Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「Win5の結果に驚くなかれ」一杯のコーヒーに夢を託して18-86(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は「Win5」について書きますので、興味のある方は最後まで読んで下さい。

「一杯の珈琲に夢を託して」はみなさん競馬で勝つことだと思っていると思うのですが、決してそうではなく自分たちの好きな事をやりたいという事なのです。

みんな若い時から自由に好きな事が出来ないで劣悪な環境で仕事をしてきましたし、不幸な事にパワハラ・モラハラ・セクハラという環境の中で働いていたのですから、中には鬱になったりいろいろと精神的に参ってしまう事が多かったのです。

 

そんな中、競馬で結ばれた3人は自分達が好きなことが出来る環境を作るために、上下関係のないチーム作りからスタートしましたがなかなかスムースには行きませんでした。

それでも頑張って10年以上もコツコツと積み重ねて、競馬とPC関係の2つの好きな仕事で暮らしていける様になったのです。

このベースとなったのが「勝ち逃げ」でしたが、この「Win5」は私達に別の可能性を与えてくれたのです。

 

最初に成績の確認です。

★前半戦★

1月08日8-6-12-6-3     112,220円・1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7           566,080円・1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6        4,393,240円・2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9           111,520円・4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12   3,846,500円・5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17      418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

計26,911,070円(27回の勝負でPランク6頭全組み合わせでの購入額20,995,200円)

 

☆後半戦☆

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円・7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円・8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円・9月23日8-8-4-3-7    56,590円

10月08日8-4-10-2-7           6,050円・10月21日7-8-12-10-12 3,012,220円

11月04日6-9-6-8-16    5,895,210円・㉑11月11日3-7-2-13-12 1,097,850円(48回目のWin5的中)

計16,704,620円(21回の勝負でPランク6頭全組み合わせでの購入16,329,600円)

その他取り消しや除外で戻った還付額626,400円あります。 

 

「Win5」の発売は2011年の4月24日(私の59歳の誕生日)に開始され、もう7年半になります。

あの年は忘れる事の出来ない3月11日の「東日本大震災」で、悲しみの中大混乱中での競馬開催となったのですが、中山競馬場の被害で東京競馬場に変更された「皐月賞」の当日でもありました。

 

対象レースと「Pランク」は下記の通りです。

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎京都10R02・15・05・10・04・12⇒15-0-0「橘S」別定

◎東京10R10・04・02・14・11・06⇒4-14-0/2,560/4,670/------/------「メトロポリタンS」ハンデ

◎新潟11R03・01・14・15・06・13⇒14-1-0/1,060/2,140/------/------「魚沼S」定量

◎京都11R02・13・11・14・12・09⇒13-2-11/680/1,780/720/5,130「アンタレスS」G3別定

◎東京11R04・05・12・11・16・01⇒12-4-0/1,260/3,740/------/------「皐月賞」G1定量

結果は15-4-14-13-12 810,280円(3頭×4×3×3×4=432点で的中)

 

 

そうです「オルフェーヴル」が一冠目「皐月賞」を勝った日、ビギナーズラックで「Win5」も的中したのですが、この時の「オルフェーヴル」の強さは「三冠」と「凱旋門賞」挑戦を確信したほど素晴らしいものでした。

この年はいろいろな事があって忘れられない出来事も沢山あって、競馬でも思い出の多い年になりました。

 

こうして「Win5」は私達の研究対象としてみんなでお金を出し合って購入方法を模索しまし、本当に簡単ではなかったですが4年目あたりからプラスが残せるようになりました。

しかし「Pランク」対象馬の全組み合わせ(7,776点)でプラスが残せるようになったのは昨年からで、私達も驚いてしまいました。

 

ただ、一人の研究員が面倒だから全部買うという暴挙に出たのが切っ掛けとなったのですが、その結果は正直言って信じられなかったです。

調べてみると「Pランク」の充実ぶりが目立ってきており、「メインレースの通常買い」でも大きなプラスが出せることがあるように、「Win5」でも的中数がアップしていることが分かります。

 

全通りは無理でも3〜4頭に絞り切れればプラスも現実になると思っていますが、是非みなさんもいろいろと工夫してやってみて下さい。

いつか我々とは結果が違う形になるかも知れませんが、メールをいただければお役に立てることがあると思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

