Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これこそメイドインジャパン「Abee SMEJ07R」(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 フルアルミのケースはもう姿を消してしまいましたが、我が家では20年物の「WinDy」ケースが現役で頑張っています。

今回私もゲーム用のPCケースを考えたのですが、やはり静かな事と長年使えるケースとして「Abee Smart J07R」を選びました。

 

 

今でもブラック・シルバー・レッド・ブルーが販売されていますが、一番欲しかったジャンパンゴールドと人気のあったローズピンクはもう無い様です。

 

高さ170mmまでのCPUクーラーが使える事、幅300mmのVGAが使える事、何よりも高性能遮音シートがトップパネルと左右のサイドパネルに貼られていてサウンドの良さに大きく貢献してくれます。

シンプルなケースですが、ベゼル・インシュレーター・マウンタ等のカスタマイズパーツもまだ売られています。

 

このケースの静かさは特別なのですが、更に私はケースファンも静かなものを追加し、電源もVGAもハイブリッド型を使いますのでゲームをしても空冷なのに本当に静かなPCになります。

私はすべてのPCがアルミケースですが、兄は自宅でも会社でもアルミケースを使っていて、家には9台のディスクトップと会社にも4台のディスクトップがありますが、2台だけサイドが強化ガラスのゲーミングケースです。

 

電源は「オウルテック Seasonic製SSR-650TR」とファンはとても静かな「Be quiet! SILENT WINGS 3」を使っています。

高価ではありますがしっかりした製品でとても素晴らしいです。

もうすぐ夏休みゲーミングPCの自作準備は進んでいますか!◆塀戞

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今日は注目のマザーボードの選択についてです。

一番大切パーツに順位を点けるとすると、1位マザーボード、2位CPU、3位メモリ、4位ストレージ、5位電源、6位ケースの順になるのですが、マザーボードを決める事から始めるのが基本です。

マザーボードは半永久的に使うものではありませんし、価格の高いものだからいいとは限らないので、基本的なものが搭載されたマザーなら後々困らない訳で、暫くは使えるものだと思って構わないです。

 

例えばASUSのマザーならTUF・PRIME・ROGシリーズ、ASRockならExtreme・Taichi・Fatal1tyシリーズ、MSIならMortar・Gaming・Tomahawkシリーズ、GIGABYTEならAorusシリーズ等が人気です。

長くお付き合いしたいならやはり、サウンド(DAC搭載)・HDMI・DesplyPort・USB3.1 Type-C・M.2などは是非とも欲しいものです。

 

確かにこれらをすべてクリアできるマザーは決して多くはないのですが、世代が代わってもサブ機として使えるので出来るだけ搭載パーツが揃っているものを選んだ方が良い訳です。

 

●Coffee Lake対応マザー

☆ASUS ROG STRIX Z370-F GAMING(22,600円前後)

☆ASRock Z370 Taichi(27,300円前後)

☆ASUS PRIME Z370-A(21,800円前後)

☆MSI Z370 GAMING PRO CARBON(20,400円前後)

 

●AMD Ryzen対応マザー

☆ASUS PRIME X470-PRO(22,500円前後)

☆ASRock X470 Taichi(27,300円前後)(DesplyPort無し)

☆GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING(18,800円前後)(DesplyPort無し)

☆MSI X470 GAMING PRO CARBON(24,000円前後)

 

AMD Ryzen対応マザーは「DesplyPort」が無いタイプが多いのですが、ほとんどがVGAを使う事になるのでそちらで補えるからです。

しかし、後々サブ機としてマザーが使えますので実際には搭載済みが便利な訳ですし、ASRockのTaichiシリーズの様にWi-Fi搭載もとても便利です。

 

今回はATXサイズのマザーの中から選びましたが、Micro-ATXサイズやMini-ITXサイズのマザーも優れたものが沢山ありますので、揃えてみたいと思います。

「Room365」ではいつものようにASUSのマザーがダントツ人気だったのですが、今年はASRockのTaichiシリーズが随分追い上げていますので注目です。

その秘密はきっとマザーの耐性にあるようで、OCはお勧めはしてませんのでここでは触れない事にしています。

もうすぐ夏休みゲーミングPCの自作準備は進んでいますか!(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 みなさーん!「ゲーミングPCの自作準備は進んでいますか?」という事で基本的な事をちょっとだけ整理したいと思います。

