オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニアフィールド環境のスピーカーシステム!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 私の場合はニアフィールド環境で使っているスピーカーは「SONY」・「YAMAHA」・「ONKYO」・「Kenwood」・「Pioneer」・「Panasonic」・「Teac」と国内メーカーばかりで、海外メーカーを使用することも昔はありましたが、最近は衰退した国内メーカーを応援するつもりで利用しています。

 

よく海外かぶれなどと言ってバカにされたこともありましたが、当時は沢山の海外製品に良品が多かった時期もありましたし、スピーカーのサイズが大きく私の小さな四畳半の書斎に置くにはちょっと大変だことも影響して、小さな国内メーカーを選ぶようになりました。

もちろんPCのサウンドテストに必要な環境では「DALI」や「JBL」も使っていますが、音は好みもあってやはり結構難しいもので、アンプとの組み合わせでも随分と音が違って聴こえるものです。

 

本当にそれぞれの特徴が大切だと思いますし、ハイレゾ音源によってもその音質が違って聴こえてくるものです。

色々なサイトのレビューを見ていると、辛辣なことを平気で書いている人が多いのには本当に残念だと思っていますし、できればもっと優しさをもって対応して欲しいものだと思っています。

モノを懸命に作っている人や音作りを仕事にしている人もいるのですから、お互いに気遣いがあればもっと良いものができると信じています。

こんなに「何でも有り」の世界ですからこそです。

 

サウンドも珈琲もファッションもそれぞれの個性があって、好みもあってこそなのですから、それを尊重しあわないと上手く世の中が回らなくなってしまうと心配です。

 

ニアフィールド環境で一番好きなスピーカーがPioneer「S-CN301-LR」(ペア12,500円前後)、私が購入した時は20,000円近かったですし小さくて音質もモサッとしている感じで、鳴らし続けてエイジングに期待したものです。

結果的にインシュレーターやスピーカースタンドも用意して、現在の柔らかな好みのサウンドに変化してとても良くなりました。

小さなサイズですから低域は物足りなさはあるものの、二アフィールド環境では十分に頑張ってくれていると思います。

 

「Room365」では「DALI」の「OBERON1」(ペア43,700円前後)をテスト用に使っていますが、最近エイジングのために我が家に来てました。

こちらもエイジングが終わったらとっても魅力的なスピーカーに変身です。

 

これもとても良いスピーカーで艶のあるボーカルは圧巻ですし、お勧めの製品です。

こんな感じで好みの音のスピーカーを見つけ出して欲しいと思います。

この1年で購入したり組み立てたりしたPCは全部で11台(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 新しい会社で用意したパソコンはディスクトップが7台、古いノート2台と新しいノート4台を用意しました。

古いノート2台と新しく作ったディスクトップ1台それに新しく用意したノート1台は、フィリピンに送って現地法人に書類の作成をお願いすることになって、現在準備を進めています。

 

最初にトレーニングから始めないといけないのですが、一番最初のメンバーはトレーニングをクリアできませんでしたので、僕自身も色々と勉強させていただきました。

「リモートワーク」の基本はきちんと守られなければいけませんし、現地法人の一部署に依頼をして行う事業なのでちょっと時間が必要です。

もちろん新しい会社は新しい分野でという事で、会社も新しく設立しましたのでこれからがちょっと大変です。

 

そんな中、便利に思えたノートPCについて今回は書いてみました。

用意したのはフィリピンはデスクトップ1台、ノート15インチ2台、13インチ2台で社長さんも入れて4人が業務に参加します。

13インチは「レノボ」の「ideapad 320S」(79,980円)2台用意しましたが、こちらは基本的に1.2Kgと軽いので持ち運びが便利で、緊急時でも仕事がどこでもできるようにという事で購入しました。

女性にも丁度良いサイズですのでとても使い易いですし、仕事場では大きなモニタに繋いで仕事ができます。

 

   

その他に13インチのコンバーチブルの「HP Spectre x360 13」と15インチのコンバーチブル「HP ENVY x360 15」を1台づつ用意して、日本サイドも4人(将来的には8名)で対応して面接や打ち合わせもすべて、これらのPCで行えるようにシステムを構築して頑張りたいと思っています。

 

    

HPはデザイン的にも優れていること、コンバーチブルなのでオフィースでも大活躍です。

確かにもっと軽いものもありますが、価格が10万円以下であれば2年毎に新しいのに変えられますし、スペック的には自分たちで調整ができますので、Core i5で十分なのです。

