Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これからのオーディオ機器は「MQA」対応がキーポイント!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 PCオーディオ環境はハイレゾによって大きく変化しましたが、これからのキーポイントは「MQAファイル」に対応することがキーポイントとなります。

ハイレゾ再生が当たり前になったPCオーディオは、そのハイレゾファイルの大きさに頭を悩ましてきた訳ですが、MQAファイルのお陰で随分とサイズが小さくなるので、WAVファイルを100%として考えるとFLACやALACは60%〜70%、MQAは15%〜20%程度となりますのでストレージにはFLACの3倍は保存できるのです。

 

最初に「SONY」や「ONKYO」のDAP(デジタルオーディオプレーヤー)が対応して、私も「NW-A45」(20,000円前後)・「NW-ZX300」(59,600円前後)・「rubato DP-S1」(20,800円前後)・「private XDP-30R」(19,800円前後)等を試聴してみましたが、それぞれに特徴があってどれも音質はなかなかのものです。

「NW-ZX300」に関しては価格が高い分ワンランク上の音でとても気に入りましたが、MQAファイルの販売自体が少ないので比較が難しい状況なので、手あたり次第試聴してみました。

 

他にPCからは「MERIDIAN EXPLORER2」(29,800円前後)か普通のUSB-DACと「Foobar2000」や「Amarra 4」等で再生ができますので聴いてみて下さい。

ハイレゾ音源はまだまだ高価なのですが、やはりクリアで臨場感が増してとてもいい音なので本当に欲しくなってしまいます。

「MERIDIAN EXPLORER2」は買えますが、その他の対応製品が100万円以上と高価なので、エントリークラスの対応が待ちどうしいです。

 

「SONY」や「ONKYO」のDAPが対応したように、今年は沢山の製品が発売されると思いますが、LGのスマホ等も対応が発表されました。

また、プレーヤーソフトも「MQA Decoder」が搭載されて、さらに使いやすくなっているのが「Audirvana Plus 3」(Mac)や「Amarra 4 Luxe」(Windows&Mac)です。

これらはこれまで使っていたUSB-DACで利用が可能になるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

海外では「TIDAL」と「Audirvana Plus」が連携したサービスで、1月からMQAファイルのネイティブ再生が可能になっています。

 

これから沢山の対応製品でMQAファイルの再生が可能になる筈なので、もう少しプレイヤーソフトで我慢して下さい。

音の良いスピーカーとして売れている「KEF」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 KEFは随分楽しませてもらったメーカーで「iQシリーズ」には本当に長い間お世話になりました。

 

   

 

現行の「Qシリーズ」は「Q350」(ペア73,500円前)が人気で、同軸2ウェイバスレフ構成になっていますが、ジャズボーカルなんかは本当に素晴らしい艶のある音で大好きな音です。

一時期は66,000前後だったのですが、現在の価格はちょっと高いけどこのスピーカーは本当に魅力たっぷりですし、10万円以下のスピーカーの中ではベスト3に入ると思っています。

 

  

 

実は3枚目の写真のようにトールボーイ型のスピーカーもあるのですが、最近は見かけなくなりました。

試聴会にも行ってきたのでとても綺麗ないい音ですぐに欲しいと思ったのですが、「シゲ」さんも「創」さんも所有しているという事で、時々テスト用に借りてました。

 

「Q350」幅210mm×高358mm×奥306mm、8Ω、87dB、7.6Kg、弟分の「Q150」(61,600円前後)は180mm×307mm×278mm、8Ω、86dB、5.6kg、どちらもスタンドに載せるのがベストです。

モニター用に使うと良く分かりますがピュアな綺麗な音で、とても良いスピーカーだと思います。

 

 最近は暇なので、音楽を聴きながら記事を書くことが多くなっていますが、これからもちょっと「賢」さんと一緒に頑張って書きたいと思っています。

「賢」さんは根っからのオーディオファンで本業もオーディオ関係なので、新しい製品については情報が早くていろいろな情報を提供してくれます。

仕事でフランスやアメリカに行きますので、スピーカー買って帰ってきたりでいつも沢山のスピーカーを所有してます。

「富士山&珈琲&ハイレゾ」一杯のコーヒーに夢を託して18-07(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今朝7時の富士山、朝焼けが綺麗です。

とっても寒かった冬も、少し暖かい日が2日か続いてなんとなくホッとしています。

 

  

 

もう朝の日課になっており毎日珈琲を飲みながら富士山を眺めているのですが、先日「名水はだの富士見の湯」に行ってきました。

そこからの富士山もとても綺麗でした。

 

