Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
煩いPCはいらないとTDP65W以下に拘るエンジニア達!Part2(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 美しくて小さくてそしてサクサクなPCというと聞こえはいいですが、小さい=遅いPCというイメージが強いので小さなPCは可愛いというイメージがあってもゲームでヌルヌル動くとは思えないようです。

父の様にまったくお金を気にする訳でもなく、与えられた予算内でPCを組み込む為にいろいろと工夫をしているのですが、必要不可欠な拘りが3つあるそうです。

 

1:外見よりもヌルヌルに拘る。

2:大きさよりノイズ対策に拘る。

3:出来る限りスピンするパーツを使わない。

 

もちろんエアフローなどにも注意が必要ですが、ファンもスムースに回るタイプで羽に工夫があれば風切り音は少なくなるものですし、色々な形でノイズ対策を取る事が出来ます。

最近強化ガラスを使ったケース等もありますが、以前みなさんもガラス素材のターンテーブル等も見たことがあると思います。

熱を伝えにくい素材を使ったケースやサイドにゴムを貼り付けたものなど、色々と振動やノイズ対策がされているものがありますが、どこかで諦められた部分も沢山あったように感じています。

 

これまで大きなケースで沢山の「GamingPC」を組み込んできた訳ですから、その大切なイメージを小さな「MusicPC」にも応用しているのですから、素晴らしい環境の構築が可能になる訳です。

これまでもPCケースの素材には拘ってきた訳ですが、静電気が起きない環境も必要で電源などにも気を遣い使用してきたそうです。

 

みなさんの中にも家の中にあるコンセントで、特別にノイズが入ってしまう箇所が見つかったり、とても静かなコンセントがあったりと、そんな経験をした方もいると思いますが、そんなコンセントもちょっとだけクオリティの高いコンセントに換えるだけでもノイズから解放されるものです。

 

今日はそのコンセントについて触れてみたいと思います。

中でも大切なのは「壁コンセント」、出来たらオーディオ用に交換したいところですが、ある程度の所で止めておかないと泥沼に嵌ってしまうのが「オーディオ用」なのです。

実はアナログ系とデジタル系によって「壁コンセント」は大きく変化しますので注意して欲しいのですが、ロジウムメッキなどのコンセントはデジタル系には合わないものですので、できれば非メッキタイプを使う事でノイズ対策にもなりますし、サウンドはよりフラットになるものです。

 

良くホスピタルグレードというコンセントがありますが、これがノイズの原因になってしまうケースが多くホワイトノイズのサーという音がでて困ったことがありました。

PCも同じで壁コンセントによってはちょっとノイズが酷くなったりしますので、非メッキタイプのPanasonicの「WN1512K」(490円)に変更してノイズから解放されたこともありました。

こんなこともあるのですが、長くなりましたので次回もう少し詳しく書いてみます。→お楽しみに!

「仮想通貨」24日朝から値上がりした仮想通貨!(創)

JUGEMテーマ:仮想通貨

 前回4月19日〜20日にコインを売り少し返していただきましたが、24日にまた動きがありましたので売りました。

さらにじっくりと待って売りぬけば、きっと勢いを取り戻せると思っています。

 

コイン名・2月23日⇔2月25日⇔3月9日⇔3月15日⇔4月24日売り

BTC・・ ーーーー⇔ーーーー⇔ーーーー⇔--------⇔----------

ETH・・   89,000 ⇔ーーーー⇔77,100  ⇔65,300⇔(70,907)   

XRP・・   ーーーー⇔  97  ⇔      88  ⇔ーーーーー(96.28)  

LTC・・     20,800⇔ーーーー⇔17,100 ⇔--------⇔-----------  

MONA・         572⇔ーーーー⇔     442 ⇔--------⇔-----------

LSK・・  ーーーー ⇔ 2,110 ⇔  1,530 ⇔ 1,289⇔------------ 

 

購入額の多いETHが売れた事とXRPがあと1回分となった事で、随分資金が戻りましたのでこれからじっくり待って、買い足していこうと思っています。

残りの問題はLSKが金額が多いので、これを含め3月9日分がすべて売れたらずいぶん楽になりそうです。

 

