いろいろ物語(旧パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「凱旋門賞」を観戦に行こう&いざフランスへ!「凱旋門賞」27(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 ブックメーカーのオッズを見てもわかりますように、1番人気は「ポストポンド」、2番人気は「マカヒキ」、3番人気「ファウンド」、4番人気「ハーザンド」、5番人気「ニューベイ」、6番人気「オーダーオブセントジョージ」、7番人気「レフトハンド」の順です。

 

続いて国際レーティングですが、1位124P「ポストポンド」、2位123P「ハーザンド」、3位122P「ファウンド」、4位121P「マカヒキ」・「ハイランドリール」となっております。

どうやらこちらでも「ポストポンド」・「マカヒキ」・「ファウンド」・「ハーザンド」の順のようです。

 

「ポストポンド」はドバイシーマクラシックで昨年の「日本ダービー」馬「ドゥラメンテ」を2馬身避けており、能力の高さは十分ですが、昨年の「凱旋門賞」馬の「ゴールデンホーン」は「国際レーティング」130Pだっただけに絶対的な存在感はなく、その「ゴールデンホーン」をブリーダーズカップターフで破っている「ファウンド」が注目されているのが良く分かります。

G1レース2勝ですが、2着が9回もあるので軸にはピッタリと考える方が多いようです。

 

最終的には16頭がゲートインすることになりましたので、詳しい詳細は土曜日には発表したいと思いますが、基本的なデータだけは準備いたしました。

過去10年間で1番人気は2勝2着2回3着1回で勝率20%連対率40%複勝率50%、2番人気は1勝3着1回複勝率20%、3番人気2勝3着1回複勝率30%、4番人気から6番人気は2勝2着3回3着4回複勝率30%、7番人気から9番人気は1勝2着2回3着3回複勝率20%、10馬人気以下2勝2着3回3着1回複勝率8.3%です。

 

年齢別データでは3歳牝馬3勝2着1回3着2回で複勝率35.2%、3歳牡馬4勝3着5回複勝率16.7%、4歳牝馬2勝3着1回複勝率21.4%、4歳牡馬1勝2着4回3着2回複勝率17.1%、5歳牡馬0勝2着3回3着1回複勝率17.4%、5歳牝馬と7歳以上は複勝率0%、6歳牡馬2着1回複勝率25%、6歳牝馬2着1回複勝率50%となっています。

4歳以上の牡馬の優勝は1勝のみで59.5キロを背負わされるので微妙に影響しているようですが、勝馬が3歳か4歳馬だけという傾向も面白いです。

 

枠順などが決定する土曜日にまた取り上げたいと思っています。

パリは日中17度前後で夜は7度と寒いですし、ちょっと雨が降ったりのお天気ですが、この時期は日中太陽が出てもにわか雨が降ることが多いのです。

それでも土曜日と日曜日は晴れ間がでそうですので、馬場状態は良くなるものと思っております。

YAMAHAの新製品「WXA-50」と「WXC-50」ストリーミングアンプ!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 ハイレゾ音源やネットワーク音源にもアナログ音源にも対応する、ワイヤレスストリーミングプリメインアンプの「WXA-50」(69,000円)と、メインアンプ機能を除いたワイヤレスストリーミングプリアンプの「WXC-50」(54,000円)が10月に発売されます。

 

様々な音楽コンテンツが楽しめるヤマハ独自の「MusicCast」にも対応していますので、いろいろな機器と組み合わせて楽しめますので1台あると助かります。

 

◎「WXA-50」⇔2ch駆動70W+70W4Ω・50W+50W6Ωの定格出力・Bluetooth2.1+EDR・192kHz/24bit・出入力端子も十分・AirPlay・インターネットラジオなどにも対応して便利です。

 

 

 

◎「WXC-50」⇔こちらは「WXA-50」のメイン(パワー)アンプ部を取り除いた製品で、おうちにパワアンプやプリメインアンプがある方はこちらでネットワーク機能を追加できるのでとても便利です。

 

 

 

まだ発売前ですが非常に楽しみな製品でいろいろな使い方ができますし、家庭内のネットワークストリーミングがまとめられるのがうれしいですし、古いアンプにもネットワーク機能が追加できますので便利です。

一杯のコーヒーに夢を託して「珈琲も含め食の危機」Part29(Kei)

JUGEMテーマ:Coffee

 食品全般で疑惑が発見されたり、トクホ(特定保健用食品)表示が取り消されたり、レストランのランクが意図的に操作されたりと世の中何が本物なのかわからない時代に突入です。

