Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「夏の間にいろいろと勉強」一杯のコーヒーに夢を託して18-55(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今朝は美しい真夏の富士山の3連発です。

全部違う日に取ったものですが、どれもとても綺麗です。

 

  

 

 今日のテーマは種牡馬のJRAでの通算勝利についてです。

1位:サンデーサイレンス 2,749勝(重賞311勝)

2位:ノーザンテースト 1,758勝(同92勝)

3位:キングカメハメハ 1,712勝(同105勝)現役種牡馬

4位:ブライアンズタイム 1,711勝(同82勝)

5位:ディープインパクト 1,648勝(同173勝)現役種牡馬

 

現役種牡馬ではクロフネ(20歳)1,289勝、ダンスインザダーク(25歳)1,104勝、シンボリクリスエス(19歳)1,006勝、ダイワメジャー(17歳)835勝、ネオユニヴァース(18歳)835勝、ハーツクライ(17歳)827勝、タイキシャトル(24歳)817勝、フレンチデピュティ(26歳)789勝となってます。

 

若い種牡馬ではハービンジャー(12歳)315勝、ルーラーシップ(11歳)147勝、ロードカナロア(10歳)80勝、オルフェーブル(10歳)44勝が期待できそうです。

 

ヒンドスタン、パーソロン、ノーザンテースト、サンデーサイレンスと続いた流れは21世紀に入って、キングカメハメハとディープインパクトという日本馬が種牡馬になって引き継がれたのですが、今年も10位以内に入っている輸入種牡馬はハービンジャーとクロフネだけと圧倒的にサンデー系種牡馬が多くなっています。

ただキングカメハメハは後継種牡馬としてルーラーシップやロードカナロアが出て勢力図が少し変わったのですが、ディープインパクトの後継種牡馬が1頭もいないのは寂しい限りです。

 

 最後に海外のG1レースをチェックしましょう。

●7月13日イギリス「ファルマスS」:ニューマーケット競馬場1,600m「アルファセントーリ」(牝3歳)父Mastercraftsman

●7月14日イギリス「ジュライC」:ニューマーケット競馬場1,200m「ユーエスネイビーフラッグ」(牡3歳)父War Front

●7月14日フランス「パリ大賞」:ロンシャン競馬場2,400m「キューガーデンズ」(牡3歳)父Galileo

 

ロンシャン競馬場とアスコット競馬場は是非とも行って、競馬を観戦してして欲しいです。

とても良い競馬場です。

「注目の海外競馬!」一杯のコーヒーに夢を託して18-54(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今回は美しい「夕焼け富士山」の3連発です。

こんなに美しい富士山ですが、昨日の5時前後から15分くらいの出来事で懸命にライブカメラのシャッターを押しました。

富士山に魅せられて48年、東京競馬場で見た富士山から競馬と共に始まった私の歴史です。

 

  

 

 今回はディープインパクト産駒の「サクソンウォリアー」の出走した「エクリプスS」等についての情報です。

 

●イギリス:「エクリプスS」サンダウン競馬場(芝1990m)⇒優勝は「ロアリングライオン」(牡3歳父Kitten's Joy)でG1初優勝、2着はクビ差「サクソンウォリアー」(牡3歳父ディープインパクト)、3着「クリフスオブモハー」(牡4歳父Galileo)、2着に頑張ってくれた「サクソン」ですが、本当に惜しいレースでした。次走に期待です。

 

●アメリカ:「ベルモントオークス」ベルモントパーク競馬場(芝2000m)⇒優勝「アテナ」(牝3歳)、2着と3着にも人気薄が入って大荒れでした。

 

●アメリカ:「ベルモントダービー」ベルモントパーク競馬場(芝2000m)⇒優勝「カトリックボーイ」(牡3歳)、2着アナライズイットでした。

 

●フランス:「ジャンプラ賞」ドーヴィル競馬場(芝1600m)⇒優勝「アンテロージョン」(牡3歳父Intello)、2着「カスカディアン」、3着「グスタフクリムト」でした。

 

 私はフランスの夏時期に「ドーヴィル競馬場」で行われるレースが大好きで何度か行きましたが、直線マイルレースは圧巻です。

競走馬の繁殖地もこの近郊にありますし、リンゴの産地でもありそのリンゴから造られる「カルヴァドス」(アップルブランデー)は本当に美味しいお酒です。

 

