パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ウィズコロナへの取り組みは準備が大変!(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 コロナ感染が更に応援で広がりを見せておりますし、インドや南米でも状況が悪化しておりますので、日本でも減ったり増えたり毎日が心配で心休まる日が無い状態です。

ストレスもいつもと違った意味で溜まってしまうので、急ぐことを考えなければ普通に生活は出来るのですが、出掛けなければいけない時は混雑する時間を避けたりマスクが必要ですし、色々と調整が必要ですのでいつもの倍の注意を払わなければなりません。

 

「テレワーク」(リモートワーク)の準備も整いつつ、設備や就業時間の調整などについても考えなければなりませんし、撮影会のイベントの開催要請もあったりで休む暇がありませんが、日々楽しく仕事をしています。

エコ対策もペーパーレスも完全に終了して、メールのやり取りも少なくなって、PCとスマホで仕事を熟しています。

 

PC環境はこれまでの経験から修理も自分で出来ますし部品も沢山ありますので、自分のも父のもすべて自分達でカスタマイズして使い易い環境にしています。

これから画像編集にも動画編集にも使えるように環境を整える事も大切ですし、4K対応の環境も必須になり環境を整えてきました。

 

仕事も大きく変化して効率よく働く環境と、自分を大切にする時間が増えて余暇も増えてきていますので、スポーツをしたり、習い事したり、新しい趣味を見つけたり、旅行をしたりと色々と自分にご褒美を与えるのもまた大切です。

カメラも沢山の新しい製品が発売になりましたし、「Canon」・「Panasonic」・「FUJIFILM」・「SONY」・「Sigma」・「Nikon」と色々とテストしてみていますが、「SONY」の次の機種が決定できないでいます。

 

写真はカメラの進歩によってデジタル化が進んできましたが、ミラーレス一眼レフカメラが主役になって、本体もレンズも随分と軽くなったので本当に便利になりました。

そんな中、フィルムカメラが復活したり、オールドレンズ人気で旧製品が高騰したりで、写真の撮り方も大きく変化しています。

 

カメラも大切ですがレンズによっても写真は進化し続けていますので、覚える事が多すぎてちょっと大変ですが、毎日が充実しています。

今年は「CP+」が中止になって、参加できたイベントも少なくて活動は少なかったのですが、その分ステイホームで色々な事が勉強できましたし、身体を大事にすることや部屋を整理して環境を整える事ができました。

 

1:写真編集は10bitカラー・4K・HDR10に対応させてPCをグレードアップしました。

2:音楽はDTM・DAW環境を整えて、動画編集も可能にしました。

3:さらにカラオケも自宅で出来る様に環境を整えました。

4:サウンド関係も足りないものを準備してグレードアップしました。

5:エレアコを2本新調しました。

 

オーディオ好きの父と二人で準備をして半年もかけて整えたのですが、お陰で充実した「巣ごもり生活」でした。

動画編集やDTMもニアフィールド環境ですので、各PCに合わせて小さなコンポーネントを設置して、ハイレゾ環境も整えてありますが、決して大金をつぎ込んだのではなく、これまであったものを上手に組み合わせてハイレゾ化を進めてくれましたので、満足できる様になりました。

 

オーディオセットが7セット(うちAVアンプ1台)・デスクトップPC7台・ノートPC3台(Mac1台)・ギター6本(内エレキ2台)・キーボード1台・マイク8本(内USB接続3本)・ギターアンプ2台となりました。

仕事は100%「テレワーク」ですし、父はもう18年間「テレワーク」状態でした。

 

次の目標は「Canon」から昨年3月に「SONY」になったカメラですが、やはり「Canon」・「Panasonic」・「FUJIFILM」・「Sigma」・「Nikon」の中から2台は新調したいとお金を貯めています。

もちろんカメラだけでなく、レンズも揃えたいですが、コロナ感染拡大の影響で仕事が減っている現状では、無理もできないのでユックリとノンビリと準備を進めたいと思っています。

 

いよいよ本格的にイベント企画の準備もしたいと考えていますが、みなさんも何か良いアイデアがありましたらお知らせください!

