パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「コロナウイルス対策は在宅勤務で!」20-019(創)

 研究室とPC工房「Room365」は2月8日から、9割は在宅勤務にし研究室は14日から完全「在宅対応」に切り替えました。

PC工房は担当者が決まっていますので、修理や納品はエンジニアの自宅で修理して、そこから配送もしておりますし、競馬研究室の対応はすべてメールとコミュニケーションツールに切り替えました。

 

私達OB会も今回のコロナウイルスの感染拡大は防いでいかなくてはいけないと、みんなで話し合って決定しましたので、みなさんにもお知らせすることになりました。

以前からのインフルエンザの流行時も「在宅勤務」・「在宅対応」で切り抜けてきましたので、今回はマスクや医療品の物流が止まっていることもあって、自宅でできる限り食い止めようという事になりました。

 

私達が住んでいる神奈川県でも感染が拡大中ですので今以上に注意が必要ですが、一人一人がどんなに頑張っても感染は拡大するのが普通で、薬の開発にはまだ相当な月日が必要だと考えていますので、私達も楽観しては危険だと思っています。

若い人の中にも重篤な方がいるようですので、マスクはできるだけ子供達に使わせて、大人は手作りマスクで家からでないようにしてと言っても、買い物もあるし簡単ではないですがみんなで協力して頑張ることにしました。

 

学校も閉鎖にすればいいのですが、受験シーズンでもあり子供達への感染はあっという間に拡がってしまいますので、各自治体の対応が大切だと思います。

日本政府の対応が悪かったことで拡大を招いてしまったことや、観光シーズンと相まって状況は非常に悪い方向に進んでいます。

パソコン部品の入荷が遅れており修理も遅れがでたりしているようですが、「Room365」では幸いにも昨年の11月〜12月が非常に忙しかったこともあって、部品等は十分に確保されてますので2か月程度は大丈夫という報告が入っております。

 

研究室やPC工房のPCも1月にすべて新しいものに変更してますので、暫くは大丈夫な状態です。

ちょっと長いお休みになる会社や店舗もあると思いますが、みんなで協力し合って拡大を防いで欲しいと願っておりますし、世界的な問題ですので、すべての国々でしっかりとした対策を取ってくれるよう祈っております。

「自宅待機でもうれしいWin5的中!」20-019(創)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日はメインレースG1「フェブラリーS」は2着に伏兵が飛び込んで馬券は的中できなかったのですが、なんと「Win5」の的中がでて、お祝いに駆けつけました。

 

レース占有率Eだった京都10Rが的中でもしかと思ったのですが、的中後の宴会は11時までも続きちょっと飲み過ぎました。

 

レース・ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位・占有率・勝ち馬(読み方)

◎京都10R02・08・10・04・03・13E 勝ち馬8番「斑鳩S」ハンデ・芝

◎東京10R04・10・05・02・06・08B 勝ち馬5番「アメジストS」定量・芝

◎小倉11R06・13・03・02・09・04A 勝ち馬2番「小倉大賞典」G3ハンデ・芝

◎京都11R04・01・11・06・08・09C 勝ち馬9番「大和S」ハンデ・ダート

◎東京11R12・05・09・02・07・03B 勝ち馬12番「フェブラリーS」G1定量・ダート

 

これで8,321,350円はとても大きな配当ですし、うれしいですよね?

私は時々しか「Win5」を購入しませんので的中する時はいつも低配当ですが、楽しみにしている人も多いと思います。

 

 今年最初のG1「フェブラリーS」はハズレでしたが、実は先週の3週目で「3コロ」を成功させてとても幸せをいただきました。

飲み会の前に「ボス」と合流した時に「高ボッチ高原」の話になったのですが、実は昭和27年から草競馬が行われているという事でちょっと驚いていますし、調べてみると草競馬は結構あちこちで開催されているのですね。

私も何度かこちらにキャンプに行って写真を撮っていますが、競馬が行われていることは知りませんでしたので、今度一度お邪魔しようと思っています。

 

  

(私の撮った写真ではありませんがチャンスがあればこんなに綺麗な写真が撮れますよ!)