 今日は競馬の話は無しで珈琲のお話をしたいと思います。

日本の珈琲は長い間不遇の時代があってあまり質の良い生豆が輸入されなかったので、焙煎では随分と苦労したと思いますが、その事があってか珈琲は「深煎り珈琲」(よく似ているのがドイツのロースト)に偏って、日本独自の珈琲文化が発達しました。

ところが80年代後半からブラジルに次ぐ第2位の生産量を確保して、一気に珈琲市場に入り込んだのがベトナムでこちらの珈琲はロブスタ種といって、品質的にはアラビカ種に比較するとやはりどうしても落ちるのですが、インスタントコーヒーの原料として使われるようになって、低迷を続けた市場価格が2000年代になって回復し徐々に品質優先指向に変わっていきます。

 

こうして珈琲はここ15年くらいの間に「スペシャルティコーヒー」の生産が各地でされるようになったのです。

珈琲の木は収穫できるようになるまで6年も必要で、2001年ぐらいから各国が価格安定のために品質の良い珈琲を生産するよう各国の政府機関等がバックアップするようになって品質が急激に改善され美味しい珈琲が沢山」生産されるようになりました。

 

こうして生まれた「スペシャルティコーヒー」は特徴を上手く表す様に「浅煎り珈琲」で提供されるようになって、苦味の強い珈琲から産地の特色が良く出る美味しい珈琲に変化していきました。

私も「深煎り珈琲」に慣れ親しんでましたので、最初に飲んだ「ハワイコナ・エクストラファンシー」には感動したものです。

以前は酸味の強かった「ハワイコナ」がまるでワインを飲んでいるような、コクのあるスッキリとした甘味に柑橘系の香り漂うバランスの良さにノックアウトされたものです。

 

「ブルーマウンテンNo.1」が最高級だった時代と違って、今は沢山の美味しい珈琲がありますので、みなさんも試してみて下さい。

沸騰したお湯ですと苦味が強く出てしまいますので、85℃〜90℃前後でドリップするのが一番美味しいです。

デジタル温度計を用意して淹れているので、美味しくてついつい飲みすぎちゃいますが、毎朝富士山を眺めながら飲む珈琲は本当に楽しみです。

 

 珈琲を飲むときは富士山を観ている時ばかりではなく曇って見えない日もありますので、そんな日は音楽を聴きながら1時間ぐらいですがノンビリとしています。

最近PCの中に「ハイレゾ音源」をためこんで聴いているのですが、ハイレゾになって音楽を聴くのも楽しくなりジャズボーカルやボサノバを聴いています。

PCデスクの前ですからブックシェルフのスピーカーとUSB-DACとアナログアンプの組み合わせで聴いているのですが、奥行きと臨場感のある音が何とも気持ちが良くて時々居眠りをしてしまいます。

 

日課みたいになってしまっているので、朝ごはんの時間(7時半から8時)が終わると、1時間ぐらいは富士山を眺めたり音楽を聴いたりして、木曜日のあさ9時頃から競馬データのチェックに入りますが、午前中には終わります。

午後はランチを食べたら昼寝の時間、夜中に起きて仕事と勉強(オーディオ・競馬・PC)をしていますので、朝は起きるのが3時前後が多く競馬の勉強が一番疲れます。

 

出来るだけ「シゲ」さんや「吾郎」さん達にも連絡取っているので、ちょくちょく顔を出してくれるし、それぞれいろいろと楽しんでいるようで病気もしないし元気一杯でうれしいです。

「一杯の珈琲に夢を託して」は「日本馬の凱旋門賞優勝」だけでなく、色々な夢が託されています。

 

最近ちょっと書き過ぎですが、暇を持て余している状況なのでいろいろと呼んでいただけると幸いです。

DAC搭載のオーディオ機器を上手に利用してハイレゾを楽しむ!◆文)

JUGEMテーマ:オーディオ

 特集の2回目は「ネットワークオーディオプレーヤー」も「ネットワークレシーバー」もと思ったのですが、「ネットワークオーディオプレーヤー」はアンプが別途必要になりますので、今回は「ネットワークレシーバー」だけにしました。

 

このタイプですと最近はAVアンプもミニコンポのレシーバーも同じなのですが、私の場合はCDプレーヤーは必要ありませんので、「YAMAHA」の「R-N303」(36,400円前後)を使っています。

実際にはBluetooth機能がワンランク上がってハイレゾに対応してくれたら一番いいのですが、現時点ではこのタイプが使いやすいのです。

 

  