珈琲もそうですが実は産地は記入してあるのに、どのグレードの豆が使われているのかは表示されておらずに、販売されていることが多いのです。

 

スペシャリティ―コーヒーの販売が世界的に注目されるようになったのに、一般の人には曖昧な表現での表示しかされていないのが現状なのです。

前回「ハワイ・コナ」珈琲の等級について書きましたが、最上級の「エクストラファンシー」クラスになると豆粒も大きく非常に綺麗なものが選別されていますので、価格も高く少量しか取れないものなのです。

 

私もあちこちで珈琲豆を購入していますが、輸入以前の管理が悪いのか輸入以後の管理が悪いのか、非常に粗悪な豆がブレンドされていることもあって困ってしまいます。

しかし中にはとても良い管理状態の豆がブレンドされていて、安くても美味しい珈琲も沢山あります。

 

 先日「食べログ」の問題が取り上げられていましたが、非常に残念な事なのですがビジネス優先で考えられた制度を、利用しなければいけない我々にも責任はあるのです。

珈琲も料理も人の味覚によって好みが変わるわけですから、それをランク付けすること自体がナンセンスなのだと思っています。

むしろレストランの快適さやサービスも大切で、どんなに美味しい料理でも落ち着かないお店だと2度と行かないものですし、お水を飲むためのグラスの匂いが取れていない、不衛生なグラスを使用しているレストランもとても多いのです。

 

そればかりではなく、みなさんもいろいろなクーポンサイトやホテルや宿の予約サイトを利用することが多いと思いますが、実は直接ホテルに電話した方が安くなることが多く、ポイントはついても結局は割高になってしまう事も多々あります。

なんでもスピードアップされて便利な環境にはなったように見えますが、そこには沢山の「からくり」が隠されていることもありますので、注意が必要なのです。

 

 競馬も同じように人気はマスコミや競馬新聞の印によって大きく変化するので、実力以上に過大評価されてしまうケースもあって、冷静に考えなければいけないのですが、これに好き嫌いが生じるために冷静さを失って、馬券を的中させられなくなってしまうものです。

好きな馬は単勝100円だけ買って、勝負はデータ通りに買う事がギャンブルで勝つ方法なのです。

冷静な目でしっかりと状況を把握できれば負けることが少なくなりますし、その季節に合った対処法もきちんとデータ化するべきです。

 

今週末はG1「スプリンターズS」とG1「凱旋門賞」がゲートインです。

しっかりとデータ分析して的中させることを主に馬券を購入しましょう。

 

珈琲 | 04:31 | - | - | pookmark
ASUSの新シリーズの日本発売は10月7日以降に決定!(翔)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 「LENOVO」に続いて「ASUS」の「ZenFone 3」(39,800円発売7日)と「ZenFone 3 Deluxe」(55,800円と89,800円2種類・発売10月下旬)が発売です。

「ZenFone 3」は5.2インチフルHD液晶・「Snapdragon 625」(2.5GHz×8コア)・USB Type-C・メインカメラ1600万画素・サブカメラ800万画素・DSDS(Dual Sim Dual Standby)対応・メモリ3GB・ストレージ32GB・バッテリー2650mAh・192kHz/24bitハイレゾ音源対応・サファイアブラックとパールホワイト2種類のカラーで発売されます。

5.5インチメモリ4GBのグローバルモデルとは違った仕様になっています。

 

 

 

写真右は2種類の仕様モデル(ZS550KSが5.5インチ液晶・ZS570KLは5.7インチ有機液晶)で発売される「ZenFone 3 Deluxe」で、10月下旬発売の予定です。

5.5インチモデルは「Snapdragon 625」・メモリ4GB・ストレージ64GB・メインカメラ1600万画素・サブカメラ800万画素・重量160gで5.7インチモデルは「Snapdragon 821」・メモリ6GB・ストレージ256GB・メインカメラ2300万画素・サブカメラ800万画素・重量172g・ハイレゾ対応イヤホン付属です。

 

カラーはどちらもシルバーとゴールドの2色・バッテリーは3000mAhとなっています。

なお「ZenFone 3 Ultra」の発売も予定されていますが、発売日が未定となっていますのでまた書きます。楽しみです!