コロナ感染の後遺症を甘く見てはいけない!(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 何度も同じ事を書いているような気がするのですが、今回はコロナ感染後の後遺症について色々と調べてみました。

もちろん世界中で注目されている事ではあっても、デマのような情報であってはいけないのできちんとした各国の記事を、調べて書いてみました。

 

ドイツでは45〜53歳までの患者の75%以上に心臓の炎症が確認されたという事で、将来の心不全の可能性が高くなってしまう懸念があるという事、ニューヨークのある医療法人が対応した患者で30%を超える数で急性腎障害があって、内15%近くの感染者で人工透析が必要になったそうです。

その他にも神経学的問題や、呼吸障害が残ったりと徐々にですが、後遺症の本格的な調査はこれからなので、何とも言えない恐怖感があるのです。

 

各国とも病床数の少なさで治療が遅れたり、受け入れが出来なかったりで亡くなる方が多かったし、後遺症の解明もこれからで調査が始まったばかりなのです。

「ワクチン」の開発も遅れてはいるものの進んでいるようですが、先進国同士の奪い合いが続けば行き渡らない事態が起こるのは、避けられない状況ですし、終息が全く見えてこないのです。

 

この感染症の後遺症がハッキリとすれば、その後の治療負担は大きな問題となりますし、国が対応するにしても保険料を大きく引き上げなければならなくなり、国民の負担は大きくなる訳です。

ワクチンに関しても1回40ドルというアメリカの価格が目安になりそうですが、2回接種が必要なら負担は大きくなりますし、早急に確保できるのかも問題です。

 

 さて最近は暑い日続いてマスクをするのが厳しくなっていますので、フェイスシールドを使っていますが、メガネタイプや駆動タイプなど色々ありますので用意してみて下さい。

 

  

 

どれも1セット100円以下で仕入れができますが、市販されてる製品は120円から300円くらいですし、洗って何度も使えますのでとても便利です。

またお子さん用も販売されておりますが、価格は少し高目ですのでできるだけ感染を防ぐために用意してみて下さい。

コロナ感染拡大で必要な準備等について!(Sho-R)

JUGEMテーマ:ニュース

 コロナ感染の再拡大はいよいよ地方都市も巻き込んで、観光地である沖縄も同時に広がっていますが、第1波の時に比べて感染者に若い人が多い事、感染経路が分からない事などの不安材料を残したままで広がっています。

そんな最中に「Go Toキャンペーン」が行われたり、彼方此方でトラブルがあったりで私にも理解ができない事が多く、とても困った状況に苦しんでいます。

 

実は遠くに住んでいる友人や親せきに徐々にコロナの感染者が増えていますので、第1波の時とは周囲も大きく変化しています。

父が心配していた通り、感染者の後遺症がぽつぽつと聞こえるようになって、私も驚くようなことが判明してきていますが、ちょっと読んでみて下さい。

友人が臭覚と味覚を失ったのは3月後半、熱も出なかったのでPCR検査は当時はして貰えなかったそうで、自然治癒したのかその後の検査では陰性でしたが、5ヶ月間も病院に通っているのに後遺症に悩まされています。

 

急に息苦しくなったり、身体が疲れやすく直ぐに疲れたり、腹膜炎が起こったり、身体の一部が痒くなったり色々な障害が起こっているようです。

家族は全員大丈夫のようですが、本人は若い頃から身体が丈夫じゃなかったようです。

 

その他にもいろいろな後遺症に悩まされている方が多いのですが、若い人でもその差は決して小さなものではなく、病院に行かないで治ってしまったケースもありますし色々です。

元気な人も多いのですが中高年では呼吸系の障害や、心臓や腎臓に炎症があったりと後遺症も色々あるようですので、単純には片付けられないと思っています。

 

私の家族はみんな元気なのですが、決して油断はできない状況で徐々にコロナが近づいてきています。

そろそろ東京でも病床が70%埋まっているそうですが、地方都市ではもっと大変な状況になりそうですので、とても心配なのです。

私達はマスクもフェイスシールドも用意していますが、みなさんもガードを固めてしっかりとアルコール消毒液や手を良く洗って、うがいをして感染を防ぐための準備を進めて下さい!ワクチンや治療薬ができるまでは油断禁物ですよ!

PC工房「Room365」お休みのお知らせです!