 

結構、機材選びは悩むものですがこれからの起業する人にとっての、大切なポイントとなりますし、周辺機器に関しても使い易さが大切ですので、マウスもキーボードも使う人に馴染むものを選んであげるのが一番です。

ストレスフリーな環境を作ろうと思ってもパーフィクトにはできないものですので、少しづつ解消していくことが大切です。

オーディオインターフェイスは初心者向けセットで十分(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 DTMやDAWなどにもカラオケにも使えるという事で便利なオーディオインターフェイスですが、各メーカーが安くて優れもののマイク・ヘッドホン・オーディオインターフェイス・ソフトのセットを販売しています。

初心者なら入門機として便利なのでお勧めです。

 

  

 

◎STEINBERG「UR22mk Recording Pack」(26,800円前後税抜き)

◎PRESONUS「AudioBox iTwo STUDIO」(22,500円前後税抜き)

◎FOCUSRITE「Scarlett 2i2 Studio G2」(25,800円前後税抜き)

 

 

 

後はマイクスタンドとパワードスピーカーかアンプとスピーカーがあれば、自分の部屋がすぐにスタジオになります。

またパワードスピーカーがセットされたものもありますし、探してみてください。

(価格はすべてサウンドハウスのモノです)

 

◎PRESONUS「AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle」(31,800円前後)

◎M-AUDIO「M-Track 2×2 Vocal Studio Pro」(25,600円前後)⇒個人的にお勧めです。

 

 

 

素晴らしい装置が沢山ありますので、できればハイレゾ対応ならさらにクリアーな音質で綺麗な録音ができますし、楽しみが満載です。

パソコンで使うマイクはやはりコンデンサーマイクが1番!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 昨日オーディオインターフェイスの事について触れましたが、マイク⇒オーディオインターフェイス⇒パソコン⇒オーディオという流れが一番使い易いという事になります。

ハイレゾに対応した製品も多いのでそれなりに、高音質で扱えることになりますので利点が多いのです。

 

今日はマイクですから、話をそちらに移しましょう!

およそマイクと言っても数多くの種類がありますので、用途によっていろいろと用意しなければならないのですが、カラオケやチャット用に使うならちょっと質の良いラージダイアフラムのコンデンサーマイクで十分です。

安い製品なら「BEHRINGER」の製品がいいですが、「audio technica AT2035」(14,800円前後)、「MXL V67G-HE」(12,500円前後)、「BLUE Spark SL」(17,800円前後)がお勧めです。

 

楽器の録音も一緒にというのならスモールダイヤフラムのタイプを、楽器の数分用意して録音すれば良いですし、価格はピンからキリですから予算に合わせて購入すると良いです。

また、ステレオタイプの優れた2本組もありますので、紹介しておきます。

「BEHRINGER C-2」(5,700円前後)、「RODE M5 Matched Pair」(19,800円前後)、「MXL CR21 PAIR」(10,000前後)等もとてもリーズナブルで使い易いです。

 

しっかりした製品が多いので安いものから初めて、徐々にミドルクラス、ハイクラスと使っていけば自分に合う製品が必ず見つかるものです。

いろいろな製品がでておりますし、自分に合ったものを時間をかけて探してみてください。

ゲーミングデバイスのマイクについて!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングデバイスでマウスの感度とマイクの遅延については、結構嫌な経験がありあります。

ヘッドセットとして購入したデバイスのマイクは音質が悪く粗悪なものが多く、自然ときちんとしたコンデンサーマイクを用意して使っておりますが、カラオケにも利用できて便利です。

最近はノイズキャンセリング機能によって徐々に解消はされてはいますが、環境によっては遅延が酷くなってしまいます。

 

USB接続のオーディオインターフェイスを利用していますが、これらはみなさんもご存知の音楽制作に使われている製品が多く、とても便利で音質的にもハイレゾに対応したりでナチュラルな環境が構築できます。

今日はこんなマイクやオーディオインターフェイスの紹介をしてみたいと思います。

DTMやDAWなどにもカラオケにも使えますし、ゲームも高音質で楽しめますのでお勧めです。

 