今回は2ヶ月以上も待っていたので、ちょっと慌てましたがもう少しで資金は戻りますので我慢比べですし、香港(今週末)にもケンタッキー(来週末)にも行きたいくらいです。

 

「天皇賞春とクイーンエリザベス鏡C」一杯のコーヒーに夢を託して18-37(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今週末は日本では「天皇賞・春」、香港では「クイーンエリザベス鏡C」と2鞍のG1レースが行われますが、どちらも私達にとっても大切なG1レースですので、取り上げてみました。

 

「天皇賞・春」(芝3200m)は京都競馬場の名物レース、16年と17年はブラックタイド産駒の「キタサンブラック」が連勝、13年〜15年の3年間はステイゴールド産駒の「フェノーメノ」(2年連続)と「ゴールドシップ」が勝ちました。

今年のレ―ティングを見ると「ジャパンC」を勝った後G1「大阪杯」13着と敗れた「ジュヴァルグラン」が微妙な感じで、「レインボーライン」・「クリンチャー」・「サトノクロニクル」・「ガンコ」・「アルバート」・「トーセンバジル」らといい勝負かなと思っていますので、今年はちょっと混戦かなと思っています。

 

「クイーンエリザベス鏡C」(芝2000m)は02年に「エイシンプレストン」1着、「アグネスデジタル」2着で初優勝と国際レースでの初上位独占のオマケつき、翌03年も「エイシンプレストン」が勝って連覇していますし、12年には「ルーラーシップ」、17年「ネオリアリズム」が勝っておりお馴染みのレースでもあります。

日本から参戦の「アルアイン」は皐月賞馬ですが、前走「大阪杯」3着で5戦連続勝鞍に見放されていますが、徐々に馬体にも成長が見られますので期待したいですし、もう1頭の「ダンビュライト」も皐月賞3着、菊花賞5着とG1でも善戦しており12年優勝のルーラーシップ産駒だけに注目しております。

 

海外勢では「タイムワープ」(香港C・香港ゴールドC)・「ピンハイスタ―」(香港ダービー)・「パキスタンスター」(昨年の2着馬)等が有力ですが、日本馬にも大きなチャンスがありそうですしできれば応援に行きたいものです。

29日はその他にもフランスで「ガネー賞」(芝2100m)が行われますが、ヨーロッパのシーズン最初のG1という事で大切なレースでもあります。

 

 この次の週は下記の様にアメリカとイギリスでもクラシックがゲートインです。

 

★5月04日アメリカ「ケンタッキーオークス」

★5月05日アメリカ「ケンタッキーダービー」・イギリス「2000ギニー」

★5月06日イギリス「1000ギニー」

 

「ケンタッキーダービー」は随分昔ですが「シゲ」さんと二人で観戦、大きな声で声援したものですが懐かしいですしまた行きたいですね。

でもイギリスの「2000ギニー」は一度も行った事がなかったので、こちらも現地で観戦してみたいです。

どちらも今年は何人か応援に行くようですが、日本馬が出走していたら最高です!

煩いPCはいらないとTDP65W以下に拘るエンジニア達!Part1(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 私の父は21年もの長い間PCとオーディオの融合を目指して、色々な「MusicPC」の製作をしてきたという事なのですが、私はその父が組む込んだ「GamingPC」育ったものですから、PCとはこんな物だと思っていました。

しかしPCは自作に拘り、周辺機器は当時「サウンドブラスター」でお馴染みのクリエイティブメディアの製品が多く、キーボードやマウスも早くからGamingの名が冠されたものでしたし、最近はAVアンプを使っています。

 

したがって「MusicPC」もPC⇒USB-DAC⇒アンプ⇒スピーカーという接続になっていて、最近は素晴らしいクリアーないい音で音楽が聴けるようになったのです。

私は普段ピアノが大好きで小学の頃から弾いていますが、その音さえもデジタル化された装置でまるで以前とは違った音に聞こえるようになりました。

 

  

 

ここ5年ぐらいで大きく変化したようですが、それはPCに使われているプロセッサのTDPに大きく関係しているようですし、ケースの素材にでも大きく差が出てくるそうで、誰かがそんな特集を以前してました。