JUGEMテーマ:お仕事

 PC工房「Room365」は8月8日から16日までお休みいたしますので、宜しくお願い致します。

 

修理品については8月7日に全て発送が終わっておりますし、8月17日から営業を再開いたしますので、緊急時は担当者にメールや電話でお問い合わせください。

コロナ感染拡大のため、みんな自宅で大人しくしていますので、お問い合わせください。

コロナ感染再拡大とその他の問題!(Sho-R)

 コロナの第2波でいよいよ旅行もお盆の帰省も難しくなってきましたが、弟は高校最後の夏休みなのに。結局「Go Toキャンペーン」は使えそうになくすべての旅行を見合わせました。

しかも受験も控えており、卒業見込みの学生達の就職活動もままならない状況ですので、問題は山積みされています。

 

先日はキャベツ1個が500円、ニンジンが1本150円、レタスも同じように長梅雨の影響で価格が乱降下したりで、生活が苦しくなってきていますが、倒産する企業が相次ぎ経済的にも精神的にもとても追い込まれてきているようです。

感染も首都圏だけでなく、愛知県、大阪府、福岡県などの地方都市の他、沖縄県も500人を超えるようになって、徐々に地方に広がってきていますので、何らかの規制を行わない限りは感染の速さからみて年末までには、累計20万人以上もの感染者が増えることになります。

 

 更に中国と米国の貿易摩擦はとうとう本格的なってきましたし、南沙諸島での争いごとも激化しており今後は厳しい状況になるのは必須ですし、欧州やオセアニアをも巻き込んで大変な事になりそうです。

「テレワーク」もちょっと長引いていますので、なかなか仕事が進まない人や家庭環境の問題で仕事に集中できなかったりで、本当に困っている方もおられるようです。

 

仕事も少なくなってますし、解雇や派遣切りにあったりで生活環境が大きく変わってしまった方も多いと思いますので、何とか頑張って欲しいと願っています。

コロナも本格的に終息に向かうにはワクチンと治療薬の完成が不可欠なのですが、怪情報まで飛び交っていて本当の情報がまだないので待つしかないようです。

 

研究室やPC工房のみんなやフォトグラファーみなさんやモデルさんにもできるだけ早く、会いたいと願っていますのでもう少し待ってください!

一歩づつ生活スタイルを変える努力をする!(Kei)

 コロナ禍でもう覚悟を決めて、じっくり生活を立て直すことから始めて行こうと研究室のみんなと話し合いました。

 

 競馬場やWinsには密になりやすいので行かない事にしてすべての投票を「即PAT」にするように、買い物は全てネットスーパーやコープの配達を利用する。

「Room365」の工房での作業は1日二人までに制限して、修理以外はメーカー又は代理店から直送という形で対応する等色々と、テレビ会議で決定しました。

 

このままでは毎日の全国1,000人越えから、都市部でも100人〜400人越えとなって、徐々に毎日2,000人越えに近づいて行き病床数が逼迫してくるのが見えていますが、第2波に対する医療関係者の処遇についても大きな問題を抱えている事にも、注目しなければならないようです。

また、就職活動や受験活動にも大きな影響がでてくると思いますが、観光業や旅行業、航空会社等の打撃の大きさは計り知れない訳で、私達のPC販売業も「テレワークへの移行」が終われば、どうなるかは分からない状況に陥ると思っていますし、暫くはコロナ禍で共存して頑張る道を模索する事になりそうです。

 

貿易会社においても同じように大きく売り上げが上下しておりますが、流通が止まれば影響が大きくなりますので、今後の事をみんなで話し合って決めていく事にしました。

コロナとの共存は覚悟してはいても、長引けば長くなるほどリスクは大きくなりますし、感染するとリスクどころの話では無くなりますので、これまでの毎月の事務所や研究室の負担金は全て緊急時の基金として、これまで通りキープする事に決定しました。

 

できるだけ人に合わない環境を構築して感染しない事が大切なのですが、とても難しい事でもあります。

でも、今は「Zoom飲み会」で競馬の事も写真の事も話してますので、違和感がだんだん無くなってきましたし、それぞれがその人なりの楽しみ方があるようで、おつまみも面白いです。

そろそろ梅雨も明けそうですので、洗濯物を思いっきり太陽に当てたいと考えていますし、真面目に考えてワクチンが届くまで感染しないように頑張りましょう!

