Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
純粋に音楽を楽しむならスマホよりもDAPが音が良いです!(SJ)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今回は「SONY」の製品ですが、さすがにハイレゾウォークマンという名でカラフルな製品を出していますので、売り上げも抜けてる感があります。

「NW-A35」(17,500円前後)は昨年発売されると瞬く間に人気商品になりましたし、今回上位機種の「NW-A45」(23,300円前)と「NW-A47」(40,000円前後)が10月7日に発売されますし、高級機の「NW-WM1A」も話題になっていて賛否両論いろいろあるようですが、こと音に関しては素晴らしいものがあります。

 

◎「NW-A35」はエントリーモデルとしては使いやすく直感的に操作できるのが便利ですが、音は良くもなく悪くもなくといった感じで特徴的な音ではないのです。

しかしエントリークラスとして考えるなら十分すぎると思いますし、イヤホンやヘッドホンを工夫すれば好みの音に調整が可能です。

 

 

 

 

10月発売のZXシリーズとA40シリーズはパーツが一新されたこともあって、みなさんの注目が集まっているのですが、こちらはいろいろとアップデートされたパーツ類にも注目ですし、素晴らしい音を期待できそうです。

 

  

 

ZX300はミドルクラス、A45とA47はエントリークラスという事ですが、フルデジタルアンプ「S-Master HX」搭載でBluetooth接続もLDACに加えてapt-X HDに対応、しかもDACモードも搭載ですのでPCと繋いで良質な音を聴けるようになるので、大きく進化したと言えます。

またZX300は「MQA」ファイル形式にも対応という事で発売が楽しみです。

 

今回は「SONY」を取り上げましたが、他にも沢山注目されるブランドがありますので、注目できる製品を取り上げたいと思っております。

FLACなどのリニアPCM形式・ネイティブ再生DSD形式・メリデアンオーディオMQA形式に対応がこれからのトレンドです。

ハイレゾ形式で音楽を聴くことでPCオーディオは大きく変化した訳ですが、今後もまだまだ進化が残されている分野で切りがなさそうですし、機材を揃えるだけでも本当に大変です。

でも、それに応えられるだけの魅力がハイレゾにはありますし、アナログに拘り続けたメリデアンオーディオの魅力も素晴らしいものです。

 

私達が頑張ってきたPCオーディオは、まだまだ先がありそうですので期待したいものです。

 

新タイトルゲームに必要なVGA(ビデオカード)(SR)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 昨日は「駿」さんが書いたこれから発売される新しいゲームは、いずれも重量級のものが多いのでVGAは慎重に行いたいですし、モニターもメモリもきちんと選んで対処したいものです。

最初にGeForce GTX 1080から2機種を紹介しておきます。

MSIの「GTX 1080 GAMING X+ 8G」(74,200円前後)とASUSの「ROG-STRIX-GTX1080-O8G-11GBPS」(70,200円前後)はどちらもOC版ですのでシングルでもゆるゆるとゲームが楽しめますが、SLI構成ならどんなゲームでもゆるゆるです。

 

  

 

続いてGeForce GTX 1080Tiからも2機種選びました。

MSIは「GTX 1080 Ti GAMING X 11G」(94,000円前後)とASUSの「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」(95,800円前後)を推奨しておきます。

できればSLI構成にしたいのですが、価格が10万近いのでちょっとここはグッとこらえてシングル構成で我慢して、モニター等も工夫したいものです。

 

 

 

シングル構成でもこのクラスなら十分にゲームが楽しめますし、G-Sync対応のモニターならとてもスムースにプレイができます。

AMDの新シリーズVGAもあるのですが、まだ価格が高目で推移したままですのでオリジナルファンタイプの発売を待ちたいと思います。

次回はこのモニターに注目してみたいと思いますが、G-SyncとFreeSyncがあってそれぞれのVGAに合わせる必要が有りますので、その辺も含め書いてみたいと思います。

10月以降に発売されるゲームが楽しみで〜す!(SJ)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 27日発売予定の「アサシンクリード・オリジンズ」は、私の中では「GTA」と並ぶくらい好きなタイトルなのですが、PC版の動作スペック等も発売日も定かではないので心配なのです。

それでも楽しみにしていますし、コントローラーが苦手なのでどうしてもPC版を買ってしまうので、今回はゲーミングPCのスペックもアップグレードする必要が有るかもしれません。

