パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「キングカメハメハ」と「ディープインパクト」(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 「キングカメハメハ」(以下キンカメ)と「ディープインパクト」(以下ディープ)についてですが、「キンカメ」は2001年生まれ(父キングマンボ・松田国英きゅう舎)で「ディープ」は2002年生まれ(父サンデーサイレンス・池江泰郎きゅう舎)で、オーナーはどちらも「金子真人」さんです。

 

ちょっと比較してみましょう。

◎キンカメ⇒国内8戦7勝3着1回・「NHKマイル」「ダービー」・種牡馬としては19年で引退し後継馬は「ルーラーシップ」や「ロードカナロア」に受け継がれており、「ドゥラメンテ」や「レイデオロ」等もこれからで豊富に揃っている感じです。

 

◎ディープ⇒国内13戦12勝2着1回・三冠含むG1で8勝・種牡馬としては19年途中で頸椎骨折で死亡し、後継馬はこれといった存在がなく、「キズナ」や今後種牡馬になる「ワグネリアン」や「ロジャーバローズ」に期待しています。

 

「キンカメ」は2003年から10か月しか競走成績がありませんし、故障で引退して種牡馬になったのですが、「ミスタープロスペクター系」の「父キングマンボ」は産駒に欧州での活躍馬も多く、ダートでの実績もあって後継種牡馬からは海外で活躍する馬も期待できそうですし、これからも後継種牡馬が期待できそうです。

「ディープ」は2004年から2年間にわたり、日本の競馬ファンを魅了した名馬なのですが、「凱旋門賞」で4着失格と汚点を残したのが残念です。

しかし種牡馬としては数多くのG1馬を送り出して、欧州でのクラシック馬も誕生していますが、現状は後継種牡馬が育っていない感があって私達も心配しています。

 

「キンカメ」は私が27歳の時に、「ディープ」は28歳の時に「ダービー」を勝っていますので、競馬に興味を持ち始めた頃で最も勉強していた頃ですし、本当に楽しかったです。

「シゲ」さんも「ボス」も「キンカメ」が故障しなかったら、2頭は良きライバルとして名勝負をしてくれただろうと言っていたのですが、「ダービー」の勝ちタイムもピッタリ同じ2頭、しかもオーナーも一緒ですから一度は一緒に走るところを見てみたかったです。

 

「キンカメ」の同期と言えば「ハーツクライ」(ダービー2着・有馬記念・ドバイシーマクラシック・父サンデーサイレンス)、「ディープ」の唯一の敗戦はこの馬の2着になった「有馬記念」でした。

どちらも今でも思い出がタップリと詰まっているのですが、この2頭が種牡馬になってからの活躍は本当に素晴らしいものでしたし、後継種牡馬が育って欲しいものです。

 

私もあれから何年も競馬を見てきてますし、良い事も悪い事もすべて経験させてもらいましたので、競馬の楽しさも難しさも十分に分かっているつもりです。

いつの日か後継馬が「凱旋門賞」を勝ってくれるものと信じています。

「コロガシ」のチームは5チーム!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 今回「グループS」と「グループF」の2チームが「コロガシ成功」となりました。

実は「コロガシ」は5チームに分かれていて、下記の様になっています。

 

◎「グループG」(吾郎・ボス・大雅・翼)

◎「グループS」(シゲ・裕・英・勇気)

◎「グループF」(龍・純・蒼介・楓真)

◎「グループH」(創・駿・流星・賢)

◎「グループM」(道大・翔・圭祐・信)

 

丁度20名となったのですから4人づつ分けましたが、どうやら今年の競馬塾は10名以上が確定していますので、さらに賑やかになると思います。

どのチームも今年はどうにかプラス側にいて、「グループG」と「グループM」は大きくプラスしています。

今回は撃沈が3チームでしたが、みんな楽しそうでそれぞれ真剣さが違いますので、勝ち逃げをしている時のダラダラ感が全くないですから笑えます。

 

土日は珍しく研究室に4チームが集まって「コロガシ」の講義をしたのですが、あの忙しい中で2チームが土曜日だけで転がしたのには本当にビックリです。

チームプレイによるコロガシ成功でしたが、息がピッタリで楽しそうでしたし、こんな時は仲間が必要です。

 