 

「ボス」も競馬を見に一度、キャンプしに一度行ったことがあるそうですが、本当に空気が澄んでいる時の景色は素晴らしいので、みなさんも行ってみて下さい。

冬は星空も美しいですし、温泉もありますので沢山の楽しみがありますよ!

 

「凱旋門賞の夢と富士山!」20-018(創)

JUGEMテーマ:競馬

 毎年何度かは行く「富士山」ですが、「海の見える湘南の一戸建て」から脱皮した私は、その後「富士山」にすっかり魅せられて家族で良く別荘に出かけたり、富士五湖近郊のキャンプに言ったりアウトドアの中心地になっています。

特に河口湖と山中湖は「ボス」や「シゲ」さん、「吾郎」さんとも良く泊りがけでかけ、競馬の研究や話をした場所でもあります。

 

何度行っても飽きることがないのが「富士山」なのですが、温泉も珈琲も「凱旋門賞」もオールインワンになっています。

こちらは河口湖の朝6時と午後6時(2月19日)の「Fujigoko.TV」の映像です。

 

 

 

こちらは山中湖の午後5時と同6時の「Fujigoko.TV」の映像です。

 

 

 

現地に行かなくてもリアルタイムで「富士山」を楽しめるので、「ボス」は毎朝夕に珈琲を飲みながら楽しんでいますが、ときどき私もお邪魔して一緒に珈琲を御馳走になるのが私の楽しみでもあります。

随分と長い間ですが、旅行へ行く時もいつも「富士山」ベースなのですが、みんなで旅行に行くといつも話題になるのが日本馬の「凱旋門賞」挑戦の話です。

 

「エルコンドルパサー」の時も「オルフェーヴル」の時も勝つチャンスが十分にあっただけに、本当に悔しい思いをしました。

色々な夢は叶えられたのですが、残念ながら「凱旋門賞での日本馬優勝」だけが、私達の叶えられていない唯一の夢なので、ボスの「富士山」行きは毎年2回のペースで守られているのです。

 

私も年に4回から5回は行くのですが、夏はちょっと長めに滞在しています。

ときどきはOB会のみなさんも、研究室のみなさんも来てくれ「富士山」を目一杯楽しんでますし、珈琲も「ボス」に教えていただいて上手に淹れられるようになりました。

 

2月11日に「富士山」(河口湖と山中湖)に行きましたが、休日なのに閑散としていてコロナウイルスの影響がでているように感じましたし、これからの経済の落ち込みも本当に心配です。

きっと日本政府もこんな窮地に立たされるとは考えもしなかったでしょうから、これからはこの経験を生かして感染症対策を十分にして欲しいと思っています。

みなさんも感染しないよう十分に注意して過ごしてください。

「勝てる競馬と負ける競馬!」20-017(創)

JUGEMテーマ:競馬

 最近は色々な事が起こってコロナウイルスのような侵略にも日本側の対応の悪さで、食い止めるどころか拡散させてしまったり、犯罪者の海外逃亡を許すなどとても普通ではなことが起こっています。

私達の仕事も影響が大きく出ており売り上げが下降線を辿っている業種もあって、パソコンのパーツも同じように入らなくなっているものもあります。

 

ウイルス対策としては競馬の研究も完全に在宅で行う事にして、PC工房の仕事も各担当者が自宅からサポートできるように切り替え、修理や組み込み作業だけ工房で行うようにして対応しました。

出来る限り人との接触を少なくして、拡散を防がないとOB会も困ってしまう事態になってしまいますので、十分に対策を取っているつもりです。

 

