パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「Core i9 9900KS」と「Ryzen 9 3950X」(Sho-R) 

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「Core i9 9900KS Special Edition BOX」(65,800円前後)が発売されて1週間がたちましたが、「Ryzen 7 3800X BOX」(47,600円前後)と比較しても大きな差がでないので、やはりAMDの安さには敵いそうにないです。

ゲーム毎のチェックでも大きな差がないのですが、その他の部分でも差は小さなものでした。

 

そんなAMDからこの30日に発売されるのが「Ryzen 9 3950X」(参考価格89,800円)には、大いに期待したいものです。

16コア/32スレッドとベースクロック3.5GHz、ブーストクロック最大4.7GHz、キャッシュL2+L3=72MB、TDP105Wという事ですが、どうやら後発の「ThreadRipper 3960X/3970X」よりはゲームでは上のようですが、クリエイター向けでは劣るといった具合の様子です。

 

  

 

ゲームをやるなら絶対に「Ryzen 9 3950X」、写真編集や動画編集やるなら「ThreadRipper 3960X/3970X」と、これからは更にAMDの攻勢が続きそうです。

「Room365」でも今後の展開が見ものですが、最近のゲーミングPCの注文はAMD60%を占めていますし、新しいTRX40チップセットの発売と 「ThreadRipper 3960X/3970X」では最強のクリエイターPCが組み込めそうで、今からワクワクしています。

 

市場は初めてIntelからAMDが主導権を奪ったのですが、これからも良きライバルであって欲しいと願っています。

「Ryzen 9 3950X」が届いたら直ぐに組み込んでテスト開始です。

 

 

AMD TRX40チップセットマザーぁ(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 TRX40チップセットマザーの最後は「MSI」です。

自分達の仲間エンジニア達の間ではASUSと並ぶ人気の「MSI」ですが、AMDのシリーズではASUSよりも使うエンジニアが多く、「X470 GAMING PRO CARBON」で組み込んだPCが人気でした。

 

今回も3製品が発売の予定で、「CREATOR TRX40」・「TXR40 PRO 10G」・「TRX40 PRO WIFI」となっていますが、どのメーカーもクリエイター向けの製品が多いのが特徴なのです。

今回は「CREATOR TRX40」と「TXR40 PRO 10G」を取り上げておきます。

 

◎「CREATOR TRX40」

 

 

◎「TXR40 PRO 10G」

 

明らかにゲーミング性能は「Ryzen 9 3950X」にかなわない「Ryzen Threadripper」シリーズですが、コア数は多くクリエイターやデザイン用途ではとても魅力的なチップセットですから、今後私達のエンジニア達にも大変注目されるのが「TRX40」チップセットです。楽しみにしています。

「動き出した新しい世代の幕開け!」19-115(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 新しい世代の動きが活発になって来ておりますが、新世代の若者が20名前後増える予定ですので、研究室もこれまでの最高の人数が増える予定です。

研究室自体はもう過去の存在になりつつありますし、本来なら必要がないのですが、セミナーや研究発表をするためには無くては困るという事で残す事になりました。

 

今は「Slack」をコミュニケーションツールとして、みんなが繋がっているという事で、自宅で研究が続けられ自らのビジネスもそれぞれが行うという事で、以前よりは自由に研究に取り組めるようになったと確信しております。

ビジネスもこれからみんなで協力して、情報を集めてお互いがそれぞれの考えを交換し合って対応するようにできると思います。

 

それぞれの動きは私達にも把握ができるようにはなっているのですが、20代〜30代の若者が中心に新しい「勝ち逃げ」に取り組んでいますし、成果が上がってきています。

40代以上の研究員は、それぞれが好きな事をやっていますので、時間的にも余裕があるので「Pランク」のデータはしっかり管理されていて、持ち出せないように工夫されています。

 

 今年に入ってから徐々に「ZOZOTOWN」の経営不振や、その他にも「ナイキ」の問題などが取りだたされていますが、ネットショップの問題点や「AMAZON」からのショップ離れの問題なども含め、市場は大きく変化してきています。

ネットショップだけに頼ってしまうと実店舗が閉店に追い込まれるし、バランスを保つことが非常に大変になります。

こうなる事は全体的には分かっていたことなのですが、徐々にデジタル化への弊害も見えてきて、私達も考え方を改める必要ありと考え対応策をとっています。

 