競馬場近くには沢山のホテルがあってビーチにも近くとても素敵なところです。

ヨットに泊れるホテル「Yacht Deauville」やアパートメントホテルもあって選び放題で、とっても素敵なホテルが沢山あって早めに予約を入れると安く泊まれますのですぐ予約しましょう。

8月には毎週日曜日に競馬がありますので最高ですし、カジノもゴルフ場もあって楽しみ満載です。

「夏時期は海外競馬に注目」一杯のコーヒーに夢を託して18-53(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 富士山の3連発、左から2月と4月と6月に同じ場所にあるライブカメラ(ホテル「風のテラス」KUKUNA)で撮影したものです。

 

  

 

ここのライブカメラは「逆さ富士」がとても綺麗なので毎朝チェックするのですが、2月は寒いので雪が飛ばされて黒っぽく見える部分が多く、4月は雪が真っ白に見えるものですが、6月になると殆ど雪が解けてしまうのです。

とても好きなアングルなので年間3000枚〜5000枚は撮ってしまいます。

 

 さて競馬は夏競馬に突入ですが、今年は5年ぶりになるデータの入れ替え作業をしていますので、2週間は「勝ち逃げ」もお休みです。

みなさんにも先週すべての「Pランク」データと結果をお知らせしたように、バランスの悪い結果になってることがよく分かると思いますが、徐々に修正が進むにつれて成績はアップしていきますので、今週も「Pランク」結果をチェックして欲しいです。

 

この時期の私達の生活は夏休みに向けてゲームミングPCの注文や自作で忙しくなるので、暑い中でも寒いくらいの工房で音楽を聴きながらアイス珈琲を飲みながら頑張っていますが、話題は海外のG1レースです。

10月の「凱旋門賞」まではすべてのG1レースのチェック忘れずに行っていますし、日本馬が出走しようものなら応援に駆けつける研究員までいます。

 

この秋の注目馬は英2000ギニー馬の「サクソンウォリアー」と仏ダービー馬の「スタディオブマン」の2頭、どちらもディープインパクト産駒ですが、思いっきり期待しています。

 

 

 

こんな時が来るなんて、日本馬産の馬が輸出されその駒らが大活躍するなんて、本当に信じられないです。

みなさんも注目してみて下さい。

「甘くない休み明けのG1勝ち」一杯のコーヒーに夢を託して18-52(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 心配が的中してしまった結果になった「宝塚記念」、やはり休み明けのG1勝ちは本当に難しい事が証明されました。

1番人気の「サトノダイヤモンド」は6着、2番人気「キセキ」は8着、3番人気の「ヴィブロス」は4着、6番人気の「サトノクラウン」は12着と複勝圏にも1頭も入れなかったように惨敗でしたし、勝った馬が前走「天皇賞」で4着と頑張っての優勝インコースで我慢して粘りました。

 

G1レースは休み明けで勝つのは非常に難しいものなのです。

このレースがハズレて「Win5」も惜しいハズレとなって、前半戦12回的中は達成できませんでしたが、その分後半戦で頑張りたいと思います。

 

さて「ロイヤルミーティング」の最後のG1は「ダイヤモンドジュビリーS」です。

★6月23日

●ダイヤモンドジュビリーS(芝直約1,200m)マーチャントネイビー(牡4歳)父Fastnet Rock

豪州から移籍の「マーチャントネイビー」が仏馬「シティライト」と写真判定の末に勝ち上がりましたが、1番人気の「ハリーエンジェル」が11着と惨敗するという番狂わせでした。

 

アイス珈琲も大人気で「Win5」は惜しかったですが、メインは東京が的中し配当が大きかったただけにプラスにはなりましたし。前半戦は「勝ち逃げ」もトータルでプラスになったので良かったです。

私はメインレースも「Win5」も購入はあまりしないのですが、「勝ち逃げ」で十分に競馬を楽しんでいます。

 

夏の間は海外の競馬が楽しみでいつも注目しています。

★6月30日愛ダービー

★7月01日愛プリティポリーS・仏サンクルー大賞

☆7月07日英エクリプスS・米ベルモントオークス・米ベルモントダービー

☆7月08日仏ジャンプラ賞

 