さて今日は「勝てる競馬」と「負ける競馬」をテーマに書いてみましたが、考え方は人それぞれで十人十色ですから、参考程度にと思って読んでいただければと思います。

自分の場合は「勝ち逃げ」メインで、その他の購入はしないのが普通でしたが、3年ほど前から2歳戦⇒3歳戦での研究をスタートさせ思いっきりではないですが、何とかプラスを残せるようになりました。

 

今回も3歳戦の1勝クラス以上の成績が載せられていると思いますが、見ての通り非常に良い成績です。

みなさんもご存知の「吾郎」さんの通常買いとよく似ていますが、ハンデ戦が無いクラスなので比較し易いという事で、的中できる数が増えるからです。

しかも、「Pランク」内での決着が多い事もその理由の一つとなっています。

 

すべてのレースを通常買いしてしまう人も多いようですが、一発逆転の穴狙いでもそう簡単には的中ができないものですから、「勝ち逃げ」を私達はしています。

これからも同じように競馬を楽しむためには負けない事が肝心なのですが、基本的な事で競馬を長く楽しみためにはどうしても負けられないという条件は必要です。

 

したがって「勝ち逃げ」にたどり着いたのですが、平日はみんな仕事をして頑張ってきましたし、競馬で生活が出来るなど思ってもいなかったし、負けるものだと思ってやってきましたので仕事は懸命にしてきました。

仕事をして生活のベースを築きながら、好きな競馬の研究をしてきたと思っています。

 

したがって若い頃は遊ぶ時間もない程苦労してましたし、競馬研究を始めてからも結構苦労しましたが、「勝ち逃げ」のお陰で独立もできましたし、結婚もして家族もできましたし、何よりも好きなだけ好きな事が出来るのが一番うれしいです。

 

 

昨日は「ボス」の自宅にお邪魔して美味しい珈琲を久しぶりに頂きながら、富士山を眺めながら色々と今後の事を話し合いました。

左が朝6時、右が夕方6時頃の富士山です。綺麗ですね!

「富士山詣?です!」20-016(創)

JUGEMテーマ:競馬

 今年は「勝ち逃げ」が順調ですので、富士山詣を今日決行で〜す。

写真は昨日の朝7時と、午後5時の富士山です。

 

 

 

今年はすこぶる「勝ち逃げ」が順調ですので、そろそろ富士山詣という事になったのですが、車派と電車派に分かれて別々に出発ですが、河口湖では合流可能と思っています。

 

「浅間神社参拝」をする人もいれば、温泉に入る人もいますしみんなそれぞれが愉しみ方が違いますので、色々と寒い思いをいながらアツアツの美味しい「ほうとう鍋」を食べたいです。

どうやら研究室のみなさんも参加予定ですが、どこで合流するかは定かではないので、きっと泊組と日帰り組がいる筈です。

ノンビリと温泉に入れたら最高に幸せです。

泊まれたら泊まるつもりでいるのですが、子供たちが学校があるので日帰りの予定です。

 

今年の競馬はお正月から人気馬が勝てないケースが多くちょっと荒れ模様なのですが、BOX購入を増やして良績を残していますので、この調子で頑張りたいと思っています。

コロナウイルスやインフルエンザにも負けないで全員頑張っていますので、十分に注意しながら生活したいと思っていますし、みなさんも注意してください。

「勝ち逃げ順調!富士山詣で?」20-015(創)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の「ココモ式勝ち逃げ」も「新しい勝ち逃げ」も順調そのものですが、なんとなく荒れ模様です。

みなさんもきっと気付いていると思うのですが、「Win5」の配当に今年の傾向が表れているように感じているのではないでしょうか?