「Room365」でもこれからの注文では、22日までの出荷は不可能な状態になりましたが、25日までならなんとか間に合いそうです。

 

基本ベースは下記の通りですので参考にして欲しいと思います。

 

☆Intel系

CPU:Core i5 8400 BOX(6コア/6スレッド)20,000円前後

M/B:ASUS TUF H370-PRO GAMING 13,000円前後

VGA:ASUS CERBERUS-GTX1070TI-A8G 58,800円前後

メモリ:G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB 22,000円前後

SSD:crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP 25,200円前後

電源:Seasonic SSR-650FM 11,300円前後

これでベース価格合計は「150,300円」です。

 

☆AMD系

CPU:Ryzen 5 2600 BOX(6コア/12スレッド)19,800円前後

M/B:ASRock X470 MASTER SLI 17,200円前後

VGA:ASUS CERBERUS-GTX1070TI-A8G 58,800円前後

メモリ:G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB 22,000円前後

SSD:crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP 25,200円前後

電源:Seasonic SSR-650FM 11,300円前後

これでベース価格合計は「154,300円」です。

 

以上、これにOSとPCケースが必要ですが、これまで使っていたOSとケースが利用できればこれで十分ですし、使えるものは有効に使ってください。

できればOS起動用にM.2 SSDも120GB〜250GB前後は欲しいところですが、使う場合は冷却対策を十分にして欲しいです。

ケースとM.2 SSDをプラスしても、18万円前後には納められそうです。

 

VGAに選んだASUSの製品はハイブリッド型になっており指定温度にならないと回らない仕様になっているので、ゲームをしない時には静かでいいです。

さて問題のM.2 SSDですが温度が高くなると動作が遅くなる傾向があるようで、できればOS起動用専用に使うか冷却対策を十分にすることです。

お勧めは下記の製品です。

 

●M.2 SSD(NVMe)

☆Intel SSD 760p SSDPEKKW256G8XT 9,900円前後

☆WD Black NVMe WDS250G2X0C 12,200円前後

☆サムスン970 EVO MZ-V7E250B/IT 12,800円前後

 

さて最後にPCケースですがこれはもう好みの問題なので、派手なタイプからシンプルなタイプと自由に選んで欲しいと思います。

 

賑やかにLEDで飾りたい方はサイドが強化ガラスのタイプがいいですし、シンプルで静かなタイプが好みの方はアルミケースが良く冷えますのでお勧めです。

これまでの掲載記事を参考にしてみて下さい。

アルミ製PCケースは軽くて静かでよく冷える!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 「WinDy」(ソルダム)のPCケースを兄貴が取り上げた事で、またまた問い合わせがありました。

まだまだ根強いファンがいられるみたいですが、私達も日本製で20年も使っている製品もあるのでその良さはみんなが分かっているのです。

でももう会社もありませんし、ヤフオクに出品される数も本当に少なくなりました。

 

でも安心してください「Abee」という会社がありますが、ここの社長さん実は「ソルダム」の取締役だった坂口信貴氏なのです。

現在もPCケースの販売をしており優れた製品が沢山販売されていますので、みなさんも「ヨドバシカメラ」や「TSUKUMO」等で調べてみて下さい。

 

●Mini-ITXのお勧め品

☆AS Enclosure RS04(20,900円前後〜)⇒とても便利な横置きタイプで幅357mm×高105mm×奥239mm、重量も3.1KgとHTPCやMusicPCにピッタリです。

●ATXサイズお勧め品

☆smart J07R(17,300円前後〜)⇒こちらはATXサイズですので十分に広いタイプで、トップパネルやサイドパネルに高性能遮音シートが張られており非常に静かですし、高音域のノイズカットにも貢献してくれますので最近のゲーミングマザーにはピッタリです。とても静かなケースなのです。

 

 

 