「テレワーク」にすべてを委ねてしまうとサポートの問題や、連絡網の完璧さが要求されるのですが、チェックする機能が止まりやすいので注意が必要ですし、顔を合わせない事で連帯感が薄れたり、達成感の共有も難しくなってしまうのです。

その部分はチームに分けて対処しているのですが、時間の管理や仕事の進捗状況の管理は難しいものがありますし、色々と工夫が必要です。

 

私達は「競馬がメイン」から一旦離れて、仕事を一人一人が責任もって行う事から改革を始めてきましたので、平日は自分の仕事を必死に熟してではなく、問題の起きないように工夫して効率よく行う事を目標にしています。

土日はグループ毎に競馬の研究課題の交換等を月2回行っていますが、休みを交代で取っていますのでローテーションをきちんと組んで対応しています。

 

私はアナログ世代ですから基本はアナログ、しかしストレスとの対応も困難な時代を自分の好きな事をやってきたので、ストレスを抱え込むことは本当に少なかったです。

残念ながらデジタル化の波は人の心さえもデジタルに変えようとした事で、思いもよらぬストレスをみんなに与えてしまったようです。

 

今まさにその間違った点に気付いてくれた若者たちが、大きな目標を掲げて動き始めたように感じています。

きっと、この中から更に「新しい勝ち逃げ」が生まれることを期待したいです。

みなさんにも良いアイデアを頂けたらと思っています。

 

 

最後は富士山の朝焼けと夕焼けです!(朝6時と夕方5時ですよ)

AMD TRX40チップセットマザー!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今回は「GIGABYTE」の製品を取り上げますが、現時点では4枚の発売が決定されています。

「TRX40 AORUS MASTER」・「TRX40 AORUS XTREME」・「TRX40 AORUS PRO WIFI」・「TRX40 DESIGNARE」です。

この中から今回は下記の2枚を取り上げました。

 

◎「TRX40 AORUS MASTER」

 

◎「TRX40 AORUS XTREME」

 

どちらもESS SABRE 9218 DAC搭載で高品質モデルなのでちょっと高価になりそうですが、素晴らしいマザーに仕上がっているようです。

ゲーミングよりクリエイター向けのCPUなのですが、魅力たっぷりのPCが組み込めそうですし、サウンドにも期待できそうです。

AMD TRX40チップセットマザー◆(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 AMD TRX40チップセットマザー特集の第2弾は「ASRock」、何時も素晴らしいマザーを提供してくれますので今回も幾つか取り上げておきます。

今日は「TRX40 Taichi」と「TRX40 Creator」の2枚だけを取り上げておきます。

 

◎「TRX40 Taichi」⇒Taichiらしい設計とデザインで魅力たっぷりですが、M.2 SSDを1枚のCardに4枚搭載できるようにして、熱対策をしたことは嬉しい限りです。

 

◎「TRX40 Creator」⇒こちらも最低限の機能は搭載してクリエイター向けに、使い易さ重視の設計に仕上げています。

しっかりとした作業ができるようにWi-Fi 6も魅力的です。

 

どのマザーも価格が分からないのですが、第3世代「Ryzen Threadripper」は「Ryzen Threadripper 3960X」(1,399ドル)が24Cores/48Threads、「Ryzen Threadripper 3970X」(1,999ドル)32Cores/64Threadsでの発売が決まっています。

7nmプロセスの「Zen 2」アーキテクチャをベースに設計されたものですが、どちらもクリエイター向けですので、ゲーミング用途では「Ryzen 9 3950X」の方が優れています。

「新たなる勝ち逃げにチャレンジ」19-114(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 パートでは組み合わせの面白さをお知らせしておきます。

1着固定だけで購入すると最高20点ですから、2,000円からスタートできますが、1着と2着に固定と1着と3着に固定と2着と3着に固定の3種類は最高40点になりますので4,000円からです。

しかし、Pランク2位を購入しないので実際には最高24点という事になって、購入はとてもしやすく「勝ち逃げ」としてはギャンブル性が強く、素晴らしいプラスが期待できるのです。

 

