Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「いざ世界へ・凱旋門賞へ」!「ドバイWCデーの枠順決定」45(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 ドバイの競馬の祭典「ドバイ・ワールドカップ・デー」は25日(日本時間26日)に行われますが、いよいよ枠順が決まりました。

日本馬では一番期待していた「リアルスティール」が鼻出血で出走回避となってしまいましたが、出走する以上はチャンスがありますので楽しみですね。

「ドバイターフ」・「ドバイシーマクラシック」・「ドバイワールドカップ」の3鞍については日本でも馬券発売されますので、いろいろと楽しめそうです。

 

馬券発売されるレースは下記の3鞍です。

 

◎7R「ドバイターフ」芝1,800m 日本時間0時30分発走

出走予定日本馬:リアルスティール(牡5歳)回避・ヴィブロス(牝4歳)馬番9番

 

◎8R「ドバイシーマクラシック」芝2,410m 日本時間1時5分発走

出走予定日本馬:サウンドオブアース(牡6歳)馬番4番

 

◎9R「ドバイワールドカップ」ダート2,000m 日本時間1時45分発走

出走予定日本馬:アポロケンタッキー(牡5歳)馬番1番・アウォーディー(牡7歳)馬番7番・ゴールドドリーム(牡4歳)馬番3番・ラニ(牡4歳)馬番4番

 

その他にも

◎G1「ドバイゴールドシャヒーン」芝1,200m⇔ディオスコリダー(牡3歳)

 

◎G2「UAEダービー」ダート1,900m⇔エピカリス(牡3歳)

 

◎G2「ゴドルフィンマイル」ダート1,600m⇔カフジテイク(牡5歳)

 

私達も研究室に集まって応援する予定です。

次の最新スマホプロセッサは「Snapdragon 835」!(翔)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 いよいよ最新プロセッサ「Snapdragon 835」の話題が記事になってきましたが、820と比較してサイズが35%小型化されついに14nmから10nm FinFETプロセスで製造されるようになり、性能も大きく期待できそうです。

「Kryo 280」は最大2.4GHz駆動の4コア+最大1.9GHz駆動の4コアの8コア構成です。

 

まあAnTuTuベンチで2倍弱の数値が結果として提示されているようですが、iPhone 7/7 Plusよりも上ということで本当に素晴らしいスマホが発売されそうです。

現在発表されているのは「Xperia XZ Premium」のみとなっていますが、各社4月以降には動向がハッキリしそうです。

 

 

「Quick Charge 4.0」対応で最大30%もの充電効率が改善されたようで、LTEモデムも「Snapdragon X16」を内蔵して下り最大1Gbps、上り最大150Mbpsの通信(いずれも理論値です)可能です。

Wi-FiはマルチユーザーMIMOが可能な「802.11ac Wave-2」に対応し、60GHz帯を使った最大4.6Gbpsの通信が可能になる「802.11ad」もサポートです。

またBluetoothも「Bluetooth 5」となって、最大2Gbpsの通信が可能になる予定です。

「いざ世界へ・凱旋門賞へ」!「ドバイWCデー25日(日本時間26日)」44(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 ドバイの競馬の祭典「ドバイ・ワールドカップ・デー」は25日(日本時間26日)に行われますが、現地に応援に行ける方も、日本で応援する方も日本馬が出走を予定していますので楽しみですね。

22日水曜日には枠順の発表がされますが、「ドバイターフ」・「ドバイシーマクラシック」・「ドバイワールドカップ」の3鞍については日本でも馬券発売されますので本当に楽しみです。

 

馬券発売されるレースは下記の3鞍です。

 

◎7R「ドバイターフ」芝1,800m 日本時間0時30分発走

出走予定日本馬:リアルスティール(牡5歳)・ヴィブロス(牝4歳)

 

◎8R「ドバイシーマクラシック」芝2,410m 日本時間1時5分発走

出走予定日本馬:サウンドオブアース(牡6歳)

 

◎9R「ドバイワールドカップ」ダート2,000m 日本時間1時45分発走

出走予定日本馬:アポロケンタッキー(牡5歳)・アウォーディー(牡7歳)・ゴールドドリーム(牡4歳)・ラニ(牡4歳)

 

その他にもG1「ドバイゴールドシャヒーン」芝1,200m・G2「UAEダービー」ダート1,900m・G2「ゴドルフィンマイル」ダート1,600mにも日本馬の出走が予定されています。

私達も研究室に集まって応援する予定です。

 

