりました。

 

11日朝5時の「朝焼け富士山」ですが、だいぶ雪が融けてきていますので早めに行きたいのですが、今年は2月初めに行ったのが最後です。

 

 

家族全員と国に帰れなくなった姉と、一人の居候と全部で6人で暮らしていますが、もう毎日することを探すのが大変です。

息子とギターの中古をネットで探したり、PCの新製品をチェックしたりで時間を潰していますが、生活するのも本当に大変です。

できるだけ早くコロナウイルス感染がストップする事を、願うばかりです。

コロナ終息後は大きな変化がある仕事のやり方!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 今は我慢の時ですが、今回コロナウイルスによる感染症で多大なる影響があった訳ですが、多くの業種において経済活動が停止されたように、レストランなどの飲食店は経営者側もそこで働いている人たちにとっても、大きな影響がでて収入源を失って生活が困窮した人たちが沢山になりましたし、ホテルや観光地の商店、映画館などの娯楽、不動産、自動車産業など倒産した会社や商店も多数でています。

 

まだまだ拡大中ですから完全な終息までは2年から3年は必要なのかもしれませんが、いずれ近いうちに経済活動は再開されるとおもっています。

しかし、事務系の職業については、やはり「テレワーク」(在宅勤務)が主流になると思うのですが、工場など生産業務はロボットに変更できるところは変更して、人の手が必要な工程だけを少人数で行うようになるでしょうし、レストランなどの飲食店は店内の業務もそうですが、テイクアウトにも力を入れるという方法をとれなければという心理が働くと思うのです。

 

こんな感じで生活環境も大きな変化があると思うのですが、「Uber Eats」のような宅配業者が沢山できて便利になると思いますし、書類作成の外注も増えたり、学習塾の在り方も変化して在宅学習ができるシステムが構築され、不動産の物件内覧もカメラでのチェックサービスが進むと思いますし、名刺交換もアプリでといろいろな部分で人との接触が少ない環境づくりがされていくと考えています。

 

 問題はいつから経済活動が再開されるかなのですが、長引けばそれだけ生活が苦しくなる人が増えますので、国の助成が早いうちに実施されることを願うだけです。

私達もすべての業務を「テレワーク」にして頑張っていますが、売り上げがダウンしていますので大丈夫だとは言えないのです。

それでも影響は徐々に大きくなっていますので、今後の会社の存続は考えなくてはいけない時期に来ています。

 

どんな職業の人も80%の方は影響があると思うのですが、アルバイトで生活していた学生さんやフリーランスの方は大きな影響があって本当に困っているので大変です。

これからの生活も考えなければいけないし、働く場も見つけなくちゃいけないし、よく考えて行動しないといけないようです。

アコーステックギターの流行について(Kei)

JUGEMテーマ:楽器

 競馬仲間にもギターを弾く人が多いのですが、聞いてみると仕事仲間にも結構多いので時々話題に上ります。

私の場合は下手の横好きでどっちかというと、ジャカジャカ弾いて歌を歌うのがいつものパターンで未だに「ヤマハ」のアコーステックギター「FG-420A」を30年以上も愛用しています。

 

でも実は21歳の時にアメリカに研修旅行をして当時人気だった、「Gibson J-45」や「Martin D-45」(どちらも1960年〜1969年製)の状態の良い中古を購入し待ちかえって所有していたのですが、お金に困ったときに手放してしまったのです。

とにかく「ボブ・ティラン」や「エルビス・プレスリー」が使ってた憧れのギターだったので、当時の楽器の中古センターで良質のものを見つけ即購入したのですが、47年も前の事ですから日本へ持って帰るのも大変でした。

最大の理由はそれを弾きこなす技術がなかったのです。

 

当時は数多くのシンガーがどちらかのブランドのギターを使っていたのですから、それだけでも憧れだったです。

ところが、Gibsonは2018年5月に再建型倒産処理手続きを行っており再建中なのですが、Martinはこの業界では今でも近代化を図り盛業中です。

ここ数年は「YAMAHA」や「Taylor」のエレアコがブームで日本でもどうしてもこれらを選んでしまうのですが、サウンドの良さでオーストラリアの「Cole Clark」や「Maton」などが新しく人気になっています。