しかしこれを毎回やられては、マイナスのチャンスが増えてしまいますので、創意工夫が必要なのですが、プラス額が半端ないので魅力たっぷりなのです。

1位1着と2位1着固定という組み合わせも考えられますし、組み合わせは無限になりカットするオッズの80倍未満を60倍にしたり50倍にすれば、更に的中するチャンスは増える訳ですが、ヒントは組み合わせのデータをしっかり取る事です。

 

このデータをベース化することで、1位1着の組み合わせの出現率の高い日が判明するしますし、1位2着・3着の組み合わせの出現も想定出来る様になります。

私達もデータはありますが、完璧ではないしみなさんにそれを提供することはありません。

ギャンブルですから自分でデータを蓄積させた方がベターなので、どんな場合もデータをオープンすることはありません。

 

全ての日をクリアできる「勝ち逃げ」はないものですから、「Pランク」を遡ってチェックしてみれば判明することが沢山ありますし、どれが安全でどの方法が危険なのかが完璧に分かります。

確かに「ココモ式勝ち逃げ」は長い間に渡り私達を支えてくれましたが、今の若い人達は我々の時代とは考え方もギャンブルへの取り組み方も全然違います。

デジタル世代ですから「勝ち逃げ」も含め、競馬に対してのデータの扱いにも慣れていますので、戸惑う事がなく「Pランク」を受け入れてくれます。

 

その良い例として3連複との組み合わせ購入で、1着固定と2着・3着固定の3連単を上手に組み合わせて実験購入をしています。

近いうちにこの方法についても説明したいと思いますが、「勝ち逃げ」だけでなく「コロガシ」や「Win5」の様に他の購入方法でもプラスになっている方法もありますので、「Pランク」にはまだまだ隠された楽しみがあります。

みなさんと一緒に情報を共有したいと思っておりますので、アイデアがありましたらメールを送ってください。

 

今週はこれで終わりますが、近いうちにまたこの件で書きます!

HUAWEI・OPPOに続く中華スマホ!(Shun-J)

 ZTEが撤退してHUAWEIも雲行きが怪しくなって、中華スマホの環境が厳しくなりつつあるのですが、その中でもOPPOが頑張っています。

その後もXiaomi系の「Black Shark」が「KAZUNA」を通じて上陸したり、Amazonに出店してスマホを販売し始めたUMIDIGIやMEIZUなども魅力的なスマホを販売しています。

今年の9月末にはXiaomiがとうとう日本の代理店をオープンして、進出を果たしておりますが、これらのほかにもONEPLUSやVIVOなども注目のメーカーです。

 

これらのメーカーの特徴はフラグシップモデル以外にも4800万画素や6400万画素のカメラを搭載し、2万円から4万円のミドルクラスにも高品質のカメラを搭載してきたことには驚いています。

売れてるXiaomi「Black Shark 2」はSnapdragon855+Adreno 640・カメラ48MP+12MP・Selfie20MP・6.39インチAMOLED(2340×1080pixels)とそれは素晴らしいスペックなのです。

RAM6GB/128GB・RAM8GB/128OR256MB・RAM12GB/256GBと4種類が発売されていますが、最小構成のRAM6GB版のシルバータイプは17日までのキャンペーンで39,800円(税抜き)で販売されていますので注目です。

 

更に同じくXiaomi「Redmi Note 8 Pro」(25,590円〜)でHelio G90T+Mali-G76 MC4・カメラ64MP+8MP+2MP+2MPのクアッド・Selfie20MP・6.53インチIPS LCD(2340×1080pixels)・RAM6/8GB/64GB/128GB・バッテリー4500mAhとこれまた素晴らしいです。

 

SoCがMediatekという事ですがG90Tなら十分なパワーがありますし、普段使いならこれでOKです。

企業がそれぞれ努力して安くて良い製品を作る事は悪い事ではなく、普及品があってこその市場ですから安くて良品は大切な分野なのです。

今後どの中華スマホメーカーが進出してくるかは分かりませんが、そろそろ本気を出す会社があってもいいのではと思っています。

「新たなる勝ち逃げにチャレンジ◆19-113(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 前回で発表した購入金額表に沿って実験購入の結果を9日と10日ついて検証してみましょう。

