パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
テレワークに最適なノートPCとタブレット!(Kei)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 どうやら政府はもう自粛規制をする積りはなさそうなので、私達はワクチンや治療薬ができるまではコロナとの共存を考えなければいけないようです。

感染が拡大する中で「GoToキャンペーン」を強行するという事、多数の感染者と連絡が取れなくなっている事、4月よりも感染者の増加が多い事などからも、生活環境の整備をして事故対策をとる必要があるという事です。

 

観光もホテル等も飲食店も非常に厳しい状況に置かれていますが、今後は国の対策には期待できそうにないと感じていますので、感染の拡大が大きくなればなるほど、更に状況が悪くなるように思えます。

私達も「テレワーク環境」をより一層整備して、低コストで運営ができるように「貿易会社」も「PC工房 Room365」も改善をしました。

 

今日はそんな中から「テレワーク」で使い易いノートPCとタブレットを紹介します。

 

◎タブレットPCでは「iPad」・「iPad Pro」・「iPad Mini」のApple製品、Microsoftの「Surface」、その他ではWindows10搭載のタブレットPCが使い易いですし、キーボードもペンも使えるととても便利です。

9インチから11インチ前後が最適ですが、お薦めは「iPad Pro」です。

 

 

◎ノートPCではやはりWindowsノートの2in1が最高で、次が「MacBookシリーズ」ですが、サイズは12インチから14インチがベター、ペンも使えてタブレットモードにもなる2in1が使い易いです。

中でもHPの「ENVY x360」と「Spectre x360」はデザインも良いですよ。

  

 

設置型なら15インチから17インチが良いのですが、小さいサイズのタイプでも27インチクラスの外部モニターがあれば仕事しやすいです。

もちろん競馬の即パットにも使えますし、写真や動画の編集もできますから、環境を整えてできるだけ「テレワーク」で仕事して、競馬もスポーツ観戦も家で楽しみましょう!

落ち込んだカメラ市場の回復は?テレワーク機材!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 2008年をピークに売り上げ下降が顕著なカメラ市場ですが、コロナ感染の影響で更にカメラの出荷台数が50%を切ってしまったのですし、「CP⁺」の開催中止、「アサヒカメラ」や「カメラマン」等のカメラ誌の休刊も相次ぎ、厳しい状況になったようです。

 

それでも「CANON EOS R5」の予約は順調なようですし、「SONY VLOGCAM ZV-1」も好調な様子で悪いニュースだけではないが、コロナ感染の影響で経済が回復するまではまだまだ時間が掛かりそうです。

 

これまでと違うのはスマホのカメラの進歩、4800万画素⇒6400万画素⇒1億800万画素と大きく進化したことも影響している様で、僕も4800万画素と6400万画素のSONYセンサー搭載スマホをテストしてみましたが、ちょっと驚きの性能でビックリです。

もちろんセンサーのサイズが小さいので、フルサイズのミラーレスには負けてますが決して悪くはない写真が撮れますので、とうとう1台購入してしまいました。

これでスマホ3台に、iPhone1台になりましたので、2台は音楽専用にして使ってます。

 

更に業績の悪化で日本の技術が会社ごと海外の企業に買収され、技術的にも追いつかれてしまう可能性もある訳ですので、業界の未来は明るいものではなさそうです。

 

 次に「テレワーク」の機材は色々とあるのですが、ノートなら2in1のコンバーチブルタイプが便利でこれにカメラとマイクがあればいいですし、ペンタブがあれば普通のノートPCでも大丈夫です。

デスクトップPCならどんなものでもペンタブとカメラとマイクであれば大丈夫です。

 

僕らの場合は現在はペンタブの必要はありませんので、デスクトップPC又はノートPC+マイク+カメラ(Vlogモード搭載スマホ)が基本ですが、ノートPCは外部モニターに接続して使っています。

★ノートPC

◎LENOVO IdeaPad Slim 350(58,000円前後〜)⇒RAM8GB・SSD256GB・Ryzen 5・14インチ・CPUスコア11055

◎HP ENVY x360(87,000円前後〜)⇒RAM8GB・SSD256GB・Ryzen 5・13.3インチ・CPUスコア11055

通常のテレワークならこれ1台で十分ですが、勉強会が時々あるので動画撮影ができるようにしています。

 

★カメラ&スマホ

◎SONY α6100 ILCE-6100L(98,000円前後〜)

◎Xiaomi Mi Note 10 Lite 128GB SIMフリー(42,000円前後〜)

動画録音はミラーレスカメラで行っていますが、会議等はスマホで十分です。

英語の勉強等ではミラーレスカメラを使っています。

 

★マイク

◎SAMSON G track Pro USBマイク(16,300円前後〜)

◎AKG  LYRA USBマイク(16,300円前後〜)

マイクも英語の勉強の時にはクリアな音声が必要なので使ってます。

仕事が終わってからはカラオケもできます。

 

★ペンタブ

◎Wacom CTL-672/K0-C(5,900円前後〜)

文字入力ができるととても便利です。

カメラ | 07:27 | - | - | pookmark
いよいよコロナとの共存に突入です!(Sho-R)

 既に6月19日の749人から7月12日には2,939人に達して、海外からも感染者が徐々に入国が始まりました。

自治体によっては対策費が取れなくなっている県もあって、今後は国との連携を強めてコロナ対策をして行かなければならないという事情もあるようですし、経済活動を完全に止めることも企業の存続にもかかわる問題なので再びの停止は難しいようです。

 