 

 

エレアコの使い易さはこのオーストラリアのメーカーや日本のメーカーが、複合型のピックアップを使うようになってサウンドに広がりが出たからで、好みのサウンドを作り出すのが簡単にできるからです。

今人気のオーストラリアの「Cole Clark」や「Maton」も欲しいギターですが、アメリカの「BreedLove」もとても良い音で迷ってしまいます。

 

 

この様に新しいメーカーが素晴らしいアコーステックギターを沢山送り出していますので、もちろんサウンドだけでなく使い易さも向上していますし、これからは勢力図が大きく変わる可能性があります。

自宅で思いっきりギターを練習するのもいいかもしれませんので、この機会に少しグレードアップしてみて下さい。

映画・読書・音楽・ゲーム・珈琲・競馬(Kei)

 コロナウイルス渦の影響で生活パターンは大きく変化して、家でできるのは仕事以外は映画・読書・音楽・ゲーム・珈琲・競馬とループになっており徐々に飽きてきたようでストレスが溜まってきました。

お天気の良い日は朝早くに散歩するのですが、雨の日は家でちょっとだけストレッチをして運動不足を解消しています。

 

毎日で一番楽しみなのが富士山を眺めながらの珈琲ですが、今朝の7時の「逆さ富士」はとても綺麗でした。

 

 

 

あとは土日の競馬は無観客で迫力不足ですが、十分に楽しんでいてそれなりに良い成績ですので大満足です。

読書も映画も読みたい、観たいものが少なくなってしまい、音楽を聴くのもちょっと飽きてきたようで、最近は寝ている時間がなんとなく多くなったような気がしています。

 

私達は「テレワーク」に移行して2年にもなりますので、インターネット開設で困るようなことはないのですが、最近準備をされた方は本当に大変です。

当分はテザリングでも可能とは思うのですが、やはり高速インタネットの設備は欲しいけど開通まで3週間以上必要だったり、こんな状況ですから申し込みが殺到して、ポケットルーターの契約に切り替えたりで、みなさん結構困っているようです。

 

ホームルーターやポケットルーターなら直ぐに使えるようになりますし、光ケーブルの開通までのつなぎ役として使えますが、レンタルタイプは少ないのでちょっと大変です。

こうして「テレワーク」は家にネット環境が必須なので、スマホだけの方にはちょっと辛いかもしれないですね。

確か開通するまでホームルーターを貸してくれるところもあった様な気がしますが、業者に相談してみて下さい。

 

珈琲の楽しみだけは競馬の時も含め、音楽を聴くときも読書や映画の時も一緒ですから、飽きられないでいるのは「競馬・珈琲・富士山」かなと考えています。(笑)

仕事は経理だけですから、コロナの影響で毎日1時間もあれば終わってしまいますし、他に仕事がないので色々と次のビジネスを考えていますが、すべてがコロナ次第ですので対応がとても厳しい状況です。

 

みなさんも同じだと思いますが何とか生き延びて下さい、これからは食料不足になる国もあったりで本当に大変だと思うのですが、日本は食べ物が豊富ですし、そんなに心配するような事例はないです。

マスクや一部の製品をすべて海外生産に頼っていたので、マスクが足らなくなったりしましたが、国内でも生産が再開されて医療関係に優先的に送られ、一部は薬局に入るようになりました。

手作りのマスクも市場にあふれてきましたので、何とかしのいで欲しいと思っています。

G1「クイーンエリザベスS」と「桜花賞」(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日4月11日は、G1「クイーンエリザベスS」がオーストラリア・シドニー近郊にあるランドウィック競馬場の芝2,000mで行われ、日本から遠征した「ダノンプレミアム」が1番人気に支持され3着となりました。