※「3連単軸固定ココモ式勝ち逃げ」

レース 3連単A購入額 累計金額 3連単B購入額 累計金額
1R 2,000 2,000 4,000 4,000
2R 2,000 4,000 4,000 8,000
3R 4,000 8,000 8,000 16,000
4R 6,000 14,000 12,000 38,000
5R 10,000 24,000 20,000 58,000
6R 16,000 40,000 32,000 90,000
7R 26,000 66,000 52,000 142,000
8R 42,000 108,000 84,000 226,000
9R 68,000 176,000 136,000 362,000
10R 110,000 286,000 220,000 582,000
11R 178,000 464,000 356,000 938,000
12R 288,000 752,000 576,000 1,514,000
合計 2000円スタート 752,000 4000円スタート

 

 

1,514,000
 

 

 

先に9日ですが的中は下記の様になります。

ルール1:オッズ80倍以下の組み合わせはカット

ルール2:「Pランク」の2位は消し

ルール3:3連単A=軸を1着に固定・3連単B=軸を2着と3着に固定

 

東京3日11日)

A的中なし-752,000円

 

B的中24点500円的中 69,100−16,000=53,100円

03R11・09・13・05・15B13-9-11/13,820

 

京都3日(119日

◎A的中9点34,600円的中 4,141,620‐752,000=3,389,620円

12R04・03・10・09・08B4-10-9/11,970

 

◎B的中24点5,900円的中 1,556,420−582,000=974,420円

10R03・07・11・05・01A1-3-11/26,380

 

この日一日で東西で3,665,140円のプラス、ちょっと驚きの成績ですがギャンブル性が高いので余裕のない人には進められないのですが、一発力は凄いものがあります。

 

東京4日1110日)

A的中12点500円的中 92,350−16,000=76,350円

04R04・07・11・02・01B4-2-11/18,470

 

◎B的中なし−1,514,000円

 

京都4日(1110日

A的中12点500円的中 76,150−8,000=68,150円

03R06・08・12・03・02E6-12-2/15,230

 

◎B的中24点18,600円的中 4,925,280−938,000=3,987,280円

11R11・02・16・04・06B2-6-11/26,480

 

この日も東西の集計では2,617,780円プラスです。

ビックリした方が多いとは思いますが、軸はすべてランク1位でヒモは3位〜6位までの4頭ですから、1位からの3連単組み合わせは1着固定12点・2着固定で12点・3着固定で12点すべてを購入しても36点になるのです。

最終形ではないものの、現在実験購入中ですのでこのまま続けていきたいと思っていますが、実際にはその他の購入方法もありますので、今日は1着軸と3着軸、今日は2着軸と3着軸と組み合わせてスタートできるように工夫すれば、効率よく儲けられます。

 

私達は今後も会員を獲得するための営業活動や無料のメール会員も一切致しませんし、「勝ち逃げ」に使用する「Pランク」はこのブログ内で年内は伝達して参ります。

その後、研究室のあり方や今後の方向性を考えて、先に進みたいと考えております。

 

ここ10年ぐらいで春からクラシックの終わる6月までと、夏競馬、秋以降12月までの3回のデータおよびファクターの入れ替えが必要な事にも気が付きましたし、随分改良され整理されてきました。

⇒「新たなる勝ち逃げにチャレンジ」に続きます!

AMD TRX40チップセットマザー!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 第3世代Ryzen Threadripper対応AMD TRX40マザーが、ASUSから発表されました。

今回は3枚のが発表され販売開始はまだ発表されていませんが、今月中にはお知らせがあるものと思っています。

 

◎ROG Zenith 2 Extreme⇒E-ATX

 

 

 

◎ROG STRIX TRX40-E GAMING                  ◎PRIME TRX40-PRO

 

 

価格も不明なのですが、PCIe 4.0やWi-Fi 6にも対応して、Bluetooth 5.0など最新のシステムが揃ってますし、X570チップセットで感じたスムースゲーミングが、こちらでも更に上昇するものと思ってワクワクしています。

価格的には高価なマザーになりそうですが、他社の製品も出揃う頃には組み込みテストが終了していると思います。

 

ゲーミング環境を独占しつつあるAMDの第2弾が登場し、第3弾は噂のあるX590チップセットになるのかも楽しみです!