 さて、日本でも26日はG1「高松宮記念」がゲートインしますが、来月はいよいよクラシックレースが控えており、今週末から4週連続のG1です。

日本ではクラシックレースの頂点は「日本ダービー」ですが、世界には沢山のダービーがあってそれぞれ人気があるのです。

下記の通り各国のダービーと言われるワールド格付けG1のレースを並べてみました。

 

◎イギリス G1「ダービーステークス」(エプソムダービー)

◎アイルランド G1「アイリッシュダービー」(アイルランドダービー)

◎フランス G1「ジョッケクルブ賞」(フランスダービー)

◎ドイツ G1「ドイチェスダービー」(ドイツダービー)

◎日本 G1「東京優駿」(日本ダービー)

◎アメリカ G1「ケンタッキーダービー」(アメリカ最大のダービーで他に7鞍の格付けG1のダービーがある)

◎プエルトリコ G1「クラシコデルカリブ」(カリブダービー)

◎ブラジル G1「クルセイ・ド・スル賞」(ブラジルダービー、他に2鞍の格付けG1のダービーがある)

◎アルゼンチン G1「ナシオナル大賞」(アルゼンチンダービー)

◎ウルグアイ G1「ナシオナル大賞」(ウルグアイダービー)

◎ペルー G1「ダービーナシオナル」(ペルーダービー)

◎チリ G1「エルダービー」(チリダービー)

◎オーストラリア G1「サウスオーストラリアン・オーストラリアン・クイーンズランド・ヴィクトリア」と4鞍のダービーがある

◎ニュージーランド G1「ニュージーランドダービー」(ニュージーランドダービー)

◎南アフリカ G1「サウスアフリカンダービー」(南アフリカダービー、他に1鞍の格付けG1のダービーがある)

 

まだまだG2やG3やその国で格付けがG1のダービーも沢山あるのですが、G1ワールド格付けG1だけでも29鞍もあるのですから驚きですし、全部のダービーを現地観戦してみたいものです。

私はフランス・イギリス・ドイツ・日本の4か国だけですから、これから彼方此方と観戦してみたいと思っております。

 

次回はこのワールド格付けG1ダービーのあれこれを調べて発表したいと思います。お楽しみに!

モトローラの「Moto G5」と「Moto G5 Plus」が3月31日発売!(楓真)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 モトローラから「Moto G5」(25,000円前後)と「Moto G5 Plus」(33,000円前後)が、3月31日に発売されることになりましたので、使用などの紹介をしておきます。

 

◎「Moto G5」⇔プロセッサ「Snapdragon 430」(8コア)・5インチFHD液晶・メモリ2GB/3GB・ストレージ16GB/32GB・接続端子Micro USB・外部ストレージ128GBまでmicroSDXC・メインカメラ1300万画素・サブカメラ500万画素・バッテリ2800mAh・重量144.5g・カラーは3色あるが1色は地域限定です。

 

 

 

 

 

◎「Moto G5 Plus」⇔プロセッサ「Snapdragon 625」(8コア)・5.2インチFHD液晶・メモリ2GB/3GB/4GB・ストレージ32GB/64GB・接続端子Micro USB・外部ストレージ128GBまでmicroSDXC・メインカメラ1200万画素(F1.7レンズのデュアルセンサー)・サブカメラ500万画素・バッテリ3000mAh・重量155g・カラーは2色です。

 

  

 

ミドルクラスとはいえ指紋認証も搭載され非常に使いやすいフォルムですし、デザインの出来もいいです。

モトローラは「Moto Z」や「Moto Z Play」で人気が回復しつつありますが、今回のミドルクラスの製品も安さと使いやすさで人気になりそうです。

SSDはいよいよM.2が主流になりつつあります!(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「Room365」でPCに搭載されるSSDは、今年の2月からSATA 6Gb/sタイプとM.2タイプの比率が45対55になりました。

もう主流はM.2タイプのものになったようですが、本来「Room365」のPC出荷の7割がゲーミングPCなので、一般市場とはちょっと違うかもしれません。

しかし、価格も現在は値上がり傾向にあるSSDですが、それ以前に大きく値を下げたこともあって市場では凄い人気なのです。

 

特にNVMe(NVM Express)対応のSSDが人気なのですが、OS側とマザー側が対応している必要が有るのですべてのPCで、起動用ドライブとして使う事は不可能なのですが、最近のマザーとWindows10なら大丈夫です。