実に難しい競馬が続いておりますが、「勝ち逃げ」はそれに対応した購入が出来ているので心配はないのです。

 

 

 

しかし新肺炎のせいで今年は河口湖へも行けない状態が続いており、1月中旬から2月上旬に毎年行っていた「富士山詣」が実現できていませんし、インフルエンザも流行していてアメリカでは大変な事になっています。

子供達も楽しみにしているスキーやスノーボードも、一度も行けてなくて説明するのが本当に大変です。

 

私達の仲間や知り合いにも徐々に広がりつつある色々な情報が錯綜して、更に過剰反応もあるのでしょうが何と言っても子供たちが一番心配です。

私の仕事は経理だけですから在宅勤務が基本ですから問題ないのですが、接客業務が中心の仕事ではこれまでの何倍もの注意が必要で対応が大変です。

 

幸いにもPC工房「Room365」での仕事も昨年末で一段落していますので、技術者の出勤も週に2日程度で業務も殆どがサポート中心になっていますから助かっています。

しかし、3月の決算期には駆け込み注文が殺到しますので、多少の心配はありますね。

 

 さて競馬は荒れ模様ですが、今年は「新勝ち逃げ」の実験購入を行っていて、こちらも順調な結果が出されています。

なかなか波乱万丈ですが、勝負を楽しみながらできるシステムになりそうですし、研究員のみんなも懸命にデータ分析を続けていますが、少しづつ競馬の流れが変わりつつあるように感じています。

 

昨年誕生した馬がラストクロップとなる「キングカメハメハ産駒」、今年誕生する馬がラストクロップとなる「ディープインパクト産駒」と、日本の2大種牡馬が亡くなって大打撃ですが、それでもしっかりと後継種牡馬は残してくれたと思っています。

今朝からさらに寒くなりましたので、風邪をひかないようにして頑張りたいです。

「パニック状態でマスク無し!競馬も大荒れ」20-014(創)

JUGEMテーマ:競馬

 ちょっと風邪気味なので病院に行って薬を処方してもらったのですが、処方薬局にも薬品店にもマスクが無い状態でビックリです。

ノンビリ屋なので世の中の事があまり分からないのが私の悪いところなのですが、中国で起こった新コロナウィルスはいつの間にか少ないながらも、世界中に広がっているようです。

慌てて奥さんに電話をすると、もう沢山購入してあるという事で一安心、考えてみると家にはいつも冬の時期はマスクが多めに買ってあったことを思い出しました。

 

子供用から女性用と男性用が準備されていましたから、心配するほどではないのですが、普段は奥さんの会社の経理を担当で在宅勤務、週の半分は競馬のデータと睨めっこ、時々子供と一緒にドライブに出かけるぐらいで、ニュースも見なければテレビも見ないという生活なのです。

1月はブログ記事を書くことになったり、PC工房の手伝いがあったりで時間的余裕が無くて、新肺炎について詳しく知ったのも25日になってからです。

 

しかし「備えあれば憂いなし」とはよく言ったもので、毎年この時期は多めにマスクが用意されているのには本当に感謝です。

町の薬屋さんがこんな状況であることにビックリ、研究室でも新肺炎の事ばかりで更に驚いてしまいましたが、マスクはみなさん家族の分も入れると何百枚も用意するのですね。

この年になると世の中の事よりも子供たちの事が優先されてしまうのと、忙しさで病院に行っても何が起こっているのか分からない状態です。

 

良く調べてみると日本でも20人もの感染者がいるという事ですが、亡くなった方は無いようですしどうやら毒性は弱いらしいです。

それではなぜ中国では無くなった方が多いのかと考えてしまいますが、亡くなっている方は高年齢で更に病気の方が多いようですし、他にも抗体の効力が長く続かないで再感染によることも考えられるという事です。怖いですね〜!