遅延の問題は古くからあったのですが、USB2.0から徐々に少なくなってUSB3.0ではほとんど遅延は気にならなくなりました。

ZOOMのUAC-2(21,000円前後)がUSB3.0、TAC-2R(25,000円前後)がThunderbolt対応となっていてこれらは遅延のない録音やカラオケが楽しめます。

 

192kHz/24bitのハイレゾにも対応してUSB-DACとしても使えますので、その便利さは一度使ったら離せなくなりますし、マイクプリアンプ搭載でとても自然ないい音です。

私のマイクは3種類「audio technica」「BEHRINGER」「marantz Professional」ですが、「MXL」「BLUE」「AKG」「RODE」もいいですし、高級な「NEUMANN」もあったらいいなと思います。

 

チャットでもカラオケでもゲームでも自分の声がナチュラルに聴こえますので最高に楽しいです。

ゲーミングデバイスのメーカーについて!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングデバイスで特に大切な製品というと、キーボード、マウス、マウスパッド、ヘッドセットなどがあげられますが、これらの製品メーカーは沢山あってどれを選ぶかは好みの問題ですから、好きなメーカーを選べば良いのであってこれじゃないと言われるような製品はありません。

 

私は随分長い間アメリカのメーカー「MAD CATZ」を使ってきましたが17年3月に破産してしまい、その後は台湾の「TESORO」のキーボードとマウスを使っています。

しかし昨年、香港企業として「MAD CATZ」が復活していますので、日本でも発売されたらと期待しています。

 

ゲームを本格的に始めたのは3歳くらいですから、そのころのゲーミングデバイスというとスイス企業の「Logicool」(現在・Logicool G)だけでしたので、こちらの製品が多かったですが今でもヘッドセットは愛用中です。

 

これまではシンガポールの「Razer」、デンマークの「Steelseries」も使ったことがありますが、現在はキーボード「MAD CATZ」、マウス「TESORO」、ヘッドセット「Logicool G」です。

なんとバラバラなのですが、しっくりくるのが一番ですのでこの組み合わせです。

 

最近は台湾メーカーである「ASUS」や「MSI」や「GIGABYTE」のマザーボードメーカーのほか「ADATA」「Cooler Master」「GAMDIAS」や「BenQ」など、アメリカの「HP」や「Dell」や「Corsair」、中国の「LENOVO」、韓国の「LG」等もゲーミングデバイスを販売していますし、ドイツの「COUGAR」や「ROCCAT」(最近アメリカのTurtle Beachに買収される)等も有名です。

特に台湾メーカーの他にも「FOXXRAY」「EPICGEAR」などの製品もとても魅力的です。

 

キーボードはキーの大きさやタッチの違いで大きくゲームに影響がでますし、マウスは手の大きさによっては合う合わないがありますので、手に馴染みやすいもので高速なのが便利ですし、マウスパッドは滑らかでピタッと止められるタイプが好きです。

最近は台湾製品が良質で使い易いものが多くなってきていますので、注目ですよ!

注目メーカーはリンクがありますので、クリックしてみてください。

駄々洩れ(ダダモレ)状態のカードセキュリティー!(Kei)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 みなさんはマイナンバーカードもそうですが、クレジットカードも含めICチップを搭載しているカードが最近は多くなっていますし、身の回りにもたくさんのカードがあります。

会社の退勤カードもそうですが、RFID(英: radio frequency identifier)技術によって、非接触型の無線通信が行われて便利になっているのですが、FeliCaやNFCも同じ技術になっており、Suica、PASMO、マイナンバーカードやクレジットカードもデビッドカードも同じ技術が利用されています。

 

しかし無線スキミングによってカード情報が簡単に盗まれる危険も大きくなって、注意が必要になっています。

このスキミングによって偽のクレジットカードが作られ、被害にあった方が沢山おられ、決してよその国の話では無くなっています。

クレジットカードもマイナンバーカードも簡単な方法でスキミングを防止できますので、できるだけ対処しておきましょう。

シールタイプもケースタープもあり、いずれも妨害電波によるスキミング防止がされていますので、安全性が高いものです。

 

 

決して高いものではなくシールタイプは500円前後、カードケースタイプは数枚入って1000円前後ですので、ぜひ購入してダダモレを防いでください。

また沢山のデザインでいろいろとありますので、選んでみてください。

 

 