ゲーミングPCあれこれ最強モデルを基準に!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 最高のケーミングPCをベースに自分の予算を合わせる方法でPCの自作に挑戦しましょう。

ケースだけはみなさんで選んでください。

 

 

C P U:Intel Core i9 9900K BOX(69,800円前後)

マザー:ASUS ROG MAXIMUS XI HERO WI-FI(39,900円)

グラボ:ASUS DUAL-RTX2080TI-O11G(183,400円前後)

メモリ:G.Skill F4-3200C16D-32GSXFB(37,500円前後)

電 源:Seasonic SSR-650FM(11,000円前後)

S S D:crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(19,500円前後)

合 計:361,100円

 

C P U:Intel Core i7 9700K BOX(51,500円前後)

マザー:ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING(26,500円前後)

グラボ:ASUS DUAL-RTX2080-O8G(117,000円前後)

メモリ:G.Skill F4-3200C16D-16GSXKB(18,500円前後)

電 源:Seasonic SSR-650FM(11,000円前後)

S S D:crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(19,500円前後)

合 計:244,000円

 

C P U:Intel Core i5 9600K BOX(34,000円前後)

マザー:ASUS TUF Z390-PLUS GAMING WI-FI(23,000円前後)

グラボ:ASUS DUAL-RTX2070-O8G(82,800円前後)

メモリ:G.Skill F4-3200C16D-16GSXKB(18,500円前後)

電 源:Seasonic SSR-650FM(11,000円前後)

S S D:crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(19,500円前後)

合 計:188,800円

 

まあまあのゲーミングPCではなく後々にも、セカンドマシンとして使えるPCをで考えましたが、新グラボ仕様ですとこんな価格になってしまいます。

「GTX1080」と「RTX2070」はほぼ同じくらいの性能スコアですが、価格的には「GTX1080Ti」が購入できますのでこちらを選ぶことも頭に入れて置いてください。

 

 

4Kでゲームプレイするなら絶対「ASUS DUAL-RTX2080-O8G」ですが、SLI構成なら「GTX1080」×2や「GTX1080Ti」×2の方がfps100超えていますのそちらを選ぶという選択技もあります。

ただ「RTX2080Ti」はUltra設定で殆どのゲームがシングル構成でfps60越えしますので最高ですし、ちょっとだけエコです。

「勝ち逃げ目標達成&Win5もプラス確定」一杯のコーヒーに夢を託して18-84(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 土曜日に「日曜勝ち逃げ」の「3連単」が目標達成となって、今年の「勝ち逃げ」は無事に終了となりました。

また今年21回目の「Win5」的中で、たとえ「Pランク」全頭の組み合わせ(7,776点)でも年間プラスが確定となりました。

残念ながらG1「エリザベス女王杯」は的中できませんでしたが、いいレースでした。

 

 

今年後半戦の的中を見てみますと下記の様になります。

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円

9月23日8-8-4-3-7    56,590円

10月08日8-4-10-2-7          6,050円

10月21日7-8-12-10-12 3,012,220円

11月04日6-9-6-8-16    5,895,210円

㉑11月11日3-7-2-13-12 1,097,850円(48回目のWin5)

合計 43,515,690円

 

残り7回ですがすべての組み合わせを購入しても、今年はプラスを確保したことになります。

「勝ち逃げ」は「土曜勝ち逃げ」も「日曜勝ち逃げ」も10分の1の金額でも、今年はそれぞれ500万以上のプラスになった訳ですし、本当に良かったです。

どちらにもチャレンジした方は1000万以上のプラスになった事で、一応私達の目標は達成されたものと思っております。

 

みなさんにも何度も説明したようにこれは現実の話で、決して夢の中の話ではありません。

私達の研究の結果であり、これからも研究室は私がいなくても若い人達が続けて行ってくれるものと思っていますが、私もまだまだやりたい事が沢山あるのです。

 

「凱旋門賞」の時はいつもパリにいたいですし、スイスの雪上競馬も見に行きたいですし、イギリスやアイルランドの競馬にも行ってみたいですし、アメリカの「ケンタッキーダービー」にももう一度行ってみたいです。

競馬だけでなく各国のジャズクラブのライブにも行きたいし、ヨーロッパの音響メーカーも見学したい、美味しい珈琲探しにも行きたいのです。

やりたいことが山積みで切りがないのですが、一つ一つ実現させたいと思っています。

 