●Micro-ATXのお勧め品

☆smart EM30(18,300円前後〜)⇒smart J07Rと同じような作りになっていますし、本当に静かなPCケースです。

私はこのサイズが大好きでMini-ITXもこのサイズで組み込むことが多く、友人たちも静かなのでこのケースでゲーミングPCを組み込むことが多いです。

他にも良品が沢山ありますし、アウトレットで安く買える時もありますので注目です。

綺麗なメイドインジャパンのアルミケース、まだまだ頑張っていますし一度使ったらその良さが分かる製品なのです。

楽しいゲーミングPCケース「COOLMAN」と「COUGAR」(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 最近はゲーミングケースは形の変わったものが多くなって、使っていて楽しい製品が多くなりました。

そこでこれからはそんな変わった形のPCケースを取り上げてみたいと思います。

 

●「COOLMAN」(24.900円)

 

 

 

●COUGAR CONQUER(36,096円)

 

 

どちらの会社も本来はPCパーツや周辺機器を製造しているのですが、非常に特徴のあるケースでユニークな形をしています。

「Coolman」の製品は一度だけ組み込んだことがありますが、今度は「COUGAR」の製品にチャレンジしてみたいと思っております。

どちらの製品も強化ガラス製のサイドパネルを使用しており、アルミ製シャーシーで丈夫に出来ていますのでゲーミングケースとしては最高だと思います。

 

私はファンの多いケースはあまり好きではないのですが、「COUGAR」はオープンフレームとなっていますので使い易いと思っています。

最近はこんな楽しいケースもあって、「Coolman」は逆にLEDを沢山使って見せるPCケースとなっていますので、派手な演出が可能です。

 

そんな私もオーソドックスなアルミケース「Windy」(星野金属)から離れることが出来ないで、もう16年以上も使い続けていますが、先日やっと強化ガラスケースで新しいPCを組み込みました。

それでもサブ機はやはり「Windy」のままで、弟も母も父もみんな「Windy」のケースを愛用していますが、理由は静かなのと冷やし易いという事です。

 

2012年に廃業してしまいましたので中には20年物もあってビックリですが、1998年にPCケースを始めて販売を始めたのですから、その時のケースがいまだに使われているのですから素晴らしいケースだったのです。

そんな長く使えるケースが沢山あったら良いなと思っております。

ASRocのMini-ITXマザー2枚!新マザー特集(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 昨年から少しづつ人気が出てきたMini-ITXサイズもマザーですが、人気の「ASRoc」製品に2枚の新マザーが加わりました。

1枚目は「Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac」(22,800円前後)で、こちらは「X370」チップセットの「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」のアップバージョンでHDMI×2がDisplayPort×1、HDMI×1に変更されてより使い易くなりました。

 

●「Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac」

 

2枚目は「A320M-ITX」(12,000円前後)でWi-Fiの無いタイプですが、機能的には十分です。

●「A320M-ITX」

 

 

どちらも組み込んでみましたが、小さなマザーにいろいろとびっしり詰まった感じで窮屈なのに性能はいいですし、小さな巨人が出来上がり大満足、「A320M-ITX」も事務用には安くて使い易いPCが組み込めます。

Mini-ITXマザーは小型のPCでHTPCやMusicPCのシステムが構築できますので、これからも組み込みテストをいろいろとやってみたいです。

 

もうすぐ夏休み「Room365」も忙しい時期に突入していますので、毎日いくつものマザーと睨めっこですが、毎日暑くて大変です。

GIGABYTEのゲーミングマザーは凄い!新マザー特集◆塀戞

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ここ2カ月くらいの間に発売されたマザーで大満足したのは、GIGABYTEの「Z370 AORUS ULTRA GAMING WIFI-OP」(23,500円前後)です。

とにかくこのマザー32GBのIntel Optane Memory」が搭載されているので、システム起動の高速化が可能なのでとても気持ちの良いゲーミングが可能になります。

 

そんなに高価なマザーではないので比較的にはシンプルな作りになっておりますが、ゲーミングマザーとしては非常に使いやすい設計になっておりお勧めです。

とても安定して動いておりますしWi-Fi搭載+Bluetooth搭載で家中どこでも使える利点が最高です。

 

新しいマザーが次々発売されていますので、小さいものから大きなものまで組み込んでから書いていますが、時々はトラブルがあったりで大変です。

でも楽しんで仕事をしていますので、これからも少しづつ取り上げてみたいと思います。

BIOSTARのゲーミングマザーに期待感あり!新マザー特集 塀戞

JUGEMテーマ:コンピュータ

 私はこれまで「BIOSTAR」のマザーを使用したことがないのですが、ここ2カ月の間に発売されたマザーで注目しているのがこの会社の新シリーズ「RACINGシリーズ」の2枚、「X470GTN」(現価格14,900円前後)と「X470GT8」(現価格22,700円前後)です。