ハイレゾのテスト用ですので192kHz/24bit、DSD5.6MHzダイレクト再生にも対応していますので十分です。

「Room365」では実際にヘッドホンで聴くことが多いので、ハイレゾのチェックにはサイズが大きいと思うのですがニアフィールド環境での定格出力が80W×2と余裕があるので、結構いい音が聴こえてきます。

 

エントリークラスという事ですが、本当に便利でNASに用意されたファイルもスムースに再生してくれます。

音にこだわるなら上位機種のヤマハ「R-N803」(83,200円前後)がいいですが、このエントリークラスならマランツ「M-CR611」・オンキョー「CR-N775-S」・PIONEER「XC-HM86」等、30,000円強〜60,000円以内で買えるものが多く狙い処の製品なのです。

 

96kHz/24bit〜192kHz/24bitで十分なので、その分スピーカーやヘッドホンは良いものを購入してください。

「富士山&温泉&競馬」一杯のコーヒーに夢を託して18-06(Kei)

JUGEMテーマ:天然温泉

 今回の富士山は、16日朝7時・8時・9時の逆さ富士です。

とても綺麗ですが寒そうですね?

 

  

 

さすがにこんなに寒いと河口湖にも行けないのですが、昨年までは11月から2月までの間に3年連続で山中湖か河口湖に行きました。

温泉もあって本当に大好きな富士山です。

 

 今回の日帰り温泉は「湯河原」という事になり特集の最後なのですが、1700年もの歴史を持っている温泉郷だけにいろいろと楽しめますし、最近はラーメン「飯田商店」も有名でいつも沢山の人が並んでいます。

「湯河原」のホテルの温泉は開放感のある施設が少なく、高台にあるホテル以外は眺望が期待できませんし、温泉施設が小さい事もありますが、足湯温泉施設「独歩の湯」等も含め日帰り温泉施設が充実しており利用し易いです。

 

いずみの湯(ニューウェルシティ湯河原)⇔大人1,000円・とても開放感のある露天風呂が気持ちいいです。サウナあります。

 

  

 

ゆとろ嵯峨沢の湯⇔大人1,350円・日帰り専用施設で何種もの温泉が楽しめますし、宿泊もできるようになりました。

大滝ホテル⇔大人1,000円・お食事つきプランもあって露天風呂も大きくていいです。

湯河原ラドンセンター⇔大人1,630円・駅から1分と非常に近い「ホテル城山」にありますので湯河原の定番です。

 

湯河原にはとても良い宿泊施設が沢山ありますので、お料理の美味しさと温泉を1泊して楽しんで欲しいものです。

 

 今日は珈琲の話は抜きにして「競馬」の話題をお届けします。

世界中のG1レースを見まわすと1月27日アメリカ「ペガサスワールドC」を皮切りに、3月24日オーストラリア「ゴールデンスリッパ―S」&「ジョージライダーS」、3月31日UAE「ドバイワールドカップデー」へとつながっていくのですが、日本のG1は2月18日の「フェブラリーS」からスタートです。

 

クラシックレースは日本では4月からなのですが、アメリカ・イギリス・フランスは5月からスタートします。

今年のクラシックは新種牡馬の「オルフェーヴル」産駒や「ロードカナロア」産駒に期待していますので、もう少し頑張って欲しいのですが、デビューから無傷の「ダノンプレミアム」(ディープインパクト産駒)は馬体重を増やしながらの3連勝と2回のレコード勝ちで、無事ならこの馬の「皐月賞」は1着確定だと思っています。

 

4戦4連対の「ステルヴィオ」は「ロードカナロア」産駒で「ダノンプレミアム」との差を詰めるためには、今後のトレーニングにかかっているようです。

「ホープフルS」の勝馬「タイムフライヤー」も注目していますが、こちらは「ハーツクライ」産駒で距離延長の心配はなさそうなので「ダービー」では逆転が可能になるかもと考えています。

今年の3歳馬にはワンランク上を目指して欲しいので期待一杯なのです。

 

DAC搭載のオーディオ機器を上手に利用してハイレゾを楽しむ! 文)

JUGEMテーマ:オーディオ

 特集の1回目は「AVアンプ」を使ってハイレゾを楽しむ方法です。

AVアンプと言うと5.1chや7.1chというマルチチャンネルのホームシアターを思い出しますが、2ch構成でも音楽を聴くこともできますし、サブウーハーを使った2.1chにも対応していますし、AiePlayやBluetoothにも対応、ネットワークレシーバーの機能もしっかりと備えております。

 

PCから5.1chを信号を送り出すには結構ハードルが高いものですが、HDMIやUSBの他にデジタル(オプティカル又はコアキシャル)出力のあるマザーであればと思う方も多いと思います。

