オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
人口減少によって危機に直面する日本のこれから!(Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 父が進めるエコライフはちょっとだけ理解できるようになったのは、「限界集落」(崩壊集落)の話を聞いてからなのですが、この5年間で200近くの集落が消滅してしまったそうです。

これは決して遠い未来の事ではなく、このままでは日本の国自体が崩壊しかねない事態に追い込まれそうなのですが、戦後の日本は高度成長を遂げて先進国の仲間入りをし、素晴らしい国家に成長してきたのです。

しかし、お隣の韓国や中国の成長も歩止まり状態になり、さらに追い打ちをかけるように貿易戦争が勃発して、日本企業の海外生産も含め厳しい状況になるのは目に見えています。

 

若い働き手の少ない日本はこのままでは人口減少が加速して、海外からの働き手をどんどん導入しないと最終的には、税収入が減りインフラの整備もままならない自治体が増えてくると思うのです。

水道事業の民営化等はある意味非常に危ない政策で、生活用水の確保やさらに多量の電気が必要になる水の浄化装置、下水の処理なども同じで問題が来るのは分かっているようです。

今後年間400万人くらいは足りなくなる労働力を海外から招聘するようにしなければならないのですが、言語の問題等が立ちはだかって前に進んでいないのが現状です。

 

こうしてインフラの整備・構築・維持は小さな自治体ほど厳しくなっていくと思うのですが、北海道の一部地域では外国の方たちの間で土地ブームが勃発して、大変なことになっているようです。

今は良くても最終的にはゴーストタウン化してしまう可能性も残されており、的確な対応策が必要なのに対策が取られていないようです。

また国や自治体で開発した公共住宅にも空き家が目立ってきていますし、一部の開発地区ではシャッター街が出現し買い物が不便になったり、お年寄りたちが買い物で困っている地域も沢山あるようです。

 

今必要なことはそんな不便な環境から救い出す方法を考えたり、将来を見据えた環境を構築することが大切だと思います。

特に電力の確保は大きな問題となるのでしょうが、エコライフの推進は急務だと考えております。

私達もペーパレス、ソーラーシステムと蓄電池によるエコライフを目標に頑張っていますが、非常に難しいので国が対応してくれ無ければ先に進めない部分もあります。

 

昨日の大地震から8年目を迎える福島原発の廃炉が全く進んでない事も含め、こんなに困った状態になる原発を国はなぜ許可したのか、メルトダウンを隠ぺいしたために「トモダチ作戦」に参加した米兵達が被ばくして、それが原因で亡くなった方や癌になった方も20数名に上るそうですが、日本でも沢山の方が被ばくした筈でこれからの問題もあるのです。

色々な説はともかく、隠ぺいした事実はあった訳ですから真摯な対応が必要だと思うのです。

Tesla Model 3の国内発売始まる!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 エコライフの申し子と言っても過言ではない「Tesla Model 3」がいよいよ国内発売が始まります。

35,000ドルという事で、やっとみんなが手を出せる価格のEV車(電気自動車)が発売されるという事で、これから新時代の幕開けのスタートです。

イーロン・マスクCEOが苦労を重ねてここまで頑張ってきたのですが、資金繰りが苦しくなっったり、出荷が遅れたり、故障があったり、事故があったりでも挫けずに随分と時間がかかりましたが、いよいよよいう感じです。

 

 

 

これで世界のEV車はどんどん進化をすることになり、最終的にはAIが搭載され安全かつ環境にやさしい本当のエコライフが、送れるようになるのですから、その貢献度は計り知れないものになるのです。

物流の流れにも影響がでることになるでしょうが、EV車は今後は本格的に軽トラック、トラック、大型トラックとなって、バスや電化をされていない鉄道にも活用されて行くものと思っています。

 

温暖化によって地球の環境破壊が進んだ今、これから起こりうる自然災害への対策として早急に温暖化を止めなければ、集中豪雨や台風の威力は増すばかりとなります。

ただ1社の事ではなく、テスラの成功はすべてのメーカーに繋がるものと思いますし、あの美しいソーラーシステムの発売元でもあるこの会社は、これから多くの魅力を感じさせ私達を驚かせてくれるものと信じています。

 

日本の多くの企業が世界を引っ張ってきた時代もありましたが、今は環境問題に真剣に取り組まないととても大きな問題が近くにあるものと思っております。

もちろんEV車は日本のメーカーも取り組んでいますから、「Tesla」に負けないくらい良いEV車を販売してくれるものと信じてます。

これによって多くの人々が環境問題に興味を持ってくれたらうれしいです。

 