レースが終わった後はみんなでいつものように「飲み会」になりましたが、久々に楽しいお酒がたっぷり飲めました。

来週からはいよいよ芝のG1レースが行われるのですが、ドバイの事も含めてこれからの競馬は一気に盛り上がりますし、「勝ち逃げ」もとても大切な時間を迎えます。

みなさんも「コロガシ」も楽しんでみてください。

勝ち逃げがあるからこそ他の勝負ができる!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 いろいろと競馬の購入システムがあるものですが、やはり「勝ち逃げ」があるからこそ「Win5」も「コロガシ」もできると私は考えていますし、OB会でも研究室でもみんな同じ考えなのです。

でもみんな最初はそんなに考えではなく、正直な部分はその他にも勝てる方法はあるものだと思っていた筈なのです

 

しかし私も色々と研究してやっと「勝ち逃げ」だけにしてから生活が楽になりましたし、他の買い方もしっかりとできるようになりました。

昨年から「Win5」の楽しさや、「コロガシ」の面白さを実感してますが、基本はやはり面白くもない「勝ち逃げ」なのですから、不思議なものです。

 

今年で競馬歴30年になりますが、やっと競馬を心から楽しめるようになったと感じていて、今はのんびりと家族と過ごす時間が増えて助かっています。

研究室を引退して事業を夫婦二人でやってきましたが、不調な時には助けて貰った「ボス」や「シゲ」さんたちにも恩返しができるかなと思えるほどに順調です。

 

つまらない事で失敗したり、努力もしないで諦めたりでは「仕事」も「賭け事」も上手くいかないという事を勉強させていただきました。

先日、みんなで鍋を囲みながら日本酒を鱈腹いただきましたが、心底楽しかったです。

年を取ってみんなが集まることも少なくなってしまいましたが、病気をしたり体調が悪かったりで嫌なことも沢山ありますし無理をしない程度にみんなで旅行にも行きたいなど、いろいろと意見がでました。

 

みんな住まいが近いのですが、年は取りたくないものですね?

2駅だけなのにこんなに寒いと外へ出るのが面倒になってしまいます。

今年は久々に4月から「競馬塾」がスタートすることにも話題が飛びましたが、私も週一で講師をすることになりましたので面白くない「勝ち逃げ」の大切さを教えていきたいと思います。

「リーディング」&「G1レース」特集!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今年のリィーデングは86勝(7月12日まで)で並んでいる「C.ルメール騎手」と「M.デムーロ」の二人は不動の1位と2位、3位は「川田騎手」65勝と20以上も差をつけられているが、4位「戸崎騎手」、5位「福永騎手」、6位「田辺騎手」、7位「松山騎手」、8位「岩田騎手」、9位「藤岡佑介騎手」、10位「内田騎手」43勝ですので、この辺までが年間100勝が狙えそうです。

 

種牡馬リーディングはあまり入れ替わりがないのですが、今年の2歳馬はちょっとした変化があります。

勝鞍数でもディープインパクト産駒はまだ1勝なのでちょっと心配ですが、ロードカナロア産駒とヴィクトワールピサ産駒が4勝づつ、ジャスタウエイ産駒、ダイワメジャー産駒、ヘニーヒューズ産駒が3勝づつと順調な滑り出しです。

 

今年前半の平地G1レースは12鞍、「C.ルメール騎手」3勝(桜花賞・オークス・安田記念)で、残りは「内田騎手」(フェブラリーS)・「川田騎手」(高松宮記念)・「M.デムーロ」(大阪杯)・「戸崎騎手」(皐月賞)・「岩田騎手」(天皇賞春)・「藤岡佑介騎手」(NHKマイルC)・「幸騎手」(ヴィクトリアマイル)・「福永騎手」(ダービー)・「和田騎手」(宝塚記念)とすべて1勝づつとなっていますが、G1初優勝は「藤岡佑介騎手」一人です。

そう言えば「藤岡佑介騎手」の弟「藤岡康太騎手」もG1初優勝は「NHKマイルC」でした。

 

ディープインパクト産駒の活躍はこれからでしょうが、今年の上半期は1位を確保していますが2位はステイゴールド、僅差で3位がキングカメハメハ、後はハーツクライ、ダイワメジャー、ハービンジャーとなっています。