LENOVO「Phab 2 Pro」日本発売決定!(翔)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 GoogleのAR技術「Google Tango」に対応のAndroidスマホ「Phab 2 Pro」(49,800円税別)が11月下旬に発売決定されました。

すでに6月にグローバルモデルが発売されているのですが、世界で初めて「Google Tango」に対応するスマホという事で注目されています。

 

「Snapdragon652」の特別エディション(1.8GHz×8コア)・メモリ4GB・ストレージ64GB・マイクロSD対応・6.4インチ液晶(1440×2560ピクセル)IPS・バッテリー4,050mAh・メインカメラ1600万画素・サブカメラ800万画素・重量259g・カラーはガンメタルとシャンパンゴールドの2色。

 

画面も大きくてちょっと重いですが、発売が楽しみです。

 

PCI-Express(M.2)に搭載するSSDで爆速ゲーミングPCを目指す!(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 最近のゲーミングマザーには必ずと言っていいほどM.2が搭載されており、このM.2に搭載するSSDが各社から発売されて注目を浴びていますが、爆速ゲーミング環境が構築できますので、みなさんもやってみて下さい。

いろいろなメーカーから出ているM.2用SSDから512GB以上で、読み込みが1,500MB/s以上の製品を選んでみました。

 

「インテル」「SSDPEKKW512G7X1」512GB(18,500円前後)・「PLEXTOR」「M8pe PX-512M8PeG-08」512GB(27,800円前後)・「サムスン」「950Pro M.2 MZ-V5P512B/IT」512GB(41,600円前後)。

 

  

 

それぞれ読み込みが1,775MB/s・2,300MB/s・2,500MB/sと素晴らしいパフォーマンスです。

「PLEXTOR」の製品にはヒートシンクが付いていますが、結構熱が高くなりますので出来たらヒートシンクも用意した方がいいですし、とにかく爆速でイライラ感のないゲームプレイができますので最近は換装する方が増えました。

 

ハイレゾ対応ブックシェルフスピーカー特集パート5「1ペア100,000円以上」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今日取り上げるスピーカーはハイレゾ対応を謳ってないのですが、十分に対応といってもいいくらいワイドレンジのスピーカー「FOSTEX」の「GX100Basic」(ペア106,600円前後)です。

「フォステクス」は私の最初に所有したスピーカーで、パイオニアの真空管モノアンプキットを購入し2台組み立て、エンクロージャーも自分で用意して自作したのが最初でした。

 

小学6年の時から自作を始め、完成した時の喜びと感激は今でも鮮明に覚えていますが、その後はお小遣いを貯めては装置をアップグレードしていったものです。

最後はマランツとラックスマンのアンプとタンノイとJBLのスピーカーで、ジャズを楽しんだものです。

最近はデジタルアンプのお陰でスピーカーもブックシェルフタイプで音楽を楽しんでいますが、AVアンプが2台とレシーバーが4台スピーカーが14本と大変な事になっています。

 

さて今回の「FOSTEX」の「GX100Basic」は2ウェイ構成・周波数特性55Hz〜45kHz・インピーダンス6Ω・音圧レベル82dB・入力最大100W・ブラック・160W×262H×231.5Dmm・5.7Kg。

 

  

 

サウンドはバランスよく低域から高域までよく出ますので文句なくいい音です。

結構いろいろと試聴してきましたが、本当にヴォーカルも弦楽器も余裕でクリアでとても綺麗な音でまとまった感じです。

しかもまだ2カ月しかたってないという事ですが、もうエイジングが終わっているのではないかと思うくらいでとてもいいです。

ハイレゾ対応ブックシェルフスピーカー特集パート4「1ペア100,000円以上」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 スピーカーもこのクラスになるとアンプもグレードをアップしないといけないのですが、最近はデジタルアンプが多いのでそんなに拘らなくても解像度の良い音が聴こえてきますので、何よりも先に良いスピーカーを用意することが先決です。

私がブックシェル型に拘るのはやはり日本家屋の構造上、このサイズが一番扱い易いからだと思っています。

大型のスピーカーですと狭い部屋で小さな音で聴く訳にもいきませんので、やはりブックシェルフ型がピッタリサイズなのです。

 

このクラスになると日本製品も海外製品も沢山の候補がありますが、今回は日本の製品を取り上げてみました。

最初は長い沈黙から目覚めた「Technics」の「SB-C700」(15年2月発売176,000円前後)です。

同軸型2ウェイ・周波数特性40Hz〜100kHz・インピーダンス4Ω・音圧レベル85dB・入力定格50W最大100W・ホワイトとブラックの2色光沢仕上げ・220W×336H×286Dmm・8.5Kg。

 

どのアンプで鳴らしても中域が際立って聴こえてきますが、エイジングが進んだものとの違いは同軸だけに大きく違うだろうと思って、ちょっと時間が経ってからもう一度試聴に出かけたところ、案の定大きく変化しておりました。

