パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
巣ごもり生活「始まり〜始まり〜」パート1(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 3月から始まった「巣ごもり生活」にも慣れたのか、不思議な事に不自由さを殆ど感じなくなったのですが、4ヶ月が経って5ヶ月目に入っていよいよマンネリ化してきたのか面白い事を探すのが大変になりました。

家族も裕福な家庭ではないので、食費も光熱費も家族で削って懸命に生活しているのですが、4人家族で食費も普段の日は掛からないので、贅沢と言えばお金を貯めて2ヶ月に一度の小旅行ぐらいです。

 

しかしコロナ感染拡大で旅行もすべて中止となって、支給された給付金等でギター2本とギターアンプを購入しDTMとDAWにチャレンジ、それに会社から「テレワーク」用に支給されたコンデンサーマイク2本を流用して、リビングでカラオケが出来るようにしました。

色々と勉強をしなければいけないし、その間に新しいカメラの発売もあってチェックに出掛けたかったのですが、今回の「第2波」の急速な拡大には恐怖感じており、呼吸器系が弱い僕にはコロナ感染は絶対に避けなければいけないので、現在は完全巣ごもり状態です。

 

毎日、朝の珈琲は僕が淹れているのですが、残念ながら経験値の違いなのか、毎日同じ味にするのはとても難しく、親父のようにはいかないのです。

最近修正は教えてくれるようになりましたが、豆の状態にも湿度によっても大きく味に差がでるのだそうです。

硬水と軟水でも大きく味が変化しますのでビックリするのですが、日本の水道水はpHの水道水質基準値(5.8〜8.6)となっており、自然水のpHが概ね5〜9であることで、基準値がその範囲になっているのですがもちろん軟水が殆どなのです。

 

ところが硬水で珈琲を淹れると味が大きく変化して最近流行りの浅煎りの珈琲では水に負けてしまって、まるで珈琲では無くなってしまいます。

したがって、硬水の多い欧州ではエスプレッソに使用されるイタリアンローストやフレンチローストが多くなって、硬水にも負けない苦味と香りの強い珈琲が多かったのだそうです。

 

近年は浄水器の普及とともに欧州の水質基準も改定されて、イタリアでもフランスでも浅煎りのスペシャルティ珈琲が飲めるようになりましたし、ちょっとしたブームになっています。

こんな感じで、「ギターの再勉強」・「DTMの勉強」・「写真編集」・「珈琲の勉強」を改めて行っていますし、手軽にできるサウンドの周辺機器もスピーカーケーブル等から勉強してみると、写真だけでなく動画の撮り方もまたワンランクアップしそうです。

欧米豪の主要G1レース古馬戦特集「前半戦の結果」(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 先日は国内のG1レースの結果をまとめましたが、今回は欧米豪の古馬G1の特集です。

前半戦の古馬のG1レースのみ取り上げましたので参考にしてください。

 

★1月26日米「ペガサスWCT」芝1900m:「ズールーアルファ」(父Street Cry)

★1月26日米「ペガサスWC」ダ1800m:「ムーチョグスト」(父Mucho Macho Man)

★3月08日米「サンタアニタHC」ダ2000m:「コンバタント」(父Scat Daddy)

★3月21日豪「ジョージライダーS」芝1500m:「ドリームフォース」(父Fastnet Rock)

★4月04日豪「TJスミスS」芝1200m:「ネイチャーストリップ」(父Nicconi)

★4月04日豪「ドンカスターM」芝1600m:「ネトワイエ」(父Sebring)

★4月11日豪「シドニーC」芝3200m:「エタジェームス」(父Raise The Flag)

★4月11日豪「クイーンエリザベスS」芝2000m:「アデイブ」(父Pivotal)

★6月05日英「コロネーションC」芝2400m:「ガイヤース」(父Dubawi)

★6月07日米「ハリウッドゴールドC」ダ2000m:「インプロバブル」(父City Zip)

★6月14日仏「ガネー賞」芝2100m:「ソットサス」(父Siyouni)

★6月16日英「クイーンアンS」芝1600m:「サーカスマキシマス」(父Galileo)