 

●「X470GTN」⇔Mini ITXサイズ・193kHz/24bit対応等で新基準は満たしたゲーミングマザーに仕上がっており、価格も安目で初心者向けでもありますし、X370の時の様なトラブルはないです。

徐々にクオリティが上がってきたようですが、物足りなさはあるものの期待感は一杯です。

 

 

●「X470GT8」⇔X370チップセットの前作がなかなか良かっただけに、組み込むのが楽しみでした。

まだまだチープな感じからの脱却もされていないのですが、非常に安定していますし及第点は付けられるマザーに仕上がっています。

 

 

廉価版のゲーミングPCという感じですが、十分なスペックは確保されていますし組み込んでから1カ月経っても問題も少なく安定して動いています。

徐々にクオリティアップの「BIOSTAR」これからは注目してみたいと思います。

Assassin's CreedやBF ファンのためのゲーミングPC!(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 これから発売が予定されている「Battlefield V」や「Assassin's Creed Odyssey」はみなさんにとっても楽しみなタイトルですが、これから発売されるゲームは描写がこれまでよりも重くなることが考えられますし、4K対応などで設備環境も一層強固なものが必要になるものと思ってください。

 

私の家ではゲームをするのは私と弟、常に現実的な問題に直面していつも親父に叱られるのですが、最近のVGAはどんどん高価になっていますし、自作パーツもPC離れが始まってからは本当に高価なものになりつつあります。

それでもお金を貯めてコツコツとパーツを購入してストックしていきます。

 

寒い冬でも弟がゲームをしていると暖房器具がいらないくらい部屋が暖かくなりますし、PCケースを工夫しないとファンの回転音が煩くてとても迷惑なものです。

「AVAファンのための小型ゲーミングPC」から、今回も静音部品を使ったゲーミングPCを考えてみました。

 

●マザー:ASUS ROG STRIX Z370-F GAMING 22,500円

 

●CPU:Intel Core i5 8400 BOX 20,100円

●メモリ:crucial CT2K8G4DFS824A 8GB 2枚組 18,200円

●SSD:crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP 13,600円

●GPU:Palit NEB108TH15LC-1020G 96,000円

 

●ケース:JONSBO U4BR  6,480円

 

●電源:Seasonic SSR-650FM 11,300円

合計188.180円

 

これが最低ベース、M.2 SSDも使いたいしメモリも32GBは搭載したいのですが、20万以内でとなるとこれが限度です。

M.2 SSDも熱に弱いのでその他のパーツが必要だし、メモリもちっとも下がってこないですし、TDP65WのCPUに密閉型のケースで静音型のゲーミングPCとなるとこんな感じです。

AVAファンのための小型ゲーミングPC!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 みなさんは「ALLIANCE of VALIANT ARMS」(AVA)というゲームをご存じだと思いますが、私も2007年頃から始めて友人たちと夢中でゲームしたものです。

最近またその時の友人たちから、ちょくちょく連絡があるようになってとても懐かしくて嬉しいのですが、みんなゲームを止めてしまったり、就職して忙しくなって時間的に出来なくなってしまった友人も多い様です。

 

そこで、最新パーツでAVA向け自作の企画をすることになりました。

 

●マザー:ASUS ROG STRIX B360-G GAMING 12,300円

 

●CPU:Intel Core i5 8400 BOX 20,100円

●メモリ:crucial CT2K8G4DFS824A 8GB 2枚組 18,200円

●SSD:crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP 13,600円

●GPU:ASUS PH-GTX1050TI-4G 18,000円

●ケース:RAIJINTEK STYX 9,200円

 

●電源:Seasonic SSR-650FM 11,300円

 

合計102,700円

 

ちょっと贅沢ですがこれなら暫くは綺麗に使えそうな組み合わせですので、こんな感じで他のゲームもできるように考えました。

このクラスなら、GPUを換えるだけでどんなゲームでもプレイできるようになります。

AVAもできたら「GTX1070Ti」以上なら快適です。