 

  

 

これまでは欧米が舞台でしたが、今回は「古代エジプト」が舞台という事で、がらりと雰囲気が変わったようですし、非常に楽しみにしております。

同じく10月以降に発売予定の「The Elder Scrolls V:Skyrim VR」(11月17日)、「DOOM VFR」(12月1日)、「Fallout 4 VR」(12月12日)等も楽しみなタイトルです。

VRも購入しなければいけないですし、ちょっと20万くらいはアップデートで必要になりそうです。

 

また11月3日発売の「Call of Duty:WWII」もゾンビモードも組み込まれ、楽しみにしています。

 

  

 

大ヒットしたタイトルが揃って、今年の冬はゲーム三昧ができそうで楽しみですが、そろそろ「GTA」(グランドセフトオート)の新タイトルも期待しているのですが、こちらは来年の4月に「GTA6」として発売が決まったようです。

特にモデルが東京と横浜という噂が流れていますので、たまらないですね?

「Apple Watch Series 3」は22日発売!(翼)

 スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(27,800円〜)は22日発売される事になり、注目は「GPS+Cellular」モデルなのですが、LTE対応の通話とデータ通信が単独でできるという事で、「Apple」ファンの僕としては黙っていられない状況です。

「iPhone」がなくても「Apple Watch Series 3」単独で電話ができるのは最高に便利で、Bluetoothイヤホンがあればちょっとした散歩やランニングでも、買い物でも「iPhone」本体を持ち歩く必要もなくなる訳です。

 

  

 

国内販売価格は「GPS+Cellularモデル」45,800円から、「GPSモデル」36,800円からで音楽も楽しめますし、Siriを使った音声操作もできるのですから便利さはもう最高なのです。

他にもナイキやエルメスとのコラボバージョンの発売も予定されていますので、これはもう通信革命です。

 

「iPhone」本体がなくても必要な機能がほとんど使える訳ですから、これまでの製品とは自由度が広がりますし、沢山の機器を持ち歩くことから解放されるならすぐにでも欲しいです。

きっと、同じことを考えている方は結構多いと思いますが、腕時計+通信機器+GPSが一つになっている事は本当にうれしいです。

素晴らしい製品です!

一杯のコーヒーに夢を託して「タニノムーティエとの出会い」17-34(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日の6時・11時・18時の富士山です。

台風一過で澄み切った青空が印象的な一日でしたが、日中はとても暑かったです。

 

  

 

同じ場所からのライブカメラの画像すが、これから紅葉と共に楽しめる頃にはまた行きたいです。

 

さて今日はずいぶん昔の話なのですが、大学1年生の頃に「タニノムーティエ」と出会って競馬に興味を持つようになったのですが、この二冠馬の父「ムーティエ」はフランスの「オカール賞」(当時はダービーの前哨戦で現在はパリ大賞典の前哨戦で格付けはG2)を勝っている程度の種牡馬で、日本へ輸入されて「タニノムーティエ」(皐月賞・ダービー)、「二ホンピロムーテー」(菊花賞)、「カミノテシオ」(天皇賞秋)等のG1馬の他に数々の重賞ウィナーを出しています。

また、母の父としても「ミホシンザン」(皐月賞・菊花賞・天皇賞春)や「テンモン」(朝日杯・オークス)を出しております。

 

この「ムーティエ」が種牡馬になって二冠馬「タニノムーティエ」を出したことに興味を持って、この事を調べてフランスで生まれて「ロンシャン競馬場」で「オカール賞」を勝ったという事が分かったのです。

この時にフランスに「ロンシャン競馬場」がある事が初めて分かって、いつかは行ってみたいと思うようになりましたし、「タニノムーティエ」私の思い出の馬の一頭になったのです。

また、半弟にも「タニノチカラ」がいて「天皇賞秋」と「有馬記念」を勝っていますが、この「有馬記念」の時は「ハイセイコー」の単勝を買って大損しております。

 

実際にフランスへ行ったのはそれから14年後なのですが、事業の失敗や競馬の失敗で延び延びになってしまったのです。

あの頃は「凱旋門賞」へ夢はせる時期があってとても楽しかったものですが、今は日本馬が勝てるチャンスがあるだけに毎年行きたい気持ちで一杯ですし、研究室からも毎年何人かは応援に行くようになりましたので一緒に行きたいと考えています。