 

 さてさて競馬は何時もの様に「勝ち逃げ」は1位軸でのスタートではなく、2位BOXでの購入という事でなんとなくこちらも異常事態の様子です。

難しい時に利用するのが「BOX買い」なので、今年は難しいレースが多くなっているのか、土曜日の通常買いも全滅状態でしたし、実際に難解なレースが多いのです。

したがって日曜日も1位BOXでの購入を選んだようですが、選択が難しくなっているようです。

そしてそして「Win5」も歴代2位となる4億円超えの配当で、今年2度目の億単位の配当となりましたから、競馬も世の中もとても難しい状況に置かれています。

 

そろそろ花粉症の時期になりましたし、私達は2年前から出来るだけ「在宅勤務」にして対応していますので、外へ出ることは少ないけど、みんなで助け合っていければと思っています。

仕事の都合上、工房にはマスクが沢山ありますので何とかなりそうですが、自己管理も大切ですしみんなで協力して乗り切りたいものです。

「毎日が勉強ですがG1へ向けて!」20-013(創)

JUGEMテーマ:競馬

 ダートの前哨戦「東海S」は「エアアルマス」が勝って、「AJCC」は「ブラストワンピース」が勝って、前者はG1「フェブラリーS」へ、後者はまだ決まってないようですがこれからのようです。

いずれにしても両馬とも期待通りの勝ち方だと思いますので、これからが楽しみです。

 

さて海外競馬の大注目「ペガサスワールドC」ダート1800mは「ムーチョグスト」、「ペガサスワールドCターフ」芝1900mは「ズールーアルファ」がそれぞれ勝ちましたが、「ムーチョグスト」は直線抜け出して楽勝、7人気の「ズールーアルファ」も直線で抜け出し昨年の2着馬「マジックワンド」を交わして快勝でした。

 

海外のレースも次々に情報が入ってきていますが、3月28日メイダン競馬場で開催される「ドバイワールドカップデー」には、沢山の日本馬が登録をしているので本当に楽しみですし、できれば応援にも行きたいものです。

2月というと23日に行われるG1「フェブラリーS」ダート1600mですが、29日にはサウジアラビアの「サウジC」ダート1800mもあって楽しみがまた増えました。

 

1月〜3月にかけて行われるビッグレースは殆どがダート競馬ですが、日本ではまだダート馬のレベルは低いように思われがちなので、チャレンジする馬も少ないです。

それでもアメリカの三冠レースに果敢にチャレンジする馬も少しづつでてきていますし、今後はダート競馬にも注目しなければならないようです。

 

 アウトドア派の私ですが、年齢とともに徐々に遠くに出かけることは少なくなりましたし、勝負の世界は厳しいものでどんなに上手く立ち回ってもマイナスになってしまうこともあるので、ギャンブルは本当に難しいものです。

数々の失敗がありますのでいつも不安と背中合わせなのですから、若い頃とは違って無茶はしなくなったのですが、身体的にもだいぶ行動範囲が狭くなってきました。

それに子供たちはどんどん大きくなってきますので体力的にももう敵わないですから、遊んでいても私が先にダウンです。(笑)

 

研究室には週2回は顔を出しているのですが、昔の様にみんなが集まる事も少なくなったので、研究資料は常にクラウドに置かれていますので、連絡はすべてコミュニケーションツールを使って行っています。

PC工房も在宅勤務が主体になっていますので、組み込み作業も週2日くらいになっているそうですが、とても楽になったものです。

仕事の環境もどんどん変化していきますので、競馬の新しい「勝ち逃げ法」が出来そうで楽しみです。

「抜け駆けして玉砕そして復活」20-012(創)

JUGEMテーマ:競馬

 25日の土曜日は1位軸で買えないかと「ボス」に聞いたらちょっと危ないかもねと言われたのに、抜け駆けして「シゲ」さんと二人で1位軸で特別購入したら中山の「3連単」パンクです。

みんなとスタートした土曜日の「勝ち逃げ」が大幅プラスだったので良かったのですが、熱くなったら止まらない性格の「シゲ」さん、「ボス」も巻き込んで3人で暴走することに、雪が降って中止になってもしょうがないけど、ただ1位軸じゃ面白くないから中山を2位抜きで購入しようという事になって、もうそうなったら止まらない、いや止められなかったです。

 

◎1月26日:中山1位軸(2位抜き)

レース・ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位・馬番着順・3連複/3連単(読み方)

11R11・03・02・10・05・09C11-10-2/2,540/10,540(1位軸)