今年はまだ1カ月半ありますので、無料で「Pランク」を楽しんで下さい。

来年はどんなスタイルになるのかは分かりませんが、「勝ち逃げ」はみなさんの自己責任でやって下さい。

私達は一歩前進したいと考えていますので、会員募集の再開は年内もしないと決めております。

 

ただ「Pランク」は欲しい方に無料で送っていますので、登録メールだけinfo@megajp.comに「Pランク希望」と記入してお送りください。

 

今後の事はブログ内で発表していきますので、続けて読んで下さい。

「勝ち逃げ」をやられている皆様は、残りの期間1位軸又は1位BOXか2位BOXで楽しんで下さい。

 

ゲーミングPCも4K仕様に移行が始まりました!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 PCゲームもPC本体も本格的に4K移行が進行しており、これまでのグラフィックボード(以下グラボ)では60fpsを超えるプレイは難しく、「ファイナルファンタジーXV」は高品質(Ultra)4K解像度では「GeForce GTX1080Ti」でもシングル構成で42fpsとちょっと足りないのです。

したがってSLI構成が必要でしたが、「GeForce RTX2080Ti」ならシングル構成でも常時60fpsをキープしてくれます。

 

4Kでプレイしてみたいタイトルは下記の通りです。

★NONSTER HUNTER:WORLD

☆シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

★アサシン クリード オデッセイ

☆ファイナルファンタジーXV Windows Edition

★Battlefield V

☆Call of Duty:Black Ops 4

★Forza Horizon 4

☆FARCRY5

★The Walking Dead: The Final Season

☆GTA 6

 

 

 

グラボのシングル構成での4K解像度プレイは難しかったのですが、「GeForce RTX2080Ti」なら大丈夫です。

「GTA 6」の発売はおそらくは来年だと思いますが、これも楽しみです。

「珈琲について」一杯のコーヒーに夢を託して18-83(Kei)

JUGEMテーマ:Coffee

 今日は本当に珈琲についてお話をしたいと思います。

パソコン組み立ての時も、競馬の時も、朝起きてすぐの時にも、音楽を聴いている時もいつも珈琲を飲んでいますが、一番美味しい珈琲は富士山を眺めている時です。

 

19世紀後半から1960年代まで続いた大量生産と大量消費した時代を経て、この辺から「ファーストウェーブ」と呼ぶようになったのですが、私が珈琲に出会ったのがこの時期でネルドリップで珈琲を淹れ始めたのです。

その後「セカンドウェーブ」はシアトル系珈琲チェーンによって深煎りの高品質の豆を使った、良質の珈琲がこの頃から飲まれるようになりました。

 

そしてこの後に1杯1杯ハンドドリップで丁寧に入れる時代に突入して、豆の産地や特徴に拘るスペシャルティコーヒーブームがやってきましたが、これが「サードウェーブ」です。

私もネルドリップから1970年代にはペーパードリップに切り替えをしてましたので、ネルドリップ時代から1杯1杯丁寧に淹れていましたし、1960年代から1980年まで続いた日本の珈琲専門店ブームも1杯1杯丁寧に淹れていましたので、欧米と日本の珈琲の進化にはちょっと時間のずれがあります。

 

1975年頃にはもうすでに私は産地にも拘っていて、豆の保管にも注意をしていましたし珈琲は1杯1杯丁寧に淹れて楽しんでいたのです。

アイス用の豆は深煎りで、ブレンドは中深煎りでと言うように焙煎でも差別化していました。

これからは豆の栽培方法や淹れてくれる人にも拘る様になるとの事ですが、「フォースウェーブ」への準備が進められているようです。

 

私は全盛期は1日に10杯以上の珈琲を飲んでいましたが、最近はブレンド珈琲2杯スペシャルティコーヒー1杯で時々はエスプレッソやカフェオレやカプチーノを飲みます。

胃腸に悪いとか眠れなくなるとか癌になるとかと言われたこともある珈琲ですが、要するに酸化した珈琲を飲まなければ胃に悪いこともなく、ポリフェノールが沢山入っていますので血行が良くなり血液はサラサラになるのです。

 

最近は深煎り珈琲はアルツハイマーやパーキンソン病の予防になる事も発表されておりますし、1日3杯以上の珈琲を飲む人は癌になりにくいという研究発表もあります。

私も珈琲を飲み始めたのは10歳の頃からですが、これまでの量を考えると凄い量を飲んできたのですから、珈琲のお陰で元気なのかもしれません。

 