今後の2週間のG1レースは凄いスケジュールですから、毎週末は寝不足になります。

でも出来れば現地で競馬を観たいし、美味しいものも楽しみたいものです。

「宝塚記念はアイス珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-51(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「宝塚記念」は前半戦を締めくくるG1として愛されているグランプリレースなのですが、今回はみんなの希望もあって2種類のアイス用の珈琲豆を用意しての観戦予定です。

どうも今回は有力馬に休み明けが多く、簡単なG1レースとは言えそうにないのですが、「サトノクラウン」・「サトノダイヤモンド」・「キセキ」・「ヴィブロス」・「ダンビュライト」といったメンバーが優勝候補です。

 

休み明けが多いのでこの他にも「ワーザー」・「ミッキーロケット」・「パフォーマプロミス」等も、十分に食い込めるものと思って下さい。

ようく考えないといけませんが、大いに悩んで下さい。

さて「ロイヤルミーティング」も気になりますので3日目と4日目の結果をお知らせしておきます。

 

★6月21日

●ゴールドC(芝約4,000m)ストラディヴァリウス(牡4歳)父Sea The Stars

G2ヨークシャーCを勝ってここへ挑戦し見事2つ目のG1勝利を手にしました。

 

★6月22日

●コモンウェルスC(芝直約1,200m)エクティダール(牡3歳)父Invincible Spirit

直線の1200mで見応えのあるレースでした。

 

 

●コロネーションS(芝約1,600m)アルファケンタウリ(牝3歳)父Mastercraftsman

愛1000ギニーに続いてのG1連覇となりましたが、芦毛の綺麗な馬です。

 

この辺のレースになると写真の入手が出来なくて大変ですが、レースはしっかりと観戦しました。

いつの日かこんな5日間レースを見に行ってみたいものです。

 

「宝塚記念」アイス珈琲も用意して楽しみたいですし、「ロイヤルミーティング」の最終日の目玉は「ダイヤモンドジュビリーS」芝1,200mのレースです。

これで勝ち逃げ前半戦は終了となって、後半戦は7月7日からスタートするか14日からスタートするかのどちらかです。

今日は思いっきりグランプリ「宝塚記念」を楽しみましょう!

「三冠期待のジャスティファイ」一杯のコーヒーに夢を託して18-50(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 6月第二〜三週目は日本の競馬はG3がメインなので、私達の注目は海外という事になります。

研究室ではもう旅立った人もいて、みなさん今週はアメリカの「ベルモントパーク競馬場」に大注目ですが、JFK国際空港に近いので、日本からの直行便なら成田からでも羽田からでも13時間程で行けますのでとても便利です。

空港からは車で20分でベルモントパーク競馬場まで行けますので、競馬を観戦してそのまま空港近くのホテルに宿泊して帰れますし、観光して帰るのもまた楽しいものです。

 

9日は3つのG1レースがあって「メトロポリタンハンディキャップ」(ダート1,609m)・「マンハッタンS」(芝2,000m)・「ベルモントS」(ダート2,400m)大変な賑わいとなります。

今年は特に「ジャスティファイ」が「ケンタッキーダービー」と「プリークネスS」の二冠を勝っていますので、「ベルモントS」を勝てば三冠馬となるだけに注目度は凄い事になっています。

 

私達もネット観戦するのですが、日本の競馬と違ってお酒がたっぷり入った状態ですのでもう大変な騒ぎになってしまいます。

それでも「アメリカンファラオ」の三冠達成時もそうでしたが、その瞬間を現地で観たいと思うのは当たり前なのですから、今年からは海外G1観戦は各週7人までは行っていい事になりましたので、みんなで振り分けながら出発しています。

 

3週目は米「スティーブンフォスターHC」・仏「オークス」の2つのG1レースが行われ、4週目は日本で「宝塚記念」24日の日曜日に行われますが、英では19日から8つのG1が行われる「ロイヤルアスコット開催」(ロイヤルミーティング)がスタートします。

チョットだけスケジュールをお知らせしておきます。

 

★6月19日

●セントジェームズパレスS(芝約1,600m)

●クイーンアンS(芝直約1,600m)

●キングススタンドS(芝直約1,000m)

 

★6月20日

●プリンスオブウェールズS(芝約2,000m)

 

★6月21日

●ゴールドC(芝約4,000m)

 

★6月22日

●コロネーションS(芝約1,400m)