低音も高音も良くなってバランスがだいぶ良くなったように感じましたし、再生周波数特性が高域までしっかりとカバーされているので、アンプ側で少し調整してあげればゆったりしたいい音になりますし、ジャズヴォーカルやボサノバなんかにはピッタリな感じです。

ブランド復活最初のスピーカーですが、やはりテクニクスです。

値下がりしてお買い得なゲーミングマザー「MAXIMUS V3 RANGER」他(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 最近は父が記事を書くことが多いのでオーディオ関連の記事が多かったのですが、夏休みも終わって3週間が経ちゲーム用パソコンの新規注文が徐々に入るようになり、価格が下がってきたお得なゲーミングマザーを紹介して参ります。

ゲーミングマザーは耐久性に優れているだけでなく、機能的にも素晴らしい機能が搭載されたワンクラス上のマザーだけに、私達は業務用にもお勧めしております。

 

今回は30,500円前後から20,600円前後と30%以上の価格が下がった「ASUS」の「MAXIMUS V RANGER」と、同じく「MSI」の「Z170 KRAIT GAMING」も23,400円前後から16,000円前後まで下がりました。

どちらも私達が組み込んだゲーミングマザーの中ではベストテンに入る優秀な製品ですので、これから新規にパソコンを組み立てる方にはお勧めのマザーです。

 

「MAXIMUS V RANGER」

 

 

「Z170 KRAIT GAMING」

 

どちらも設計からして耐久性の高いゲーミングマザーなのですが、LANもintel製、オーディオパーツも高級品、ヘッドアンプも用意され、素晴らしい環境が構築できます。

オーディオの接続部分も金メッキされ、電源のコントローラーも耐久性の高いパーツで構成され、細やかな部分までしっかりと設計されています。お勧めです。

「凱旋門賞」を観戦に行こう&いざフランスへ!「今年はちょっと違う」26(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の「凱旋門賞」は日本でも馬券が発売されるので、これまでとは違って競馬ファン全員で応援のスタイルもちょっと違って特別なものになりそうです。

私も仕事もありますので遅くても28日からパリに滞在予定ですが、今からワクワクしています。

今回は金曜日までは仕事がありますのでパリ泊ですが、土曜日からシャンティイ近くのホテルに移動し日曜日に観戦後パリに戻る予定で計画しました。

 

競馬場へ行くとどうしても周りの熱い雰囲気に惑わされて、冷静に馬券購入が出来なくなってしまいますので、当日は日本での馬券購入をお願いして、現地では単勝を握りしめて応援しようと思っています。

これまで応援するだけだった研究室の居残り組も今年はとみんな張り切っていますし、資料集めが行われておりますが、最終的には何頭が出走するのかもまだはっきりしてません。

それでも「マカヒキ」最大のライバルは「ポストポンド」である事は間違いないです。

 

シャンティイ競馬場はロンシャン競馬場と違って、タイムが出やすい競馬場という事ですので馬場状態が良ければ、素晴らしいレースなると考えています。

「マカヒキ」の前走「ニエル賞」は極端なスローペースとなって直線もたつきましたが、内容的にはとても良かったと思っています。

ゴール前だけ追い出して勝ちましたが、本番に向け素晴らしい調整になったと思いますし、余力を残した勝ち方でとても良かったです。

心配なのは馬場状態でやはり良馬場で競馬が行われることを願っています。

 

 今日の「フランス寄り道」はオーディオの話ですが、フランスにもオーディオメーカーがいくつもあり「Highland Audio」・「FOCAL」・「YBA」・「ATOLL」等があり結構あちこちで見かけます。

特に「FOCAL」のスピーカーは車載用として内外でも有名ですし、「GOLDMUND」も以前はフランスの会社でした。

フランスの製品は日本ではスピーカーが多いのですが、「ATOLL」のプリメインアンプ「IN100se」(165,000円前後)は義兄が使用していますので試聴できるのですが、なかなか良い製品で音も素晴らしいです。(右は「IN50se」です)

 

  

 

一般向けの製品と業務用や高級機製品との価格差が広がっており、英国とアメリカと日本製品も良く売れているようですが、以前ほどではないようです。

それでも時々ラックスマンやアキュフェーズのアンプを見かけることが有りますが、日本製のスピーカーとの組み合わせではなくやはり欧米のスピーカーが組み合わされています。

ハイレゾ製品は注目される製品が多く、日本の製品も頑張って欲しいものです。