ところがオプティカル又はコアキシャルは2chが最大で、マルチチャンネルはAC-3/DTS/AAC等の圧縮音声で対応しているのです。

したがって、USBやHDMIの方がデジタルのまま伝送されるので、最後にデジタルからアナログに変換すれば良いのでこちらの方が有利なのです。

 

  

 

私が使っているAVアンプは「ヤマハ」の「RX-V583」(41,900円前後)ですので、最大7.1chまでの対応で音質もこのクラスではとてもいいと思います。

映像に関してもHDRに対応して、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングにも対応して非常に綺麗な4K再生が可能になりましたし、DACチップも384kHz/32bit対応を5基も搭載して、2chステレオも本当に音が良くなってビックリです。

ハイレゾ音源はネットワーク経由でも可能ですしとても便利です。

 

こんなにAVアンプの2chがこんなにいい音がするとは本当にビックリですが、組み合わせるスピーカーによってはもっと良くなるかもしれませんので色々と模索しています。

やはり16畳のリビングで聴くにはちょっと工夫が必要ですが、大き目のスピーカーやトールボーイ型ならハイレゾの良さはしっかり確認できます。

 

PCルームや書斎などのニアフィールド環境ならブックシェルフスピーカーでもハイレゾの良さが分かりますし、ヘッドホンならさらに良く聴こえます。

少しづつAVアンプも変化してきていますので、これから発売される製品はMQAにも対応してさらに便利になる筈です。

音の良いスピーカーとして売れている「DALI」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 DALIのスピーカーはなぜか世界中で人気があって、しかも素晴らしい数多くの製品が販売されており、国産派の私も2セットのDALIが

PC工房に用意してあって、サウンドテスト用に使っています。

今や優良企業に成長したこのデンマークの会社は「Danish Audiophile Loudspeaker Industries」の頭文字を合わせたもので、意味はデンマークのオーディオマニアのスピーカー工場だそうです。

 

  

 

キッカケは「ZENSOR 1」(写真左ペア28,300円前後)で幅162mm×高274mm×奥228mmとサイズ的には少しだけ大き目ですが、とてもバランスが良いスピーカーで臨場感が違って聴こえます。

もう少し大きいのが「ZENSOR 3」(ペア46,300円前後)の幅205×高351×奥293mmとなっており、どちらもとても良い音でした。

 

写真右の右側が「ZENSOR PIKO」で、左側が最近注目の「SPEKTOR 1」(ペア24,000円前後)幅140×高237×奥195mmが素晴らしいバランスでいい音です。

サイズが小さいだけにいろいろなシーンで使えます。

 

  

 

また、息子たちが注目しているのが「ZENSOR 1AX」(ペア63,500円)と「ZENSOR 5AX」(ペア104,800円前後)の、このシリーズのアクティブスピーカーで音もしっかりしていて、音楽制作には便利な製品です。

 

どんなアンプでもバランスの良い音で、海外製品の中でも特別な存在感がある「DALI」の製品、日本製品にはない趣が最高です。

私のオーディオは日本製品が多いのですが、スピーカーだけは海外製品に注目しています。

「富士山&温泉&珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-05(Kei)

JUGEMテーマ:天然温泉

 最初にいつもの様に14日朝8時30分頃の富士山です。

少しづつ雪が増えて日毎に真っ白になってとても美しいです。

 

  

 

忍野富士と河口湖大石からの写真です。

 

 みなさん十国峠からの富士山も綺麗で素敵ですが、最近は熱海からバスがありますので便利です。

私は若い頃から十国峠にはよく行きましたので思い出が沢山あります。という事で

今日は「熱海」の「日帰り温泉」を特集してみましたが、数多くのホテルで日帰り温泉が楽しめますので、是非行ってみて下さい。

熱海ですから眺めが良いところを中心に選んでみました。

 

「新かどや」⇔熱海駅から徒歩30分タクシー8分、大人1,230円・13時〜16時・熱海の街並みが一望できます。

「ホテル ミクラス」⇔熱海駅から徒歩15分、大人2,500円・14時〜20時・海が一望出来て最高です。

 

   

 

「後楽園ホテル」⇔熱海駅タクシー10分、大人1,800円・11時〜14時・大きな湯船に海が一望できます。

「ニューアカオ」⇔熱海駅から送迎あり、大人1,700円・13時〜17時・海際の露天風呂は気持ちがいいです。

 

   

 

「ロイヤルウィング」⇔熱海駅から送迎あり、大人2,200円・13時〜17時・眺めが最高のヒノキ風呂は気持ちがいいです。

 

   

 

 熱海の温泉の基本は「海が見える事」ですので眺めの良い温泉を選びましたが、他にも沢山ありますので探してみて下さい。

私は週に1回か2回ペースで行きますが夏は疲れてしまうので、寒い冬の方が多くなります。

 

湯冷めをしないように注意しないといけないので、ユックリと身体を暖めてから食事をしてサッと帰るようにしています。

私の所から「熱海」は1時間、「箱根湯本」は48分、「湯河原」は50分で行けますのでとても便利です。暖まりますよ!