3連複11R2,540円(6点180900的中)4,594,860-2,320,000=+2,274,860

3連単11R10,540円(36点41500的中)4,374,100-2,320,000=+2,054,100

合計+4,328,960円

 

一人144万円のプラスですから競馬は止められないのですが、よほど自身が無いとスタートしないのが「ボス」と分かっているけど、流石に的中が11R「AJCC」ではハラハラドキドキでした。

研究室からもOB会からも引退してからは、なんとなく毎日音楽を聴いたり、楽器を弾いたり、ゲーミングPCを組み込んだりでノンビリと過ごしているようですが、腰痛が酷いので家でのんびりしていることが多く、珈琲が飲みたくなったらお邪魔しています。

 

時々なのに「シゲ」さんか「吾郎」さんが来てることが多いのですが、珈琲はまねてもあんなに美味しくは淹れられないです。

この勝負のお陰で家族で旅行に行けそうですが、お年玉をもらった気分です。

 

何よりも的中したのが「AJCC」ですから本当にうれしかったし、「ブラストワンピース」は好きな馬だけに2倍のうれしさがありました。幸せです!

「Pランク」利用した勝ち逃げは色々な買い方があるものです。

最後に今日の朝7時前の「富士山」の2枚、河口湖のライブカメラからです。

 

 

「世界のトップ100レースが発表される」20-011(創)

JUGEMテーマ:競馬

 19年の「世界トップ100レース」の発表が22日にされましたので、今日はその話題です。

全体的には英21・米20・豪20でベスト3で、日本11レースがランクインしては4番目という事になったようですが、トップテンには「宝塚記念」と「有馬記念」の2レースがランクインしました。

 

トップ10は以下の通りですが、1位は昨年に続き憧れの「凱旋門賞」でした。
1位 凱旋門賞(仏)126・25
2位 キングジョージ&クイーンエリザベスS(英)125・75
3位 プリンスオブウェールズS(英)124・25
4位 エクリプスS(英)123・00
5位 宝塚記念(日)122・25
6位タイ 有馬記念(日)・インターナショナルS(英)・クイーンエリザベスS(豪)122・00
9位 コックスプレート(豪)121・75
10位タイ クイーンエリザベス2世C(香港)・BCクラシック(米)121・50

 

こうしてみるとやはり「凱旋門賞」は「エルコンドルパサー」・「ナカヤマフェスタ」・「オルフェーヴル」(2回)の2着が最高、「キングジョージ&クイーンエリザベスS」は「ハーツクライ」が3着、「プリンスオブウェールズS」は「ディアドラ」の6着、「エクリプスS」は日本馬の出走がありません、「インターナショナルS」は「ゼンノロブロイ」の2着、「クイーンエリザベスS」は「クルーガー」が2着、「コックスプレート」は「リスグラシュー」が優勝、「クイーンエリザベス2世C」は「エイシンプレスト」2年連続・「ルーラーシップ」・「ネオリアリズム」・「ウインブライト」が優勝、「BCクラシック」は「タイキブリザード」が6着と日本馬も結構頑張っています。

 

どうしても「凱旋門賞」と「キングジョージ&クイーンエリザベスS」は2着とか3着があるだけに、ぜひ日本馬に勝って欲しいレースなのですが、その夢が叶えられていないのです。

随分と苦労して応援してきたので、これからも果敢にチャレンジして欲しいと思っていますし、いつかは勝てる日がやってくるものと信じています。

 

 

 

フランスやイギリスの馬場は私も行ってみて分かったのですが、日本の堅い馬場と違って非常に柔らかに調整されており、自然の丘陵を利用して作られているケースが多く自然に恵まれた環境になっていて素晴らしいです。

馬達が伸び伸びと走れる環境と走りに優しい造りになっています。

タイム的には日本の馬達が速いくらいですが、柔らかい馬場なので向き不向きがあるようで、これからの課題です。