★6月16日英「キングズスタンドS」芝1000m:「バターシュ」(父Dark Angel)

★6月17日英「プリンスウェールズS」芝1990m:「ロードノース」(父Dubawi)

★6月18日英「ゴールドC」芝3990m:「ストラディヴァリウス」(父Sea The Stars)

★6月20日英「ダイヤモンドジュビリーS」芝1200m:「ハローユームザイン」(父Kodiac)

★6月28日仏「サンクルー大賞」芝2400m:「ウェイトゥパリス」(父Champs Elysees)

★6月29日愛「プリティポリーS」芝2000m:「マジカル」(父Galileo)

 

以上ですが、今回はコロナ感染拡大でG1レースのスケジュールが変更されていますので、ちょっといつもとは違って見えます。

でも楽しみが少ないので、こういう時こそ続けて欲しいです。

国内G1レース特集「前半戦の結果」(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 前半戦のG1レース特集です。

コロナ感染のお陰で海外への遠征はとても少なくなりましたが、その分国内G1レースはどのレースも超豪華なメンバーが激突して、無観客でも巣ごもり状態で楽しませていただきました。

 

★2月23日「フェブラリーS」ダ1600m:モズアスコット(父Frankel)楽勝!

☆3月29日「高松宮記念」芝1200m:モズスーパーフレア(父Speightstown)降着有り4頭大接戦!

★4月05日「大阪杯」芝2000m:ラッキーライラック(父オルフェーヴル)3頭大接戦!

☆4月12日「桜花賞」芝1600m:デアリングタクト(父エピファネイア)エンジン違いすぎ!

★4月19日「皐月賞」芝2000m:コントレイル(父ディープインパクト)上位2頭が強い!

☆5月03日「天皇賞」芝3200m:フィエールマン(父ディープインパクト)2頭接戦!

★5月10日「NHKマイルC」芝1600m:ラウダシオン(父リアルインパクト)マイルらしいレース!

☆5月17日「ヴィクトリアM」芝1600m:アーモンドアイ(父ロードカナロア)大楽勝!

★5月24日「オークス」芝2400m:デアリングタクト(父エピファネイア)二冠達成!

☆5月31日「ダービー」芝2400m:コントレイル(父ディープインパクト)二冠達成!

★6月07日「安田記念」芝1600m:グランアレグリア(父ディープインパクト)楽勝!

☆6月29日「宝塚記念」芝2200m:クロノジェネシス(父バゴ)ブッチギリ優勝

 

印象に残っているレースは「ヴィクトリアマイル」と「宝塚記念」ですが、他では「オークス」と「ダービー」です。

「アーモンドアイ」は「安田記念」も勝てると見ていたのですが、「桜花賞」優勝の同じ牝馬「グランアレグリア」にあっさり負けてしまいました。

どうやら馬場状態の影響は大きったようですが、最近の牝馬の強さは本物ですね!

なかなかG1レースを的中させるのも難しいですが、これからも日本の競馬応援して行きたいです。

欧米の3冠レースの情報!(Sho-R)

JUGEMテーマ:競馬

 本日の深夜には英オークスと英ダービーが行われるのですが、欧米の三冠レースについて書いておきます。

これから世界のレースで活躍する馬達が沢山おりますので、参考にしていただけると幸いです。

コロナの影響で自粛中の土日は競馬を楽しみながら過ごせましたので、出かけられなくても随分と楽しめました。

 

◎6月01日仏「2000ギニー」⇒「ヴィクタールドラム」(父Shamardal)芝1600m

◎6月01日仏「1000ギニー」⇒「ドリームアンドドゥ」(父Siyouni)芝1600m

◎6月06日英「2000ギニー」⇒「カメコ」(父Kitten's Joy)芝1600m

◎6月06日英「1000ギニー」⇒「ラブ」(父Galileo)芝1600m

◎6月13日愛「2000ギニー」⇒「シスキン」(父First Defence)芝1600m

◎6月14日愛「1000ギニー」⇒「ピースフル」(父Galileo)芝1600m

◎6月21日米「ベルモントS」⇒「ティズザロー」(父Constitution)ダート1800m

◎6月28日愛「ダービー」⇒「サンティアゴ」(父Authorized)芝2400m

◎7月04日英「オークス」⇒「ラブ」(父Galileo)二冠達成のブッチギリ優勝!