 

今回初めて書きますが、私の使っている「GamingPC」はゲームをしない時はとても静かで、ファンの回る音が本当に微かにしか聞こえないのですが、それはある程度の負荷がかからないとグラフィックカードも電源のファンも、回らない仕様になっているそうで、初めてその拘りを教えていただきました。

何気なくいつも使っているので、気が付かなかったのです。(笑)

 

そして分かったことがもう一つ、TDP65W以下ならという条件が付くのですが、無音状態でPCを動かすことが出来るそうで父の「MusicPC」の原点はどうやらそこにあったようです。

最近その事で話しをしたら、実際にはもっと大切な問題があった事が分かってビックリです。

 

最近のマザーは殆どが熱センサーが付いているので、温度が高くなるとその分ファンの回転数が上がるようになっていて、プロセッサやグラボの温度が上がればファンの回転数が上がって、音も振動も大きくなるのが普通なのです。

したがって、振動による影響と音による影響でノイズが沢山出てしまうのだという事で、そのために静かなるPCを組み込む必要があったのです。

 

そんな小さな違いと思っていたのですが、なんと実験してみると大きな違いがある事が分かりました。

振動が大きくなるにつれて音は籠って聴こえるようになるのが確認できますし、ファンの風切り音が聴こえてくるのが不思議と分かるものですから、拘る理由に納得してしまいました。

「836万円のWin5的中の夢」一杯のコーヒーに夢を託して18-36(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 宴会でのみんなの興奮は大変なもので、22日の「Win5」836万円的中をお祝いしました。

もちろん研究室の全員が的中した訳ではないのですが、100万円以上の的中時はみんなでお祝いをしています。

今年の「Pランク」内での的中は下記の様に、ここまで8回の的中があります。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

 

全部を的中させた研究員は一人もいませんが、100万以上の配当を確実に的中させている方はいますし、「Win5」と準オープン以上のメインレースの情報はブログ内で無料で提供していますので、見てくれている方の中にも的中者は実際におりますが、今日はそのテクニックについて書いてみました。

 

★「Win5&メイン」対象レース

●京都10R02・01・11・12・10・03⇔12→勝馬です。

●東京10R16・06・02・15・13・14⇔13

●福島11R16・02・14・06・11・15⇔16

●京都11R04・09・08・05・10・01⇔05(G2マイラーズC)

●東京11R04・01・10・12・16・11⇔04(G2フローラS)

 

このように「Pランク」は「勝ち逃げ」用にだけ考えられている様に思うかもしれませんが、実はメインレースにも十分に対応しているもので、準オープン以上のレースではデータが非常に大切なファクターになります。

それは私の21日発表「一杯の珈琲に夢を託して」の記事を読んでいただければ、そのヒントにはなると思います。

 

下記の様に書かれてありました。(全文そのままです。)

 

「マイラーズC」はマイル戦ですからG1で2着2回ある「エアスピネル」が主役に見えますが、休み明けでちょっと状態微妙なのです。

「サングレーザー」もG1「マイルCS」3着ですがこちらも休み明け、4連勝のあと2戦連続グレードレースで掲示板の「Frankel」産駒の「モズアスコット」やハーツクライ産駒の「ロジクライ」も前走の時計が魅力で注目したいです。

 

一方の「フローラS」はディープインパクト産駒の「サトノワルキューレ」・「オハナ」・「レッドベルローズ」に、ハービンジャー産駒の「ノームコア」に注目しています。

    

実際に私は「マイラーズC」も「フローラS」も上位に取り上げた3頭を選びましたし、その他のレースは下記の様に馬を選びました。

★京都10R「桃山S」⇒最初に2番・1番・11番の中から4歳馬の2頭選び、12番・10番・3番の中から長休明けの12番はクラス2勝の実績から残し、暖かくなっても絞れない10番を消して3番を残し4頭に絞りました。

 

★東京10R「鎌倉S」⇒ここは16番・6番・2番の3頭から昇級の16番を消し、15番・13番・14番の3頭から休み明けの7歳馬14番を消して4頭に絞りました。

 