当時は夏競馬の時期に一度、冬の時期に一度フランスの他に各国を周りましたが、一番幸せな時代だったような気がしますし、珈琲の勉強を改めてしたのもこの時期でした。

 

本物の「カフェオレ」や「エスプレッソ」に出会ったのもこの時でしたので、思い出が沢山あるのですが「エスプレッソ」の強烈さにはさすがにビックリしました。

今では時々飲みたくなる「エスプレッソ」も、近年はいろいろと変化をして苦いだけの珈琲ではなく、爽やかな味の「エスプレッソ」もありますので、色々と楽しんでいます。

純粋に音楽を楽しむならスマホよりもDAPが音が良いです!◆SJ)

JUGEMテーマ:オーディオ

 DAPというとやはり王者アイリバーの製品は、音の良さと価格の高さでは他社がとても敵わないレベルですが、最近は10万円以下の製品もあって買ってみようかなと思うようになりました。

 

最初に今年発売の「Astell&Kern KANN 64GB」(91,000円前後〜99,800円前後)の紹介です。

  

幅71.23mmx高115.8mmx奥行25.6mm・重量276g・DSD256(11.2MHz)ネイティブ・PCM384kHz/32bitととても優秀で、旭化成AK-4490のDACチップの良さを十分に確認できますし、出力端子もありますのでオーディオシステムへの接続も簡単です。

音質はパワフルで非常にクリア、エイジングが進むと徐々に音が和らいできますし、10万以下では使いやすさもあってとてもまとまった印象です。

 

今年発売された中では「Astell&Kern A&ultima SP1000」(449,000円前後)もありますが、こちらはもうワンランク上の音がしてとても欲しいと思った製品ですが、価格が高いのです。

DACチップも最新の「AK-4497EQ」で、非常に奥行きのある音になって本当に文句なしのDAPです。

 

 

 

今、一番欲しいDAPで悩んでいますが、もう少しいろいろ試聴してからと思っています。

アイリバーの製品はどれも完成度が高いと思いますし、音も良い製品が多いです。

「いざ世界へ」「凱旋門賞とパリのカフェ」!71(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 9月30日と10月1日の週末は「凱旋門賞」だけでなく、沢山のG1レースが行われます。

 

9月30日のイギリスとフランスのG1レース。

◎「チェヴァリーパークS」芝1207m(ニューマーケット競馬場・2歳牝馬)英⇒2007年に日本からフランスに輸出された「ディヴァインライト」産駒の「ナタゴラ」が勝っています。

 

◎「ミドルパークS」芝1207m(同競馬場・2歳牡馬)英⇒勝馬が沢山日本に輸入された事でも有名で、ロイヤルチャレンジャー・ヴェンチア・グスタフ・スパニッシュイクスプレス・ハンターコム・スティールハートなど種牡馬として活躍しました。

 

◎「ガドラン賞」芝4000m(シャンティイ競馬場・4歳以上)仏

 

そして10月1日にはフランスで6鞍のG1レースが行われます。

◎「ジャン・リュック・ラガルデール賞」芝1600m(シャンティイ競馬場・2歳牡馬牝馬)

 

◎「オペラ賞」芝2000m(同競馬場・3歳以上牝馬)

 

◎「凱旋門賞」芝2400m(同競馬場・3歳以上牡馬牝馬)

 

◎「アベイ・ド・ロンシャン賞」芝直1000m(同競馬場・2歳以上)⇒99年日本調教馬「アグネスワールド」が優勝していますし、勝ち馬の中で輸入されたフォルティノが有名です。

 

◎「マルセルブーサック賞」芝1600m(同競馬場・2歳牝馬)

 

◎「フォレ賞」1400m(同競馬場・3歳以上)⇒74年ノーザンテーストがこのレースを勝っており、日本に輸入されてから沢山のG1馬を残しており大種牡馬となりました。

 

 色々と日本にも関係するレースが多いものですが、この時期のパリのカフェでは競馬の話で一日が潰れてしまうくらいで、朝はいつもカフェ・オ・レとクロワッサンとサラダ、取っ手の無いドンブリみたいなカップで飲むのです。

カフェでは美味しい軽食が食べられるので、ランチも夕食も結構カフェを利用します。

 