◎7月04日英「ダービー」⇒「サーペンタイン」(父Galileo)こちらも逃げ切りブッチギリの人気薄での優勝!

◎7月05日仏「ダービー」⇒「ミシュリフ」(父Make Belive)2000ギニーの1着、2着を相手に直線で抜け出して価値ある優勝!

◎7月05日仏「オークス」⇒「ファンシーブルー」(父ディープインパクト)なんとディープインパクト産駒が嬉しい優勝!

◎7月18日愛「オークス」⇒「」

 

(空欄部分はあとで書き足しますよ!)

 

米三冠レースは「ケンタッキーダービー」が9月5日、「プリークネスS」は10月3日に変更されましたので、10月の1週目は「凱旋門賞」も含め10鞍のG1レースがあります。

今年はコロナ感染の影響で中止になるレースもあって大変ですが、これからは三冠レースの他にも、古馬のG1レースにも注目したいと思っています。

いつか「凱旋門賞」も「キングジョージ」も写真を撮りに行きたいと願っています。

 

コロナ感染増加で子供達も若者達も危険な状態へ!(Kei)

 

 コロナ感染増加が毎日増えてる首都圏はとうとう1日100人を超える状態になり、まだ様子を伺ってる状態で対策が全く取られていないのですが、子供達や若者達が危険に晒され第2波の兆しがあります。

やはりコロナウイルスは暑くなっても関係がなく、感染力はとても強く全世界では今週初めには1000万人を超え、現在は1週間で100万人程増えていますので、このままでは全世界で第2波のスタートが起こるのも時間の問題です。

 

ベトナムを皮切りにフライト許可が下りていますが、海外からの帰国者間に何人かの感染者がでているように、油断は禁物です。

東京都内だけでなく埼玉県・神奈川県・千葉県と首都東京のベッドタウンとして機能しているだけに、感染拡大は防ぎきれないと思っていますので、緊急に対策をとる必要があると思います。

 

50人から100人へ、そこから200人へと増えるとそれが移動によりより多くの、感染拡大を招きますので何処かでオーバーシュートが始まりますし、厳しい状況に追い込まれますのでそうなると、もう第2波は止められなくなると想定できます。

経済活動の停滞による影響はもっと大きな打撃を受けることになるのですが、治療薬やワクチンができるのをどうにかして待つような対策が考えられないのか、感染者の少ないエリアからの首都圏への移動と首都圏から感染者の少ないエリアへの移動も、きっと混乱を招く結果となりそうです。

 

もう「テレワーク」だけでは済まない状況に陥り、最後には首都圏封鎖、企業の地方への移動など本当に現実的になってきますし、日本全国の自治体が協力して企業の移動に対応して、各社の本社機能を地方に移動させる方法を模索しなければいけないと思います。

一時的にでもそんな方法が取れるように考えれば、感染拡大は大きく変化する筈です。

そして治療薬やワクチンができたら、首都圏に戻ればいい訳ですが、地方の閉鎖された学校の再利用等も考えられればと思います。

 

なんとなくこのままでは第1波よりもひどい状態になりそうで、とても心配です。

私達は「テレワーク」にすべて切り替えていますが、それでも子供や孫が毎日学校に通っていますので、汗びっしょりで帰ってくるので、心配で落ち着いていられません。

どうか安心して生活ができるようになる事を祈るだけです。

急激にコロナ患者が増えてきています!(Kei)

 経済活動が再開されて以来、東京や北海道や福岡等で急激にコロナ感染が広まりつつありますが、これからが正念場と思っていますから、これまで以上に注意が必要です。

イスラエルや韓国、そして中国でも徐々にコロナ感染者が増えてきていますし、南米やアフリカや中東では第1波が猛威を振るっており、18日から19日にかけて全世界で1日で18万人も感染者が増えました。