本物のエコカーEV社の航続距離の進化!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 環境にやさしいエコカーとして開発されたEV車も予感した通り、国産車も航続距離が500Kmを超える様になって「おもちゃ的」存在から、本格的な実用車になってきた様に感じています。

資金調達などで騒がれた「テスラ」もここへ来て、決算も良好な状況になってきていますし、「モデルX P100D」565Kmも「モデルS 100D」682Kmと素晴らしいエコそのものになってきました。

 

またBMWやベンツなどの企業も本格的なEV車の発売に向けて動き出しましたし、日本勢も動きがあったようです。

テスラという社名は狂気の発明家と言われた「ニコラス・テスラ」を彷彿させますが、正にそんなみんなの夢を乗せた企業としてスタートした訳で、最初は随分と苦労をしました。

しかしソーラーパネルについても蓄電装置についても、業界の常識を覆してきたことも確かで、パナソニックとの次世代バッテリーの開発、トヨタとの業務提携を経て現在に至っているのですが、トヨタも本格的にEV車の開発を進めています。

2008年に最初のEV車「ロードスター」(写真はTesla Model S)から11年目を迎えていよいよ好転してきたようで、これからが正念場となりました。

 

  

 

これからの10年でEV車が50%になれば完全に温暖化に歯止めがかかりますし、バッテリーや蓄電池の新しい製品が世に送り出される事は間違いないのですから、もっともっと注目をして欲しいと思います。

電費も実際に工夫すれば100Kmで200円ぐらいに抑えられますので、明らかに現在のガソリン価格125円で換算するとテスラの方が安い訳です。

ガソリン車ではない事でエンジンオイル等交換もなく、更にブレーキを掛ける回数が少ないのでブレーキパッドの交換等も殆どないと思って間違いないのです。

 

テスラのスーパーチャージャーももうすでに全国に20ケ所になりましたので上手に回れば、日本を1周できるくらいになっていますし、ガソリン車よりは工夫次第で非常に経費が安いのです。

よく間違った説明がされているケースが多く見かけるのですが、色々と計算してみるとEV車の方が環境にも優しい訳ですからもっと利用して欲しいと思いますし、補助金などを考えるとチャンス到来といった感じです。

MVNO(格安SIM)でエコライフ!「家族編」(Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 スマホはスペックに拘る「ハイクラス派」7万円以上と、ある程度のスペックがあればOKという「ミドルクラス派」3万円以上と、通信ができればという「エントリークラス派」3万円以下と、大きく分けると3つのクラスに分かれると思います。

どんなスペックでも2年縛り〜4年縛りになってしまうのがキャリアのシステム、更に値引きがあるので実質料金がお得になるように計算されているが、実際は通信料金が高いので値引きがあっても高い料金を払わなければなりません。

 

インターネット環境が自宅や職場にあるなら、5GB等の少ない契約でも十分に使えるものですが、インタネット環境がない場合は思いっきり「YouTube」も楽しめないのが現状です。

したがってどうしても20GBで契約する必要があります。

4,088円SIM3枚の8GBプラン×2、1,730円のSIM1枚で合計9,906円が7枚のSIMの料金ですが、1年でも118,872円これにインタネット料金が6,200円(電話込)で年74,400円、合計193,272円が1年分となります。

 

キャリア利用では家族4人での支払いは「iPhone XS Max 64GB」20GBが月14,018円×4人×12カ月で合計672,864円となります。

その差は1年間479,592円となり、2年なら959,184円の差になってしまいますが、android端末(Sony Xperia XZ2 Premium・Sony Xperia XA2 Plus・ASUS Zenfone 5Z・Samsung Galaxy S9+)料金が280,000円必要ですので2年間で680,000円もの違いが出てしまいます。

実際に端末は2年から3年平均は使いますので、10年も経過すると3,600,000円もの差があります。

 

この10年分の節約で7.2KWの太陽光発電170万円と27KWの蓄電池150万円が出来てしまいますので、エコライフは徐々に確実に進化していきますが、これで災害時の電源も確保できるのですからそれこそ計り知れない安心感があります。

そこから先は10年毎にいろいろな部分をエコライフに切り替えることが出来る様になります。

白熱球から蛍光灯、そしてLEDと明るさだけでも75%もエコになりましたし、色々と工夫すればもっとしっかりしてエコライフが構築できるものです。

 