特に海外旅行などではスキミングに注意が必要ですが、最近は国内でも被害が報告されていますので、みなさんも準備して被害にあわない様にしてくださいね。

被害にあうと物凄くいろいろと手続等が面倒なので、とても大きなストレスになってしまいますし、対策をとることが大切です。

4K仕様のゲーミングモニター!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 4Kモニターでやりたいゲームはいくつか揃いましたが、次の問題はモニターです。

今回は4Kモニターの選び方を先に説明しておきます。

ノングレア・HDR対応・応答速度・DisplayPort搭載等が基本的な条件となりますが、その他にもFreeSyncやG-Sync対応であるか、フラットなモニターか湾曲(曲面)モニターであるかなどチェックポイントが幾つかあります。

本来は湾曲モニターの方が投入感が圧倒的ですが、どうやら4K対応では発売がこれからのようですし、できれば発色の良いIPSパネル採用のゲーミングモニターが欲しいものです。

 

27インチ以上ならゲームをやるには十分でも、4Kとなると本来なら31.5インチは文字の大きさなどの関係で最低欲しいものです。

 

 

 

◎LG「32UD99-W」(94,400円前後)⇒31.5インチでHDR10にもFreeSyncにも対応しているので、IPS液晶なので綺麗な色合いでゲームを楽しめます。

◎BenQ「SW320」(198,000円前後)⇒こちらは31.5インチIPS液晶でもゲーム用途よりも、フォトグラファー向けに作られたモニターで、発色は本当に綺麗です。

 

ただ色合い優先に考えるなら、27インチのサイズでもIPSパネル採用のモニターが発売されています。

◎LG「27UK650-W」(57,800円前後)⇒HDR10にもFreeSyncにも対応しているので、IPS液晶なので綺麗な色合いでゲームを楽しめますし、デザイナーやフォトグラファー向けにもとてもいいです。

 

ゲーミングモニターとなるとまだまだ主流はVAパネルですが、今後の新製品にはIPSパネル採用の本格派が期待できそうです。

コンバーチブルタイプのノートPC特集「HP」(Kei)

JUGEMテーマ:コンピュータ 

 前回は「Dell」を取り上げましたコンバーチブルノートですが、今回は圧倒的にデザインが優れている「HP」です。

CPUスコア7000以上、メモリ16GBを基本に選んでみましょう。

 

◎ENVY x360 13(126,400円〜):13.3インチグレア・AMD Ryzen CPU・1.31Kg

◎Spectre x360 13(172,600円〜):13.3インチグレア・Core i7 8565U・1.32Kg

◎ENVY x360 15(116,100円〜):15.6インチグレア・AMD Ryzen CPU・2.11Kg

◎Spectre x360 15(196,600円〜):15.6インチ・Core i7 8705G・AMD Radeon RX Vega M GL Graphics・2.13Kg

 

 

やはりアクティブペンが付属している「Spectreシリーズ」が一番良いと考えていますが、パフォーマンスは大きく変わらないので予算に合わせて選んでください。

 

こちらのタイプは前モデルを使用中ですので、その良さは十分に分かっているつもりですし、とにかくデザインが好きで使っています。

コンバーチブルタイプの良さは、色々な使い方ができるし「Thunderbolt3」搭載ならさらに便利ですので、お勧めです。

 

驚きの1.34Kの17インチノート「LG gram」(Shun-J)

JUGEMテーマ:競馬

 17インチのノートは3Kgを切るだけでも驚きなのに、「LG gramシリーズ」はなんと1.5Kgを切って1.34Kgと驚きの軽さなのですが、そのスペックにも驚きの技術が組み込まれています。

売られているのは下記の2種類ですが、驚きはもう一つ駆動時間が22時間もある事です。

 

◎LG gram 17Z990-VA56J(180,000円前後)⇒17インチIPS液晶・Core i5 8265U(4コア)・CPU8196・SSD256GB・メモリー8GB・HDMIx1・USB3.1 Gen1(USB3.0) x3・USB Type-C(Thunderbolt3兼用x1)・microSDスロット

 

◎LG gram 17Z990-VA76J(210,000円前後)⇒17インチIPS液晶・Core i7 8565U(4コア)・CPU9161・SSD512GB・メモリー8GB・HDMIx1・USB3.1 Gen1(USB3.0) x3・USB Type-C(Thunderbolt3兼用x1)・microSDスロット

 

更に驚きはSSDとメモリーの空きスロットが用意されているのですから、暫くは使える優れものです。お勧めです!