★福島11R「福島中央テレビ杯」⇔ここはこう一番の難解なレースで、十分に時間をかけて絞りました。16番・2番・14番の上位人気馬から昇級の2番を消し、6番・11番・15番から展開的に厳しい6番と15番は消して11番を残して3頭に絞りました。

 

これで購入は4頭×4頭×3頭×3頭×3頭=432点となります。

ポイントは10Rまでなら馬体重チェックが可能ですので、何時も購入はギリギリになりますがスリル満点ですし、裏開催のメインレースは4頭でも的中しないことが多いですので、4頭に絞っても5頭でもいいと思っています。

 

そんなに難しく考えて購入することはないですが、裏開催メインを4頭選びで576点ですし、5頭選びなら720点です。

「Win5」は1年間で55回前後の勝負となりますので、例え720点づつの購入でも396万円以上の配当が1回的中すればプラスになります。

絞り放題ではなく上位3頭から2頭、下位3頭から2頭の4頭選びでも1,024点で年55回で563.2万円ですから、今回の様に836万円の的中なら1年分の購入額よりも多い配当なので十分にプラスになります。

 

お金が足りないなら4人や5人のグループ購入でもいいのではないでしょうか?

何よりも1着馬が当たる度にドキドキワクワクが味わえるのですから、これ以上の快感はありませんし、5鞍目が的中した時は目の前がクラクラするくらいの衝撃が「ああ〜快感!」です。(笑)

くれぐれも「ギャンブル依存症」にならないように注意しましょう!

第二世代Ryzenシリーズ発売です!(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 4月19日にAMDから第二世代の「Ryzen」シリーズが発売されましたが、4種類のラインアップあって「Ryzen 7 2700X」・「Ryzen 7 2700」・「Ryzen 5 2600X」・「Ryzen 5 2600」と世界初の12nmプロセス・テクノロジーを活用したプロセッサーとなっています。

 

「Ryzen 7 2700X」(41,000円前後)⇒コア8/スレッド16・ベースクロック3.7GHz・ブーストクロック4.3GHz、Smart Prefetch Cache20MB、TDP105W。

 

「Ryzen 7 2700」(38,800円前後)⇒コア8/スレッド16、ベースクロック3.2GHz・ブーストクロック4.1GHz・Smart Prefetch Cache20MB、TDP65W。

 

「Ryzen 5 2600X」(28,000円前後)⇒コア6/スレッド12、ベースクロック3.6GHz・ブーストクロック4.2GHz・Smart Prefetch Cache19MB、TDP95W。

 

「Ryzen 5 2600」(24,800円前後)⇒コアが6/スレッド12、ベースクロック3.4GHz・ブーストクロック3.9GHz・Smart Prefetch Cache19MB、TDP65W。

 

およそ第一世代より10%〜15%ぐらいの性能アップとなっていて、かなり期待出来そうでみんな必死に組み込みチェックをしていましたが、マザーが非常に少ない入荷でしたのでジャンケンで決めてました。

現在ASROCだけですが、これからMSI、GIGABYTE、ASUSの順に入荷すると思います。

ゲーミングマザーで入荷したのは「ASRock Fatal1ty X470 GAMING K4」だけでしたが、紹介だけしておきます。

 

  

 

シンプルでとてもいい感じですが、これから発売されるマザーも注目ですし、Ryzenシリーズはこれまで私が出会ったAMDの製品中もっとも素晴らしいプロセッサーだと思っています。

「ラッキーライラック凱旋門賞1次登録」一杯のコーヒーに夢を託して18-35(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 オルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」が「凱旋門賞」の1次登録をしたようです。

関係者サイドはこれからの成績を見て遠征を決定するという事ですが、実現したらみんなで応援に行きたいですね?