これからが正念場!私達が考えなければいけない事!(Sho-R)

 コロナ感染拡大は徐々に全世代に広がってきていますので、今後は徐々に死亡者が増えてきますので、体の弱い60歳以上の方や病気の方は一層の注意が必要になります。

何れにしてもワクチンや治療薬が完成するまでは、これより先は感染がストップすることはありませんので、それ相応の覚悟が必要になります。

 

若者たちの間では重症化する事が少ないので、行動範囲が広くなる分感染経路を特定することは不可能に近くなりますし、旅行はできれば避けた方が無難なのですが「Go Toキャンペーン」を利用してあげなければ、観光業も交通機関も業績の悪化は避けられず倒産件数が増えることになります。

 

十分に密にならないような旅行を選んで欲しいものですが、きっと簡単なものではないと考えています。

我が家では高校三年生がいますので、受験がとても気になっていて、ここで感染すれば大きく受験に影響してしまいますから、十分に注意はしているのですが、学校でも感染者がでないようにすることは難しいと思っています。

 

大打撃の飲食店に関しても、営業再開して1か月で短縮営業を迫られていますし、交通機関も終電時間を繰り上げる動きが活発になっていますので、経済的な影響はとても大きい筈です。

感染者が増えることで更に病床数の問題も再び持ち上がり、疲弊した医療関係者は更に厳しい状態を迎えることになりますし、軽症者の収容施設の確保も不足している状態になっているようです。

 

生活が困難な人たちも多く、これからはもっと厳しい状況が続くものと思っていますが、今回の第2波は地方都市にも大きな影響を及ぼしますので、そのうち感染者が地方都市にもあふれることになります。

きっと最終的には感染リスクがあっても仕事を続けなければという事態になるような気がします。

 

どんなに早くワクチンが完成してもすべての人達が利用できるまでまだ1年は必要ですので、これからが本当に大変だと思っていますので、一人一人が自己管理して密を避けて静かに待つ姿勢が大切なのですが、みんなに頑張って欲しいです。

友人や知り合いの中にも感染者が出始めていてとても心配ですので、みなさんも注意してください。

今頃「第2波」宣言とはとても苦しい!(Kei)

 毎朝の1杯の珈琲時に最近は天気が悪く富士山を眺めるチャンスが少なくなって、ニュースを見ることが多くなりましたが、毎日これまでの感染数を超えるようになっても「第2波」宣言がでないのは不思議に思っていたのです。

やっと夜に「第2波」宣言が行われたようですが、もうすでに軽症者等の宿泊施設が足りなくなっているという事でも、感染者ゼロだった岩手でも感染者がでてこれはもう「第2波」というような事態ではなく、既にその何倍もの患者がいるという事になります。

 

とても残念な事ですが、思惑で油断が招いたことで、オーストラリアやイスライルと同じような形で「第2波」に突入したことになりますし、お年寄りの感染者よりも若い人が多いという事で、感染経路不明がどんどん増えて行ってしまうので、もう一度自粛をしない限りは恐ろしい数になる事は避けられない状態です。

 

もちろん、国の機能にも影響がでるくらいの感染者が増えることになりますので、ノンビリとはできない状況であること、既に数十万人に及ぶ感染者がいる事を覚悟しなければなりません。1日200人が2週間ほどで1000人を超える数になっていますので、お盆の頃には1日5000人を超えるのは間違いないと思っています。

 

危機管理ができないのはすべての人々が未経験なので、100年も前の「スペイン風邪」の資料を分析したりいろいろ対応策を考えるべきだと思うのです。

私達は全業務が「テレワーク」ですからといっても、人との接触が完全にゼロではありませんので、感染のリスクはある訳ですし、既存症の抱えている人もいますので簡単ではないのです。

 

どうやら完全に影響がでるまでほっておくつもりなのか、経済活動をこれ以上止められないのか、色々な問題を抱えているのは確かですが、このままでは彼方此方でクラスターが発生し最後には50万人〜100万人まで感染が拡がれば、死亡者も一気に増える筈ですし、病床も足りなくなる時が来そうです。

 

もう少しきちんとした対応が欲しいのですが、これが今の日本の政治なのでしょうか?