珈琲を淹れる器具も色々と試してみましたが、「サイフォン」は温度の調整と器具の扱いが面倒ですし、珈琲が濁ってしまうので嫌いですし、「フレンチプレス」はとてもコクのある珈琲になるのですがやはり綺麗な珈琲にはなりませんので嫌いです。

やはり綺麗な透明感のある珈琲となると、「ネルドリップ」か「ペーパードリップ」が好みの味になりますが、ネルは保存が大変ですので時々は使いますが、ほとんど「ペーパードリップ」で淹れています。

 

 

 

ペーパードリップに関しては50年以上も付き合ってきていますので、スペシャルティコーヒーでも特徴を生かした珈琲を淹れることが出来ます。

珈琲は抽出後空気に触れることで酸化が進んでしまいますので、ペーパードリップで淹れた珈琲で20分以内、ネルドリップなら30分以内に飲み終えるのが理想です。

酸化した珈琲が胃に悪いのは言うまでもない事なのですが、淹れたてが美味しのは淹れた時の漂う香りが美味しさを引き立ててくれるからです。

簡単ですのでみなさんもやってみて下さい。

「勝ち逃げついて」一杯のコーヒーに夢を託して18-82(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は目標を達成した「土曜勝ち逃げ」分の今後についてです。

11月3日下記の通りこの1年間で目標達成して終了となりましたが、今週からの購入は一応ストップという事になります。

★3連複成績★(成績は10口単位)

▲関東「ココモ式3連複」総合成績+18,806,780円

▲関西「ココモ式3連複」総合成績+6,111,450円

 

★3連単成績★

▲関東「ココモ式3連単」総合成績+19,982,260円

▲関西「ココモ式3連単」総合成績+11,475,050円

 

「3連複」+2,491万、「3連単」+3,146万でココモ全体でプラス5,637万、10分の1の購入金額でもプラス500万以上になりますので、これで今年の勝負は終わりです。

当初の目標は「3連複」+2,400万、「3連単」+3,000万ですので11月3日ですべて終了となった訳です。

 

「日曜勝ち逃げ」も実際にはあと少しで目標達成となりますし、10分の1口ではもうすでに500万のプラスは達成されています。

★3連単成績★(成績は10口単位)

▲関東「ココモ式3連単」総合成績+16,638,070円

▲関西「ココモ式3連単」総合成績+11,938,710円

 

★3連複成績★

▲関東「ココモ式3連複」総合成績+11,336,770円

▲関西「ココモ式3連複」総合成績+13,515,980円

「3連複」+2,485万、「3連単」+2,856万でココモ全体でプラス5,341万ですから、残りは3連単のみとなります。

しかも残り59万ですから今週中にも終了となりそうです。

 

 その後は購入をストップして「通常買い」や「Win5」をみんなで楽しもうという事にはなっていますが、本音はゆっくりとG1を楽しみたいという事です。

実はみんな香港へも行きたいし、G1レースを競馬場で観戦したいという事もあって今年から目標達成したら、残りは自由にしたいと考えたようです。

 

OB会のみんなは終了宣言が有ってもどこ吹く風で、毎週「勝ち逃げ」勝負をしています。

みんな年だから競馬場へ行って観戦するよりも家でノンビリとテレビ観戦の方が楽しめる訳で、研究室の誰かが馬券は購入してくれるのでただただユッタリとくつろいでというのが土日のスタイルです。

時々は誰かの家に行ったりはしますが、基本的には自宅でノンビリが多いです。

今年のお気に入りのレースはこの「天皇賞・秋」です。

 

 

みなさんの中でも「勝ち逃げ」をしている方は、プラスしたお金を「通常買い」や「Win5」につぎ込んでしまう方もいると思いますが、それも一つの競馬の楽しみ方です。

今年は十分にプラスした筈ですから、それぞれ自分なりに楽しんでいいのではと思いますで、欲を出さずに競馬を楽しんで下さい。

グラフィックボードは新旧入り乱れて大忙しです。(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 新作ゲームが沢山でて「Room365」もちょっと忙しさが本格的になりましたが、ことグラフィックボードは新旧入り乱れて大変な事になっています。

 