夢への一歩を踏み出してくれただけでもワクワクしてしまいますが、これからの日本の競馬にもビッシリと力が入るというものです。

 

 今週はまだデータの入れ替え作業の最中で、「勝ち逃げ」は間に合わないかもしれないのですが、「メインレース」と「Win5」のPランクだけは提供しようとさっきまで頑張ってきました。

みんなも交代で仮眠を取りながらの作業を続けていますが、「安田記念」へ向けてのG2「マイラーズC」とクラシック「オークス」に向けてのG2「フローラS」が行われますので、ちょっとだけ触れてみたいと思います。

 

「マイラーズC」はマイル戦ですからG1で2着2回ある「エアスピネル」が主役に見えますが、休み明けでちょっと状態微妙なのです。

「サングレーザー」もG1「マイルCS」3着ですがこちらも休み明け、4連勝のあと2戦連続グレードレースで掲示板の「Frankel」産駒の「モズアスコット」やハーツクライ産駒の「ロジクライ」も前走の時計が魅力で注目したいです。

 

一方の「フローラS」はディープインパクト産駒の「サトノワルキューレ」・「オハナ」・「レッドベルローズ」に、ハービンジャー産駒の「ノームコア」に注目しています。

ここからの「オークス」馬は大変厳しい状況ではありますが、チャンスゼロではないと思いますのでしっかりとチェックしたいものです。

 

 今週はPCの換装作業にデータ分析、それにデータの入れ替え作業を含め本当に大変でしたし、まだ作業が続いていますのでゆっくりと起きて日曜日に備えたいと思っています。

それに美味しい珈琲があればそれだけで幸せなのですが、2日間ゆっくりと競馬を楽しむ心算です!

「仮想通貨」19日から値上がりし始めた仮想通貨!(龍)

JUGEMテーマ:仮想通貨

 4月1日にこれから上がり基調になるとみて、「創」さんと相談して買い増ししましたが、19日から徐々に上がり始めたので売り時を考えて19日から20日朝にかけて1日購入したコインを売りました。

あとはじっくりと待って売りぬけば、きっと勢いを取り戻せると思っています。

 

コイン名・2月23日⇔2月25日⇔3月9日⇔3月15日⇔⇔4月1日⇔4月20日売

BTC・・ ーーーー⇔ーーーー⇔ーーーー⇔--------⇔---------⇔

ETH・・   89,000 ⇔ーーーー⇔77,100  ⇔65,300⇔ 41,796(59,615)  

XRP・・   ーーーー⇔  97  ⇔      88  ⇔  75.11⇔ 52.38(85.16)

LTC・・     20,800⇔ーーーー⇔17,100 ⇔--------⇔ 12,579(15,757) 

MONA・         572⇔ーーーー⇔     442 ⇔--------⇔   330(408.5)

LSK・・  ーーーー ⇔ 2,110 ⇔  1,530 ⇔ 1,289⇔     766 (1,238)

 

実際には4回分の最後の分だけ売り、残りの3回分は残っている訳ですからまだまだですが、少しは良い兆しが見えてきた様に感じています。

4月1日分はすべて売り抜きましたので、次は3月15日分を売り抜ければ3月9日分で殆どが終了となるのですが、ちょっと早そうですが利食い売りも多少あるようです。

 

続いてリップルは3月15日分を88.625で売り、午前中を終えました。

後は我慢比べですのでじっくり待つことにして、モナコインがもう少し上がってくれれば売ろうと思っているのですが、午後も注意して追いかけてみます。

 

昼食を取って昼寝をして、午後からまた書きます。

2時間の昼寝で起きたのですが残念ながら小康状態のようで動きがありませんので、今日はここまでという事になりましたが、夜もう一度チェックしたいと思います。

1年間で一番忙しい時期は年2回あります!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 前半期最高に忙しいのがこの開催替わりの時期、中盤は9月のローカル競馬の終了時、後半は11月の開催替わりと年3回はあるのですが、やはりなんと言ってもこのクラシックレースが行われる4月から5月の間の10日間は本当に大変です。

データ分析が間に合わないで休むこともある週なのですが、PCの掃除とアップグレードが重なるためにそれこそ本気で頑張らないといけないのです。

 

次に忙しいのが11月の開催替わりで、ここでもデータの入れ替え作業とPCの掃除がありますし、調子の悪いPCがあれば全交換となるですが、最近は7日間で全てが終了しています。

その次に大変なのはローカル競馬の終了時で、この時はデータの入れ替え作業だけで3日もあると終わります。

 