とても対策が後手後手になっていてオリジナリティに欠けていますので、きっとワクチンができるまで何とか持たそうと考えているのでしょうか、分からないことだらけです。

 

「Go Toキャンペーン」にも参加したくても、とても感染の恐怖からは逃れ慣れないですし、旅行から帰ってから2週間も心配ですから無理です。

連休明けから4日目の今日はいったい何人の感染者が増えるのかも、しっかりと確認したいものですし、PCR検査の数も増やして欲しいと願っていますし、心配事は無くならないでむしろ増えていますのでストレスも大きくなるばかりです。

きちんとした対策を取っていただきたいと願っています。

コロナ感染拡大第二波は日本だけの問題ではない!(Sho-R)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 コロナ感染拡大は次々に範囲を広げ、とうとう1日で900人を超えましたが、10代から30代までの感染者が70%を超える日もありましたので、第一波とは様子が大きく変化しています。

更に東京都・大阪府・埼玉県・神奈川県・愛知県・福岡県・千葉県・京都府・兵庫県・北海道と、徐々に拡大が広範囲になって来ています。

 

政府が緊急事態宣言解除の目安としていた10万人当たり0.5程度以下も、超えてしまった都道府県が26もあって50%を超えていますし、この4日間の休みできっと大きな感染拡大があると思いますが、結果はすぐに出ないので2週間後にはとても大きな数字になっていると思っています。

僕たちの周りでも前回はなかった感染者が、友人や仕事仲間にも拡大中ですので本当に困っていますし、連休中の旅行はすべて中止にして自宅で過ごすことになりました。

 

悪い事だけではなくワクチンの製造が開始されたとのニュースも飛び込んできていますが、アメリカ・イギリス・ドイツなどの薬品会社での事、既に色々な動きがあって今度は国同士のワクチン争奪戦が始まりますので、日本にはいつくらいにワクチンが入ってくるか分からないので待つしかなさそうです。

 

最低でも人口分は確保が必要ですから、これからの感染拡大の防止対策がどんなに大切かは承知の事なのですが、まだ対策が取られていないのが現状です。

危機管理が本当に甘い状態が続いていますが、毅然とした対策が必要なのはどの国も同じだと思っています。

 

日本の病床数は世界一ですが、現時点では若い人達の感染者が多いので重症化する人も少ないのですが、高齢者に感染が拡がればそれはもう大きな問題になると思っています。

高齢者と違って若い人達の行動範囲は何倍にもなりますので、感染拡大は更に加速する筈で更なる注意と対策が必要です。

 

みなさんも身近に感染者が迫っている事を考えながら、十分に注意して欲しいと思います。

コロナを甘く見たらいけないと思います!(Sho-R)

 4月の感染者数を超える拡大にもう成す術が無くなった様なものですが、甘く見たら決していけないと思っているのです。

そうこうしている内に周りに徐々に感染者がでて知り合いにまで広がっていますが、どうしてこんなになるまで対策を取れないのか本当に不思議です。

 

若い人達に感染者が広まり病状が軽いとはいっても、実は後遺症等ことも何も解明されていないのにとても呑気なものですが、これではもう最初に予想した感染者は6,000万人どころか、年末には1億人を超えると思っています。

コロナウイルスの性質上、早目に形を変え進化する可能性もある訳ですから、このままで済むとは思っていないのです。

 

どんな状況で第二波に突入したかはみんながよく知っている訳ですが、それを受け入れなければいけない状況ですから、自分で注意しなければならないのですから最後には自己責任という事になってしまうのでしょう。

感染すると隔離されて家族にも会えなくなる訳ですから、とても理不尽なのがこの病気の特徴なのです。

 

しかしいくら注意をしても感染を回避するのは不可能に近いくらいで、第一波の時よりも若い人に感染者が多いという事から、既に何倍もの感染者がいるという事になりますし、感染源を割り出すことも難しくなりますので、状況は悪くなる一方です。

地方都市でも感染者が増えている事からも、今後は拡大のスピードはもっと上がって、人の動きを止めない限り大きな広がりとなって、徐々に死者が増加していく事になります。

 

考えれば分かりそうなことなのですが、再開した経済活動をもう一度止めるのは簡単ではないのですし、「Go Toキャンペーン」も完全ストップにできないのは宿泊施設の存続に関わる問題なのですから、八方ふさがりの状態と言えます。

飛行機の運航についても同じ理由で、航空会社の存続を掛けた各国の思惑が見え隠れしています。

 

もう僕達は外での活動を極限まで抑えて、巣ごもり生活をするしかないのですが、感染から逃れる方法を自分達で考えるしかないようです。

今は病床が確保されていますし、若い人に感染者が多い事で軽症者が多く自宅やホテルで療養が可能だからですが、お年寄りにまで広がれば病床が足りなくなると思いますので、みんなで協力し合って感染を広げない工夫をして乗り切って下さい。

特にこの連休中は注意をしましょう!