早くも「GTX1080Ti」(79,000〜85,000円前後)と「GTX1070Ti」(47,000〜55,000円前後)が品薄になってきましたし、ASUSやMSIの製品が入ってこなくなっています。

ゾクゾクと入荷しているのが「RTX2080Ti」(18万円台)と「RTX2070」(7万円台)のASUSとMSIが続々入荷しています。

 

「RTX2070」と「RTX2080」 の搭載メモリは8GB、「RTX2080Ti」は11GBですのでやはり超高画質では8GBは絶対必要な容量となっています。

それでは売れ筋をチェックしてみましょう。

 

◎「RTX2080Ti」

 

 

 

(ウルトラ設定4K画像でFPS60越えは凄いですね!驚きです。)

 

★ASUS「DUAL-RTX2080TI-O11G」(183,000円台)

★Palit「NE6208TS20LC-150A」(168,000円台)

★MSI「GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO」(188,000円台)

★GIGABYTE「GV-N208TWF3OC-11GC」(168,000円台)

★ZOTAC「GAMING GeForce RTX 2080 Ti AMP ZT-T20810D-10P」(183,000円台)

 

◎「RTX2080」

 

☆Palit「NE62080S20P2-180A」(99,000円台)

☆ASUS「ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」(128,000円台)

☆MSI「GeForce RTX 2080 GAMING X TRIO」(128,000円台)

 

◎「RTX2070」

 

★MSI「GeForce RTX 2070 ARMOR 8G」(71,000円台)

★GIGABYTE「GV-N2070WF3-8GC」(69,000円台)

★ASUS「TURBO-RTX2070-8G」(72,000円台)

 

やはり人気処はASUSとMSIですがやはり「RTX2080Ti」は魅力的です。

グレードレースG1&G2「通常買い」の結果2018年4〜6月(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 グレードレースの「Pランク」での結果をお知らせします。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

◎4/01日11R15・08・02・04・01・05C15-5-8/2,930/3,750/2,780/17,450「大阪杯」G1定量

◎4/07日11R​03・06・02・11・01・13B11-0-3「阪神牝馬」G2別定

◎4/07日11R14・12・05・06・08・10C5-14-0/950/1,950/-------/-------「ニュージーランドT」G2馬齢

◎4/08日11R01・13・09・17・16・14A13-1-9/480/990/830/3,780「桜花賞」G1定量

◎4/15日11R02・15・05・03・09・07C7-0-0「皐月賞」G1定量

◎4/22日11R04・09・08・05・10・01B5-9-4/1,270/2,840/860/7,060「マイラーズC」G2別定

◎4/22日11R04・01・10・12・16・11C4-0-16「フローラS」G2馬齢

◎4/28日11R08・18・10・06・12・09D9-0-10「青葉賞」G2馬齢

◎4/29日11R11・06・12・08・14・02C12-11-8/1,030/2,510/2,060/11,650「天皇賞」G1定量

◎5/05日11R01・05・02・15・07・11C0-0-15「京都新聞杯」G2馬齢

◎5/06日11R07・09・03・10・05・01B0-9-0「NHKマイルC」G1定量

◎5/12日11R06・15・01・05・10・09C5-0-1「京王杯スプリングC」G2別定

◎5/13日11R10・16・11・02・09・01D0-16-0「ヴィクトリアM」G1定量

 

 

 

◎5/20日11R13・02・08・01・06・03A13-1-2/1,190/1,410/750/3,360「優駿牝馬」G1定量

◎5/27日10R01・08・05・17・12・15B17-12-0/7,950/15,520/-------/--------「東京優駿」G1定量

◎6/03日11R01・15・05・11・14・04C0-4-1「安田記念」G1定量

◎6/24日11R03・16・10・07・13・08D0-13-0「宝塚記念」G1定量

計17戦7勝5鞍が3着まで的中

 

この3か月間は成績が良くなかったですが、それでも何とかプラスが出るようには購入できるものです。

それでもどんなレースが的中できないのかは、参考にできますので研究してみて下さい。

デンマークの匠「DALI」のスピーカーの魅力!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 私達もこれまでオーディオ機器の中でも安くて良い音のスピーカーと言うと、随分長い間に渡って「DALI」を使っているファンが多いと思うのですが、私も「ZENSORシリーズ」を7年も愛用してきましたので驚きです。

今回「ZENSORシリーズ」の後継機となる、「OBERONシリーズ」という新製品の試聴に行ってきましたので、お知らせしておきます。

 