●コモンウェルスC(芝直約1,200m)

 

★6月23日

●ダイヤモンドジュビリーS(芝直約1,200m)

 

5日間も競馬が連続で行われるのですが、直線のマイルレースもあって非常に魅力あるレースが沢山あります。

この5日間を経験しているのはまだ一人もいませんし、今年は3人が現地入りする事になっており羨ましく思っています。

私も行きたいのですが「宝塚記念」とガッチンコですので今年も残念なのです。

みなさんもチャンスがあったら行ってみて下さい。

「英仏のダービーは?」一杯のコーヒーに夢を託して18-49(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「安田記念」はFrankel産駒の「モズアスコット」が勝って馬券は的中できませんでしたが、その後に行われた「仏ダービー」(ジョッケクルブ賞 )とうとう日本生まれのディープインパクト産駒「スタディオブマン」が優勝し、とうとう仏のクラシックレースを制しました。

 

 

また「英ダービー」に挑戦した同国クラシック「2000ギニー」馬のディープインパクト産駒「サクソンウォリアー」は、残念ながら直線伸び切れずに4着と敗れましたが、私達にとっては素晴らしい週末となりました。

 

 

これで日本のダービー馬「ワグネリアン」と合わせて、ディープインパクト産駒が英と仏でもクラシックレースを勝った事になりますし、日本の競馬史に大きな足跡を残す結果となった訳です。

本当にうれしい事です。

 

「凱旋門賞で日本馬優勝の夢」はもうこれまで以上に近づいた気がしておりますが、今後各馬の動向が気になるところです。

今日は研究室はお休みですが、OB会は午後からお祝いです。

なんとなく忙しいけれどうれしい1週間でしたが、一つだけ不満なのは中央競馬会の対応、どうして日本生まれの馬が出走しているのに馬券の発売が無いのか本当に残念です。

 

「賢」さんが両ダービーの馬券を頼んでくれましたので楽しめましたが、日本で馬券を購入して楽しめたら最高です!

これからはこんな機会が増えると思っていますので、是非馬券発売をして貰いたいものです。

「ダービーは福永騎手の初優勝」一杯のコーヒーに夢を託して18-47(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 福永騎手の初優勝となった「ダービー」は、ディープインパクト産駒も今年のクラシック初勝利となりました。

いやあ〜、本当にとびっきりの笑顔で福永騎手のこれまでとは違ったコメント、嬉しさが滲み出ていました。

心から「おめでとう!」という気持ちです。

 

 

今日は「シゲ」さんや「吾郎」さんらが5人で来てくれて、みんなでワイワイ飲みながらネット観戦でもの凄い興奮状態でした。

何しろ「Win5」が最初のレースでダブルってしまったので、それはもう「ダービー」で的中する訳ですから緊張感は今年最大級で、ゴールした瞬間に万歳と拍手で大騒ぎとなりました。

 

両方的中したのは私と「吾郎」さんだけ、残りはどちらかの的中でしたが一応全員がプラス決算、「ダービー」も馬単だけの的中でプラスは大きなものとなりました。

流石に3連複と3連単は的中できませんでしたが、「Win5」のダブル的中は最高です。

 

海外の競馬の事もありますが、みんなの話題は早くも「安田記念」の事でしたし、用意した「パナマ ゲイシャ」珈琲は綺麗になくなりました。

300gですから30杯分、6人で5杯づつ飲んだのですからその旨さは想像できると思います。

 

今日はこれから研究室の飲み会に参加です。日が変わってから家に帰ります!(笑)

「ダービーと珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-46(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今週末はいよいよ「日本ダービー」(東京優駿)ですが、オルフェーヴル産駒で「皐月賞」馬の「エポカドーロ」、ルーラーシップ産駒で「皐月賞」2着の「サンリヴァル」、ディープ産駒で「朝日杯FS」優勝の無敗馬「ダノンプレミアム」、ロードカナロア産駒で「皐月賞」4着の「ステルヴィオ」も巻き返しに期待したいです。

 

「皐月賞」3着のスクリーンヒーロー産駒の「ジェネラーレウーノ」や、ハービンジャー産駒で3連勝中の「ブラストワンピース」も気になるところですが、これからの3日間で万全の調整が出来た馬が勝つものと思っています。