災害が起こってから準備するのではなく、その前に対策を取っておく必要があるのですが、井戸の再利用などは今回の北海道の地震では見直されています。

いろんな意味で便利になった世の中ですが、便利さに頼りすぎていると災害時にはアタフタするだけで、危機管理もできないパニック状態に陥ってしまうのです。

「備えあれば憂いなし」ですからエコライフを今一度考えてみて下さい。

エコライフの大切さを再確認!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 北海道で大きな地震があって札幌の友人宅も停電で大変だろうと電話をしたら、エコライフに切り替えたという事で3日分の蓄電装置と太陽光パネルで普通に生活が出来ているようで安心しました。

街からちょっと離れているだけに心配だったのですが、水も井戸からタンクに貯めているという事で大事に使えば1週間は大丈夫だそうで、上手にエコライフを実現しているようです。

 

今年の天候異常は集中豪雨だけでなく台風もそうですが、大量の雨を降らせたことで地盤が緩んでいるところへ、大きな地震があったためにあちこちで液状化現象が起こって大きな被害をもたらしたと思うのです。

あの2011年にも電力不足で何カ月も電気が止められる事態になったのですが、今回の北海道の地震でもやはり発電所が止まっていて電力不足になるようです。

どうやら計画停電が実施されそうですが、昨日の午後4時で132万戸が停電中という事で素早い復旧が望まれています。

 

公共のライフラインが寸断された場合はこんなケースは十分に考えられるわけですが、優秀なエンジニアだった友人は家族のために昨年に太陽光発電と蓄電装置と、ウオータータンクを用意したようです。

暖められた水は床暖房にも使われているという事で、非常にエコな生活をしているようですが殆どが息子さん達と一緒に工事をしたらしく、冬でも水道が凍結しないように工夫がされているというのです。

 

経験が十分に活かされた素晴らしいエコライフだと思いますが、やはり大切な事だと思うのです。

友人の住んでいるところでは井戸があったからこそ、自分達で水を使ったエコライフが考えられたのでしょうが、それぞれの環境に合わせた考えだと感心しています。

 

 今回こうして沢山の方が亡くなって自然災害の恐ろしさを実感していますが、私も高校生の時に「十勝沖地震」と集中豪雨による「山津波」を経験しましたし、2011年(東北地方太平洋沖地震)には忘れられない計画停電も経験しています。

また、1995年の「阪神・淡路大震災」時は丁度、朝1番の新幹線で神戸に向かったのですが、途中から先へ進めなくなって引き返した経験もしています。

仕事で向かっていたのですが、その時に合う予定だった方はその地震で亡くなりました。

 

私の田舎は青森ですが河川の水も綺麗ですし、例え水道設備が壊れても井戸も沢山ありますので飲み水に困る事はないのですが、電気だけはきっと復旧に時間が必要だと思います。

最近はみなさん高台に家を建て替えていますが、谷合の集落ですから決して安全とは言えない場所で暮らしています。

エコライフもしっかりと考えて修正していく必要がありそうで、今後は水の確保や蓄電装置もきっちりと考えたいものです。

太陽光発電+蓄電池でエコな環境づくり!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 実際にパナソニック(HIT変換効率19.3%)6.18Kwで177万前後、シャープ(ブラックソーラー変換効率19.6%)6.14Kwで184万前後、東芝(プレミアム変換効率22.1%)6.48Kwで195万が現在の相場です。

これでおよそ1年間で神奈川県の日照時間で計算をすると年間8,100Kw〜8,500Kwの発電量、これに蓄電池2台の設置170万です。

 

平均的な4LDKの家屋で4人家族での電気料金は25万円前後ですから、太陽光6Kw〜6.5Kwの発電量でほぼ賄えるのですが、自家消費なら8年で太陽光発電の費用は確保できる計算になりますし、パネルの寿命は25年は持ちますのでコンデショナー等は10年前後で交換が必要なので結構長く使えることになりますので、効率的には大変な節約になります。

 

これに蓄電池があれば日照時間の少ない時期でも、夜間料金を活用して充電することと太陽光発電で余った分を蓄電することでさらに電気料金を下げることが出来ますし、停電にも備えることが出来ますので一石二鳥にもなる訳です。

売電することを考えなくても実際には売電料金が安くなってしまっていますので、すべて自家消費型で使う事でも十分に元が取れるようになっています。 

 

私達の研究室では家庭の半分前後の消費電力ですから、同じ設備で研究室も「Room365」も賄えることになります。

今ではLED照明や換気設備の工夫でも、大変多くの節電が出来る様に工夫がされていますし、積極的にそれらに取り組んでエコライフの研究にも取り組んでいます。

まだまだこれまでの取り組みが5年間だけでは不十分なのですが、データも集まってきていますので徐々に改革に取り組んで行きたいと考えています。

 