 

計算上では感染者は年内に4,000万人に達することになりますので、経済活動は限定したものにしなければ人類よりも先に経済が崩壊してしまいます。

今後は各国との連携も崩れていくような状態に陥る事も十分に予想される訳ですから、そうならなければ幸いなのですが、なんとなく悪化しそうな要因があり過ぎです。

 

最初に南北朝鮮の関係崩壊、中国とインドの小競り合いはとうとう武力闘争に発展、米国と中国との貿易戦争の悪化、オーストラリアと中国の貿易摩擦もコロナ問題から勃発、ロシアやブラジルでは医療崩壊が起こっている様で、急激に医療関係者の死亡者が増えています。

このままだと世界中の経済活動は、ゼロから構築しなければならなくなりますが、情報だけはインターネットのお陰でなんとか素早い対応ができるようになっている訳ですし、問題はグローバルな活動が実質的なアナログ部分がストップ状態である事、思惑で株が上がったり下がったりで、経済の基盤が壊れかけている事に注目が集まっていなことなど、悪い条件が揃っています。

 

飛行機の航行が減っているのですが、貿易関係でも輸送費の高騰で物資の値上がりが続いており、「テレワーク」関連や「輸入食品」関係も徐々に値上がりが続いています。

「テレワーク」の推進で、PCパーツはマザーボード・モニター・マイク・オーディオインターフェースも全体的に15%〜25%の値上がりがしています。

 

逆に値下がりしているものもありますが、全体的にみると高くなっていることは間違いがありませんし、中国の輸出が回復すれば徐々に値下がりするのでしょう。

各メーカーが中国の工場を閉鎖してその他の国に生産地が移動中なので、回復するまでは少し時間が必要になりそうです。

 

こんな状態ですから「テレワーク」だけで生き残れる会社は、非常に僅かだと思っていますが、感染を拡大させない方法を考える事が不可欠ですし、感染者拡大を最低に抑えるために東京や大阪から本社を移す事や、環境の良い地域に分散させて社内で感染が広まっても会社の機能が失われる事がないように工夫する必要があります。

都市の場合はインフラに問題が生じればすべての経済活動はストップする事になります。

 

どうかこれらを念頭に感染しないようにして、生活していただきたいと願っています。

「テレワーク」の副産物は「家飲み」にも嬉しい誤算で〜す!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お酒

 先日父がお酒の事(イタリアのワイン)を書いておりましたが、ほぼ5か月間の間に外でお酒を飲んだのは3回だけでしたので、完全「テレワーク」なってからは1回だけでしたので、結局は日本酒・ブランデー・ワインは食後に飲んだりでも、基本「家飲み」です。

それで日本酒もワインも色々と楽しむために、流行りのお酒を見つけてはネットで注文していたのです。

 

いつもの「外飲み」の代金は月5万〜7万円くらいですから、父と二人分だと10万円はありますので「家飲み」だと相当いいお酒が沢山買えることになります。

日本酒もワインもそうですが、「家飲み」だとおつまみが好きなようにアレンジできますし、洋風でも和風でもなんでも美味しいもので、更に作る楽しみも加算されて嬉しいものです。

 

そんな中で出会ったのが「アマローネ」と「リパッソ」、決して高い価格帯のワインではないのですが、急に人気になったようでとてもビックリしてます。

父は「カルヴァドス」の時もそうですが、決して人が進めても素直に美味しいというタイプではなく、自分の好みで確認してから購入するというやり方なので、変わったお酒が家に結構あります。

 

ワイン樽で熟成させた日本酒や、オレンジ色の「オレンジワイン」の時もそうですがいつも驚かされてしまいます。

ビールはまったく口にしないのに、ベルギーのビールだけは時々飲んだりともうすべてが「我が道を行く」なので困ってしまうのです。

 

さて話を「家飲み」に戻しましょう。

お酒を飲むのも「外飲み」中心になっていたのですが、飲みに行けなくなってからお小遣いが残るようになったので、「家飲み」するために日本酒やワインを購入するようになったのですが、父が書いていた「リパッソ」の親みたいなのが「アマローネ」、こちらは「リパッソ」に入れられる前の陰干し葡萄で造られます。