したがって今週が一番の忙しさで間に合わなければ、時々ですが「勝ち逃げ」をお休みすることもあるんです。

私たちの夢は「凱旋門賞」での日本馬の優勝ですから、その時期が来たら現地で応援したいと思っていますが、オルフェーヴルの時もディープインパクトの時も残念な結果になりました。

 

でも大きな差があった時代と違ってサンデーサイレンスのお陰で日本の競馬は大きく変化しましたが、それだけでは残念ながら世界のレベルを追い抜くくらいのパワーに欠けているのです。

オルフェーヴルの父ステイゴールドは日本の軽快な馬場で勝てなかったのに、海外では好走したように同じサンデーサイレンス系でも違った特徴があって、ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタ・オルフェーヴル・ゴールドシップ・フェノーメノ・オジュウチョウサンなどにその良さを残しています。

 

また、キングマンボ系のキングカメハメハ産駒でもルーラーシップ・ロードカナロアなど海外で活躍した馬達が、これから良い馬達を残してくれるような気がしています。

 

これらの血統からは初年度産駒にオルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」と「エポカドーロ」、ロードカナロア産駒の「アーモンドアイ」とG1馬が誕生したように、今後が楽しみなのはみなさんも感じていると思っています。

本当に強い馬がでてきたらと毎年思っていたのですが、「アーモンドアイ」は牝馬ながらこれからは牡馬との混合レースでも活躍しそうですし、「エポカドーロ」も楽しみな存在です。

今後はこれらの馬達が活躍すれば「凱旋門賞」も違ってくるものと思っています。

小さな「MusicPC」に挑戦しよう!パート◆SSD編」(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「MusicPC」自作でアルミのケースに拘ったのは、スチールケースに比べてケース内の振動も少なく、ノイズ対策に向いていることとと、冷えやすい特徴を利用すれば小さなケースでも良いと考えたものですが、最近はスチール製でも塗料などの工夫がされていますので随分と使いやすくはなっています。

 

今回はSSDを導入することによって振動対策が取れるので、できればスピンするパーツは最小限にすることが重要です。

電源もハイブリッド型の利用でさらに良くなりますので、色々と工夫するようにしてますが、液冷もファンをどうしても使いますしファンはできる限り少なくして構築しています。

 

さてそのSSD、最近の主流はPCI-Express接続タイプですが、「MusicPC」ですからSerial ATA接続でも十分なスピードがありますので、無理に最高速なものを選ばなくてもと思います。

しかし、ちょっとしたエンコーディングやミュージックファイルの変換などもされるなら、高速タイプにしておけば万全です。

 

OSの起動用とMusic用プレーヤーソフトに、おすすめの「PCI-Express接続タイプ」を先に紹介しますが、念のためにヒートシンクが付属しているものを選びました。

240GB以上あれば十分です。

 

●Colorful「CN600 240G」(10,000円前後)R800MB/s・W700MB/s

●ADATA「XPG SX8000 ASX8000NPC-256GM-C」(12,000円前後)R2,000MB/s・W1,100MB/s

●PLEXTOR「M9Pe(G) PX-256M9PeG」(15,500円前後)R3,000MB/s・W1,000MB/s

 

続いてファイルをキープするための「Serial ATA」タイプですが、こちらは500GB以上の容量を用意して買い足すか、最初から1TBや2TBのものにするかはみなさんのファイルの量によります。

 

●Micron「1100 MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY」2,048GB(40,000円前後)R530MB/s・W500MB/s

●crucial「MX500 CT500MX500SSD1/JP」500GB(15,700円前後)R560MB/s・W510MB/s

●Colorful「SL500 640G」640GB(15,000円前後)R530MB/s・W450MB/s

●CFD 「CFD EX. CSSD-S6i512HG7V」(17,000円前後)R550MB/s・W500MB/s

 

500GB前後のは比較的新しい製品を選んでありますが、このくらいの容量の物が使い易くて買い足していくぐらいの気持ちでいいと思います。

最近は3D NANDで耐久性も十分にありますので、そろそろMusicPCのストレージはSSDが最適だと思っています。