ステイゴールドは今年の2歳馬が最後の産駒となりますし、キングカメハメハもハーツクライも今年17歳、ディープインパクトも16歳ともう産駒もこれからは徐々に少なくなってくると思いますが、後継種牡馬が出ないと先が心配になってきます。

 

それでもまだ5年くらいは頑張ってくれると信じているのですが、これらの種牡馬から海外へ飛び出してくれる馬達が出ることを楽しみにしています。

 

私達の購入法の優位性!「道産子のつぶやき」(道大)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の競馬好きは馬券を買う事や競馬で儲けようという事から始まったのではなく、単純に馬好きがなるようにして集まっただけなのですが、そこの違いはとても大きなものでした。

課題は何時の時も「日本馬はどうして凱旋門賞で勝てない」がテーマですから、どこの馬の骨がそんな馬鹿を言っているんだろうと思うかもしれないのですが、きっとこの会のみんなは同じ考え方だからこそやっていける部分が多く、やっていけない部分が少ないのだろうと思うのです。

 

競馬に対する価値観はそれぞれ違うはずでも、この「凱旋門賞どうして勝てない」と疑問はみんな持ってるのです。

日本の競馬全体の大きな課題だったのですが、ディープインパクト産駒達によってそこが大きく変化し、欧州のクラシックレース制覇が現実のものとなって、夢の実現はもうそこまで来ています。

データ分析や血統分析などの努力も最初は「勝ち逃げ」の為ではなく、原点はそこにあったのですから創設期の3人は競馬で食えるなんて思わなかったそうです。

 

負けて当たり前というのが「ギャンブル」なのですから、競馬で勝とうと思う人が「日本馬はどうして凱旋門賞で勝てない」なんてことに拘ることはないのですから、当時の3人は別の観点から競馬を観ていたのです。

そこから生まれた「勝ち逃げ」は目標が「凱旋門賞に行こう」、「日本馬を応援しに行こう」でしたからこそ、上手く行ったと思っています。

 

私は一時期、研究室から離れた事がありましたがすべてその目標を見失ったために、離れなければならなくなっただけで、すべては自業自得だったのです。

今はコツコツと無理をしないで勝ったお金を貯めて、色々な国の競馬を観戦するのが楽しみなのです。

もちろん自分の好きな馬はいますのでレースを観ながら応援はしますが、馬券の対象とすることはありません。

これが私達の競馬なのです。

 

こんな考え方が出来れば「勝ち逃げ」は本当に良い買い方なのです。

「Pランク」によって順位が付けられた6頭立ての競馬は、あくまでもゲームの対象なのかもしれません。

何処まで行っても目標は「凱旋門賞」や「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」であって、「ギャンブル」に勝つことではないのです。

負けてもいいからという気持ちがあるからこそ意味があるのかもしれないですね!

「Web競馬塾」「原点は日本馬の凱旋門賞優勝」です。(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 第86回「ル・マン24時間」は日本人ドライバーが居る、トヨタがワンツーでの初優勝でした。

昨日は競馬と共に16日からずっとこちらのレースも気になって、ちょくちょくチャンネルを切り替えては観戦、競馬の「勝ち逃げ」が無かったこともあって、ノンビリとチビチビチューハイを飲みながら楽しませていただきました。

 

  

 

今年は日本馬が「英2000ギニー」や「仏ダービー」に勝ったように、日本勢の海外での活躍が聞こえてきていますが、私が「競馬塾」と「競馬研究室」を作ろうと思ったのは「日本馬の凱旋門賞優勝」でした。

しかし「競馬研究室」を作ってもいつも課題に残るのは「普通の生活」で、競馬だけでは食っていくことが出来ないので、きちんと仕事をしながら続ける事しか最初は見つからなかったのです。

 

お金を貯めて「凱旋門賞」へ応援に行くお金を作りたくても、生活するのが精一杯で無理でした。

それでも「研究室」の仲間の中にはしっかりと仕事をしながら我慢して、平日はみんなで毎日2時間ぐらいの勉強会、土日だけは目一杯競馬をしてと随分頑張ったものです。

 

それがコンピューターの普及によって大きな変化が始まったのが、私が40歳頃の事でIBMのシステムでのデータ分析が始まりました。

その後パソコン時代が到来し、私達の「研究室」もパソコンの技術者であふれかえり、その中で競馬好きが残って「研究室」の運営やパソコン工房「Room365」に発展していったのです。

 