したがって干し葡萄ですから通常の倍のブドウが必要になる訳で、価格が高くなる原因はそこにあるのです。

 

北イタリアの有名な白ワイン「ソアヴェ」の産地に近い「ヴァルポリチェッラ」というエリアで造られており、バランスの良い甘美なアロマが特徴のワインでとても美味しいです。

1番と2番は超高級品、お手頃価格の3番から5番がお薦めです。

1:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2011 ジュゼッペ クインタレッリ(38,000円)

2:◎アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ ヴィニェート ディ モンテ ロドレッタ 2012 ダル フォルノ ロマーノ(39,600円前後)

3:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2013 アレグリーニ(9,500円前後)

4:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2009 ベルターニ(10,500円前後)

5:アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2011 ラルコ(10,500円前後)

 

ワイン樽で貯蔵された日本酒もまた爽やかで夏のお酒という感じがしてとてもお薦めです。

1:Azumaichi 甲州ワイン樽貯蔵(3,080円前後)

2:上喜元 純米吟醸 Napa Valley ワイン樽貯蔵(2,933円前後)

3:醸し人九平次 純米大吟醸 ワイン樽熟成(5,500円前後)

 

最近は夏になると「夏酒」という爽やか、すっきり味の日本酒が売られるようになりましたのでそちらも楽しみですが、お酒が好きなのに1杯で千鳥足になるくらい弱いので、「Zoom飲み会」にも参加できなくて困ってます。

みなさんも「家飲み」グレードアップして楽しんで下さいね!

 

コロナ禍の終息はまだ先の話油断してはだめそうです!(Kei)

JUGEMテーマ:Coffee

 最近は富士山を眺めながら珈琲を飲む楽しみも、忙しくて時間が取れない日もあってちょっと寂しいのですが、コロナはまだまだ完全終息には程遠い状態ですので、油断は本当に禁物です。

本来は私達が出張しなければいけない国々でも猛威を振るっており、飛行機の予約もできないくらいです。

(6月5日朝4時の「朝焼け富士山」と12日朝6時の富士山で〜す!)

 

 

 

ブラジルは80万人、ロシア51万人、インド30万人、ペルー21万人、チリ15万人、メキシコ13万人、パキスタン12.5万人等、中南米やアフリカ、中東、東南アジアなどでも急激に感染者が増えており、予断を許せない状態が続いております。

また改善が認められたイスラエルも更に感染者が増えており、非常に期間な状態になっているということ、更にアメリカも既に200万人を超えて、とんでもない状態になっています。

 

これからは生活様式も大きく変わりそうですし、経済活動も大きく変化する訳ですがどのように経済活動が回復するのかは、手探り状態が続くと思っています。

息子の会社はたまたま「テレワーク」で「エコ対策」を十分に考えてスタートしたおかげで、何とか持ちこたえていますが、通信費やそれらに付随する設備投資が企業の十分な「エコ対策」に対応していない事もあって、十分ではなかったようです。

 

「Zoom」や「Google Meet」で商談もできるのに上手に使えていないのが現状ですし、「Skype」で国際電話も安くできるのにファイル転送も簡単なのに、すべてセキュリティーの性にして使わないようにしていたり、ちょっと訳の分からない事が多いです。

私達は既に海外在住の「フリーランス」を上手に利用して活動していますので、これからはもう少しその先を考えてみたいと思っています。

 

出張の準備も進めていますが、何処をどう周遊できるかはまだまだ飛行機の運航がされていない国もありますので、これから探してみたいと思ってます。

また国内の越境もそろそろですので、出張の準備を進めたいとです。

前代未聞のメンバーが揃った「安田記念」(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 コロナ渦ですっかり「無観客競馬」が定着しましたが、海外ではG1がレースが中止されたり、国外からの参加をさせない国もあって、マイルG1の頂点「安田記念」はこれまでで一番のメンバーが集結、G1馬が10頭にG1連対馬が3頭と出走14頭中13頭がG1クラスという最高のメンバーが揃いました。