10万円以下で構築するハイレゾ対応オーディオシステム◆穂董

JUGEMテーマ:オーディオ

 弟(駿)はONKYO&PIONEERという組み合わせで、他にピアノ用のスピーカーもPIONEERです。

私はKenwoodのKシリーズが好きでコンポは2セットありましたが、スピーカーはどちらも「LS-K901」(21,000円前後)にしたいと思っていましたが、最近は好みが少し変化しました。

中低域がしっかりと出てくれるパワフルなKenwood「Kシリーズ」はロックやクラブ系にピッタリだったのですが、最近はレゲエやボサノバが好きになってちょっと変化しました。

 

たまたまKシリーズのアンプがデジタルという事もあって、最近はアナログアンプを購入した時期もありましたが、便利なネットワークレシーバー経由での聴くことが多くなりました。

 

  

 

したがって「LS-K901」+ONKYO「CR-N765」(29,700円前後)がベストの組み合わせで、もう1セットはヤマハ「R-N602」(42,200円前後)+DALI「SPEKTOR1」(24,000円前後)の組み合わせです。

時々はスピーカを交換するのですが、どちらの組み合わせもいい音です。

 

  

 

こんな感じでちょっとKシリーズから離れたのには音楽の好みが変わったからなのですが、ハイレゾになってちょっと疲れない組み合わせを考えるようになりました。

コンポだとどうしても偏った音の傾向になるので、海外製品にも目を向けるようになりましたし、新しい環境がとても気に入っています。

 

やはりブックシェルフですとニアフィールドという事になりますが、ハイレゾ環境ではパワードスピーカーもいいかもと物色中です。

自由にいろいろと組み合わせて楽しんでいますし、最近は楽器を弾いたりしますので少しづつ録音できる環境も整えています。

先にPC環境を最新のパーツで自作してみましたが、非常に快適ですし音も良くなりました。

「富士山&温泉&珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-04(Kei)

JUGEMテーマ:天然温泉

 今朝6時20分頃の河口湖の富士山ですが、とっても寒そうです。

それでもやっぱり綺麗です!

 

  

 

 昨日は「鶴巻温泉」の「弘法の里湯」で湯ッタリでした。

これだけ寒いと温泉が恋しくなりますので、今日の「日帰り温泉」は「強羅」特集です。

 

山田屋旅館⇔ケーブルカー早雲山駅から徒歩2分、大人1310円・12時〜16時(繁忙期15時まで)寄木細工が綺麗ですし、標高800mもあるので時々雲海が見えることがあります。

 

  

 

ラフォーレ強羅⇔ケーブルカー中強羅駅から徒歩5分、大人1500円・12時〜16時まで・お料理も楽しみです。

 

箱根太陽山荘⇔強羅駅から徒歩3分、大人1100円・11時〜15時まで・国民宿舎で登録有形文化財の建物が素晴らしいです。

 

  

 

強羅近郊のホテルは日帰りできる温泉は少なめでお湯が白濁しているのが特徴ですが、無色透明な温泉もあります。

 

 朝の珈琲は平日はエスプレッソが多いのですが、競馬当日は朝が早いのでいつものブレンド珈琲を一杯づつ淹れて飲んでます。

競馬が始まる10時前後にはもう2杯も3杯も飲んでいることが多いので、ランチを食べるまでは珈琲は控えていますが、メインレース前に1時間から2時間お昼寝してから、珈琲の準備をしてメインレースに合わせて淹れます。

 

珈琲の抽出温度(ペーパードリップの場合)は85℃〜90℃前後が最適で、沸騰したお湯ですと苦味が強くなりますし温度が低いとイガミが強くなるし飲み頃の温度を下回ってしまいます。

きちんと温度計を用意してサッとエキス分だけ抽出して、お湯割りにした方が美味しいです。

 

エスプレッソは「カフェラテ」を作る時にマシンを用意したのですが、家族のみんなもよく利用していますし、私は目覚ましになっています。

甘〜くして飲むのが好きですが、砂糖は沈めたままで掻きまわさないで最後にドロドロの状態にしていただきます。これ最高!