今年みたいに暑い夏の日は発電効率が悪くなる太陽光パネルですが、これからも色々と研究してみたいと思っており、パネルの寿命も徐々に延びていくでしょうし、蓄電池技術がもっと進歩すれば大きな改革となると信じています。

みなさんも未来のために自然エネルギーを利用したエコライフに注目してみて下さい。

子供達が安心して暮らせる世界が来ることを願っています。

インタネットやスマホビジネスモデルは間違いだらけ!(Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 インターネット契約もスマホ契約も「縛り」付きで驚いてしまうのですが、最近は「2年縛り」だけではなく回線は2年縛りなのに設置工事代金は3年払い、スマホ本体は4年払いなどとても驚いてしまう契約が横行しています。

これで利用者は選択技が少なくなるのですが、2年間は解約すると違約金が取られますし、自由競争の権利が損なわれているのに国からの指導があっても一向に改善されていないのです。

 

それが当たり前の様になっているのですが、アナログ時代の電話に比べれば何倍もの料金が通信費にかかってしまうのです。

確かに便利になったのですが、お客様の自由は奪われてしまっています。

結局は新しいスマホが欲しくて機種変更すると、以前のスマホ代金の支払いがプラスされますので、残債を払うか2年待つかのどちらかの方法しかないのですが、これが自由になればすぐに機種変更できますし自由度が増してスマホの売り上げも伸びる筈なのです。

 

最近、友人が自宅を買おうと思ってローンを申し込んだところ、家族4人で契約したスマホの代金がネックになって住宅ローンが組めなくて困ったという話を聞いてビックリしたものです。

こんなところにもしわ寄せが来ているのに、国が政策的解決をさせてない現状には「何か変だ!」と思うようになりました。

 

賃貸住宅の「レオパレス」さんの「壁薄い問題」は木造建築の物件ならよくある話で「フフッ」と笑えるのですが、ビックリしたのはエアコンが3時間で切れる設定にされていた事です。

もしこれによって熱中症になって死亡事故でも起こったら大変な事になってしまうのですが、お客様の立場を無視したやり方は決して許される事ではないのです。

どこかで企業の考え方はお客様からかけ離れた「ビジネスモデル」になってしまったのか、考えてみると不思議な感じがしてしまいます。

 

 私達も色々なところで仕事をしていますが、新築で購入した家が雨漏りで困っていたり、下水の流れが1年で悪くなったり業者によっては修理に来てくれるどころか、直ぐに対応してくれなかったりといろいろな問題が起こっていますし、悲しい現実に出くわすことが多いです。

最近では物件の契約時に無料インターネットが付いているのに、インタネットの契約を進められたり、外人さんが住むのに日本語だけでのサポート契約を進められたりと不合理な事ばかりで驚いてしまいます。

 

確かに悪い事ばかりではないのですが、こんなにおかしなことが沢山あるのですから、生活が上手に出来ない事が多く早く安心して生活が出来るようになって欲しいものです。

エアコンと太陽光発電について!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 「Room365」もそうですが、太陽光発電で6kw分で丁度1年分の電気を発電してくれます。

これは一般家庭家族4人での使用量とほぼ同じなのですが、発電量はおよそ年間で7,000kwとなり月平均17,000円前後の経費削減となります。

これだとほぼ150万〜200万の設置料を回収するのには10年で元が取れる計算になりますが、余った電気を買い取って貰えますので実際には8年強で回収ができる計算になりますし、蓄電装置と深夜割引料金でもっと節約はできます。

 

研究室も同じように太陽光発電装置がありますが、冬場の暖房はパソコンの発生する熱で余程寒い日でなければ暖房を使う事は少ないので、研究室の電気料金は少なく買い取ってもらう金額が多いのです。

先日、小さなお子さんが熱中症でなくなるという痛ましい事故がありましたが、色々と困難な難しいルールがあるようですが、せめてきちんとしたケアができるようにして欲しいものです。

 

エアコンの使用量は購入時に比べると徐々に能力が落ちてきますので、きちんとクリーニングをしなければ電気料金は徐々に増えてくるものですが、やはり10年前後で新品に交換するのがベターだと思って下さい。

私達も細心の注意をしてはいるのですが、研究室もパソコンの工房「Room365」も普通の家屋なので業務用のエアコンではなく、家庭用のエアコンが2台づつ14畳〜16畳用が2台づつ設置しております。

 