アンラッキーな不良馬場での1番人気、結果は3着でしたが立派な成績だと思いますし、よく頑張ってくれたと思います。

2番人気のイギリスからの遠征馬「アデイブ」が1着でG1連勝、地元の4番人気の「ベリーエレガント」が2着とどちらも馬場が合っていたようです。

 

 

馬券は上位4頭に絞って軸を「ダノンプレミアム」として購入、3連単だけの的中でしたが少しだけプラスになりました。

コロナウイルス感染拡大で自宅で過ごしていますので、競馬をネット&即PATで楽しんでいますが、過去のレースも動画サービスで確認して暇を潰しています。

私にとって大好きな競馬が中止になっていないので週末が楽しみですが、近年は海外の競馬も馬券が購入できますので助かっています。

 

続いて今日12日は国内クラシックの第1弾G1「桜花賞」(阪神競馬場・芝1600m)が行われましたので書き足しました。

第80回「桜花賞」は残念ながら降り続く雨の中、重馬場で行われ3戦目の「デアリングタクト」(2番人気)とG1馬「レシステンシア」(1番人気)の一騎打ちとなりました。

先行馬が苦しくなる展開でしたが、1頭だけ後方から追い込んだ「デアリングタクト」が差して勝ちましたが、4頭に絞って購入17番軸で馬連だけの的中でした。

 

 

勝ち馬は父「エピファネイア」の産駒だけあって、重馬場が本当に上手いですね?

1頭だけスムースに気持ちよさそうに走ってましたが、父の「菊花賞」を思い出しましたし、祖母が「シーザリオ」とクラシックに縁のある血統だけにこれからも楽しみです。

無観客開催で週末は競馬を自宅で楽しんでいますが、今回はオーストラリアも国内も馬場状態が悪く残念でした。

「富士山と一杯の珈琲で何もしない大切な時間!」20-36(Kei)

 本来は毎日欲しい時間なのですが、美しい富士山は「Fujigoko.TV」でもお天気の悪い日は流石に見えないのです。

そんな日は時間は短いのですが、1時間ぐらい珈琲を飲みながら「ボー」っとしています。

朝と夕方の場合もありますが、朝と夜遅くの場合もありますし、そんな富士山が見えない時は世界の美しい景色写真や動画を見て珈琲を楽しんでいます。

(昨日の朝5時半の朝焼け富士山と6時45分の逆さ富士です!)

 

  

 

何もしないでただ「ボー」っとしているだけなのですが、仕事とプライベートの切り替え時間としても大切な役割を持っています。

とても無駄な時間の様に感じることもありましたが、今では生活の大切な「ひととき」となって大切だと思いますし、何とも言えない時間なのです。

ゆっくりと流れる時間、富士山と珈琲と軽い音楽とでストレスフリーです。

 

 私は仕事や旅行で何度かヨーロッパに旅行に行き、フランスやスイスのアルプスの美しさや、南フランスやイタリアのエーゲ海沿いの町の美しさを今でも忘れられないのですが、珈琲を飲みながら「ボー」っとするのはどうやらその時に覚えたようです。

とても心に優しい時間なのですが、写真好きの息子もやはり編集写真を確認しながら飲む珈琲が一番好きだそうです。

 

人生ではいろいろな事が起こるもので、今回のコロナウイルスの様に沢山の方の命を奪うだけでなく、沢山の人を窮地に追い込んだり、国を崩壊させるくらいの脅威を与えています。

それでも私たちは生きていく事、家族や友人を守っていく事などでこれからも生きていかなければなりませんし、パニックにならずに冷静に対処していく必要があります。

 

きっとコロナウイルス感染拡大はまだまだ続きそうですが、ある程度の覚悟はしていないと感染した時にはパニックになってしまいますので、十分な準備が必要だと思いますし、入院しても家族との連絡が取れるようにしておくことが大切です。

台風や地震と違って世界中が同時に大きな影響を受ける訳ですから、感染を防ぐための努力が必須となります。

みなさんが元気でありますよう願っております!