最初に購入した「ZENSOR1」(ペア25,000円前後)と「ZENSOR3」(ペア42,800円前後)は今でも工房でモニター用に使われていますが、やっぱりいい音ですし1年から2年でとても音がまとまりさらに良くなったのを覚えています。

今回は「OBERONシリーズ」のOBERON1・3・5・7の中でも「OBERON1」(ペア48,500円前後)と「OBERON3」(ペア69,000円前後)が良い音で、やはりブックシェルフ型+スタンドの組み合わせはヴォーカルの素晴らしさが際立っています。

 

 

直ぐにでも欲しいと思ったのは発売から2カ月も経っていないので、エイジングもまだ途中なのにこのまとまった音には驚きました。

「ZENSOR3」の時も驚いたのですが、「OBERON3」は更に低音も良くなったので輪郭がスッキリした音に、低音もそれなりに出ていますので、このままでも十分です。

この金額ですから凄いと思いますし、エイジングが進めば柔らかさが加わってさらに良くなると筈です。お勧めです!

 

デンマークのスピーカーという事ですが、デザインも含め音づくりは既に匠の域に達している会社です。

競馬を難しくしているのは自分自身です!(大雅)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬に興味を持って実際に馬券購入するようになって7年目に突入ですが、最初はお金もなかったし1レース1000円くらいでした。

3点から5点で「馬連」か「3連複」で購入していましたし、研究室でバイトを始めた頃は楽しみの一つであってその後の事は想像もできなかったのです。

研究室のバイトといってもパソコン工房「Room365」での修理や組み込みのお手伝いがメインでしたので、研究室で何をしているのかは最初は分からなかったのです。

 

その後やっと競馬の研究室である事が分かって驚いたのですが、みんな「Room365」が暇な時は研究室で競馬データと睨めっこですし、どうやら競馬がメインの仕事なのかと思ったくらいでした。

その後なんとなく参加した「競馬塾」で衝撃の事実に遭遇します。それが「勝ち逃げ」でした。

今は引退してOB会のメンバーですが、「ボス」や「シゲ」さんは毎日朝から晩まで徹夜で競馬研究を続けていると思うと、次の日は「Room365」で楽しそうにパソコンを組み立てているのです。

 

「競馬塾」で初めて「Pランク」の存在が分かったのですが、それを「勝ち逃げ」に利用している事にもビックリでしたし、「Pランク」を直ぐには受け入れられなかったです。

そうです、自分で考えるのが競馬のあり方だと思っていたので、到底理解することが出来なかったのですが、最初から6頭に絞られているのですからこんなに楽な事はないのに、人間は自分が納得出来る方法や方向に向いてしまうという事が分かりました。

こうして競馬を自分でさらに難しくしてしまっていることに気付くまで、更に1年も費やしてしまったのです。

 

最初は「競馬塾」で勉強したことを自分の馬券術に活かそうと努力したのですが、更に迷路に陥ってしまいました。(笑)

どうしても「Pランク」があるからという考えが出来なかったのです。

この頃から1年も勉強してきたのに、「Pランク」を利用して購入を始めた仲間との差がどんどん開いて行ったのですが、決定的な差を感じたのは同じ年の仲間が24歳で1戸建てを購入したことでした。

彼は最初から「勝ち逃げ」をしてコツコツと貯めたお金を頭金にして一戸建てを購入したのです。

 

それで彼と話をするようになって「競馬塾」2年目の後半に、やっと自分の間違いに気づいたのですから呆れてしまいますが、その彼が研究員でただ一人「Win5」を「Pランク」6頭の全組合わせを購入しているのです。

拘りが全くなくて目に見えることをすべて信じてしまう彼は、「Pランク」を深く考える事もなく的中が多いからと理由で全面的に信じているのです。

先輩達がみんな一戸建てに住んでいるから、間違いないと単純に考えたようです。

 

OB会のみなさんは「日本の競馬はサンデーサイレンスによってグレードアップし、キングカメハメハやディープインパクトによって熟成した」が口癖でしたが、こうして欧米で産駒の活躍が見られるようになって本当に楽しみが増えました。

これが「Pランク」のレベルをもさらにアップしているのですから、色々な面でこれが正しいと思う事が多くなりました。

人間の間違いは自分自身だと気付かないものなのですね?いい勉強になりました。