毎日、珈琲は5杯前後は飲みますので一日一回はカフェに行きますし、仕事の打ち合わせもホテルのカフェを利用することが多いですが、知らないカフェだと不味くて高いお店も多いので注意が必要です。

こんな美味しいものが溢れているパリなのに、結構頻繁にベチョベチョのパスタや味気ないソースの料理を出される事があるのです。

 

最近はパリも色々な人種がまじりあって生活しているので、伝統的な料理がおろそかにされていることも多く、不味いものを口にすることも多くなっているようです。

料理は子供の時から美味しいものを口にしている子は、大きくなってもその味を分かっているだけに工夫をして料理をするようになるのですが、最近はレトルトなどの簡単な料理で済ませてしまう事が多くなっていますし、フランス人のメイドが少なくなった事も大きく影響しているようです。

 

中にはその逆もあって、信じられない日本の料理に合う事もあります。

そば粉を使った料理や、日本酒を使ったジェレにはビックリしてしまうのですが、しっかりとかつおダシや昆布ダシが使われた料理が出され、それがまた美味しいのですからさすがと思ってしまいます。

そんな楽しみはこれからで、どんどん秋が深まるにつれて楽しみが増えていきますので、みなさんも出掛けてみて下さい。

 

純粋に音楽を楽しむならスマホよりもDAPが音が良いです! SJ)

JUGEMテーマ:オーディオ

 スマホも素晴らしい音で音楽が聴けるようになったのですが、さすがに家で聴くオーディオに比べると多少の工夫をしてもその差を大きく感じてしまいます。

「Sony」のXperiaシリーズも、「ZTE AXON 7」や「LG V20」もそれぞれ特徴があっていい音なのですが、薄っぺらい音だったり解像度が低かったり、色々と不満が残るものです。

 

やはり一石二鳥とはいかないのでしょうが、これがDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)だと素晴らしい製品が多いのです。

先日、「Room365」のエンジニアさんが持っているONKYOの「DP-X1A」を、お借りして自分好みのヘッドホンを使用して聴いてみるとビックリするほどのパンチの効いた艶やかなヴォーカルに驚いてしまいました。

 

ハイレゾ対応のDAPというとSonyの「ウォークマン」が「WM1」シリーズや「ZX」シリーズ、アイリバーの「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」が有名ですが、これはもういろいろと試聴してみないといけないと思って、休みを利用して彼方此方と出掛けて試聴してみましたのでまとめてみたいと思います。

 

 今回は同じグループ企業となった「ONKYO」と「Pioneer」の製品にスポットを当ててみました。

先に今年発売の「ONKYO rubato DP-S1」(26,800円前後〜)と「Pioneer private XDP-30R」(24,000円前後〜)から取り上げてみます。

どちらも3万円以下で買える製品ですので、エントリークラスと考えていただければと思います。

 

  

◎ONKYO rubato DP-S1⇒ESS社製のDAC「ES9018C2M」とアンプ「SABRE 9601K」を2基ずつ搭載という事で、DSD5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVの192kHz/32bit、、DAC部から出力端子までをフルバランス回路設計にしたほか、ESS製SABRE DACとアンプを2個ずつ搭載し、2.5mm 4極バランス端子を採用することで、クリアで広がりのある高音質を実現しています。

 

フルバランス回路には、通常のバランス駆動方式に加え、独自のActive Control GND駆動方式を採用しており、バランス接続の駆動方式を替えて楽曲を楽しむことができるのが特徴です。

幅63x高94x厚15 mmで130gです。

 

◎Pioneer private XDP-30R⇒仕様はONKYO rubato DP-S1とほぼ同じですが、音質にちょっとだけ違いがあります。

サイズも一緒ですが、重さは120gとこちらがちょっとがけ軽くなっています。

 

スマホに比べると雲泥の差があって、非常に綺麗な音質で心地良いですし、イヤホンやヘッドホンを自分好みにすればもっと良くなります。

操作性は決して良くないのですが、エントリークラスとしてはこの価格帯でこの音質なら文句なしです。

入門機としてピッタリの製品だと思います。

一杯のコーヒーに夢を託して「キングジョージ6世&QES」17-33(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 富士山の写真2枚と「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」の特集です。