毎年2回は自分たちでクリーニングしていますが、24時間空調の行える換気扇を利用すると空気が循環して効率が良くなりますので、少しは考えてみて下さい。

研究室も「Room365」も広さはほぼ同じくらいですので、1カ月の稼働日数は平均20日で一日の電気の使用量は14kw平均と意外と少ないのですが、循環換気扇が大いに活躍してくれている様で素晴らしい効果があります。

 

蓄電池も安くなってきましたし、エアコンも10年使って新しいものに交換するので高価なものは必要がないので、高価なものは購入しない様にしていますし、空気清浄機や循環換気扇をうまく使って冬場の加湿も上手にやっています。

太陽光6kw〜9kwと蓄電装置13kw×2でほぼ足りる計算になりますので導入を考えてみて下さい。

これなら新しいエアコン代もカバーできますので、経費削減にもなります。

家庭用ソーラーシステムの運用実績について!2(翔)
JUGEMテーマ:エコライフ
 太陽光パネルの運用は厳しいものですが、10Kwhを超えると20年間は38円で売電が出来ますので、私たちの工房と研究室ではオール電化。ガスの使用がほとんどありません。
設置にはすべての工事費込みで350万ほどが必要でしたが、年間の発電量は12,520Kwhで自給率はゼロで100%売電したので、10年後のコンディショナーの交換も含めて8年半で回収ができることになります。

ただ部分的に手を加えて、夜間料金の安い時間帯に蓄電して雨の日や夜間に使う買電料金を下げることが出来れば、もっと効果的になってエコライフが完璧になるのですが、蓄電装置がまだまだ高いので現時点ではちょっと無理なのです。
しかし、パネルも徐々に高性能になってきていますし、蓄電装置もどんどん価格が下がってきました。

工房の建物は木造ですが、気密性が高くいろいろな工夫をしていますので、冷房も暖房も一般家庭よりは安く済みますし、パソコンがあるので停電時のために蓄電装置は用意しています。
ただ緊急用ですので、すべての電力を賄えるのではなく、パソコンと室内灯が4時間ほど使える程度のものです。

しかし、今回この蓄電装置を非常に安い価格で販売を始めたのが「Tesla Powerwall」です。



この会社EVスポーツカー「Roadster」でお馴染みのベンチャー企業、7Kwhで36万、10Kwhモデルが42万という事と、保証期間が10年となっており、サイズが高さ130cm×幅86cm×奥行18cmで壁に設置できるのでとても便利です。
これなら、太陽光発電と深夜電気料金を上手に活用すれば、十分に家庭内で使う電気を賄えるようになります。

しかもいろいろな条件でも使うことができるので、本当の意味でのエコライフが出来るわけです。 
家庭用ソーラーシステムの運用実績について!1(翔)
JUGEMテーマ:エコライフ
 2.8Kwのソーラーシステムの付いた新築物件を2年前に購入し、ちょうど2年が経過しましたので、ソーラーシステムの運用実績をお知らせします。
消費に関しては4人家族で平均的なのですが、パソコンがノート2台とデスクトップ6台もあって2台のデスクトップが常に動いていますし、1台はゲーミングPCですので一般的な家族構成の御家庭よりは20%ほど電気の消費量が多くなります。

2014年1年間での消費量は6,965Kwh、発電量は3,507で自給率は50.3%になりました。
売電収入が1,625Kwhで61,750円、自家消費分1,881Kwhと合わせて年間115,000円分を働いてくれた事になって、設置金額の100万円は8年10か月で回収できるという事になります。
電気料金も月5,000円程度は安くしてくれていますので、順調であればだいぶ助かることになります。

なんとなく5.6Kwhから6Kwhぐらいにしての運用も考えているのですが、蓄電装置との兼ね合いもあって5年後から8年後を見据えて考えています。
まだまだ蓄電装置が高いので、夜使う電気をどれだけ蓄えられるかがキーポイントになりそうですが、蓄電装置と太陽光ソーラーシステムを合わせて5Kwhで最低でも450万から500万の予算が必要となってしまいます。
単純に計算しても償却できるまで16年から18年は必要なので、蓄電装置とソーラーシステムで300万前後になれば、パワーコンデショナーが壊れる前に償却できそうです。

 首都圏では夏よりも冬が電気料金は高くなりますが、これは太陽光システムが冬場は日照時間が短いので稼働率が悪くなり、電気料金が高くなってしまうのです。
しかし、安い深夜料金を利用して蓄電するなどの工夫をすれば、もう少し安く電気が使えるようになるのです。
まだまだエコライフは難しいですが、頑張って挑戦してみたいと思っております。