先週の「オークス」ではロードカナロア産駒、ルーラーシップ産駒、オルフェーヴル産駒と入ってディープ産駒は4着〜6着に敗れていますので、新種牡馬や2年目の種牡馬達の産駒の活躍が目立ってきています。

また今年10回目の「Win5」的中も「オークス」でしたので、堅い決着でしたがとてもうれしかったです。

 

 さて「ダービー」当日は爽やかな珈琲であるパナマ「ゲイシャ」を用意して、のんびりと家でネット観戦したいと思っています。

最近はこのPANAMA GEISHA(パナマゲイシャ)の最高峰といわれる、エスメラルダ農園産のナチュラル部門優勝ロットは

100gで35,000円と高騰して簡単には手に入らない状態ですし、水洗式タイプのエスメラルダ農園産でも100g7,500円です。

 

それでも旨さを知ってしまっただけに、あの独特なジャスミン香と柑橘系の味わいにはつい惹かれてしまいますし、飲むとリラックスできるのもいいです。

ワインの大好きな「中本」さんもこの珈琲が大好きで、週に2回は楽しみにしてやってきていましたし、「シゲ」さんも何かと理由をつけてはゲイシャを飲む為に来ていました。

 

高くてもその価値十分なのですが、最近は質の良いゲイシャブレンドもあって、こちらは200gで2,000円以下なので入門者にとってはベストプライスでパナマゲイシャを楽しめます。

今週はダービーですから特別なパナマゲイシャを用意しましたが、「中本」さんが入院中ですし「シゲ」さんや「吾郎」さんはきっと来ると思っていますので、みんなでワイワイと応援したいと思っています。

 

 続いて海外のG1レースは凄い事になっていますが、米「ゴールドCアットサンタアニタ」・仏「サンタラリ賞」・同「イスパーン賞」・香港「チャンピオンズ&チャターC」・愛「1000ギニー」・同「タタソールズゴールドC」と6鞍もあります。

それぞれがとても楽しみなので期待で一杯です。

「オークスと海外の話題」一杯のコーヒーに夢を託して18-45(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬はなかなか思ったような結果にはならないものですが、結果的には「アーモンドアイ」の二冠達成となって、「リリーノーブル」が2着、「ラッキーライラック」が3着となって本命サイドの決着になって、馬単も3連単も「Win5」も的中したのですが、「勝ち逃げ」が2コースでマイナスになってしまい、すべて良しとはなりませんでした。

 

それに思ったよりも着差が大きかったので、久々の牝馬三冠もありそうだと思いましたが、これから秋にかけて成長しそうな馬は出てくるのかそちらも気になりました。

続いて海外では古馬のマイルG1、英の「ロッキンジS」は紅1点の4歳牝馬でガリレオ産駒の「ロードデンドロン」が勝ちました。

短頭差と着差は少しでしたが、これで「フィリーズマイル」、「オペラ賞」と合わせ3勝目のG1制覇となったのです。

 

 

次に米三冠レースの二冠目「プリークネスS」は「ジャスティファイ」は再度「グッドマジック」以下を下して、二冠を達成しました。

今回も「ケンタッキーダービー」と同じように、田んぼの様な泥んこ馬場で競馬が行われましたが、終始「グッドマジック」と先頭争いを演じての価値ある勝利で、素晴らしいレースでした。

ライバルは最後に力尽きて4着でしたが、6月9日の「ベルモントS」ではまたライバルとのぶつかり合いが見られそうで楽しみです。

「ジャスティファイ」にも「アーモンドアイ」にも三冠馬になって欲しいですが、無事に三冠目を迎えて欲しいです。

 

20日の濠のG1「ドゥームベンC」に出走した、日本からの移籍馬「アンビシャス」と「サトノラーゼン」は、それぞれ3着と6着と敗れましたが次走に望みが繋がりました。

これからも日本だけでなく海外の競馬から目が離せなくなりました。

 

日本の三冠レースは半分は終わって、「桜花賞」と「オークス」がロードカナロア産駒の「アーモンドアイ」が、「皐月賞」はオルフェーヴル産駒の「エポカドーロ」が勝っていますので、新種牡馬が独占しているようですが、ルーラーシップ産駒も上位に食い込んでおりいつもの年とはちょっと違ったイメージがあります。

これからも楽しみなのですが、色々とデータの分析も必要かなと思っています。