「研究室」から起業して離れる人はOB会を作って「競馬塾」を開設して、若い人達を育てるようになりました。

こうして競馬を十分に楽しめる環境づくりと、生活のベースになる継続的な仕事の環境という事で現在のシステムが整ったのですが、ストレスフリーの環境づくりには15年以上は費やしましたが、やっと10年ぐらい前から徐々に良い方向に向きました。

 

個人事業主が集まって仕事をしてやっと「Room365」は運営が上手く行くようになったのですが、煩わしい上下関係がないのでみんなで助け合って仕事が出来るのです。

競馬は暴走しなければ十分なプラスがありますので、人並み以上の生活はできるようになりました。

 

競馬歴40年以上が3名、30年以上が4名、20年以上が4名、10年以上が3名、10年未満が9名と全部で23名と外部研究員2名の総勢25名です。

各世代20名は在籍していたことを考えると、100名以上いて23名しか残っていない訳ですから5人に1人と厳しい世界なのです。

 

でもみんなの夢は「凱旋門賞を日本馬が優勝する事」なのです。

そして現地で応援することなので、私も何度か応援に行きましたしその他のみんなも交代で応援に行っているのですが、まだ、達成されていないのです。

みんなの夢を乗せて今年も応援に行く人が何人かいますので、ル・マンの様に叶えられるといいです。

 

今年11回目の「Win5」的中はダービーで達成!(圭祐)

JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」の夢のような的中はまだまだと思っていたのに、今年はここまで11回の的中がありましたが、今回は始めてダブル的中となってちょっと驚きです。

 

今年は下記の様に丁度10回の的中がありましたが、11回目の的中はご覧の通りダブル的中となりました。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

 

最初の対象レースである東京8R「青嵐賞」で、1着が4番「ムイトオブリガード」と8番「パリンジェネシス」の同着で配当は2つになりました。

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円

 

結局は「Pランク」をすべて組み合わせた方は、どちらも的中したのですが、絞った方もどちらかは的中できたようです。

研究室でもほとんどの研究員が的中させていました。

今回、オークスデイとダービーデイの2週連続的中は本当にうれしいです。

 

僕の場合は失敗が少ないように4頭よりも5頭で組み合わせることが多く、絞って少ない時でも3頭は買うように心がけていますので、ほとんどの「Win5」を的中させていますが、今年は10万円台の配当は2度とも外しております。

したがって他の組み合わせは運が良く的中していて、プラスは自分で想像したよりも大きいです。

 

毎年赤字になっていた「Win5」も、購入の方法が研究室で徐々に確立されつつあります。

みんなで必死に研究しているのではなく、毎日のデータ分析から割り出した数値をみんなでノンビリと分析して来たので、自然体で身についたようです。

 

チョットは大変な部分もあるかもしれないですが、みなさんもこれまでの的中と「Pランク」を照らし合わせて研究してみて下さい。

結構面白い事に気付かれると思いますし、馬券を購入しないと的中しませんのでチャレンジしてみて下さい。   

今年10回目の「Win5」的中はオークスで達成!(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 先週の「オークス」で「Win5」10回目の的中となりましたが、今回は配当が安かったこともあり「Win5」購入のテクニックに慣れた研究室でも10名を超える的中者出ました。

 

今年は下記の様に丁度10回目の的中となりました。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円   

 

合計 24,453,850円

 

もちろんみんな買う以上は全部当てたいという気持ちはあるのですが、そんなことは不可能ですし凄く難しいものです。

年間で20回から25回は的中させたいのですが、それもその年によって大きく違いますので、これと言ったやり方はないものです。

不思議なものでPランク内での的中配当の最高配当は、毎年800万円台ですのでそれ以上になると無理なのかもしれないですが、結構「Win4」になってしまうケースが多いのも事実です。

 

いつもいつも繰り返してしまう小さなミスは、きっと自分達でも気付かないケースが多いと思っていますが、やはりデータだけという事ですから限界があるようです。

しかも、馬体をチェックして購入する時間もなく、データに頼るしかないのでもう少しPランクの精度を上げたいと考えてみても、もう40年以上も研究されていますから新しい要素(ファクター)も見つからないのです。