「新たなる勝ち逃げにチャレンジ 19-112(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の9月より私達は新しい「勝ち逃げ」にチャレンジしていますが、徐々にその面白さが分かってきました。

みなさんもお分かりの様に「Pランク」は1位から6位までの6頭で提供されますが、パソコンのデータ分析から生まれたものですから、人気に近いランクになるのが普通です。

中には極端に人気とズレてしまうケースもありますが、殆どのレースは人気に添ったレースが多くなります。

 

最初にこの違いを先週の日曜日の東京と京都の後半5鞍を人気と比較してみます。

ちょっと長くなりますので「勝ち逃げ」に興味がなければ、ここで止めて下さい。

5回東京4日(11月10日)

08R14・11・08・04・05・13B14-8-0/1,170/1,430/-------/-------

人気順14・11・13・08・05・04

 

09R10・08・07・03・09・04B8-9-10/1,150/2,090/700/5,180

人気順10・08・07・09・01・03

 

10R06・13・08・10・03・05D0-13-3

人気順06・13・10・08・04・02

 

11R04・15・16・08・14・09D0-16-9

人気順04・15・16・08・14・09

 

12R06・11・04・12・13・02C0-4-0

人気順06・11・13・02・09・01

 

5回京都4日(11月10日)

08R06・05・10・08・02・15C1-2-5/6-5-2/570/970/1,740/5,960

人気順06・05・08・10・02・15

 

09R08・03・05・02・10・06C0-1-6

人気順08・03・05・10・02・09

 

10R13・08・04・03・09・01B2-1-5/8-13-9/530/1,100/2,090/8,580

人気順13・08・04・03・09・01

 

11R11・08・02・16・04・06B3-6-1/2-6-11/3,380/5,440/4,060/26,480

人気順11・08・02・16・12・04

 

12R06・10・04・15・09・01B0-4-0

人気順06・10・15・04・09・01

 

1位=1番人気と2位=2番人気まではあまり変化がありませんが、メインレースや特別レースは情報量が多いので大きく順位が違う事はないのです。

ここはみなさんにも分かりますように、「エリザベス女王杯」の12番は騎手人気であることが確認できます。

これによって2着の「クロコスミア」は人気では7番人気となって、馬券は的中できなくなってしまいますが、流石「ルメール」騎手首差の4着に持ってくる訳ですから、やはり競馬ファンの目は無視できないものです。

 

この部分が明暗を分けることが多いのですが、こんな部分も「Pランク」の良いところなのです。

もちろん逆になるケースもありますが、「Pランク」と人気の違いは微々たるなものであることが判明したところで次に進みます。

 

下記の「勝ち逃げ法」は3連複376,000円、3連単2,256,000円での購入表ですが、9月より実験しているのが下の購入表です。

 

「ココモ式勝ち逃げ」

レース 3連複購入額 累計金額 3連単購入額 累計金額
1R 1,000 1,000 6,000 6,000
2R 1,000 2,000 6,000 12,000
3R 2,000 4,000 12,000 24,000
4R 3,000 7,000 18,000 42,000
5R 5,000 12,000 30,000 72,000
6R 8,000 20,000 48,000 120,000
7R 13,000 33,000 78,000 198,000
8R 21,000 54,000 126,000 324,000
9R 34,000 88,000 204,000 528,000
10R 55,000 143,000 330,000 858,000
11R 89,000 232,000 534,000 1,392,000
12R 144,000 376,000 864,000 2,256,000
合計 1000円スタート 376,000 6000円スタート

 

 

2,256,000
 

 

 

※「3連単軸固定ココモ式勝ち逃げ」

レース 3連単A購入額 累計金額 3連単B購入額 累計金額
1R 2,000 2,000 4,000 4,000
2R 2,000 4,000 4,000 8,000
3R 4,000 8,000 8,000 16,000
4R 6,000 14,000 12,000 38,000
5R 10,000 24,000 20,000 58,000
6R 16,000 40,000 32,000 90,000
7R 26,000 66,000 52,000 142,000
8R 42,000 108,000 84,000 226,000
9R 68,000 176,000 136,000 362,000
10R 110,000 286,000 220,000 582,000
11R 178,000 464,000 356,000 938,000
12R 288,000 752,000 576,000 1,514,000
合計 2000円スタート 752,000 4000円スタート

 

 

1,514,000
 

 

 

3連単Aは軸1着固定、3連単Bは軸2着と3着に固定して購入します。

⇒「新たなる勝ち逃げにチャレンジ◆廚紡海。