読み込み速度が3200MB/sなどとんでもないスピードのものまであって、本当に驚きの速いです。

 

やはりゲーミングPCで使う場合は熱対策が必要なので、ヒートシンクを用意した方が良いですし、中にはマザーにヒートシンクが用意されているものまであります。

サクサクのゲーミングPCだけでなく、重いソフト軽いので事務用にもお勧めです。

250GBで12,000円台からありますので、予算の許す限りサイズの大きいものを搭載したいものです。

 

X370チップマザーが不足しているならB350チップで!(信)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 B350チップセット・ゲーミングマザーの第3弾は「MSI」の「B350 TOMAHAWK」(14,800円前後)です。

 

 

安くてさらに機能満載で非常に良くできたマザーだと思います。

Gaminng LANやUSB3.1 Type-Cも搭載されて使いやすいマザーですし、いろいろと楽しめるのが「MSI」の特徴です。

 

これまで紹介してきたB350チップマザーは、すべてゲーミングマザーとして使えるものを紹介したのですが、初心者の人にもおすすめできる製品です。

注目してみて下さい!また、同チップマザーはmicro-ATXサイズも徐々に発売がされていますので、機会を作って紹介したいと思っています。

RYZEN 7シリーズは人気が示す通り素晴らしいプロセッサです。

オンキョーのスマホ「GRANBEAT」のに触ってみて!(楓真)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 オンキョーがオーディオ技術を駆使して発売したハイレゾ・オーディオ・スマートフォン「GRANBEAT」、ちょっとごっつい感じの筐体ですが、音楽がとても良い音で聴けるのでお金が出来たらすぐにでも買いたいです。

 

  

メインカメラ1600万画素でHDR撮影もできますし、4K撮影も可能です。

5.0インチFull-HD ISP 液晶・6コア Hexa-Core・メモリ3GB・デュアルSIM・バッテリー3,000mAh・ストレージ128GB・重量234gです。

 

どうやらカメラはSONY製ということですがF2.0ということですので、カメラもそこそこ使えそうです。

でもなんといっても「ESS」の「ES9018C2M」×2に「SABRE9601K」×2という構成の、ノイズを極限まで抑え込んだ魅力のある製品です。

いろいろ聞いてみましたが、素晴らしい音でしたよ!

X370チップマザーが不足しているならB350チップで!◆平)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今日は昨日に続いて「B350」チップマザーの第2弾、「GIGABYTE」の「GA-AB350-Gaming 3」(14,600円前後)の紹介です。

 

独自のLED照明システムが搭載されてとても綺麗に光るマザーですが、安いマザーでもヘッドフォンアンプが搭載されてゲームではとても便利に使えますし、電圧低下やノイズレスの電力を供給できるUSB DAC-UP 2も優れものです。

X370チップマザーが不足しているならB350チップで!(信)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「RYZEN 7」も対応マザーも品薄状態ですが、B350チップマザーなら十分に在庫が揃っていますから、初心者ならこちらの製品が安くて扱いやすいです。

今日は「ASRock」の「Fatal1ty AB350 Gaming K4」(14,700円前後)を紹介します。

 

プロセッサはソケットAM4ですのでA-Series APU&Ryzen Series対応で柔軟性もあって、メモリは3200+OC対応、M.2もPCIe&SATAタイプのどちらも搭載してますし、7.1Ch対応HD Audioにも対応しています。

USB3.0 Type-Cもあって十分なスペックです。

 

他にも「GIGABYTE」や「MSI」からも安くて優れた同チップマザーが発売されておりますし、これからmicro-ATXやmini-ITXサイズもマザーも発売予定ですので楽しみです。

 

これが初登場の「信」(ノブ)ですが、パソコンの組み込みが得意でいろいろなマザーでパソコンの製造に係わっております。

よろしくお願いします。

画質が綺麗な4Kモニターを使ってみよう!◆扮僉

JUGEMテーマ:コンピュータ 

 今回はこれから発売予定の4Kモニターについて書いてみました。

IPSパネル使用の4Kモニターが主流になるのですが、「Acer」の32インチ「BM320bmidpphzx」(3月17日発売)や「BenQ」の32インチ「PD3200U」(4月7日発売)など、ちょっと大きめのモニターの発売が楽しみです。

 

  

 

どちらも32インチIPS液晶・HDMI/DisplayPort/miniDisplayPort搭載・ピボット機能・チルト昨日・スピーカー搭載・USB HUBと便利に使えるようになっています。

発売が楽しみな製品です。