失業率も高くなっていますし、飲食店は特に激しいバッシングやデマもあって営業は出来ても完璧な対応が難しくなっており、閉店に追い込まれたり、倒産したりと状況は悪くなる一方ですし、中小企業も大企業も関係なく窮地に追い込まれています。

僕達も売り上げが大きく落ちているので、貿易部門は苦戦中ですし、PC部門は修理は減っているものの「テレワーク・セット」(ノートPC・マイク・カメラ)の売り上げがありますので、何とかやっています。

 

今後は「コロナとの共存」を考えながらの対策を考えるべきだと思っていますし、治療薬やワクチンができるまではしっかりと頑張るしかないと思っています。

写真も撮りに行きたいとは思っているのですが、計画が進んでいないのが現状でどんどん悪化しているようです。

とても不便なのですが、何処にも行けない現状で自分自身で注意をするしか方法が無いので困ってしまいます。

 

ちょっとしたことで感染が広まってしまいますし、怖くて出かけられないのです。

でも新しいカメラも次々に発売されますし、少しでも触ってチェックしてみたいと思っていますから、ちょっとストレスになっています。

VlogCamもテストが終わっていないのですが、「テレワーク」で力を発揮してくれそうですので、時間を作って近日中にチェックに行く予定です。

「家カラオケ」のコツは?PCだと遅延があって歌い辛い!(Sho-R)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今日は「家カラ」についてですが、コロナ禍ではカラオケやスナックなども最初に規制を受けましたし、その後も感染者がでているだけに行くのがやっぱり怖いものです。

僕もUSB接続のコンデンサーマイクが4本、ファントム電源が必要なコンデンサーマイクが2本と「Room365」のテスト用にありますが、やはりWindowsPCだと音楽もマイクもPCやスマホだと遅延があって歌い辛いケースが多くなります。

 

音楽と映像はPC側からでも、マイクはミキサーを利用してギターアンプかAVアンプを使っています。

またappleのMac Bookやiphoneなら遅延もなくカラオケが楽しめますが、Androidでは少しテクニックが必要です。

遅延は少しでも歌い辛くなりますので、ちょっと厳しいですがマイクを別のアンプに繋げるととても歌い易く便利です。

 

お薦めのギターアンプは「BOSS Acoustic Singerシリーズ」でファントム電源が搭載されてるタイプがありますし、搭載型でなければ安いアナログミキサーでもファントム電源でもあれば大丈夫で。

このBOSSのシリーズにはボーカルに必要なエコーやハーモニー機能が搭載されていますので、1台あると本当に便利なアンプです

し、オーディオインターフェイス機能が搭載されていてPCに接続して録音も可能です。

 

更にアナログミキサーはYAMAHA MG06X(16,000円前後)がありますので、AVアンプでマイクの音を出すのに使っていますし、ファントム電源だけなら4,000円〜7,000円前後で買えるものが多いです。

 

  

カラオケの音源はスマホからでもPCからでも大丈夫ですが、パワーのあるアンプに繋いで使用するのが一番ですし、僕はAVアンプやミニコンポに繋いで楽しんでいます。

WindowsPCでもType-CやThunderbolt3対応のオーディオインターフェイスなら遅延も少ないので、カラオケや楽器演奏も楽しめますが、こういう時はappleの製品は遅延もなく直ぐにカラオケが始められますので本当に便利です。

カラオケ用のアンプを購入する手も有りですが、アンプとスピーカーで7万から10万の出費はちょっと痛いですよね!

「Canon EOS R5」は憧れのオールインワン!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 9日に「Canon EOS R5」の全貌が明らかになって、良いも悪いも含めてフォトグラファー達のハートを鷲掴みにしています。

フルフレームミラーレスでは「SONY」の独走を許してしまっていた、かつての王者「Canon」のプライドが詰め込まれた製品は、シリーズ最高の性能をもたらしてくれそうです。

 

「45メガピクセルセンサー」・「8K録画をサポート」・「「100%AFカバレッジ」・「ユーザーが選択可能な5,940のAFフレーム」・「100-51,200のISO範囲」・「HDRビデオの10ビットの色深度」など優れた機能が満載です。

先に詳細をこちら⇒「Canon EOS R5スペシャルサイト」で確認してみましたが、素晴らしいのでみなさんもみて下さいね。

 

 

コロナ禍の中での発売で購入する側も大変ですが、僕が初めてカメラを始めたのも「Canon EOSシリーズ」でしたので、愛着があって今でも時々使っています。

僕のカメラ入門時からの原点ですから、ぜひ欲しいとは思っています。

 

最近のカメラは有効画素数が4000万画素以上になって、手ブレなどに注意が必要で長時間の撮影では精神的にも肉体的にもクタクタになってしまうのですが、身体を鍛えることが時間に追われて難しい状況なのです。

現在使用中のスマホは4800万画素と6400万画素のSONYのセンサーが搭載されていますが、上手に写真を撮る事がどんなに難しいか痛感しています。

 

実際に動画もそうですが4Kでの長時間撮影もとても厳しいものがありますし、他にも色々と問題はあるのですが、ついつい悪い癖で期待してしまうので、発売されてからじっくりと調査してと思っています。

どのメーカーもそうですが、100%満足できる製品にはまだ出会ってませんし、それが僕の冷静な気持ちですので衝動買いだけは避けたいと考えています。

 

昨日から仲間との話題はもうみんな「R5」の事ですが、それだけ期待が大きいという事ですね?

ボディだけでも45万円を超えますし、レンズを揃えると最低でも80万からとなりそうですが、圧倒的な性能にはどうやら勝てそうにないので、仕事頑張りま〜すで準備だけはしておきます。(笑)

カメラ | 03:12 | - | - | pookmark