左が13日朝6時、右が同朝7時の富士山ですが、20分間にこんなに変化してしまったのには驚いてしまいます。

でもとても幻想的な富士山と綺麗な逆さ富士、時間を忘れてずっと観てしまいました。

 

 

 

 今日の競馬は「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」についてです。

およそ2406mの距離で英アスコット競馬場で行われるG1レースですが、日本馬にも勝って欲しいと願っているレースでもあります。

ここ10年間の勝馬ですが、下記の通りです。

 

 回数    施工日    所属国・優勝馬     馬  名        性齢 時計  騎手     調教師

第58回 2008年7月26日 アイルランドの旗Duke Of Marmalade デュークオブマーマレード 牡4 2:27.91 J.ムルタ A.オブライエン
第59回 2009年7月25日 イギリスの旗Conduit コンデュイット 牡4 2:28.73 R.ムーア M.スタウト
第60回 2010年7月24日 イギリスの旗Harbinger ハービンジャー 牡4 2:26.78 O.ペリエ M.スタウト
第61回 2011年7月23日 イギリスの旗Nathaniel ナサニエル 牡3 2:35.07 W.ビュイック J.ゴスデン
第62回 2012年7月21日 ドイツの旗Danedream デインドリーム 牝4 2:31.62 A.シュタルケ P.シールゲン
第63回 2013年7月27日 ドイツの旗Novellist ノヴェリスト 牡4 2:24.60 J.ムルタ A.ヴェーラー
第64回 2014年7月26日 イギリスの旗Taghrooda タグルーダ 牝3 2:28.13 P.ハナガン J.ゴスデン
第65回[8] 2015年7月25日 イギリスの旗Postponed ポストポンド 牡4 2:31.25 A.アツェーニ L.クマーニ
第66回[9] 2016年7月23日 アイルランドの旗Highland Reel ハイランドリール 牡4 2:28.97 R.ムーア A.オブライエン
第67回[10] 2017年7月29日 イギリスの旗Enable イネーブル 牝3 2:36.22 L.デットーリ J.ゴスデン

 

見てみると勝馬の「コンデュイット」・「ハービンジャー」・「ノヴェリスト」と、10年間で3頭も種牡馬として日本に輸入されている様に人気がありますが、古くは「ダンシングブレ―ヴ」や「オペラハウス」の様に成功した例もあります。

しかし、「ラムタラ」や「ペンタイヤ」の様に活躍馬がでなかった例も多く、繁殖は本当に難しいものですが「ダンシングブレ―ヴ」は「エリモシック」・「キョウエイマーチ」・「キングヘイロー」・「テイエムオーシャン」等の活躍馬がいますし、「オペラハウス」も「テイエムオペラオー」や「メイショウサムソン」がG1馬になりました。。

特に「メイショウサムソン」は母方に「ダンシングブレ―ヴ」が入っており、なんか面白い関係に驚いたものです。

 

さてこの10年間に日本で種牡馬になった3頭中、「コンデュイット」は活躍馬がでなかったために愛国に戻っていますし、「ハービンジャー」産駒は重賞勝ち馬も出ておりもう少し頑張れそうです。

「ノヴェリスト」は今年が初年度産駒が走り始めたばかりですので、ドイツ血統だけにこれから注目したい血統です。

「ハービンジャー」も「ノヴェリスト」も「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」優勝時は、レコードを更新しており期待されて輸入されています。

 

日本の高速馬場では欧州系の種牡馬はあまり成功しないケースが多いのですが、いつの日か「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」を勝ってくれる日本馬が現れるものと信じております。

iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xの3機種が発表!(翼)

 やはり予想した通り「iPhone 7s」を飛び越えて「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の9月22日発売(9月15日予約開始)です。

そして噂のあった「iPhone X」(テン)は遅れて、11月3日発売(10月27日予約開始)となりました。

 

    

 

4.7インチの64GBと256GBの「iPhone 8」が699ドル(76,884円前後〜)、5.5インチの「iPhone 8 Plus」が799ドル(87,802円前後〜)となっています。

「iPhone X」は64GBと256GBモデルで999ドル(109,900円前〜)となるようです。

 

日本での価格は少しだけ高く設定されるでしょうが、スペック等が詳しく判明していませんので次の機会にしたいです。

一応、顔認証、無線充電可能、デュアルカメラになっているようですが、「iPhone X」はちょっと欲しいと思っています。