 

現在の人気です。(6日午前2時の集計です)

1番人気:05・アーモンドアイ

2番人気:06・インディチャンプ

3番人気:01・ダノンプレミアム

4番人気:02・ダノンキングリー

5番人気:11・グランアレグリア

6番人気:09・アドマイヤマーズ

7番人気:03・ノームコア

8番人気:14・ダノンスマッシュ

9番人気:07・ペルシアンナイト

 

 

 

スプリンターからマイル得意のメンバーが揃った感じですが、G1で8勝目を期待したいのがやはり「アーモンドアイ」です。

前走も後ろを振り返る余裕がありましたので今回もと思っていますが、マイルに強い馬達(6番・1番・9番)がおりますし、時計も速くなりそうですのでちょっと相手が難しいです。

今日は牝馬と牡馬の無敗二冠と「勝ち逃げ」!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今年のクラシックは牝馬も牡馬も無敗での二冠達成と、非常に珍しい結果となりましたが、私達の夢は膨らむばかりです。

今から50年前の1970年に始まった「競馬研究」は、その12年後に「競馬研究室」に生まれ変わり3人からスタートした仲間も増えたり減ったりして、今は40人もの研究員がひっそりと競馬研究を続けています。

 

 

 

そんな中こんな牝馬も牡馬も無敗での二冠制覇には、長年競馬をやっている私達にも珍しい事なので、コロナウイルスの感染騒動が無ければ、今年の「凱旋門賞」はとても楽しみな事なのですが、予定もたたない状態ではちょっと残念な気がしています。

絶対にありえない事のように感じますが、偶然にもこんな大変な時期にこんな形で達成されるのですから本当に皮肉なものです。

 

 

 

 さて今日は「勝ち逃げ」についてお話をして行きたいと思います。

競馬を長年やってると色々な方と競馬の話をする事が多いのですが、厄介な事にこれといった必勝法にたどり着くことはなく、常勝という事もないのが普通です。

海外でルーレットやバカラでもいつも負けてましたし、競馬も同じように勝てない事が圧倒的に多かったです。

 

私が「勝ち逃げ」に目を付けたのは「ルーレット」からでしたが、「ココモ式」と「モンテカルロ方式」の二つの方法との出会いで、必勝法の本を読んだことから始まりました。

出会う前の「勝ち逃げ」は「倍額法」でしたのでので、一日の勝負レース数を8〜10にしなければマイナスの日数が多くなった時には年間収支もマイナスになってしまうのです。

 

「モンテカルロ方式」は終わりの区別が一日単位で付けられないので、一日単位で終わらせるためには「ココモ式」しかないと思いましたが、必勝法としては「モンテカルロ方式」が有利なのは明らかでした。

ただ、競馬となると土日しか行われない中央競馬では、「ココモ式」がアレンジするのに向いていたという事です。

(詳しくは「PROFILE」⇔クリックしてみて下さい。)

 

★ココモ式★
購入金額表は下記の通りです。
1R100単位(1単位100円で計算)
2R100単位(累計200)
3R200単位(累計400)
4R300単位(累計700)
5R500単位(累計1,200)
6R800単位(累計2,000)
7R1,300単位(累計3,300)
8R2,100単位(累計5,400)
9R3,400単位(累計8.800)
10R5,500単位(累計14,300)
11R8,900単位(累計23,200)
12R14,400単位(累計37,600)

 

「ルーレット」や「バカラ」とは違って競馬用に変更するのには3年もかかりましたし、「3連複」が発売されるまでは結構大変な時間を費やしましたが、現在はブログに書かれている通り順調にプラスがでています。

でも最大の目的は「競馬で勝って凱旋門賞の応援に行く」でしたから、とても単純な発想で馬鹿げているのですが、そんな発想だからこそ上手く行ったのだと思っています。

みなさんも自分に合ってるなと思ったらやってみて下さい。(質問等はPROFILEにあるメールアドレスにお願いしますね)