ただ馬券を買わなければ的中はあり得ないので、これまでの絞り方を参考にチャレンジしてみて下さい。

何頭の組み合わせで勝負なら「Win5」はプラスになるか?(蒼介)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の「Win5」は対象レース6頭づつの組み合わせでもプラスになっていますが、ここまで20回の勝負で下記の通り9回的中しています。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

合計 24,158,660円

 

Pランクの全頭の6頭を組み合わせると7,776点ですが、これまで2度の取り消し馬がいてその時は6,480点なりますので、これまでの購入額は15,292,800円となります。

したがって、ここまでで8,865,860円のプラスという事になります。

残り25回の勝負で同じくらいの的中があれば、完璧にプラスは確保される事になりますが、タラ・レバの話しになってしまいますので楽観的な考えはやめて、現実的な事について書きたいと思います。

 

僕達はすべての対象レースから1頭づつ消し馬を見つけることから始めたのですが、5頭づつですと3,125点、4頭づつですと1,024点です。

5頭の場合は年55回で171,875点、4頭の場合ですと同じく56,320点ですから、5頭での組み合わせが年間プラスの基本となると思っていますが、研究室とOB会でただ一人だけ50万円以上の配当をすべて的中させている人がいて、彼の場合はこの5頭の組み合わせが基本で、1着が堅そうなレースだけ3頭や2頭に絞って購入しています。

 

上位3頭と下位3頭から1頭づつ削るのではなく、上位3頭の中から1頭だけ消すのが基本なのですから、いい配当の時は的中しやすい訳ですが、彼の場合はその方法で昨年度もプラスしています。

今年は残りのレースをすべて消化してもマイナスになる事はない訳ですから凄い事ですが、僕達の中にはもうすでに年間プラスを確定させている仲間が6人もいますので、「Pランク」の素晴らしさは自分たちが一番よく知っています。

 

何度となく取り上げられてはいますが、問い合わせには必ず応えていますので遠慮しないでメール下さい。

「Win5」の「Pランク」はいつも競馬当日の正午前後までには、ブログで無料伝達していますのでみなさんも勉強してみて下さい。

1年間で一番忙しい時期は年2回あります!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 前半期最高に忙しいのがこの開催替わりの時期、中盤は9月のローカル競馬の終了時、後半は11月の開催替わりと年3回はあるのですが、やはりなんと言ってもこのクラシックレースが行われる4月から5月の間の10日間は本当に大変です。

データ分析が間に合わないで休むこともある週なのですが、PCの掃除とアップグレードが重なるためにそれこそ本気で頑張らないといけないのです。

 

次に忙しいのが11月の開催替わりで、ここでもデータの入れ替え作業とPCの掃除がありますし、調子の悪いPCがあれば全交換となるですが、最近は7日間で全てが終了しています。

その次に大変なのはローカル競馬の終了時で、この時はデータの入れ替え作業だけで3日もあると終わります。

 

したがって今週が一番の忙しさで間に合わなければ、時々ですが「勝ち逃げ」をお休みすることもあるんです。

私たちの夢は「凱旋門賞」での日本馬の優勝ですから、その時期が来たら現地で応援したいと思っていますが、オルフェーヴルの時もディープインパクトの時も残念な結果になりました。

 

でも大きな差があった時代と違ってサンデーサイレンスのお陰で日本の競馬は大きく変化しましたが、それだけでは残念ながら世界のレベルを追い抜くくらいのパワーに欠けているのです。

オルフェーヴルの父ステイゴールドは日本の軽快な馬場で勝てなかったのに、海外では好走したように同じサンデーサイレンス系でも違った特徴があって、ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタ・オルフェーヴル・ゴールドシップ・フェノーメノ・オジュウチョウサンなどにその良さを残しています。

 

また、キングマンボ系のキングカメハメハ産駒でもルーラーシップ・ロードカナロアなど海外で活躍した馬達が、これから良い馬達を残してくれるような気がしています。

 

これらの血統からは初年度産駒にオルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」と「エポカドーロ」、ロードカナロア産駒の「アーモンドアイ」とG1馬が誕生したように、今後が楽しみなのはみなさんも感じていると思っています。

本当に強い馬がでてきたらと毎年思っていたのですが、「アーモンドアイ」は牝馬ながらこれからは牡馬との混合レースでも活躍しそうですし、「エポカドーロ」も楽しみな存在です。

今後はこれらの馬達が活躍すれば「凱旋門賞」も違ってくるものと思っています。